大手転職エージェントはこちら▼
転職ノウハウ一押しの記事▼
転職!面接で大事なのは志望動機!志望動機の作り方教えます!



こんにちは!転職アドバイザイーの南野弘明です。

 

今日は皆さん悩まれている内容について記事にしていきたいと思います。まず前提として、

 

面接で一番大事な質問は何かしっていますか?

 

それは、

 

「弊社になぜ応募しようと思ったのですか?」

 

つまり、

 

あなたの志望動機を教えてください!

 

です。この質問は100%聞かれます。是非この記事を読んでいただき、しっかり対策してください!

志望動機がなぜ一番大事か。理由は簡単!

志望動機がなぜ面接序盤で聞かれるのかを説明していきます。

 

私が面接官だったとき不採用になった人には共通点がありました。それは、

 

志望動機が薄い人

 

です。こういう人は有無を言わさず不採用にしてました。なぜだと思いますか?理由があります。

 

・スキル
・人間性
・経歴、学歴
・容姿が素晴らしい(きれい)

 

などずば抜けていても、志望動機が薄い、または一辺倒のことしか言えない人というのは3つの欠点が見抜けます。それでは一つずつ見ていきましょう。

①入社してもすぐ辞める

志望動機が薄い人は、

 

志望動機の使い回しをしている人が殆どです。

 

当たり障りのない志望動機にしないと使い回しができないので当然志望動機が薄くなります。そういった人は本気で入社したいと思っていない人なので採用しても「自分に合わない」と思ったらすぐ辞める傾向にあります。

 

20代おすすめエージェントはこちらから登録↓


【特徴】
・20代の社会人経験が浅い人材に対しての支援豊富
・既卒、フリーター、ニートでも支援可能
・未経験案件もOK
・各種対策で徹底サポート

 

30代おすすめエージェントはこちらから登録↓



【特徴】
・25万人以上の支援実績
・経験豊富なアドバイザーがキャリアアップを支援
・30代でも未経験案件で支援可能
・IT業界にも強いコネクションあり

②プレゼン能力がない

志望動機が薄い人は、

 

プレゼンが非常に下手

 

な傾向にあります。プレゼン能力が高い人は、面接の場で志望理由がどれだけ重要かを理解しているので、しっかりとした対策、練習をしたうえで面接の場に臨みます。プレゼンテーションで重要なのは、

 

人の心をつかむ力

 

です。この考え方があれば、志望動機を使いまわすなど考えもしないはずです。使いまわした当たり障りのない志望動機で人の心などつかめるはずはないんです。

③人間関係がうまく構築できない

また、志望動機が薄い人は大抵、

 

人間関係の構築が下手

 

な人が多い傾向にあります。先ほどもいいいましたが「人の心をつかめない」為、少し注意されただけですねたり、人の話を聞かない人が殆どなんです。志望動機を使いまわしている人!心当たりはありませんか?

志望動機のまとめ方のコツ

志望動機の書くコツを教えます!

 

志望動機の例文ではありませんからね。大事なのはあなたの言葉で書き、説明することで入社したいという意欲のこもった志望動機をつくることができます。

 

それでは見ていきましょう。

「なぜ弊社に応募したのですか?」の裏を読む!

この質問で志望動機を言わなくてはならないのですが、多くの人はこの質問の意図がわかっていないです。面接官が聞きたいのは、

 

「なぜ弊社のこのポジションに応募したいと思ったのですか?」

 

ということです。いいですか?求人広告には、営業、経理、事務、製造、設計など色々な職種が記載されています。この職種を志望動機にしてしまうと、

 

れは弊社じゃなくても他にも沢山ありますよ」

 

となってしまうのです。つまり、志望動機が薄いと判断され不採用になるわけです。じゃあどうすればいいかを説明します。

他社との差別化された部分について論理的に伝える志望動機にする

志望動機は他社との差別化が重要!
★御社のこのポジションに興味を持ち、○○の経験が活かせると考え応募しました。
★御社のこのビジネスの○○という仕事に興味を持ち応募しました。

 

という、他社との差別化された部分について論理的に伝えることがポイントです。確かに差別化が難しい会社もあります(オリジナリティーがない)。

 

だから企業研究が重要なんです。

 

この企業研究をやらない人は志望動機が薄くなり、しっかりと説明できないため不採用になってしまいます。企業研究の方法については過去記事でやり方を詳しく書いているのでしっかり読んでください。

応募企業はあなたに何を求めているかを考える

応募企業はあなたに何を求めているか分かりますか?答えは、

 

「弊社にどのように貢献してくれるのか」

 

あなたを採用したとき、あなたが使いものにならなければ会社にとって意味がありません。では、これをどのよに説明すればいいかというと、

 

志望動機の中で今までの経験をどのように活かせるか論理的に説明する

 

ことが大事です。次に例文を見ていきましょう。

 

面接官:なぜ弊社に応募したのですか?

 

<南野弘明回答>
御社の○○の点に惹かれ、その中の○○という職務で△△に挑戦できる点に魅力を感じております。私は現職で□□という経験をし、結果を出すことができ、今回の○○という職務でで・・・という形で貢献できると考え応募させていただきました。

 

この回答例を見たときどう思いましたか?大事なポイントがしっかり書かれていますよね?それは、

 

即戦力になれる素質がある

 

ことを説明しています。

志望動機には即戦力をアピールする言葉を入れる

この即戦力をしっかりアピールできることが転職には大事なのです。新卒入社はこれから育てていけばいいですが、転職者に求められることは即戦力です。

 

即戦力として成り立たない人間は不要です。そこをしっかりと説明しなければ、企業は首を縦に振ってくれません。すなわち、

 

志望動機+即戦力

 

としてセットでアピールすることで、企業から「こいつやれるやつだな!」と評価を受け、採用される可能性が高くなるということです。

志望動機+即戦力で面接対策万全!まとめ

志望動機の作り方はいかがでしたでしょうか?簡単にいうと、

 

「なぜ弊社に応募しとのですか」

 

については、

 

志望動機+即戦力をセットで答える!

 

ことが一番大事なことです。どんなにあなたが優秀な人間でも志望動機が論理的に説明できなければ企業は採用しません。そこを頭に入れて志望動機を作りあげてください。

志望動機の書き方は転職エージェントにおまかせ!

職務経歴書を書いてみたものの、出来栄えがわからないときは転職エージェントに相談すれば簡単に解決することができます。

 

優良転職エージェントに複数登録すれば「色々な角度」から職務経歴書に意見を出してもらえますのでこの機会に登録してみることをおすすめします。

 

転職エージェントについて詳しく知りたい方はこちら↓

 

転職を成功の為に読んでおきたい