大手転職エージェントはこちら▼
転職ノウハウ一押しの記事▼

第二新卒の転職で成功するための秘訣!やるべきことはたった5つ!

第二新卒の転職で成功するための秘訣!やるべきことはたった5つ!

第二新卒の転職で成功するための秘訣!やるべきことはたった5つ!


こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

超売り手市場と言われている新卒市場ですか、中には思い通りの就活ができず不本意にも第三希望やそれ以下の企業に就職してしまった人も多いはず。そういう事もあり、

 

新卒は3年以内に3割が転職

 

という結果が出ています。就活が上手くいかなかったので「第二新卒として、次は成功したい!」と思っている人は多いのではないでしょうか。

 

こういった場合に多いのが「第二新卒として転職活動をしてみた結果、簡単に入社することができたが、入社したら自分の希望と違ったのでまた転職する羽目になった」という事例です。

 

第二新卒は成功と失敗が二極化しやすいのも特徴の一つです。

 

今回の記事は、第二新卒の転職を成功する為のコツ5つについて失敗事例を交えながら解説していきたいと思います。

 

第二新卒として入社し、成功したい!と思っている方は、必見です。

第二新卒の転職で成功!失敗事例をよく理解することが大事

第二新卒の転職で成功するための秘訣は、第二新卒の失敗事例をよく理解して失敗しない対策を行うことです。

 

世の中の求人情報を見ると「第二新卒歓迎」は非常に多くなっていることから、第二新卒の需要は年々増えていることが分かると思います。

 

そのせいもあり、第二新卒希望者は「比較的簡単に第二新卒として転職可能だったので、活動自体は成功だった」とい結果が出ています。しかし、転職というのは、

 

【重要!】
転職することが目的ではなく、入社してから企業に貢献し、自分も成長し続けることが大事

 

なわけで、第二新卒として転職できたことが重要じゃないんです。多くの第二新卒者が失敗してしまう事例をTwitterで多く相談をいただいていますので、第二新卒の悩み相談をいただいたた方々の事例を交えながらご紹介いていきます。

 

第二新卒専門の転職エージェントはこちら!
※クリックすると詳細ページへ移行できます


悩み相談1:兎に角今の環境から逃げたいから第二新卒として転職

人間関係
上司から常に怒られていてこれ以上やっていける気がしないんで第二新卒として転職したのですが、次も同じ状況でした。どうすればいいでしょうか。第二新卒として短期間で2回は印象悪いですよね?
25歳:IT系男性
残業が多い、休出も多い
残業がとても多く帰るのが毎日終電少し前です。休日出勤もとても多いので第二新卒として転職しました。転職できたのはいいですが、残業が殆どなく、残業代に期待ができない為、今度は生活自体が苦しくなりました。どうすればいいでしょうか。第二新卒の特権はもう使うことはできませんか?
25歳:企画職女性

 

兎に角今の仕事環境から逃げたいという人は、大抵失敗します。その理由は、目の前の問題から逃げたいだけで、将来のビジョンがないことが原因です。

 

人間関係から逃げたい将来のビジョンは度外視
残業が少ないとこに行きたい生活面を考えていない

 

など、将来を考えていない為、第二新卒として入社後に後悔してしまうんです。また、同様にこういった理由で転職活動をすると、面接でも退職理由と志望動機が一貫していないことから不採用を言い渡される可能性が高くなります。

 

第二新卒という特権を活かしながら成功を勝ち取るための秘訣を知らない人は、失敗の道しかありません。その第二新卒としての成功の秘訣は後述しますので参考にしてください。

悩み相談2:会社や他人が自分を分かってくれない

自分の実力を分かっていない
他の社員より私の方がレベルが高いのに、全然私を理解してくれません。さらに、自分へ責任ある仕事をまったく任せてくれません。そのため第二新卒枠を活かして転職を考えています。
25歳:メーカー営業マン男性

 

こういった人も大抵失敗しますね。今の環境で活躍できないことを他人や会社のせいにする人は、どこの会社に行っても同じなので転職しても無駄ですね。

 

活躍できないのはあなた自身に問題があることが殆どです。そこを理解して転職しないと、同じ壁にぶちあたり、また辞めたくなってしまいます。

 

第二新卒の特権を活かして成功したいのであれば、まず自分に問題がないかをよく考えてみましょう。その結果、辞めるのであれば成功の道を切り開くことも可能でしょう。

悩み相談3:就活生のようにフリーになって転職活動をやる

新卒と転職を同じと考えている
就活生のようにフリーの状態の方が活動しやすいと思い、退職後にがむしゃらに応募していますが、上手くいかないし貯金も底をついてきました。第二新卒なのになぜ次が決まらないの?
20代無職

 

そもそも新卒と転職は大きく異なります。

 

転職活動は、自分に合った求人を厳選しそして、次の会社で成功する為に自分が求められているスキルや経験が何かをよく理解した上で応募しなくてはならないのです。

 

退職してから探すと次を早く決めなきゃという焦りから、また同じような会社に転職しがちです。それを避けるためにも在職中に第二新卒特化型エージェントを利用して転職活動をすることがもっともよい手段です。

 

エージェントは、あなたに合った求人を登録後の面談でキャリアカウンセリングをしながら、あなたと一緒に取扱い求人の中から探してくれます。

 

転職のプロとの二人三脚は、第二新卒の特権を活かしながら次の会社で成功する為にも利用することをオススメします。転職不慣れな第二新卒だからこそ利用価値大です。

 

第二新卒特化エージェントはこちらから登録↓
※クリックすると詳細ページへ移行できます。

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】


【特徴】
・20代の社会人経験が浅い人材に対しての支援豊富
・既卒、フリーター、ニートでも支援可能
・未経験案件もOK
・各種対策で徹底サポート

第二新卒の転職で成功!やるべきことは5つだけ★

第二新卒の転職で成功するためにやるべきことはたった5つです。

 

逆に、それをやらないと「失敗」に陥ることになるため確実に実施する必要があります。それでは、第二新卒が成功するための「5つのことに」ついて紹介していきます。

自分の将来について深く考える

転職というのは、自分の人生に大きく関わる一大イベントの一つです。

 

それだけ重要なイベントにも関わらず軽視して転職する人は、大抵これからの社会人人生においても失敗する人が多いです。

 

転職することを目的と考えず、将来の自分がどのようになりたいのかを想像して転職活動をする

 

ということを忘れないでください。考え方によっては無理に転職しなくてもいいという結論になることだってあります。自分一人で悩まず、転職エージェントなどに相談するのも手ですので活用してみてください。

 

第二新卒専門エージェントに相談↓
※クリックすると登録ページに移行できます

第二新卒エージェントneo byネオキャリア

転職プランを綿密に立てる

転職活動は、在職中に行うと概ね「3か月」は必要と考えてください。

 

そして、引き継ぎが「1か月」、有休消化が「2週間」と考えると4.5か月は転職活動に必要な期間となります。特に大事なのが、3か月の使い方です。

 

自分で新しい職場を探すのは、右も左も分からない第二新卒には不向きです。例えば、転職サイトにある求人のどこを見ることが重要なのか分からずに、ただ闇雲に応募するとほぼ間違いなく「ブラック企業」に遭遇します。

 

そうならない為にも、転職エージェントを活用し、転職活動のスケジュールや面接の日程管理などを含めてサポートしてもらうことをオススメします。

転職先の条件は明確にする

兎に角今いる環境から逃れたいことを優先すると、転職先に求めることが明確ではない為、転職しても3年以内に転職活動をする羽目になることが殆どです。

 

第二新卒は、どの世代よりも圧倒的に転職活動において有利ですが、第二新卒ゾーンを超えると普通の転職者と変わりません。そうなると、実力のない求職者はあっという間に不採用です。その為には、転職先に求めることは明確にしましょう。

 

①年収を50万円上げたい
②休日出勤だけはやだ
③通勤時間は1時間以内

 

など、自分が転職先に求めることを明確にし、当てはまらないようであれば辞退するなど強い意志を持って活動をすると成功しやすいと言われていますので是非実行しましょう。

 

第二新卒枠を超えると次は「即戦力」が求められるので、厳しい活動になることは必至です!

転職活動はポジティブが基本

転職市場は、ネガティブな発言はご法度と言われています。

 

これから新しい職場で働くのに、ネガティブな思考で入社されては採用側も当然困りますよね?応募書類、面接などを見ても、なかなか次の会社が決まらない人のほとんどは思考が「ネガティブになりがち」です。特に顕著に現れているのが、

 

退職理由

 

です。当然ですが、転職するということは何らかの問題を現在抱えてしまっていることが原因だと思います。それは、第二新卒を採用する企業側だって分かっているのです。

 

そのネガティブな理由をあえて言う必要なんてなく、ポジティブな部分を企業側は知りたいので、その部分を伝えればOKです。これは面接成功の秘訣なので、第二新卒者も覚えておきましょう。

 

ネガティブをポジティブに言い換える方法はこちら↓

 

第二新卒の弱点は「早期退職」です。その部分を第二新卒らしくフレッシュかつポジティブな退職理由に置き換えれば面接官に好印象を与えられるのでおすすめです。

退職してからの転職活動はリスクヘッジが重要

第二新卒だけではなく、転職活動は在職中に行うことが成功の秘訣といわれていますが、職場の状況から総合的に考え、退職してからしか活動ができない場合もありますね?そういった場合は、生活に問題が発生してしまったりします。簡単に言うと「生活費」です。

 

自己都合の場合、3か月間は無収入の生活の為、最低限60万円以上の貯金が必要になります。そういった部分を考慮して、リスクヘッジができるように準備してください。

 

退職後の転職活動についてはこちら!

 

第二新卒を特権を活かしきれないと「長期戦」となる場合もあるので、心しておくことが大事です。

第二新卒の転職で成功するための秘訣!まとめ

第二新卒の転職で成功するための秘訣はお分かりいただけましたか?

 

第二新卒で転職して失敗する人の多くは、将来的なことを考えずに転職した人たちです。そういったことにならない為の秘訣が5ありましたね?

 

①将来について深く考える
②プランを綿密に立てる
③応募企業に求める条件は明確に
④ポジティブ思考で臨む
⑤転職活動のリスクを知る

 

です。上記ポイントを押さえておけば、第二新卒としての転職後に「失敗」と気づくリスクが低減しますし、入社後も長期的にみて成長しやすい環境に勤めることも可能なので「成功」を掴み取ることができると思います。

 

転職活動が不慣れな第二新卒者は是非、プロの第二新卒特化型エージェントに相談してみましょう。無料で第二新卒者をサポートしてくれますのでおすすめです!

 

エージェントが無料で利用できる秘密を知りたい方は下記記事をチェック!それでは、よい転職を!

 

転職を成功の為に読んでおきたい