1年間の転職ノウハウ

40代の転職を成功させる秘訣とは?現役面接官が解説!

40代の転職事情を考えるとコロナ禍ということもあり、なかなか転職先が見つからないという方も多いと思います。そこでまず考えていただきたいのが「40代が転職市場で求められていることは何か」です。今回の記事は、40代の転職事情を考慮して、転職成功の為の秘訣を解説いたします!

転職ノウハウ大辞典

こんな方におすすめの記事

①40代でさらにステップアップしたい
②会社が倒産、リストラになった
③転職の成功の秘訣を知りたい

👑40代おすすめ転職エージェント一覧


 
完全無料
求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1。
実績豊富な 転職エージェ ントが40代の転職を成功に導きます。


 
完全無料
関東・関西・中部・東海の優良企業の求人が豊富。40代の転職にも強い!
人事&採用担当との太いパイプで、応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート。


 
完全無料
日本最大級のハイク ラス転職サイト。テレビ・新聞・雑誌など多くのメディアで紹介され、日本最大級の管理職向け転職サイトです。

40代の転職はぶっちゃけ難しい!

40代の転職を成功させる秘訣を必死に考える管理職男性

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

35歳転職限界説は崩壊していることはみなさんご存知ですね? そんな中今注目されているのが「40代の転職」 です。

40代の転職は、年齢的なことから漠然と『難しい』と考えて諦めている人が多いと思います。

転職市場で求められている人もハイクラスの人しか転職できないなんて思っていませんでしたか?

 

確かに40代は難しいです。

 

その理由は、40代の転職事態が経験者としての高いスキルが求められ、その要件を満たす人物というのは限られていることが第一の理由です。

今回の記事は、40代が求められるスキルとおすすめの転職方法について徹底解説していきますので、成功させる秘訣をマスターしちゃいましょう!

40代の転職はリスクがあることを覚えておきましょう!

40代の転職を成功させる秘訣を必死に検索する男性

転職を成功させるための秘訣をご説明する前に、まず覚えておいていただきたいのが、40代の転職は、それ事態にリスクを持っている年代であることです。

40代の転職は成功することが難しいと世間一般的に言われていますが、その理由は『リスク』が前提にあるからです。下記の内容を見てください。

40代のリスク一覧
・20~30代より全体の求人数が少ない
・テクニカルスキルの要求が高い
・マネジメント力が求められる
・年収が高額なため、企業側は採用リスクがある

転職市場でも40代の求人は非常に少なく、さらに求められるスキルも高いため、だれでも簡単に転職先が見つかるということはありません。

さらに、プライベートの事情を考えてみると、マイホームありなどで金銭的なリスクも抱えている方が多い年代です。

しかし、2020年のコロナ不況の影響により会社倒産、リストラなどで40代の転職希望者は非常に増えているのが現状です。なかなか決まらない転職先で妥協せざる得ない状態と考え、応募者はどんどんハードルを下げてしまっています。

優秀な方でもハードル下げざる得ない中で、40代でいきなり転職しようと考えるのはあまりにもリスク高いので、今回の記事を基に転職成功の秘訣をマスターしていただければ幸いです。

40代の転職を成功させる秘訣はこれ!

40代の転職を成功させるために秘訣を聞き出す男性

40代の転職は正直厳しいです。

高いレベルが求められる転職活動となり、それらの要件を満たす方は非常に少ないというのが大きな理由です。

さらに、転職活動のやり方やアピールすべきことをきちんとアピールできていないなど、転職活動のやり方事態に問題があり、転職活動うまくいかないといったご相談をよく頂いています。

次に転職に大事な5つの成功の秘訣について解説します。それぞれ40代の転職を成功させる秘訣で大事なのできちんと実践するようにしましょう!

①短期決戦で挑む

40代の転職を成功させるために秘訣を書き出す管理職

40代の転職を成功させるための秘訣は、短期で転職先を決めることが理想的です。

しかし多くの方は転職活動が長引く傾向にあります。転職活動をスムーズに進めるためにも自分自身のキャリアを存分に活かした転職活動が必要です。

今までのあなたのキャリアを棚卸し、「できる」こと「やれること」などを分析しまとめることで、「自分の強み」 が見えてきます。

強みを活かせる業界、職種を軸に転職活動のスケジューリングすることで、転職成功の為の光が見えてくるはずです。

転職を成功させるための秘訣として、短期決戦でモチベーションを保つ ことはとても大事です。一般的な「転職先が決まるまでの日数」をみてみましょう。

中高年の内定までのおおよその期間

年齢 1か月 3か月 6か月 6か月以上
35~ 20% 61% 18% 1%
40~ 14% 49% 33% 4%
45~ 11% 35% 56% 8%
50~ 7% 16% 65% 12%

表からもわかることは2つ。3か月以内の転職できる確率は、

 

・30代後半は約60%
・40代後半は35%

 

まで減ってしまいます。

これは、前述した市場が要求するレベルが高くなるため、40代の転職活動の期間はどうしても長くなりがちです。さらに、市場の価値自体が20代、30代よりも狭いということも要因です。

なかなか内定に繋がらないと、モチベーションが保てず精神的にも苦しい時間を過ごすことになります。そのような期間を過ごさないように 在籍中に転職活動を行うようにしましょう。

 

関連記事

②キャリアを活かして転職が40代の軸

40代の転職を成功させるために秘訣を喫茶店で確認する男性

40代の転職を成功させるための秘訣は、キャリアを活かした転職が最も大事であると断言できます。

20代、30代のように「ポテンシャル採用・ある程度の即戦力」となれば未経験でも転職可能ですが、40代で未経験となると求人数がかなり限定されてしまいます。

さらに「即戦力」だけでは転職市場の価値は薄く、マネジメント能力や語学力なども必要になってきます。

しかし、40代の市場価値というのは必ずしもすべての業界で同じというわけではありません。

だからこそご自身の市場価値をきちんと把握することが求められます。利用価値の高い転職ツールで、まずは市場価値を知ることが始めてみましょう。

👑転職必須無料ツール一覧


 
完全無料
全国の求人情報を勤務地や職種、皆さんのスキルや資格などから検索でき、転職ノウハウや転職活動体験談等、転職成功のヒント満載の求人/転職のサイト


 
完全無料
コンピテンシー診断では、あなたの職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、あなたのコンピテンシー(行動特性)を分析。


 
完全無料
国内最大級100万件以上のの転職口コミ情報を掲載。
会員登録すると48時間、転職会議内の企業口コミが見放題となります。また、在籍した企業の口コミを投稿すると、最大90日間企業の口コミが見放題となります。

③マネジメント力はアピール必須

40代の転職を成功させるために秘訣を実行し、面接中の男性

40代の転職を成功させるための秘訣は、質の高いマネジメント能力を有しているかという点です。

これは決して管理職としてだけではなく、プレイングマネジャーとしての素質も問われています。

特に40代前半であれば、プレイングマネージェーとしての立場の方も多いので、管理職経験よりも、以下のようなスキルが求められます。

40代前半が押さえておきたいスキル
・部下や後輩の育成
・進捗管理
・予算管理

などの管理能力が問われることが多いです。PM(プロジェクトマネージャー)経験は特に優遇される傾向にあるので、存分にアピールするようにしてください。

 

40代に求められるのは現場での作業員ではありません。

 

仕事をコントロールし会社に利益をもたらす管理職またはその候補です。20代、30代のように現場経験の結果をいうと落とされる傾向が強いため、アピールするポイントは管理能力に絞っておくとよいでしょう。

 

関連記事

④年収は妥協も必要

40代の転職を成功させるために秘訣をマスターし年収大幅UP

40代の転職を成功させるための秘訣は、転職したいと思って転職するよりも市況や会社都合などで転職ことが増える年代です。

その為、年収がアップする人は全体の3割程度と言われていいます。年収がダウンする人は、全体の4割程度と言われています。

この4割に入ってしまう人の多くは、キャリアアップを目的とした転職希望ではなく、何らかの別の転職理由が含まれていることが多いです。

例えば、親の介護であったり、ブラック企業に耐えられなかったり、会社の倒産等色々な原因があります。

また、過去の傾向から転職成功者は転職エージェントを利用し転職することで年収アップに成功している人も多い ので是非利用したいところです。

転職エージェントが持っている求人は質の高い求人を多く保有しています。40代で転職アップした人の多くは、転職エージェントを活用している人が殆どであることもポイントの一つです。

 

おすすめ記事

⑤転職エージェントを利用は40代の転職で必須!

40代の転職を成功させるために秘訣をエージェントに聞く男性

40代の転職を成功させるための秘訣として、転職活動期間は最短で行い、自分のキャリアを存分に活かすことが大事です。

そこで、短期決戦且つ自分のキャリアにあった求人を的確に探す為に利用したい転職ツールが、転職エージェントです。

短期決戦に対しての対策として転職エージェントの利用が有効な手段である理由は、転職エージェントが持っているサポート力を利用したいから です。

また、転職エージェントは転職サイトやハローワークの求人より質の高い求人を保有しておりますので、あなたの希望する求人に出会える確率が圧倒的に高くなります。

それを加味して、職エージェントに登録し、スムーズな転職活動ができるよう取り組むことで、40代の転職を成功させることができるのです。

逆に上記以外の転職エージェントでは、スキル・経験・ポジションによって登録を断られる場合もありますので、注意しましょう!

 

おすすめ記事

40代の転職を成功させる秘訣:まとめ

面接で確認する

今回の記事のポイントをまとめると、40代の転職を成功させるための秘訣は以下の様にまとめることができます。

40代は、20代・30代よりも失うものが多いため、転職活動は慎重に行うことが非常に重要です。

そのために知っておくべきことを再度見てみましょう。

40代の転職を成功させる秘訣
☑リスクがある。
☑高いスキルが求められる。
☑エージェントの活用が必須。
☑転職先が決まるのは3か月以上先が半数
☑40代はマネジメント能力が必須

以上の内容について、現実を受け止め、やるべきことをしっかりやればきっと結果はついてくると思いますので、辛抱強く頑張りましょう!

40代の転職の悩み7選

  • 40代で多い転職理由は?

    40代で多い転職理由は、大きく分けて3つです。

    ①労働環境・条件の嫌気

    40代は、20代・30代のときの努力の総決算。今まで頑張って来たことが報われているのであれば、給与・昇格などできちんと表してくれます。しかし、そういった待遇面も一向に良くならず、評価も不平等、将来性もなくただ働くことに嫌気がさして転職を決意する方は多いです。また、今の仕事と同じことでもっと良い条件の企業を発見してしまったり、ヘッドハンティングに合う方も非常に多いです。

    ②倒産・リストラ

    会社が倒産危機により、いち早く脱出するする方が多い世代が40代です。家族の為、ローンの返済など抱える責任が多い世代。そのため、会社倒産の危機を察知するのも早く、いち早く転職活動に踏み切る方が多い世代です。また、整理解雇を実施する際、60代から40代は真っ先に解雇対象になるため、リストラによる転職を行う人は非常に多いです。

    ③契約満了

    非正規雇用者(派遣・契約社員・フリーターなど)の方は、雇用に関する契約を伴っています。そういった雇用形態の方は、不景気になると契約満了という形で更新されないケースが多いです。特に40代になると20代などの若手よりも給与面の条件が良いため、契約満了を通達されることが多いのが特徴です。

    過去記事でも上記のような対策を記載しているので、参考にしてみてくださいね。

  • 40代の転職タイミングは?

    40代の転職タイミングは、ご自身の転職への希望条件(待遇・仕事内容など)が求人票に掲載されているときすべてがタイミングです。正直40代の方を積極的に採用したいと思う企業は少ないです。なぜなら、40代になると経験豊富なことはもちろん、スペシャリストであり、マネージャークラスの方が多いです。そういった方を採用するということは、何らかのポジションに穴がある場合です。例えば、新規プロジェクトの立ち上げ、新規部門の発足、部門強化などの場合が挙げられます。こういった求人は非常に少ないため、常日頃から求人票をチェックしておくことが非常に大事。つまりタイミングは、常日頃ということになります。

  • 40代の女性は転職に不利ですか?

    40代の女性は、30代の女性より圧倒的に有利な転職が可能です。その理由は、30代女性だとまだお子さんが小さく、急なイベント・発熱などで急な休みが多くなることを企業は知っているため、採用しづらい傾向にあります。しかし40代の女性になると、お子さんも大きくなり、多少の残業でもお子さんへの影響も少なく、バリバリ働いてくれると捉えやすいです。子供が小さいうちは満足のいく仕事ができなかったかもしれませんが、40代になればお子さんも大きくなり活躍してくれる女性は本当に多いです。そのため、過去のキャリアを存分にアピールすることで、好印象を採用担当者に持たれる可能性もあるのが特徴です。

  • 40代でも未経験の転職は可能ですか?

    かなり難しいです。40代の転職は即戦力は当然とし、経験やマネジメントスキル、専門性が求められます。未経験への転職になるとそれらのいずれかが欠けてしまう為、40代をわざわざ採用する必要性がありません。そのため、未経験への転職はかなり難しいといえます。もし未経験での転職を希望される場合は、最低限職種は変えないことがおすすめです。例えば、営業職→営業職であれば業界未経験なので、採用される可能性は高いです。ただし、業界未経験なので雇用条件には期待できませんし、キャリアダウンになるのでおすすめできません。40代の転職は、今までの社会人生活の総決算なので、未経験での応募ではなく、今までのキャリのマッチ度の高い求人に応募していくことが得策と言えます。

  • 転職ツールは何がいいですか?

    40代の転職は、即戦力+専門性が問われます。そういった求人は好条件の求人が多い一方で、一般に公開されない求人がほとんどです。なぜなら、社内の極秘情報が含まれていることが多いためです。例えば、新規プロジェクト、新部門発足などはライバル企業に情報を見られてしまうとまずい情報が含まれています。そういった求人は世に出回らないのになぜ転職している人が多いかというと、転職エージェントを経由して企業が求人の募集をかけているため、転職エージェントに登録している人だけが知り得る情報のためです。40代の転職を成功させるツールとして、転職エージェントは欠かせないツールとなるので、是非過去記事を参考に登録しておきましょう。

    40代の転職エージェント特集▶

  • 転職エージェント絞り込み検索
    年代
    特徴
    職種
    業界
    さらに詳しく検索
    地域

    Twitterでフォローして限定記事を購読!

    転職を成功の為に読んでおきたい記事