大手転職エージェントはこちら▼
転職ノウハウ一押しの記事▼
飲食業の転職!業界のやりがいと将来性/おすすめの転職方法公開

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

飲食業へ転職したいまたは、飲食業でさらにキャリアアップしたい!と思っていてもなかなか転職の一歩目がスタートできない人も多いはず。その原因の一つに、

 

将来のキャリア設定

 

が上手できていないことが原因であることがほとんどです。また、「飲食業の将来性」や「飲食業への不安」などもやもやしたものが原因かもしれません。

 

転職への不安があると転職成功になる確率は大幅にダウンしてしまいますし、下手すると「キャリアダウン」になってしまう可能性があるので、そういったもやもやがある方は、今回の記事は特におすすめ!

 

●こんな方におすすめの記事!●

・飲食業のやりがい(モチベーション)
・飲食業でのキャリアアップ方法
・おすすめの転職方法

について徹底解説していきます!!



飲食業への転職!業界の不安と将来性とは?どんなやりがいがあるのか

飲食業への転職したいと思っていても業界に不安があったり、将来性が分からなかったりと転職の一歩目が踏み出せない人は、飲食業の「やりがい」を知ることが大切です。実は、

 

飲食業はとてもやりがいがある仕事

 

です。飲食業界に長く勤めている人(転職の回数はではない)ほど、仕事のやりがいを熟知している人が本当に多いのが飲食業の特徴とも言えます。実際に聞いていみると以下のようなやりがいが感じられるようです。

① お客さんへ「喜び」を与えられる

飲食店てリピーターだけではなく、初めて来店するお客さんも沢山います。

 

リピーターは、お店の雰囲気、食事、店員の接客などを評価してくれた結果として何度も来てくれるものです。

 

その為、リピーター所謂「常連さん」なんかは店員に話しかけてくれたりするし、店員からお客さんと話すこともよく見る光景です。食事に満足してもらい、接客に満足して喜んで帰ってくれればとても嬉しいですよね?相手に喜びを与えられる仕事という意味で「やりがい」を感じ人がとても多いのがい飲食業ではたらく「やりがい」と言えるでしょう。

② 常連さんを増やせば店に貢献できる

飲食業で大事なのは「常連さん」です。毎日通ってくれる人、週に2~3回通ってくれる人など色々です。食事に満足するだけでは常連さんを増やすことはできません。それには、

 

お店の雰囲気づくり

 

がとても大事な要素になります。そこには、店員の質も関係するため、あなたの人柄、コミュニケーション能力など色々な要素もお店作りに関わってくるのです。

 

その常連さんを増やすことができれば、店への「貢献度」が感じられとてもやりがいを持って仕事を行うことができるんです。

③ マネジメントスキルが身に付く

前述したように「お店の雰囲気づくり」は常連さんを増やす大事な要素です。あなたのスキルが高くても他のスタッフの質が悪ければ客からの評価がさがり「常連」になってくれる可能性は低いでしょう。そこでやるべきことは、

 

スタッフの質を高める

 

ことです。飲食業界は、パートやアルバイトで成り立っています。パート、アルバイトの教育は当然正社員の仕事。

 

いかに来店してもらったときに満足して帰ってもらえるかがリピーター獲得に重要な要素であることは話すまでもありませんね。

 

スタッフを教育し、統括していく飲食業の正社員は、他の職業よりも早期に「マネジメントスキル」を身に着けることができるというのが特徴です。

 

マネジメントスキルは、どんな業界でも重宝するスキルなので高いスキルを身に着けられる飲食業は、やりがいのある仕事といえるでしょう。


④ 入社数年で責任と権限が与えられる

飲食業の大きな特徴として、入社数年で責任と権限が与えられるという特徴があります。

 

優秀な若手社員なら、5年くらいで店長になるかともあります。

 

店長になると、売り上げ管理から採用計画面接本社会議の出席などありとあらゆることをこなすことになります。

 

この負担は結構大きく、やりがいを感じる人もいれば「挫折」してしまう人も多いです。しかし、ここで耐えることで大きなスキルアップや精神的な強さを身に着けることが可能なので、自分の将来性を高める為にも頑張ってもらいたいと考えています。

飲食業への転職!業界の不安と将来性とは?店舗ノウハウを習得して独立も視野に

飲食業への転職を考えると業界の不安と将来性に関してはしっかり考えなければいけません。将来を見越して考えるべきことの一つは「独立」です。

 

若い内からスキルを身に着けやすい飲食業は、将来独立して大儲けできるということを知っておくといいでしょう。

 

その為に、若い内は苦労することをおすすめします。しかし一方で、やる気はあるのに店舗や会社が若手に責任や権限を与えずにスキルアップができない環境もあると思います。そんなときは是非、

 

飲食業界で転職

 

を視野に入れてください。若手でやりがいを持って仕事に励める業界にいるにも関わらず、社内や店舗体制が問題で手に職が身に付かないような環境にいるのは、とてももったいないです。そういった場合は転職を視野にいれるといいでしょう。

 

そして、将来は是非「独立」を視野にいれて転職をしていくことをおすすめします。飲食業は特殊で、転職を繰り返す事自体が「悪」と判断されることは少なく、逆にキャリアアップと捉えて転職できる前向きな業界であるのも特徴の一つと言えます。

 

20代おすすめ!飲食業に転職可能なエージェント↓


【特徴】
・20代の社会人経験が浅い人材に対しての支援豊富
・既卒、フリーター、ニートでも支援可能
・未経験案件もOK
・各種対策で徹底サポート

 

20代おすすめ!飲食業に転職可能なエージェント↓



【特徴】
・25万人以上の支援実績
・経験豊富なアドバイザーがキャリアアップを支援
・30代でも未経験案件で支援可能
・IT業界にも強いコネクションあり

飲食業への転職!業界の不安と将来性とは?おすすめの転職方法公開

飲食業への転職する際は、不安や将来性に関してはとても重要な要素になります。

 

やりがいを持って仕事に取り組むことができるので飲食業界はおすすめです。不安や将来性について理解できたところで次は「転職の方法」について解説していきます。

① 転職に利用するツールは「転職エージェント」に絞る

多くの方が転職に利用するツールは、

 

・個人応募
・ハローワーク
・求人誌
・転職サイト

 

がメインかと思いますが、利用にはデメリットがあります。簡単に言うと、

 

1:転職の煩わしい作業を自分でやる
2:ブラック企業に当たる可能性が極めて高くなる
3:転職活動の対策を自分でやる
4:雇用条件の交渉が難しい

 

といったような内容を全て自分がメインでやらなくてはなりません。しかし、転職エージェントを利用すれば全て解決することができます。しかも、上記の内容を全て無料でやってもらえるのでめちゃくちゃ便利です。

 

詳しくは過去記事で↓

② 飲食業に応募する前にはお店の雰囲気の確認は必須

飲食業に転職するときに絶対に忘れちゃいけないことは、応募先の店舗の雰囲気について自分の目で確認することです。そして、できればお客として確認するために食事もしておきましょう。

 

 確認ポイント 

・お店の全体の雰囲気
・店員の表情(明るいか)
・メニュー
・注文した料理の感想

 

上記4つは確認必須です。気になるポイントは、その場でメモしておくといいでしょう。これをやる理由は、志望動機を書くときに実際の印象がかけるので、とても説得力のある内容を作りこめます。

 

逆にやらない人の志望動機は薄っぺらくなり、まったくもって熱意のない志望動機になりがちです。

転職エージェントを利用しての転職はキャリアアップにつながりやすい

転職エージェントの持っている求人は良質の求人が多く、キャリアアップに最適です。キャリアアップの中には「高収入にも期待できる」ことを含んでいます。

良質な求人に出会うことでキャリアプランも立てやすくなるので、是非登録&面談を受けてみましょう。それでは良い転職を!

 

詳しくはこちら↓

20代おすすめエージェントはこちらから登録↓


【特徴】
・20代の社会人経験が浅い人材に対しての支援豊富
・既卒、フリーター、ニートでも支援可能
・未経験案件もOK
・各種対策で徹底サポート

 

30代おすすめエージェントはこちらから登録↓



【特徴】
・25万人以上の支援実績
・経験豊富なアドバイザーがキャリアアップを支援
・30代でも未経験案件で支援可能
・IT業界にも強いコネクションあり

転職を成功の為に読んでおきたい