ハローワークはブラック企業天国!転職エージェントを利用すれば回避できる理由

ハローワークはブラック企業天国!転職エージェントを利用すれば回避できる理由

ハローワークはブラック企業天国!転職エージェントを利用すれば回避できる理由

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

今回はTwitterでいただいた悩み相談についてお答えいたします。

悩み相談

先月ハローワークを利用して内定をいただき、4月1日から転職先に入社しましたが、入社初日から退社が10時。試用期間は残業代が出ない(6か月)、提示された給与も募集要項とは違う金額でした。転職活動を再度始めようと思っていますが、ハローワークで探すとブラック企業にまた転職しそうで怖いです。どうすればよいかアドバイスお願いします。

最近になり、ハローワークとブラック企業の関係についての悩み相談が非常に増えています。過去にもブラック企業とハローワークの関係性について詳しく書きましたが、今回は、転職エージェントを利用すればなぜブラック企業を避けられるかのカラクリについても説明させていただきます。是非この機会に転職エージェントに登録しておくことをおすすめします。

ブラック企業排除に力を入れいている転職エージェント特集
【20代おすすめ転職エージェント特集】
20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】
第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!DYM就職
【ウズキャリ第二新卒】
未経験からの転職ならWORKPORT
顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】

【30代、40代おすすめ転職エージェント特集】
無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら
大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】
ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】
自社で腰を落ち着けて仕事がしたい方は【社内SE転職ナビ】へ
正社員未経験大歓迎!利用はすべて無料!東京都内での就職なら!【ミドルコーナー】

■ブラック企業が蔓延る求人媒体とは

世の中にはハローワークを含め色々な求人媒体があり、そしてブラック企業が蔓延しているのは常識ですよね笑?とうにハローワークの求人はブラック企業天国といっても過言ではありません。

ハローワークの求人にブラック企業がなぜ群がるのか詳しく説明していきます。

▼ハローワークはブラック企業がいっぱい

ハローワークの求人にはブラック企業がかなり含まれています。当然ハローワークの求人数が非常に多いので絶対数はかなりの数があると思って下さい。

では何故ハローワークの求人にブラック企業が入っているのか?答えは簡単です。

それは採用コストの問題です。

採用コストとは、求人広告にかかったお金や選考にかかった費用の事をいいます。当たり前ですが、企業はハローワークに求人を出してもお金を取られる事はありません。無料で求人を公開出来ます。ブラック企業から見れば

こんなにありがたい機関はありません。

人材にお金をかけるという意識のない企業にとってはタダで求人を出せるハローワークは絶好の求人媒体なのです。

これが、ハローワークがブラック企業への入口になってしまっている原因です。ではどうすればブラック企業を避けることができる
のか?ハローワークを利用しないと転職活動ができない人多いですよね?みんなが思いつくのは、

「職員に聞く」ですが、当てにならないです。

求職者が過去にその企業に応募してトラブル歴やクレーム歴がある企業は要注意とのことですが、ハローワークの職員はド素人同然です。

ブラック企業排除に力を入れいている20代専用転職エージェントはこちらをクリック↓


▼ハローワークの職員は転職アドバイザーではない

過去に職員の方にブラック企業で有名な企業の求人についてどれくらい知識があるかと思い試したことがあったのですが、

「この企業は大きくて、安定しているし、いいかいしゃですよ!」

・・・はい?ここブラック企業ですけど(笑)。

開いた口が塞がらなかったですね。その時点でハローワークは一生使わないことにしました。

関連記事

30代、40代に人気の転職エージェントはこちらをクリック↓


▼求人情報誌(雑誌)もブラック企業天国

次に街の色んな所に置いてあるフリーペーパーの求人情報誌についてお話します。

読んだ事がある人は分かると思いますが、この求人雑誌は「コマ」というスペースに求人に関する必要な情報を記載しなければなりません。その「コマ」のサイズによって企業側は広告費を支払います。当然大きなコマは高額になります。ここで注意したいのがその大きなコマの求人です。

全てではありませんが、1ページ丸々使って写真等も大きな求人。給料額のフォントが大きく色も強調されている求人も危険。

なぜかわかりますか?

大きなコマは高額の広告費が必要になりますが、実は思っているよりずっと安いんです。媒体にもよりますが、1ページ全て使っても15万円とか20万円程度の広告料です。

一見、高額な広告料を支払っているのでブラック企業が使う求人媒体ではないようにも感じますが実態は異なります。

実は20万程度で数名の人間を採用できれば、1人当たりの金額は非常に少ない金額で済みます。個人的にはブラック企業とまで
呼べなくても問題のある企業の求人が多いと感じるのが、この求人情報誌や雑誌です。

特に大人数を募集していたり、大きなコマでいつも掲載されている企業は、事業拡大に伴いブラック企業に育っていく可能性が高いです。

未経験案件豊富な転職エージェントはこちらをクリック↓


■ブラック企業と相性の悪い求人媒体!それが転職エージェント!

人材紹介ビジネス(転職エージェント)をブラック企業は使わないところが殆どです。

転職希望者と企業の間にエージェントやキャリアコンサルタントと呼ばれる人が入る場合、まずブラック企業の心配は必要ありません。

なぜたと思いますか?その理由は、

転職サイトなどに見られる人材紹介ビジネスのビジネスモデルにあるんです。

転職エージェントのビジネスモデルは、

基本的に企業側からの報酬を得る「成果型」です。

実際に企業が転職希望者を採用して入社後に、初めて報酬が発生します。その報酬に幅はありますが、おおよそ100万円単位です。
しかも、これは1人当たりの金額ですよ。

例えば、想定年収が月収30万円×12か月=360万円+賞与の人を採用したとします。そうするとエージェント側は、

360万円×30%=108万円

の報酬を企業側から得ることができるんです。当然、この金額だとブラック企業と呼ばれる企業は手を出しません(出せません)。どういった企業が、こう言いた人材紹介サービスを利用するかを考えてみて下さい。

本当に採用したい人を探しているからですよね?

ブラック企業排除に力を入れいている転職エージェント特集
【20代おすすめ転職エージェント特集】
20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】
第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!DYM就職
【ウズキャリ第二新卒】
未経験からの転職ならWORKPORT
顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】

【30代、40代おすすめ転職エージェント特集】
無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら
大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】
ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】
自社で腰を落ち着けて仕事がしたい方は【社内SE転職ナビ】へ
正社員未経験大歓迎!利用はすべて無料!東京都内での就職なら!【ミドルコーナー】

▼転職エージェントを利用する企業は常温

業務上のスキルや人間像、任せたい仕事などをかなり鮮明にイメージしているのです。そんな人材のイメージを転職サイトなどの人材紹介サービスの会社に伝えて紹介してもらおうとしている訳です。

一方、ブラックと呼ばれる会社のほとんどは長時間労働、低賃金などマンパワーで利益を出そうとします。社員の質に対しての意識が希薄というかそもそも持ち合わせていなかったりします。

ですから、ブラック企業にとって転職エージェントなどの会社を利用するメリットがありません。

▼キャリアコンサルタントの情報量

転職サイトなどの人材紹介の会社ではよほどの間違いがない限り、ブラック企業を転職希望者に紹介する事はありません。勿論、理由があります。それは、

業界に精通しているキャリアコンサルタントが多いからです。

特に、特定の業界に特化している転職エージェントのキャリアコンサルタントは業界に関する情報量が豊富です。当然クライアントではなくても、同業の評判の良くない会社に関する情報も知っています。

もし、何らかの目的でブラック企業のような会社が人材紹介サービスを利用したとしても、キャリアコンサルタントはブラック企業に値する企業に転職希望者を紹介する事はないハズです。なぜなら、

人材紹介をする会社にとって、直接お金を頂ける企業が「お客様」です。

しかし、その「お客様」にサービスを提供する為には転職をしたいという人がいなければ成立しません。そう、ビジネスモデルを考えれば分かりますが、これはマッチングサービスです。

となると、転職希望者に対し不利益になることをしてしまえば、当然転職希望者がその人材紹介サービスを使わなくなります。結果、マッチングサービスのビジネスとしてユーザーのバランスを欠いてしまうことになります。

当然、何事にも例外はあると思いますが、転職希望者の不利益になっても売上が上がればいいという様な会社では長期的なビジネスは不可能です。

■ホワイト企業に転職する為には転職エージェントを利用する

まとめとしては、ブラック企業への転職を心配するのであればハローワークや求人情報誌の様に企業側の情報が不足した状態で、応募しないことが重要になってきます。

その為には転職エージェントの様にキャリアコンサルタントが間に入るサービスを利用する事が確実です。

ブラック企業云々を抜きにしても、キャリアコンサルタントがいれば、転職先の情報がしっかりと聞けて転職希望者にとって有利な形で転職活動を進める事が出来ます。
ブラック企業排除に力を入れいている転職エージェント特集
【20代おすすめ転職エージェント特集】
20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】
第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!DYM就職
【ウズキャリ第二新卒】
未経験からの転職ならWORKPORT
顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】

【30代、40代おすすめ転職エージェント特集】
無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら
大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】
ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】
自社で腰を落ち着けて仕事がしたい方は【社内SE転職ナビ】へ
正社員未経験大歓迎!利用はすべて無料!東京都内での就職なら!【ミドルコーナー】

関連記事

転職を成功の為に読んでおきたい