大手転職エージェントはこちら▼
14_転職_二次面接_落ちる原因

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

会社で仕事して、家に帰って記事を書く毎日ですがようやく慣れてきました!少しでも皆さんの力になれればと思い一生懸命頑張っているのでどうかよろしくお願いします。

 

さて、今日は魔の二次面接を対策で通過率を上げる方法 について解説しています!

 

転職の面接あるあるで、一次面接の通過率は高いのに二次面接で通過率が低い方いませんか?一次面接は簡単な対策で何とでもなりますが、二次面接はそうはいきません!

関連記事

 

そういった方はまだ十分な二次面接対策ができていないのでどうしても落ちてしまうのだと思います。

 

そこをしっかり対策できれば後は最終面接の対策のみです。頑張りましょう!

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!
『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!

 

●こんな方におすすめな記事●

①二次面接の通過率が悪い
②二次面接の対策方法を知りたい
③これから転職活動をするので対策方法を知りたい

転職における二次面接の役割て何?

面接の風景

転職活動における2次面接の役割はどのようなものか知っていますか?この部分を知った上で対策行うと非常に通過率が上がるので、まずは二次面接の役割についてご説明いたします。

 

私が面接官をやっていたグローバルベンチャー企業は、意思決定が早く、基本は面接1回勝負です。

 

しかし、人気の高い職種、例えば、マーケティング職、事務職系は、一次面接→二次面接→最終面接の形も多く実施しました。

 

では、この一次面接、二次面接、最終面接で具体的に何が違うというと下記を見てください。

 

各面接フェーズの役割

【一次面接】
応募者の人柄や基本的なスキル、雇用条件についての希望
【二次面接】
応募者の即戦力としてのスキル
最終面接】
将来のキャリア

 

例えば設計だったら機械の知識とか、営業だったら扱ったことのある商材だとかそういった即戦力となる本当のスキルを確認していくのが二次面接です。

 

もちろん一次面接と重複して確認する志望動機、転職理由も確認しますが、それよりも『即戦力』という観点で面接していきますので、対策のキーワードである『即戦力』を頭に入れて次の解説を読んでください。。

 

これは、通過率にも直結します!

転職における二次面接の通過率はどれくらい?

一次面接よりも通過率の悪い二次面接。実際の通過率でいうと、以下のような関係があると思います。※企業によっては変化します。

 

面接通過率の参考

一次面接通過率:50%(5/10人)
二次面接通過率;40%(2/5人)
最終面接通過率:50%(1/2人)
※1人採用の場合

 

つまり、書類選考を通過した時点で採用される可能性は10%程度ということです。二次面接を通過できる確率は20%程度です。二次面接だけでいうと40%確率で通過することができます。

 

確率で見ると意外に多い感じがしますが、全員不採用にする可能性もあるので、決して簡単に通過できる確率ではないというのがポイントです。

二次面接で重要なのは『あなたのスペック』です

PCで作成

二次面接で重点を置いて確認されるのが『あなたのスペック』です。

 

二次面接は、部長クラスが登場するので「自社でしっかり働けるスペックが応募者にはあるか」という観点で、しっかり確認されます。

 

例えば設計職ならCADのスキルがどの程度あるか、電気、機械のスキルがどの程度かという技術的な質問をかなりされます。

営業職なら、どういう顧客に、どういった商品をどれくらい売り上げ、どういったスキルでそれを達成できたのかという営業的なスキルを確認されます。つまり、

 

「経験していないと答えられないような質問」

 

をしてきますので職務経歴書に嘘があると見破らてしまいます

 

当然ですが、会社に入ってついていけない、即戦力にならないと思えば採用は見送られます。そのためには、自分の経験と応募企業の部署が希望する求められるスキルがどれほどマッチした応募者なのかという観点で、しっかり棚卸をしておきましょう。

 

この部分の対策ができていないと、質問に対してちんぷんかんぷんな回答をしたりする人もいるので、通過率上げるためにも二次面接前にもう一度求められるスキルを確認しておきましょう

一次面接の質問に深堀質問される

転職のデータ

転職の二次面接は、一次面接の深堀質問がかなり多いです。特に、退職理由と志望理由の一貫性に関してはしっかりと細部まで確認されます。

 

気をつけてもらいたいのは、一次面接 の回答内容と矛盾が生じないようにしてください。再度一次面接で答えた内容をおさらいし、二次面接に向けてまとめあげるようにしましょう。この対策をしっかりやらないと通過率は激減します。

 

転職理由と志望動機の一貫性についてのテクニックは下記の記事を参考にしてください。

 

また、二次面接は一次面接と違い、比較的圧迫面接気味になる場合もあります。これは一次面接と雰囲気が大きく変わり、部長クラスが登場するからです。

 

社内のじゃじゃ馬たちを統括する責任者ですから、優しい上司という雰囲気の人たちだけではないということを理解した上で、二次面接に臨むのが対策です。

 

圧迫面接気味になるのもしっかりとした理由があるので是非、圧迫面接についての過去記事も参考対策してください。

 

関連記事

二次面接は『難題』が出題される時がある

転職の2次面接は、本当によく難題が出題されます。しかも直接仕事に関係ない内容が多かったりしますので注意が必要です。その為、対策が取りにくく自頭に依存してしまいます。

 

例えば、以下のような例題です。

 

二次面接の難題

明日知り合いの結婚式なのですがお金がありませんでした。明日までにお金が必要です。あなたならどうしますか?キャッシングや親戚、友人にお金を借りるのはNGです。

 

みたいな質問が来る場合があります。上記の場合、回答者のNG回答は決まっていて、「物を売る」と答えた人は点数は0点です。

 

質問は、結婚式ですがお金がありませんでした⇒祝儀代は持っているけど、交通費が無いと判断し、1500円を何とか調達するしかないので・・・と質問からストーリを作って行くことで回答したりする必要があるわけです。

 

これは論理的思考力と問題解決力を試す問題で、マーケティング職などの方や、IT関連の企業を受験される方に同じような問題を出す場合があります。

 

二次面接はあくまでも即戦力なので、こういった試す問題も出題されやすい傾向にあります。

 

対策というよりも日々論理的思考力を鍛えるトレーニングは必要です。そうすることにより、二次面接の通過率は一気にあがると思ってよいかと思います。

求人検索はリクナビNEXT↓

二次面接は待遇面もしっかり確認される

2次面接では内定を出した場合の希望年収などを確認されます。

 

企業が待遇面確認したいこと

・求人票の年収範囲のどの程度を希望しされているのか
・今あなたが持っているスキルと照らし合わせて希望年収とマッチしているか

 

を確認されます。例えば年収レンジで400~600万円で募集して、あなたのレベルは420万円にも関わらず600万円を要求してきたらほぼ不採用が確定します。

 

この際の対応は「御社の基準にある程度合わすことも可能ですが」を付け加えてから希望年収を伝えてください。そうしないと600万円もらえないと内定を出しても逃げられてしまうと感じるかもしれません。

 

もし本当に600万円もらわないと入社しないというのであれば、最初からストレートに伝えた方がいいでしょう。

逆質問は高度な質問をしましょう

会社を辞めたい

これは一次面接のときも同じですが、しっかり企業研究してわからないことがあれば逆質問するということを心がけてください。

 

一次面接で分からなかったことなどは、積極的に確認できるよう一次面接での疑問点をまとめておくといいですね。

 

また、二次面接の逆質問でウケがいいのは、できる限り高度な逆質問をすることです。会社の雰囲気や、人間関係なんかは一次面接で確認すればいいのですが、それよりも業務に直結した質問をするのがミソです。

 

例えば。。。

 

・自分の●●を××で活かしたいが、チャレンジできるか
・顧客対応+マーケティングもやりたいが可能か
・海外志向が強くどれくらいで海外赴任が可能か

 

など、求人票の内容に+αを加えて積極的なアピールをすることは通過率を上げる対策として非常に有効な手段なので、どんどんアピールしましょう。

関連記事

二次面接は筆記試験が実施されることも多い

筆記試験

要注意なのが、二次面接後に筆記試験がある場合があります。特にSPIであれば対策可能かもしれませんが、専門試験や一般常識問題も多いと思います。

 

専門試験は、あなたのスキルが面接内容と一致しているかを確認されます。例えばIT業界への転職であれば、プログラミングの問題や、論理的思考力を問う問題なども多く実施されていますので、筆記試験対策をするようにしてください。

 

ちなみに私が在籍したグローバルベンチャー企業では、100%の確率で筆記試験がありました



筆記試験対策はこちら↓

二次面接の通過率悪い人は、転職エージェントの模擬面接の活用を!

転職する理由

転職における二次面接でよく落ちる人は、「転職エージェント」に相談しましょう。

 

転職エージェントは転職市場を熟知しているプロ集団です。どの業界はどのような人を好むのかといったことを含め、非常に詳しく教えてくれます。

 

私もハローワークや転職サイトを利用しましたが、常にブラック企業ばかりで困り果てたことがありました。

 

そんな中でも転職エージェントは質の良い求人をそろえているだけではなく、転職に対する対策までしっかりサポートしてくれるのが特徴です。

 

二次面接が苦手な人は是非この機会に登録・面談を受けてみましょう!

おすすめ:doda

【20代、30代おすすめ転職エージェント】

未経験~経験者まで多くの求人を取り揃えている!
求職者へのサポート力最強!!(企業と転職の両方で利用経験あり)
【特徴】
転職サイトおよび転職エージェントサービスの2つを展開する業界大手の人材紹介サービス企業。求人の質が高く、幅広い業種に対応しているのも特徴。キャリアアドバイザーとの面談を通して自分にあった求人を紹介してもらえるので、自分で求人を探す手間も省け、非公開求人も合わせて紹介してもらえる。
【注目の2つのシステム】
①サイトで自分で求人を探す。
転職サイト内にある求人に対して条件を絞り込み、求人を探すタイプのシステム。広い求職者が利用するので、ライバルが多くなるのが難点。また、転職サポートは無し。
②エージェントサービス
南野弘明おすすめはエージェントサービス。兎に角求人の質が高いです。幅広い業種にも対応しているので、かなり限定された職種でも出会えるチャンスがあります。
本気で転職したい場合は、転職ツールを使い倒せ!!
保育士の本気の転職

転職に必要不可欠なことは、「目的」「対策」です。

 

✔転職する目的はあるのに対策方法がわからない。
✔どんな企業が自分にマッチするのか分からない。
ブラック企業への転職だけは避けたい。
✔業界に詳しい人から転職アドバイスをもらいたい。

 

そんな悩みに答えてくれる最強の転職ツールが「転職エージェント」です。南野弘明自身の4度の転職でキャリアアップができたのは転職エージェントのおかげといっても過言ではありません。

 

ハローワークや転職サイトだけで転職活動をしている人は、転職エージェントを利用して企業選びから面接対策雇用条件交渉をはじめとする手厚いサポートを受けてみよう!ライバルに圧倒的な差をつけるスムーズな転職が可能です!!

Twitterでフォローしよう

転職を成功の為に読んでおきたい