仕事がつまらない為満足できず転職考え中

仕事がつまらないと人は転職して問題を解決しようとします。しかしこの転職というのは、リスクもあり、簡単に決断を出すことは危険です。仕事がつまらないことは今の会社で努力すれば解決できることも多いので、今回の記事は仕事が楽しいと思えるようになる4つの行動について解説します。

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

最近SNSで多くの相談者さんが「会社を辞めたい」ということで「どうすればいいのか」という悩み相談を送っていただけることが非常に多くなっております。

 

今回の記事は、ご相談者さんと話をさせていただいているときの私のアドバイスである『仕事がつまらないからの脱却方法』について記事にさせていただきたいと思います。

 

仕事がつまらない・会社を辞めたいと思ったら是非参考にしてみてくださいね!

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

仕事がつまらないと『転職』を意識してしまう

仕事がつまらない為転職しようか悩む40代

社会人である以上、今の会社には何らかの不満を抱えながら仕事をしているというのはどんな会社に行っても起きることことです。万が一転職してちょー楽しい会社に転職できたらそれは奇跡。

 

そんな会社に巡り合えたら最高です。

 

しかしそんな奇跡が起きるなんてことはまずありえません。今の会社の仕事がつまらないと思って転職しても今の会社より仕事がつまらない会社に転職したらまた転職活動をしなくてはなりませんよね?

転職することはリスクでもある

誰しも一度は会社を辞めたいなんて思うことは当たり前。私はグローバルベンチャー企業で残業時間140時間という本気で死にそうなくらい働いていたので、常に転職を考える日々でした。

 

つまり、転職することで今抱えている問題を解決したいということです。しかし一方で、転職というのはリスクがあり、それに対する不安ももちろんありました。

 

「今抱えている問題を転職で解決しても新たな転職先で新たな問題が出てくる。そして、その問題を解決する為に、転職という道をまた考えてしまうという悪循環は避けたい。」

 

そういう思いがあったので、転職には非常に慎重でした。面接官をしていたので、転職を繰り返す人は雰囲気でも読み取れてしまうぐらいの領域だったのでw

 

しかしそんなブラック企業でもよかったのが、仕事がつまらないということはなく、むしろ仕事自体は楽しくやれたということだけが10年以上働けた唯一の救いでした。

 

ではそんな過酷な会社の中で、どのように仕事がつまらいということを避け、逆に仕事が楽しいという前向きな思考ができたのかその秘訣について次に説明します。

関連記事

『仕事がつまらない』と思う人はこんな人

仕事がつまらないけど改善して転職が避けれた女性

私が思う仕事がつまらないと思っている人の典型的なパターンは、人の悪口ばかり言う人です。

 

これは自分の実力を他人が認めてくれないから認めてくれない人の悪口しか出てこない典型的なパターンです。このような人の不満の要素を掘り下げると以下のようなことが分かります。

 

自分の価値がどれだけ他人に認められるか

 

つまり、お金をいくら稼いでも他人に自分が認められないと不満がでてくるというタイプです。

 

他人に「承認される」というのは仕事において楽しいと思えるかどうかに密接に関係しています。

 

よって、実力などがしっかり評価されるという会社は、認めてもらえる=承認され、仕事が楽しいと思えることに繋がりやすいんです。

 

私はここに着目して、次に解説する4つの要素を用いて、仕事を楽しいと思うように取り組んでしました。

私が実践した『仕事がつまらないからの脱却方法』

仕事がつまらないから転職して成功した女性

仕事がつまらないという人は、転職することに意識が行ってしまい、キャリアダウンや市場価値を下げてしまう結果に繋がりやすくなります。つまり、仕事がつまらないからどうすればいいのかという前向きな行動ができれば、今の会社に残るにしろ転職するにしろ成功に繋がりやすいということでs。

 

下の4つの要素をみてください。

 

仕事から幸せを得る4つの要素
①自分の成長を感じられる
②自分が価値ある存在であることを実感できる
③自分の努力を会社が評価してくれる
④最低限のストレスを感じられる

 

この4つの要素を満たされること仕事がつまらないから転職しようという考から変わることができるので、次に一つずつ解説していきます。

要素1:自分の成長を感じられる

仕事というのは「自己実現の場」です。社会において「●●のような自分になりたい」という夢を実現できるのは「仕事」という環境がもっとも有効であると言われています。

 

自分の成長が実感できないと人は「不満」をいただき「転職」を考えます。特にその要素が強いのが、ルーティンワークすぎる職場です。ルーティンワークすぎる職場に従事する人の多くは「会社を辞めたい」と思っている人が非常に多いです。その理由は、

 

自分でコントロールできる要素がない

 

ということ。ルーティンワークは常に決められたことだけを繰り返すので、自分の成長を実感できない為、不満になりやすいと言われています。

 

自分の成長を強く感じたい人はルーティンワークの環境は絶対におすすめしません。また、そういった環境にいる人は自分自身で改善することが難しいので仕事がつまらない為、転職したいと考えてしまいます。

 

職種にもよりますが、できるだけルーティンワークにならないように毎日改善することを心がけ、今いる環境の中でも自己成長していく課題を見つけていくことが大事です。目標を常に定めながら日々を過ごすことで、周りからも評価されるようになり仕事が楽しくなることもあるので、是非取り組んでみてください。

要素2:自分が会社にとって価値のある存在であることを実感できる

要素1の自分の成長を実感できるにもつながる話ですが、幸福度が増す要素として、自分の今やっている仕事が会社にとって価値のある仕事であると実感できるとき、従業員は「仕事の幸せ」を強く感じます。

 

私の前職のように残業が多いベンチャー企業に勤めたとしましょう。。でも入社してみると毎日終電帰りでとても辛い日々です。

 

でも、今やっている仕事が会社の成長にとても重要な役割を果たし、さらには世界的な市場にも影響を及ぼすような仕事だと認識していたらどうでしょうか?チームメンバーと鼓舞しながら辛いことも皆で共有できていたらどうでしょうか?

 

そういった環境であれば今の仕事の価値が見いだせるので、この仕事が会社にどれだけ利益を生んでいるのか、社会にどれだけ役にたっているのかと考えるようにすると意外と今の仕事がつまらないから転職しようという考えから抜け出せるのでおすすめです。

 

おすすめ!転職エージェント3選
当サイトから登録の多いエージェントはこちら(各サイトに遷移できます)
【若手】20代の転職

【ミドル】
20代、30代の転職

【管理職】
40代の転職

要素3:自分の努力を会社が評価してくれる

次に仕事における幸せの中で重要な役割を果たすのが、自分の努力に対して会社から認められているということ認識できるか ということです。

 

自分の努力に対して認められないというのは仕事における幸福度を極端に下げる要素です。つまり仕事がつまらないという考えに直結してしまいます。

 

ぶっきら棒な上司、先輩、同僚が多い「ブラック企業」なんかはそういった幸せが得られないことが多いので、転職を考える人が多いといわれています。

 

逆にホワイト企業の上司は「〇〇さんの今回の資料すごくいいいよ!」「今回の仕事は難しかったのに本当に助かったよ!」など、

 

部下を褒めて認めてあげる

 

ということの大事さを知っている人が非常に多いです。

 

相手を認める、褒めるということは仕事の幸福度を増す為にとても大事な要素であることを絶対に忘れてはいけません。もし転職を考えている人で、社内の雰囲気がいい会社に勤めているのであれば、転職はかなり慎重に行うべきです。

 

きちんと評価制度が整っているのに自分の評価が低いのであれば、評価を上げる改善策を上司と相談していくと転職という一つのリスクから解放されことにも繋がりますし、目標ができるので仕事がつまらないと考える時間も減っていきます。

要素4:最低限のストレスを与えられている環境

人は適度にストレスを感じられないと幸せを感じることはできません。さらにそのストレスが自分の成長につながらないと人は不満を感じます。なんのストレスも感じない環境は、仕事がつまらないという感情を生み出しやすくなってしまいます。

 

例えば糞みたいな上司が高圧的で理不尽なことばかり言ったりするより、その仕事の意味を丁寧に教えて、あなたのどういう成長につながるかを教えてくれたらどうでしょうか。

 

つまり、適度のストレスは仕事におけるモチベーションを上げる→幸せを得られやすいということになるわけです。

 

仕事がつまらないと思う方で、上司との関係が良好だったり、経営者レベルまで上申できる職場であれば、できる限り相談して今いる会社で成長できる環境を作ってもらえる努力をしてみましょう。

努力しても仕事がつまらないと思ったら転職を!

仕事がつまらない為転職しようか悩む人を助けるエージェント

仕事がつまらないことが「転職」のきっかけになってしまうのは、どんな業界にいても同じです。

 

ただ注意しなくてはいけないのが、仕事から幸せを得るというのは必ずしも「高給をもらうこと」ではなく、以下の4つの要素がとても大事です。

 

①自分の成長を感じられる
②自分が会社にとって価値ある存在であることを実感できる
③自分の努力を会社が評価してくれる
④最低限のストレスを感じられる

 

その4つの要素が満たされ、さらに「高給を貰えている」ことが実感できると多くの人は転職を考えることはしません。もしあなたの会社が仕事から幸せを得られないのであれば、転職を考えておくことも必要でしょう。

 

転職すべきかどうかは、周りの人や転職エージェントを利用しながら解決策を見つけ出すのに有効な手段なので是非実行してみてください。

 

転職エージントは上手に使うと非常に有効なツールになるのでとてもおすすめです。 それではまた!

転職の相談は『doda』がおすすめ!

一押し!doda

サイト名 特徴
doda 登録するとdodaの専門スタッフがみなさんの希望や適性に合った求人の紹介や、転職活動のサポートを無料で行ってくれます。 専門スタッフが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート。また、必要に応じてキャリアカウンセリングを実施してくれます。

doda

画像引用元:doda

評価項目 解説
求人数 100,000件以上
エージェントの質 面接で本来の自分を最大限にアピールするためのノウハウを専門スタッフが直接アドバイスしてくれる。
登録メリット 履歴書、職務経歴書だけでは伝わらない、人柄や志向、考え方など、転職希望者の方の優れた特性を推薦状や推薦時のメールにまとめ、履歴書、職務経歴書に添えて企業に応募してくれる。
対応エリア 全国
本気で転職したい?転職ツールを使い倒し術

転職に必要不可欠なことは、「目的」「対策」です。

✔転職する目的はあるのに対策方法がわからない。
✔どんな企業が自分にマッチするのか分からない。
ブラック企業への転職だけは避けたい。
✔業界に詳しい人から転職アドバイスをもらいたい。

そんな悩みに答えてくれる最強の転職ツールが「転職エージェント」です。僕自身の転職経験、面接官、人事としてのキャリアを活かして全力でおすすめするエージェントをランキングでご紹介!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!