事務職の仕事に将来性がないことに気付いた男性

事務職という仕事は、現代社会ではまだまだ必要不可欠な仕事。その為特に女性からの人気が非常に高い職種となっています。しかしIT化が進むにつれて、事務職の仕事は今後無くなるとも言われています。今回の記事は、将来性がないのかも含めて事務職について徹底解説いたします!

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

転職市場で人気の一般事務職。しかし、最近話題になっているのが「事務職がなくなるのではないか・・・」と言われています。その理由というのが、

 

AIの台頭

 

です。そのような内容を聞くと、とても不安になると思いますし、実際にAIの進化はめまぐるしく進化し続けています

 

そういった理由からも事務職の立場を脅かす脅威になるのは間違いないでしょう。

 

しかし!現在の日本では事務の仕事は会社にとっても大事な存在です。そういった「現在」と「将来」を比較して「事務の将来性」について初めて語れると思っているので、是非参考にしていただけると幸いです。

 

また、転職をお考えの皆様にも事務職の転職において有利に進めることができる情報も掲載しておりますのでお役に立てれば幸いです。

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

●こんな人に読んでもらいたい●

・営業事務
・経理補助兼事務
・貿易事務
・医療事務
・調剤事務
・これから転職を考えている事務職の方

 

▼20代おすすめ転職エージェント▼

事務職なら転職は早めに考えるべき理由

事務職の将来性がないことで転職を考える若い女性

事務職は転職市場でも「大人気の職種」に分類されているのはご存知かと思います。一般事務職で募集をかけると1名採用の枠に50人くらい応募が殺到する状態。

 

この意味は、求人数が少ないのに人気があり、採用枠に多くの求職者が集まってしまうことを意味しています。

 

そもそも求人が少ない理由として、事務職の仕事にコストをかけたくない為、採用枠の拡大を行わない企業が多いことを物語っています。

 

つまり、単純に「事務職」は今後の転職市場で需要拡大の見込みはありません。

 

特にハローワークや求人誌に出ている事務求人は、給料や待遇自体も決して良いとは言えないので、事務を希望されている方は、早めに転職しなければ「正社員」として将来を考えていくことはかなり厳しい状況です。

 

事務職注意!ハローワークの実態

事務職の将来性は期待できないけど・・・

事務職の将来性がないことで転職を考え、求人サイトを見る若い女性

将来性について非常に不安になる方が多いようで、最近になりTwitterでよく相談を受けております。

 

まず、一般企業の現状を考えてみましょう。

 

事務というのは例えば営業部であれ購買部であれ、必ずといっていいほど「事務職」の方は存在していると思います。

 

要するに事務職と広い意味で使っていますが、どんな部署にでも必ず必要な「職種」なので、現在の企業構造上一般事務職は必要不可欠と言っても過言ではありません。

 

事務職の種類については下記を参考に!

 

総合的に考えると、将来性はともかく今すぐに事務職がなくなることはないと断言できます。

 

しかし、 大事なのは「将来性」です。

 

現在では必要不可欠なのに事務職の将来性が低いと言われているのは、その仕事の責任の重さという点にあると言われているので、次に解説していきます。

 

未経験職へのキャリアチェンジはこちら↓

責任と権限が低い点が将来性に影響している

事務職の将来性がないことで転職を考えていてもバリバリはたらく女性

事務職には「責任と権限」が殆ど与えられることはありません。

 

例えば、営業部の事務職を想像してみてください。

 

雑務的な処理からマーケット情報の収集、電話営業などをこなすとしても「きっかけ」を作っているだけで、 最終的には営業マンの手腕にかかている わけです。

 

つまり、業務の責任が問われることはかなり低いですよね?

 

責任が低い中で仕事をするわけですから、見返りとなる「給料」「賞与」にも反映されにくいという結果が転職市場でも如実に表れていると思います。

 

とは言っても事務職として将来性を磨いてキャリアをつめば、AIの台頭のなかでも職を奪われないので、どれだけ好条件の企業に転職できるのかが最大のポイントになってきます。

 

そのために知ってくことは「AIに負けないだけのスキルを磨く」ということ。

 

事務職の将来性を上げていくのはある意味「個人のスキル」に依存するので、そのスキルがどういったものが必要なのかを次に説明いたします。

事務職の仕事の質向上は『コミュ力』にあり

事務職の将来性がないことで転職決意し上司に相談中

事務職として長期的なキャリア形成を考えるなら、将来性を見込んだスキルアップを欠かしてはいけません。その将来性を磨くための大事なスキル第一位が、

 

コミュニケーション能力です。

 

事務の仕事はある意味「縁の下の力持ち」的な位置づけです。つまり、各部署のサポート人員ということ。

 

誰かの手助けをするということは、色々な部署と関わりながら調整をする立場になってくるわけです。つまり事務の仕事がデスクワークで済むような時代は終わりです。

 

その部門横断で仕事をする上で最大の武器となるのが「コミュニケーション能力」です。

 

コミュニケーション能力が高い人材はある意味「特殊能力」とみなされ、どの部署からも重宝される存在になります。

 

20代におすすめな転職エージェント↓

将来を見据えた事務職への転職は必須!

事務職の将来性を考えて転職をサポートするエージェント

事務職は、自分のスキルによって市場価値が大きく変わります

 

事務職の東京都内の中小企業だと額面で16~18万円程度。これが大手になると倍になることもあります。

 

しかしそういった企業は当然人気ですし、ハローワークにはほとんど出ません!

 

理由は、転職エージェント経由でよい人材を確保するシステムが成り立っているからです。

 

その為、「ライバルが多い」という事情もあり、転職するのはとても難しいです。

 

20代であればポテンシャル重視の為、比較的簡単に転職することも可能ですが、30代であればある程度のスキルはしっかり確認されますので、簡単に転職することはできません。

 

また、資格を取得してアピールという考えがありますが、資格+実務で初めてアピールできることなのでそのことを念頭に置いておきましょう。

▶20代おすすめ転職エージェント

職場での悩みを解決できる1つの方法が「転職」です。転職するということは、理由はどうあれキャリアアップを目的とした転職になることは、転職市場では当然のこと。

 

そのために利用したいサービスが「転職エージェント」です。

 

エージェントは「転職の悩み相談」から「転職対策」そして「内定獲得後の条件交渉」までしっかりとした万全のサポートを「完全無料」で提供してくれます。

 

このビジネスは、求職者側は無料ですが、入社後に企業側がエージェントに「報酬」を支払うシステムで成り立っています。つまり、求職者側は、転職エージェントを利用したサポートで万全な転職活動ができる嬉しいシステムです。

 

特に下記に紹介する転職エージェントは20代に特化した転職エージェントなので、手厚いサポートを受けながら転職活動をしたい方におすすめですので、興味があればまずは登録してみることをおすすめします!

まとめ

事務職の将来性を考え大手に転職成功

事務職の仕事の将来性はどうなるかという上記からの結論は、

 

①一般事務職はすぐになくなることはない。
②転職市場の価値を常に高める意識を持つ。
③AIに打ち勝つだけの技量をもつ。

 

そして、転職は今行わないと一般職自体のポジションがなくなるということをしっかり頭にいれておいてください。

 

あと数年でさらに大きく事務の分野が変化します。もちろん以下のような事務職もです。

 

●医療事務
●薬局事務
●歯科事務

 

そういった、重宝されていた事務職でさえなくなる可能性を秘めている今が本当に転職すべき時期です。

 

自分の能力を活かして安定した企業に行かなければ自分の仕事はなくなってシム危機感を持って仕事に取り組みましょう!

 

▼おすすめ転職エージェント▼

おすすめ転職エージェント

僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!