フリーターのデメリット徹底解説!6つの対策で正社員に就職だ!

フリーターのデメリット徹底解説!6つの対策で正社員に就職だ!

こんにちは!南野弘明です。

過去の記事でも少し書かせていただいておりました

フリーターが正社員になれるのか

ですが、今回はフリーターでいることのデメリットと正社員になるための重要対策について記事にしたいと思います。

【フリーターから正社員に就職するためのエージェント特集】
既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】
第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!DYM就職
フリーターでも正社員になれる【ウズキャリア第二新卒】

目次

フリーターの悩みって何?

まず、フリーターを続けていくと必ずといっていいほどの悩みとして、

このままで将来は大丈夫なのだろうか・・・

と不安を感じるという話をよく聞きます。そこで皆さんが考えるのが、

正社員への転職

です。

フリーターから正社員を目指すときの悩み

しかし、実際に転職活動を進めて行くと、

・自分に向いている仕事が分からない。
・どこから手を付けていいかわからない。
・フリーターから正社員になれればいいので志望動機が書けない。

★分からない=転職活動が進まない

ということはありませんか?

転職/就職活動というのは闇雲に求人を探して応募してもうまくいきません。
では、どのように進めるべきかというと、

STEP1:自分の将来を考え自己分析をする。

STEP2:転職エージェントに登録して面談を受け求人を紹介してもらう

STEP3:書類選考を通過する応募書類を作成する。

STEP4:1次、2次、最終面接を突破する対策を行う

等を確実に実施することで自分にあった企業に就職することが大事です。
このどれかが欠けてしまうと、

・内定を得ることができない
・入社後に後悔してまた転職を繰り返す

といった無限ループに陥ります。

一人で悩まず転職エージェントを使ってみよう!

フリーターから正社員になるのは思った以上に大変です。一番の難関は「応募書類」です。

これをたった一人でやることは至難の業です。現職がフリーターである以上、時間に余裕がない人も多いはずです。では、どのように進めるべきかというと、

無料で転職/就職の手伝いをしてくれる転職エージェント

をフル活用することです。転職エージェントは正社員しか利用できないと思っている方多いと思いますが、実は、

★フリーターやニートの人を対象にした転職エージェントを利用する

ことで、最短で正社員への道を切り開くことが可能です。

特に、ブラック企業の排除に力を入れ、応募書類対策、面接サポート、内定後の報酬交渉まで手厚くサポートしてくれる優良エージェントです。下記にその他優良転職エージェントまとめ記事がありますのエージェントの特色を見て登録してみてはいかがでしょうか。

フリーターから正社員になるための心構え

フリーターの皆さん!まず、あなたはなぜ脱フリーターを目指すのか目的を明確にしましょう
多くのフリーターの方からTwitterで悩み相談を受けていますが、確認してみると、

フリーターの悩みはどんなの?
・親から毎日のように「早く正社員になれ」
・フリーターは馬鹿にされる
・20代の内はフリーターでもいいとなんとなく思っていけどそろそろ・・・

といった理由から正社員を目指し始めている人が多いことが分かりました。こういうことに悩むということはまだあなたは正社員になることはできません!

自分の強い意志で正社員になる!

仮に運よく正社員になれても、

・上司や先輩に怒られて会社に行くことが辛い
・仕事が難しくなって覚えきれない
・アルバイトの方が責任がないので楽

とい現実を目の当たりにし、結局フリーターへ逆戻りといったことは目に見えています。一度正社員になってまたフリーターに戻るというのは2度目の正社員への道は不可能に近いと思ってください

次の正社員を考えて行動に移したとき、企業側は、「辞め癖が着いた人」と思いまず採用しません。

フリーターのデメリットベスト5!

フリーターでいることのデメリットを知り、正社員であることがどれだけメリットがあるか理解しておくことが肝心です。それでは、「デメリット」にどのようなことがあるか一つずつ見ていきましょう。

フリーターは正社員との収入格差が大きい

フリーターの方でよく、「私は正社員より稼いでいる」と豪語している人を見かけます。では、本当に正社員との間に、収入格差はないのか数値的に確認していきましょう。一般的に、

正社員の時間給:1,937円
アルバイトの時間給:1,293円

というデータがあります。
では、1日8時間、年間休日125日(労働日数:240日)とすると、その差は

1日の差:5,152円
年間の差:1,236,480円

という差が生じることが分かります。とんでもない差がることは一目瞭然です。

フリーターは年齢による昇給はない

更に、正社員は年齢が上がると給与が上がる「昇給制度」がありますが、正社員以外の給与はほぼ横ばいです。この穴を埋めるためにフリーターの人たちがよくやる、

・バイトの掛け持ち
・深夜バイト

です。20代なら対応できますが、30代、40代がこれに対応することができるのかというと難しいと言わざる得ません。さらに大きな問題として、収入面が安定しないと当然ながら結婚などできるはずもありません。

フリーターは稼げて300万円程度、20代で正社員になると450万円程度もらえる人もいます。300万円程度で結婚することは共働きであればなんとからなりますが、それは20代で子供なしの場合です。子供が生まれれば当然お金が必要になりますし、気づいたときには30代。手遅れです・・・。
【10代、20代オススメ転職エージェント】


フリーターには福利厚生がない

フリーターの場合

・健康保険や年金は自分で加入しなければならない。
・退職金や失業保険もないので仕事を辞めたあとの保障は皆無

特に女性の場合、福利厚生の充実は絶対必要です。福利厚生が充実している会社は、

・育休、産休が取れる
・復帰後も時短勤務や在宅勤務できる

など復帰しやすいなどのメリットが多くあります。

フリーターは解雇の対象になりやすい

フリーターは雇用の不安定さがあるのは周知のとおりです。

会社の経営が悪化した場合、正社員よりも先に

アルバイト→派遣→契約社員→正社員

の順に解雇となります。なぜアルバイトが1番最初に解雇になるかというと、

1.アルバイトの仕事は誰にでもできる(正社員は当然できる)
2.正社員を解雇するのはかなり難しい

というしっかりとした理由があります。

バイトは簡単に解雇できるのに、正社員はなぜできないのか

では、正社員はなぜ解雇するのが難しいかご存知ですか?

それは、労働基準法で労働者の権利が保障されており、正社員を解雇するのは

★客観的に見て、社会通念上解雇が相当であるとみなされる案件

でなければいけないため、簡単に解雇することができません。

アルバイトの場合は契約延長しなければ終わり

経済的事情であっても解雇するためにはその事実を一人一人論理的に説明して双方が納得した上で解雇する必要があります。所謂「リストラ」ですね。会社によっては解雇時に次の仕事を斡旋する場合もあります。一方、アルバイトの場合でも、

・契約期間中であれば解雇予告は必要
・やむを得ない事情がない限りは解雇できない

ですが、

★契約期間満了のタイミングで雇い止めとすることはできる

ということを知っておきましょう。つまり、正社員より圧倒的に不利な状況下で解雇されてしまうので、次の仕事を探すことも難しいかもしれません。

社会的信用度が低い(ローンは組めない)

フリーターは社会的信用度が低いため、

・クレジットカードが作れない
・ローンが組めない

ことがよくあります(審査が緩いものは除く)。クレジットカードを作ったりローンを組む際には、

★カード会社の「審査」

を通らなければいけません。クレジットカードやローンの審査が通らない理由は返済能力が見られるからです。では、返済能力と何かというと、安定した収入です。

フリーターは社会的地位が低い

フリーターのような非正規雇用者は、収入が安定していないと判断されるため審査が通らないのが理由です。

もちろん、アルバイトとして同じ職場に長く勤めている人もいると思いますが、病気や怪我で長期に休む場合、復帰後に再度同じ状態で勤務できるとは限らないですよね?

そういった理由からも収入が安定していないと判断されてしまうわけです。

フリーターは経験とスキルが身につかない

フリーターは短期契約が前提で、責任のある仕事を任されません。また、企業が非正規雇用者を雇うのは、

・賃金や賃金以外の労務コストを削減するため

なので、正社員には研修制度があるいますが、アルバイトに教育コストをかけることはありません。ようするに、

アルバイトのスキルレベルは低い

ということになります。前述したように、アルバイトは、

・誰にでもできる単純な作業
・専門的な知識を必要としない仕事
・正社員の補助的な作業

が中心なため、職歴としてカウントされないのはこれらの理由が挙げられます。


フリーターが正社員になるノウハウ6つ!

フリーターには前述したようなデメリットがあるからこそ早いうちから正社員に就職しておくことがどれだけメリットがあるかお分かりいただけたかと思います。

そこで、フリーターの方が正社員として転職/就職するための転職ノウハウを説明します。

20代のフリーターと既卒者はポテンシャル採用案件を探す

大学や高校を卒業後は一般的に正社員の道に行くことが殆どです。すなわち、採用枠は

中途採用

となり求められるのは、即戦力になれる知識や経験を持っていることと思いがちです。しかし、20代であれば最高の特権を活かす事ができます。それは、

ポテンシャル採用

です。

ポテンシャル採用とは?

ポテンシャル採用というのは、

これから成長が期待できる要素を持っている

ことを重要視し採用することです。正社員としての経験やスキルがなくても大丈夫!

ポテンシャル採用者に求められること
・ビジネスマナーの基本が分かっている
・コミュニケーション能力が高い
・企業研究、業界研究をしっかり行っている
・志望動機が明確に話せている

などが評価され採用してもらえることをいいます。これが30代になると熱意などどうでもよく、あなたの持っている経験、スキルが自社とマッチしていなくては採用される可能性は極めて低くなってしまいます。

特に20代のポテンシャル採用におすすめな転職エージェントがこちら↓

フリーターの人にオススメの就職活動のタイミング

フリーターの方のみならず、求人が多く出るタイミングで転職/就職活動を行うことが重要です。一般的に求人が多く出されるタイミングは

3月、9月

です。この理由は、3月は新年度の社内体制を整備するための人員補充で求人が増えると言われています。9月に求人が増える理由は、

・ボーナスをもらったタイミングで辞める人の補充
・下半期がスタートする10月に合わせた補填

と言われています。そのタイミングに照準を合わせて、資格を取るというのはいいのですが、そこまで待ってから活動という無意味な待ち姿勢は時間だけが過ぎるのでやめましょう。フリーター期間を延ばしてもメリットはありません。

フリーターの人は資格をとるとアピールになる

フリーター期間は職歴とみなさないのでアピール材料を揃える為にも資格取得は有効な手段です。
資格取得がなぜ有効な手段かというと、

・経験をカバーするための知識を「資格」として見える形にした

ことが評価されやすいからです。

これはあくまでも「20代」の場合だけです。30代などは無意味なので間違えないようにしてください。では、どのような資格がよいかというと下記のようなものはどの企業、業界に行っても評価されやすいので両方取得しておくことをお勧めします。

①ITパスポート試験

ITパスポート試験は経済産業省が認定する国家資格で、セキュリティやネットワークなどIT知識のほかに、プロジェクトマネジメント等のビジネスの知識など、幅広い分野の知識が問われます。

これをもっておくと、ITの基礎知識が備わっていることを客観的に証明できるというメリットがあります。

②簿記

知名度が高く受験者数も多い日商簿記の受験がオススメです。

経理事務として働きたい人は3級以上の取得を目指しましょう。事務系の仕事に就きたい人は特に重要です。中小企業では経理の仕事を任されることもあるので簿記の資格を持っていると評価されます。

フリーターの人は企業の情報収集を怠るな!

フリーターの方が企業の雰囲気などの情報を収集するのに進めているのが下記となります。

・カイシャの評判
・Vorkers
・転職会議

といったインターネットの口コミサイトです。これらを利用すれば簡単に情報が手に入ります。よく信用性を心配される方がいらっしゃいますが、私が転職した4社は口コミの通りでしたのでかなり信憑性があると思います。
【未経験求人豊富な転職エージェント】


フリーターの方は就職活動に集中する期間を設ける

フリーターのデメリットでもある、

・有給がない
・休むと生活できない
・シフトを組んでいるので急な休みは難しい

就職活動をする時間が取れないということがあります。
求人を探す、応募したい企業の情報を調べる、応募書類を作る、面接に行くなど、就職活動にはかならず

時間とお金が必要

です。その為に必要なのが「貯金」です。

貯金が無いので働く時間を減らせないということが一つの足かせならまず貯金をすることが先決です。転職活動にかかる期間は長いと3か月かかります。そのためには、最低1か月生活できる分の貯金は残しておきたいものです。

優良転職エージェントをフル活用する

本記事冒頭でもお伝えしましたが、第二新卒、大学中退、フリーター、ニート、高卒などに特化した転職エージェントを活用することで、転職活動の手間がかなり省けます。

さらに、エージェントを利用するメリットは、無料で沢山のサービスを受けられることです。

転職エージェントを利用するメリット
・全て無料で利用できる
・手厚いサポートを受けられる
・書類作成、面接の対策まで見てもらえる
・内定時の待遇交渉を行ってもらえる
・入社後までしっかりフォローしてくれる

といった、最大のメリットがあります。

フリーターNGの転職エージェントは利用できない

ただし、どこのサイトでも行っていただけるかというとそんなことはありません。

特に、大手エージェントではフリーターはNGというところもあります。しかし、今回紹介させていただくエージェントは既卒、フリーターに特化した優良エージェントのみとなりますので上記のメリットすべてをしっかり受けることが可能なので是非複数社登録、面談を受けて効率的な転職/就職活動を行ってください。

次に優良転職エージェント3社を紹介させていただきます。

フリーターでも利用できる優良転職エージェント3社紹介!

フリーターの悩みとして、

・自分が向いている仕事が分からない。
・どこから手を付けていいかわからない。
・フリーターから正社員になれればいいので志望動機が書けない。

このような理由で転職に踏み切れない人は是非転職エージェントを利用してください。

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、

・求職者の相談
・求人紹介
・内定

までを無料でサポートするところです。今回紹介するエージェントは、

20代に特化した支援サービス

を行っているところがメインで正社員の経験がないフリーターの人でも、正社員として就職できる莫大な情報量を持っいます。今回紹介するエージェントは、

・求人サイトに掲載されていない非公開求人をもっている
・希望者には応募書類の添削や、面接対策を行ってくれる
・転職/就職活動がはじめての人でも手厚いサポートを受けられる

といったメリットがあります。もちろん「相談」だけでもOKです。現に私はエージェントに相談した結果、現職に残るという決断を出したこともありました。

優良転職エージェントは色々な選択肢を与えてくれる

エージェントもビジネスですが、優良エージェントは、

求職者にベストな選択肢を与えることも仕事

です。そうすることができれば更に口コミが増えるので、エージェントとしてもメリットがあるわけです。フリーター向け転職エージェントの特徴は以下です。

フリーター向け転職エージェントの特徴
☑ 全て無料で利用できる
☑ 手厚いサポートを受けられる
☑ 書類作成、面接の対策まで見てもらえる
☑ 内定時の待遇交渉を行ってもらえる
☑ 入社後までしっかりフォローしてくれる

それでは実際に転職エージェントを見ていきましょう!

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】


エージェントの特徴
・専任のキャリアコンサルタントが親身に相談に乗ってくれる。
・書類添削や面接対策までしっかりサポート
・営業担当が厳選した求人のみ紹介(ブラック企業排除)
・入社前、入社後のアフターフォローも充実!
・既卒、フリーター、高卒、中卒、大学中退、専門、、、等職歴に不安があってもプロのアドバイザーがしっかりサポート!
【NGユーザー】
・高校生を含む18歳以下もしくは29歳以上
・来社面談できない方
 詳しくはこちら! 【公式】第二新卒エージェントneo

第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!DYM就職


エージェントの特徴
・書類選考なしで面接
★エージェント登録⇒エージェント面談⇒企業面接
・第二新卒,既卒,フリーターの就職に強い
・エージェントが就職できるまで二人三脚!
・厳選された2000社以上の求人
・100%正社員求人
【NGユーザー】
・来社面談できないかた
 詳しくはこちら! 就職・転職ならDYM就職

フリーターでも正社員になれる【ウズキャリア第二新卒】


エージェントの特徴
・20時間に及ぶ就活サポート!
・ブラック企業完全排除!
・既卒を採用する優良企業多数!
・既卒&フリーターの専門サービスだから内定率86%!
【NGユーザー】
・30歳以上の方
・東京、大阪、名古屋、福岡に来社面談不可の方
※ただし、来社できない場合は電話面談ができればOK
 詳しくはこちら! 【ウズキャリ第二新卒】
転職を成功の為に読んでおきたい