大手転職エージェントはこちら▼
転職ノウハウ一押しの記事▼

ブラック企業に入社してしまった時の対処法

ブラック企業に入社してしまった時の対処法

ブラック企業に入社してしまった時の対処法

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

今回は、Twitterでいただいた質問に対しての非常に多い悩みについてお答えしていきたいと思います。

<悩み相談>
新卒で大手企業に就職できたのはいいのですが、とてつもないブラック企業でした。月の残業も150時間を越え、身も心もまいってしまいました。どうすればよいのかアドバイスください。

ブラック企業に就職してしまい、身も心も病んでしまう人が非常に多い現代。そんなときにどのように行動すればよいのかを今回は詳しく解説したいと思います。

ブラック企業に勤めてしまっている皆さん!必見です。

■ブラック企業に入ってしまった…

ブラック企業に入社してしまうことはよくあることです。しかし、ブラック企業に入りたくて入ったという人は誰一人いません。

では、ブラック企業と気付かされるときってどんな時なのか見てみましょう。

Twitterでご相談、アドバイスさせていただいた方々ににブラック企業あるあるを聞いてみました。

ブラック企業あるある
・求人票の偽り
・軍隊チックな環境
・人格異常者が多数
・残業時間が100時間を越える
・残業代が支払われない

などといった形でブラック企業を認識する人が多い傾向にあります。

■ブラック企業と思ったらすぐに辞めるべき

ブラック企業と思ったら即辞めるべきです!そのまま社蓄であり続けると大変なことがおきます!特に精神疾患が現れると取り返しがつきません。

ブラック企業の定義は人それぞれですが、概ね次のようなことが当てはまると思います。

・賃金が低すぎる
・サービス残業が多い
・パワハラ、モラハラ、セクハラ

ブラック企業の定義は色々ありますが、結局のところ、ご自身がブラック企業と思ったらブラックならブラック企業なのです。他の人にはご自身の辛さは分からないものです。

確かに営業成績が伸び悩んだりすると、上司や先輩から怒られこともあるかもしれませんね。でも会社の利益を出さないと会社は成り立ちません。そこを耐えることは社会人であれば分かること。辞めることよりも耐えることが重要です。

しかし、ブラック企業は別格!

おかしいと思ったら即辞めOK。辞める理由がはっきりしているので心配は無用!

面接でも論理的かつ説得力のある退職理由を作れば、転職も難しく無いですし、ブラック企業無限ループ転職の対処法にも繋がります。

ブラック企業排除に力を入れている就職エージェント↓


■ブラック企業に気づくのは実は難しい

ブラック企業かもしれないけどいまいちよく分からないという人が多いです。

人間というの回りに流されやすい生き物。特に日本人はその傾向が強いです。つまり、一度洗脳されると脱け出せないためずるずるとブラック企業に在籍してしまいます。

ブラック企業は、あなたを洗脳してきます!

危ない宗教団体と同じ論理ですよね?一度宗教団体に所属すると洗脳されて脱け出せないのもブラック企業の特徴です。

自分の意見を否定され、会社や上司のいうことが社会の全てのような言い方で洗脳する傾向が非常に強いです。

あなたの会社は大丈夫?

■ブラック企業?と周りが気付かせてくれる

ブラック企業であることに気付くきっかけは、あなたと近い関係にある人かもしれません。

あなたの会社の話をすると必ずブラック企業というワードが出てきませんか?今の会社を辞めた方がいいと言われませんか?

ブラック企業であることをあなたの近い関係にある人は心配してくれます。

おかしな会社、所謂ブラック企業に洗脳されるとブラック企業が当たり前の状態になりおかしいことに気づかないんです。

■ブラック企業と思ったら転職エージェントに駆け込もう

ブラック企業に入社してしまったときの効果的な対処法のひとつとして有効なのが、転職エージェントに相談してみることをすすめます。

転職エージェントは「転職のプロ」であり、よきアドバイザーです。

当然、あなたが在籍するブラック企業に対して何らかの対処方法を教えてくれることはできませんが、転職して今抱えている問題を解決する手段はアドバイスしてもらえます。

例えば、「もうブラック企業に転職することは避けたい」といった転職理由なら、

・残業時間が少なめ
・社内の人間関係がいい
・残業代が支払われる

といった企業の内情を知っている企業の求人を紹介してくれたりします。また、選考が進む段階でそっと応募企業の人事に内情を確認してくれたりすることが多いので、ブラック企業への転職の対処法に繋がりやすいです。

これを自分で応募するハローワークや転職サイトでは、自ら確認しなくてはならないのでかなり難易度が高いです。

上記のようなことをしっかり対応してくれる転職エージェントは利用価値が高いのですが、一定数で対処してくれない転職エージェントもありますのでご注意ください。転職エージェントもビジネスです。つまり、「ノルマ」が存在するので、ブラック企業でも無理やり紹介し、とにかく入社させてしまう転職エージェントも存在するのが事実。

今回下記で私が紹介させていただく転職エージェントは、私自身が利用した経験とTwitterでアドバイスさせていただいた方々からの情報をもとに利用価値が高かったとおすすめできる転職エージェントになりますので、是非登録、面談を受けてブラック企業から抜け出すための一歩目を踏み出しましょう!かなり有効なブラック企業の転職対処法に繋がると思います。

【20代おすすめ転職エージェント特集】
20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】
第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!DYM就職
【ウズキャリ第二新卒】
未経験からの転職ならWORKPORT
顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】

【30代おすすめ転職エージェント特集】
無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら
大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】
ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】
自社で腰を落ち着けて仕事がしたい方は【社内SE転職ナビ】へ
正社員未経験大歓迎!利用はすべて無料!東京都内での就職なら!【ミドルコーナー】

■ブラック企業を抜け出す準備を速攻で進めましょう。

ブラック企業に入社してしまったら転職することをいち早く進めることが一番の対処法です。

しかし、ブラック企業の在籍する人、特に上司は転職しようとしている輩に敏感なアンテナを持っています。ブラック企業は常に離職者が多いため、辞められるととても困りますから常に離職者アンテナが張り巡っています。

そこで重要なのが、先ほど紹介した転職エージェントの存在です。

転職エージェントに登録すれば、あなたの希望を伝えると「希望に合った求人」を紹介してくれますので面談後は、マッチ度の高い求人を紹介してくれます。

あとは、あなたが転職したいと思う求人を選んで応募するだけ。

しかし、問題は「面接は平日に行われる」ということ。これについての対処法は、強行突破で時間を作ること。

考えてください。今後関わることのないあなたの在籍ブラック企業に未練などありませんよね?

「親知らずが痛いので休みます。昨日は眠れませんでした。」

これで休む理由の対処法はOK。

次に、「会社が忙しすぎて休めない」という人いませんか?

その対処法として、転職エージェントを利用する効果が絶大なんです。

転職エージェントに登録後は、

・面談で転職相談ができる
・面談後は、電話やメール(最近はライン)でも相談できる
・面接の日程調整は転職エージェントが全てやってくれる

就業中は相談できませんが、お昼休みは自由時間10分程度作ることができますよね?そこで転職エージェントに相談すればいいだけです。

時間が無いのはブラック企業に勤めている人だけではありません。みんな同じですから、お昼休みを有意義に利用することが時間の都合をつける対処法です。

【20代おすすめ転職エージェント特集】
20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】
第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!DYM就職
【ウズキャリ第二新卒】
未経験からの転職ならWORKPORT
顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】

【30代おすすめ転職エージェント特集】
無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら
大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】
ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】
自社で腰を落ち着けて仕事がしたい方は【社内SE転職ナビ】へ
正社員未経験大歓迎!利用はすべて無料!東京都内での就職なら!【ミドルコーナー】

■ブラック企業に入社したときの対処法!転職時の面接は要注意!

ブラック企業に入社してしまったらその対処法は転職しかありません。

しかし、ブラック企業からの転職時は面接という最難関が待ち受けています。

一般的な「キャリアアップ」を目的とした転職理由ならポジティブなので面接官を納得させることは容易でしょう。しかし、ブラック企業からの転職は必ず「ネガティブ」な転職理由になるため厄介です。

転職市場において退職理由が「ネガティブ」であると転職後もすぐに辞めてしまうという傾向が統計的に出ています。

また、転職市場で嫌われることがもう一点あります。それは、

在籍して3年未満で転職をした場合、転職後3年以内に再転職する確率は3年以上在籍して転職者よりも2倍以上に増える。

という傾向にあるため、採用者側にとっては3年以上在籍した人を優先的に採用する傾向にあります。

この場合の「転職理由」の作り方の対処法は、

・ブラック企業であった事実を論理的且つ説得力のある内容にする
・在籍するブラック企業では、自分のやりたいことが達成できない
・在籍するブラック企業の悪口は言わない

この3つを取り入れて退職理由を作り上げることがポイントです。詳しくは下記関連記事をどうぞ!

■ブラック企業はあなたを引き止めてくるが完全無視!もめたら退職代行サービスの利用!

転職エージェントを利用して転職先が決まり、ようやく在籍するブラック企業から脱け出すときがやってきました。ここでまたあなたにとっての障壁が発生します。

在籍するブラック企業に退職の意思を伝えなくてはなりません。

前述したようにブラック企業は洗脳したり、甘い言葉であなたを引き止めてきます。特に次のような引き止め方法がお決まりパターンです。

①あと一年頑張れば役職者になれるぞ!
②お前がいなくなると会社が回らない。
③転職先に嫌がらせをするぞ!
④お前の親に電話して仕事の損害賠償を請求する。

といったパターンです。

まず①②についての対処法は、「完全無視」です。

過去から現在においてあなたは100時間以上の労働に耐えてきた実績があるかもしれませんし、人間関係が問題ならあなたはもう十分耐えてきました。なのに役職者になれなかったのはなぜですか?なぜ残業代が未払いなのですか?

理由は、あなたの在籍する企業がブラック企業だからです。

ブラック企業は、社員を「人財」とは思っていません。あなたを社畜と思っています。つまり、あなたのことなど利用できる「犬か豚」程度にしか思っていないですよ!甘い言葉なんて完全無視しましょう。

③④の対処法も無視で基本OKですが、もめたら「退職代行サービス」を利用してみましょう。

当然弁護士ではないので法律的な話でブラック企業を論破してくれるわけではありませんが、ブラック企業からの「脅し」についてはすべて対処してくれ、スムーズに退職手続きをブラック企業と済ませてもらえます。

詳しくは下記関連記事をご参考に↓

■ブラック企業から退職交渉は毅然とした態度で挑む

ブラック企業にありがちなブラック上司は「恐怖」を与えるプロです。

そのブラック上司の対処法は、毅然とした態度且つ粛々と退職手続きを進めることです。

・退職届の提出
・もらうべき書類
・返却すべき物

をきっちり対応すれば、辞めることは問題ありません。1点注意すべきことは、「就業規則」は必ず読んでおきましょう!

就業規則に退職をする場合の手続きが書かれています。例えば、

退職届は退職日の1か月前に提出し、退職前の2週間前から職位を失う

など、具体的に記載されていますので要チェックです。ブラック企業の場合、この部分を曖昧に書かれている可能性もあるのでチェックを怠らないようにしましょう。

退職手続きに困ったら転職エージェントに相談すると手続き方法を詳しく教えてくれたりしますので相談することをおすすめします。

■ブラック企業転職無限ループにご注意を!

ブラック企業に一度入社してしまうと転職先もブラック企業だったというパターンが非常に多いです。その理由は簡単。

ブラック企業から逃げ出すことを優先し、次の会社について深く調べることを怠った

ことが原因です。

特に、私が常々言っている「ハローワークは転職に利用しちゃだめだ!」という理由にはちゃんとした根拠があるんです。

ハローワークに紹介されている求人はブラック企業ばかりです。Twitterで相談を頂いた人に「求人をどうやって探しましたか?」と尋ねると高確率で「ハローワーク」です。

「どうしてブラック企業だと思いましか?」と聞くと「求人票と実態に偽りがある」とのこと。ハローワークがブラック企業天国になっている理由を詳しく知りたい方は、下記関連記事をご参考にしてください。

転職サイトによくある「スカウトメール」も要注意!私の経験上ブラック企業の嵐でした。

やはり利用価値が高いのは「転職エージェント」です。

転職エージェントを利用すれば、ブラック企業を避けることができるので是非この機会に登録&面談を受けましょう!ハローワークや転職サイトで転職し、失敗してしまった人こそ利用価値が絶大だと思いますよ。

【20代おすすめ転職エージェント特集】
20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】
第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!DYM就職
【ウズキャリ第二新卒】
未経験からの転職ならWORKPORT
顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】

【30代おすすめ転職エージェント特集】
無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら
大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】
ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】
自社で腰を落ち着けて仕事がしたい方は【社内SE転職ナビ】へ
正社員未経験大歓迎!利用はすべて無料!東京都内での就職なら!【ミドルコーナー】

■転職先もブラック企業だったらどうしよう・・・は考えすぎないことが大事

現在がブラック企業だと次もブラック企業だったらごうしよう・・・と思考回路が停止してしまっている人をよく見かけます。

ここで思考を少し変えてみましょう。

・今以上のブラック企業は存在しない。
・世の中はブラック企業だけではない。
・転職エージェントという強い味方が付いている。

と思うと気が楽になります。転職エージェントはブラック企業という存在を理解しているので、ブラック企業に対してあなたを紹介することはまずないです。なぜなら、

「ブラック企業を紹介された」がTwitterなどで拡散されると、悪い評判が出回り、企業の存続にも関わる事態が発生するからです。

その為にも、転職エージェントを利用してホワイト企業に転職することは、ブラック企業への転職対処法として効果があると言える根拠となるでしょう。

■ブラック企業に入社してしまった場合の対処法:まとめ

1:ブラック企業と思ったら即転職!
2:ブラック企業はあなたを洗脳してくる!
3:転職エージェントを利用して転職すべし!
4:退職交渉が難航したら退職代行サービスを検討する
5:世の中はブラック企業だけではない!
6:ハローワークはブラック企業天国

転職エージェント特集はこちら↓

転職エージェントの徹底活用法はこちら↓
転職を成功の為に読んでおきたい