塾講師は正社員でもおすすめ!メリット、デメリット徹底解説!

塾講師は正社員でもおすすめ!メリット、デメリット徹底解説!

塾講師への転職における注意点と成功のコツ。やりがいと現実のバランスを見極めよう!

教育業界には、出版や運営などありますが、教育業界に興味がある人にとって、塾講師になることを目指す人って多いと思います。

求人も比較的多く、未経験可の求人もあるので、応募にチャレンジしやすい職種と言えるでしょう。

ただし、塾講師は想像以上に大変な仕事でもあるので、それなりの覚悟はやはり必要です。

仕事の大変さをよく理解したうえで、より適切な塾を見極めることが転職成功の鍵となるでしょう。

ここでは、塾講師への転職で気をつけたい点と、転職成功のコツを紹介します。

塾講師への転職で気をつけること

塾講師は子供たちの教育に関われてやりがいがある仕事です。

それ故に、仕事として従事するには注意点もあります。ここでは、塾講師への転職で気をつけたいポイントを解説します。

塾講師は、割とハードな仕事であることは覚えておきたい

塾講師は肉体的にハードでは無いため、「塾講師がハードな仕事」というイメージを持っていない人が
非常に多くいらっしゃいます。なぜハードなのかという理由は「拘束時間の長さ」です。

塾講師は授業がメイン業務ですが、その他やるべきことが沢山あります。

・授業の準備
・テストの採点
・その他の事務仕事

などが山ほどあります。塾は子供たちの学校が終わってから授業が始まるため、基本的に夕方からの勤務です。深夜まで残業するということもよくあります。それが理由で理由で辞める人も多いのが特徴。

講師の労働環境にも配慮した、働きやすい塾を選ぶことが重要です。

労働環境がよく、高収入が得られる塾はこちら!
【中学受験専門個別指導塾】入会者が殺到!先生が足りません!【高報酬・高待遇】

休みが少ないため家族の理解が必要

受け持つクラスによっては土日も授業がありますし、夏期、冬期講習などもあります。

自分の子供と遊んであげたい、家族のために時間を作ってあげたいと思ってもなかなか難しいのが塾講師。授業以外にも準備等で出勤することがありますから、業界全体として休みが少ないのも特徴です。比較的休みが取れる一般企業の場合、年間休日は120日は最低でもあることが一つの基準。

塾業界に多い90日台はかなり少ない休日だと言えます。夏休みやクリスマスなども普通に授業はあるため有休も取りにくく、家族や恋人などの理解が必要になるでしょう。

労働環境がよく、高収入が得られる塾はこちら!
中学受験プロ講師募集!業界最高水準の報酬・高待遇なら受験ドクター

転勤もあるから事前に確認しよう

全国に教室がある大手の塾の場合、転勤ががあります。

3年前後で別の塾に異動ということもよくありますから、転勤有無については事前に確認しておくべきでしょう。

大手の塾は教室ごとに教育の質に差が大きいということはあってはならず、評判が高い講師でもずっとその教室にいるわけではありません。

なぜ転勤をさせるのか

地元で人気が根付いて個人塾を開業されても困るため、講師には転勤をおこなわせるのです。

とはいえ転勤がないことを売りにしている塾もあります。応募企業を絞るためにも、自分の希望を明確にすることも大切ですね。

成果報酬か固定報酬かによって年収が異なる

正社員の塾講師は原則固定報酬で安定性はありますが、中には成果報酬を取り入れている塾もあります。

人気がでれば授業の回数も増えていくため、成果報酬にすることでより積極的な授業作りに取り組んでもらうことが一つの狙いです。その場合はかなりの高収入が得られます。

固定報酬の場合は年齢や経験年数を主軸として決定され、年収相場は400~500万円台。

ベテラン塾講師になれば600万円以上という人もいます。固定給でも通常のサラリーマンより少し多いくらいでしょう。

成果報酬の塾はねらい目!

成果報酬の場合は頑張り次第なので、固定報酬を上回ることも十分にあるでしょう。

高い年収を狙いたいなら、非常勤やアルバイトなどで人気講師を目指すのも一つです。

好待遇、高収入の塾はこちら!

塾講師の正社員の最終目標の設定方法

実は前述でもありましたように「転勤」させる理由は、地元で人気が出て開業されると困るからです。

つまり、開業すると儲かるシステムになってます。特に個人経営。人気講師なんで実力は当然あります。その為、噂が流れるのも早く、多くの生徒が集まりやすいわけです。

独立できた塾講師の年収は?

おおよそ800~2000万円と言われています。

サラリーマンよりはかなり高い年収を得ることができることが塾講師独立のメリットといえるでしょう。

独立しなくても高収入が得られる塾はこちら!
【中学受験専門】個別指導塾講師の求人情報

塾講師への転職を成功させるためのコツ

決して楽な仕事ではない塾講師ですが、教員免許は不要、未経験からでもチャレンジ可能な塾も多く、教育業界に興味がある人にとってはなりたい職業です。

講師たちの労働環境に配慮したいい塾もあるので、そうした優良塾を探していきたいですね。ここでは、塾講師への転職を成功させるためのコツを紹介します。

授業風景を見学させてもらう

塾によって教育方針や授業のスタイルが異なりますから、授業風景は可能であればぜひ見学させてもらいましょう。

依頼してみると快諾してくれる塾も多いので、聞いてみるといいのでしょう。環境もよく、報酬額も高額な塾講師で特におすすめなのが、「受験ドクター」です。

是非塾講師のアルバイト、就職、転職を考えている方は、面接を受けてみてください。好待遇なのでステップアップを望んでいる人には最適です!

筆記試験対策は必須

塾講師になるには筆記試験対策は必須です。

教員免許がある、高学歴であるなどの場合でも、現在の学力レベルの把握のために国語や数学などの基本的な問題を解く可能性が高いでしょう。

学生時代に勉強ができていても大人になって忘れてしまっていることも多いため、空いている時間を使っておさらいしておきましょう。

難関学校進学を専門としている塾でもない限りは、難問ばかりが並ぶということはありません。市販されている対象学年用の参考書や問題集などで対策すれば十分です。

ただし、難関校を目指す塾は給与も高いです。報酬など高い塾を目指す場合は「受験ドクター」がおすすめです。

塾講師としてどんな教育に携わりたいかが重要

塾講師になりたいという人は「子供たちの教育に携わりたい。」という思いが少なからずありますよね。
どんな教育に携わりたいのかはしっかりと自己分析しておきましょう。

塾によって教育方針や達成目的が異なります。

・勉強が苦手な子にも丁寧に教えたいのか
・ハイレベルな学生相手に自分の知識を思う存分発揮したいのか

によって、今後のモチベーションに関係します。教育といっても角度はさまざまなので、どんな生徒をどのように導くための塾なのか確認しておかないと、転職後にギャップを感じやすくなります。

中学受験に特化した、高収入な塾はこちら!
【中学受験専門個別指導塾】入会者が殺到!先生が足りません!【高報酬・高待遇】

塾講師になる前に、競業避止義務契約がないか確認

塾から別の塾に転職する場合には「競業避止義務契約」といって、同業他社への転職を一定期間禁止する契約が設けられていることがあります。
入社時の契約書などに書かれている、就業規則に書いてあるなどしますので、どんな契約か確認しましょう。競業避止義務契約がある場合、違反するとトラブルの元です。

塾講師の転職はやりがいと現実のバランスの見極めが重要!

塾講師の仕事はやりがいがありますが、現実問題として拘束時間が長い、休日が少ないといったデメリットもあります。

すべてを満たす塾を探すことは困難ですが、より適切な落としどころはあります。
やりがいと現実のバランスをしっかり見極めて、自分にとっていいアルバイト、就職、転職になるようにしましょう。

高収入、好待遇の塾講師はこれ!

受験ドクター


塾の特長!好待遇、高収入の理由
●中学受験専門の個別指導塾として『中学受験のプロ講師』を高く評価しており業界最高水準の報酬、待遇となっている。
●現在お勤めの塾で頑張りが認められない、報酬、待遇に満足されていない講師の方におすすめ!
●塾の状況としては現在9校舎ですが、今後も続々と開校予定。
●本人の実力とやる気次第ですぐに責任あるポジションへの登用や塾全体の経営に携わる経営幹部として活躍も可能。
●しっかりとした評価制度で講師を評価しております。
更に詳しくしたい方はこちら!
【中学受験専門】受験ドクター講師登録
転職を成功の為に読んでおきたい