飲食業界、飲食関係の職種の転職について

こんにちは!南野弘明です。

みなさんは、転職活動で自分の希望条件をしっかり設定していますか?

もしかすると、明確な希望を持っていないという求職者の方も中にはいるのかもしれませんが、希望条件はしっかりと設定して欲しいです。そうでなければ、転職軸がぶれてしまい、良い転職をすることが難しいからです。

今回のテーマは、『飲食業界、飲食関係の職種の転職について』ということになりますが、求職者の希望条件との兼ね合いの観点から飲食業界や飲食関係の職種の転職について具体的にいくつかの角度からご紹介したいと思います。

この飲食業界や飲食関係の職種は、転職市場に限らず、労働人口が多いことでも知られていて、比較的、転職しやすい業界であり職種と言われています。しかし、

【飲食業界おすすめ転職エージェント】
【飲食店特化の転職支援フーズラボ・エージェントbyCuolega】
年収500万円も!ハイレベル飲食系求人専門の【H Agent】

飲食業界のやりがいとは?

飲食業界はとてもやりがいのある仕事であると言われています。

飲食業界で長く働いている人ほど、そのキャリア・スキルと得ることで他の業界では経験できない喜びを同時に得られるというのが飲食業界の特徴です。

実際に飲食業界で働いている人たちはどんなことにやりがいを感じるのか実際に見ていきましょう。

お客さんやお店に対しての貢献度を肌で感じられる。

飲食店には、毎日違ったお客さんが訪れ、食事をしていきます。お店が良い方向に行けばリピーターの数も増えていくでしょう。

お客さんと店員との間にコミュニケーションが生まれることもめずらしくありませんので、人と接することが好きな人にとっては非常に楽しい環境と言えます。これは、内勤業務の事務職などでは決して味わえないことでしょう。コミュニケーションをとるのが得意な人は飲食業などは天職かもしれません。

更に、飲食店というのは、お客さんが単に胃袋を満たすために来店するのではなく、

・知人との会話を楽しむ
・気の置けなる仲間との時間楽しむ
・一人で食事を楽しみながら穏やかな時間を過ごす

等の目的を持って入店する人もとても多いです。そんな時にお店の対応がよければ感激してくれたり、感謝の言葉を直接伝えてもらえたりすることもありますので、自分が働いていることで人に感謝してもらえていると思えることも多いでしょう。

お店の側から見ても、飲食店は社員一人一人が果たす役割が大きく、かつ明確になっているため、お店のために貢献していることを実感できます。

スタッフ教育でマネージメントスキルを磨ける

飲食業界の特徴としてパート、アルバイトのスタッフがとても多いのが特徴です。

つまり、アルバイトスタッフにとっては社員=上司という位置づけになり、社員はアルバイト従業員をねぎらったり、ときには厳しく指導したりといった「育成」に携わることができます。

もちろん、こうした人材育成は他の業界でも経験することはできますが、特に飲食業界では若いうちから人を育てることを意識しているケースが多いのです。ところが、人材育成はそう簡単にはいかないのが特徴です。アルバイトにはさまざまなタイプの人がいますから、同じように指導していてもすぐに一人前になる人もいれば、なかなか仕事を覚えてくれない人もいます。

しかし、そのたびにどのような言い方をすれば伝わるのかを考え、試行錯誤を繰り返していくうちに、自分自身の育成スキルも向上していくのです。


将来的な独立を目指し、目標を持って働くことも可能

飲食業界では、若い人でも店長として抜擢される人も多いのが特徴です。

店長を任せられると、

・担当する店舗の売上管理
・アルバイトの採用やイベントの企画
・アルバイトのシフト管理

といったように、多種多様な業務を一手に引き受けることになります。大変な面もありますが、大きなやりがいを感じられるとともに、責任ある立場で人を動かしていく感覚をつかむことができます。

また、飲食業界は将来的に独立を目指す人が数多くいるとも言われています。

日々の仕事で得た知識や経験は、将来自分のお店を持ったときに直接役に立つことばかりです。

他業種から脱サラして飲食店を開業する人もいますが、やはり同業種を経験し、接客から店舗経営まで一通り任されたことがある人は、独立してからも強いのです。

将来は自分の店を持つ経営者になる、と決めた瞬間から、毎日の仕事から得られる経験のすべてが将来の糧になっていきます。すると、さらに大きなやりがいや充実感を得ながら働いていくことができるため、ますます仕事が面白くなっていくことも多いのです。


飲食業界で働くときに大変というところは?

とても大きなやりがいを実感できる飲食業界ですが、そのぶん大変なこともたくさんあります。

飲食業界が楽な仕事ではないことは多くの人が知っていますが、実際に働いてみると想像以上に大変なことが出てきたり、長期的な視点で見た場合、飲食業界を長く続けるべきかどうか迷ってしまったりする人もいるのは事実です。

飲食業界への転職を検討している人は特に、この業界で働くとき「ここが大変!」という点についても知っておきましょう。

長時間労働になりやすく、休日も少なめの職場が多い

飲食業界にはアルバイト従業員が多いことは前に述べましたが、アルバイトの中には急に仕事を休んだり、場合によってはある日突然辞めてしまったりする人もいます。

すると、アルバイトの人員補充ができるまでの間の穴埋めを社員がしなくてはならないので、長時間働かざるを得ない場合や、休みのはずの日も出勤せざるを得ない場合があります。

近年の傾向として、安くておいしい飲食店がたくさん見られるようになりましたが、そういったお店はどうしても利益が出にくくなる傾向があるため、余裕をもって人員を確保するのが難しくなります。

そのため必要最低限の人数で店舗を回していることもよくありますので、労働時間や休日の面で大変な思いをすることについては、ある程度覚悟しておくべきでしょう。

しかも、極端に高い利益が出る業種ではないので、給与面についても決して高いとは言えない条件の職場のほうが多いでしょう。

飲食業界で実現したい夢や目標がある人が、こうした苦労や大変な思いを乗り越えて夢を実現させていく業界です。
「何となく飲食業に興味がある」といった生半可な気持ちで転職を考えるのは避けるべきでしょう。

見当違いなクレームをつけてくる客や、店に迷惑をかける客もいる

飲食店を訪れるお客さんには、実にさまざまな人がいます。

良いお客さんとの出会いがある反面、見当違いなクレームをつけてくる客や、お店に迷惑をかけるような客もいることは覚悟しておきましょう。

どのような仕事でもクレーム対応が必要な場面はありますが、飲食店では目の前のお客さんに対して、直接顔を合わせて対応しなくてはならないため、臨機応変な対応能力が求められます。

お店側の対応に問題がありお客さんを怒らせてしまったのであれば誠意をもって謝罪する必要がありますが、お客さんの主張が本当に見当違いであれば、プロとして毅然とした対応をすることも必要な場合があるでしょう。

「とにかく謝ればいい」ということではなく、接客にはコミュニケーション能力や判断力が求められるのです。

アルコールを提供するお店であれば、酔って迷惑な行動をとる客も少なからずいるかもしれません。

そういった対応の1つ1つはとても大変なことですが、それ以上に店舗運営に貢献する喜びや、おいしいものを届けるやりがいを強く感じられることが必要になってきます。

飲食業界でのステップアップなど、将来に向けたキャリアプランが描きづらい面がある

飲食業界で頑張り抜くことができる人には野心家が多く、いつか自分の店を経営することを夢見て努力を続ける人が大勢います。

ところが、「同じ会社でずっと働き続けたい」といった、いわゆるサラリーマン的な感覚で働いていると、将来に向けた長期的なキャリアプランが描きづらくなりやすい業界でもあるのです。

働き始めて年数が浅いうちは、「店長になりたい」といった具体的な目標があるので頑張れることも多いのですが、店長として実績を残し、エリア責任者やさらにその上の役職を駆け上がっていくのは決して簡単ではなく、誰にでも道が開かれているわけではありません。

複数の店舗で売上実績を残すのはそれなりの店舗運営の腕が必要になってきますし、売上が芳しくなければ店長を降格になってしまうこともあり得るでしょう。

「飲食業界は潰しがきかない」と言われることがあり、将来に不安を感じて他業種へ転職していく人もいます。

しかし、接客や店舗運営で得た経験は他業種でも活かすことができます。
むしろ、自分が将来やりたいことや実現したいことがあり、そのために飲食業界での経験が有効なのかどうか、を考えてみるといいでしょう。


未経験飲食業界に転職する際に、意識しておきたいポイント3つ

将来活躍している自分を想像しておく

飲食業界に転職してから、しばらくの間は新しい仕事を覚え、職場に慣れるだけでも精一杯かもしれません。

しかし、目の前の仕事をこなすことだけでなく、「〇年後は店長になって活躍したい」といった年単位での目標を持つことはモチベーションを保つためにも非常に重要なことです。

他業種と比べると、責任者のポジションに抜擢されるまでの期間は比較的短いほうです。未経験で飲食業界へ飛び込んだ人でも、能力を認められれば短期間で店長を任される可能性があります。

飲食店の中でも特にチェーン展開している企業の場合、店舗を統括するSVやエリア長のポジションがありますし、現場での経験を活かし、本社で商品企画やブランド戦略を立てるといった仕事もあります。

こうした長期的なキャリアプランを描き、1年、2年といったスパンだけでなく、5年、10年後にどうなっていたいのか、できるだけ具体的に考えておくことが大切です。

独立も視野に入れておく

飲食業界の場合、いずれ独立して自分の店を持ちたいという目標を持って頑張っている人もたくさんいます。
そのような目標を掲げるのであれば、経営者としてのマインドや判断力も必要になってきます。

協調性&コミュニケーション能力は磨きあげる

お客さんへの対応はもちろんのこと、一緒に働くスタッフとの意思疎通をスムーズに図り、良好な人間関係を築いていけるかどうか、ということです。

いくらおいしい料理を提供していても、スタッフ同士の関係がギスギスしているようでは、店舗の雰囲気全体が悪くなり、お客さんにもそれが伝わってしまうものなのです。

忙しいときでも笑顔で対応でき、ものの言い方や伝え方に配慮できる人が向いています。

応募前にはその店の雰囲気を確かめておこう!

飲食業界の転職で他業種と異なることの1つに、実際のお店に転職前にお客として訪れ、前もってリサーチしておけることが挙げられます。

業種によってはお客の立場で前もってサービスを体験しておくことが難しい場合もありますので、この点で飲食業界は働く姿がイメージしやすい面があるのです。

お客としてお店を訪れたら、お店の雰囲気やメニューの内容をしっかりと見ておきましょう。スタッフの様子を見て、印象に残ったことがあれば書き留めておくのも有効です。そして、何よりその店舗で「自分も働いてみたい」と思えるかどうかが重要です。

こうして得た情報は面接で志望動機を聞かれた際にも役立ちますし、今後のキャリアを考える上でもより具体的にイメージしやすくなります。

事前にお店に足を運び、理解を深めるための努力をしているという事実は、「この人と一緒に働きたい」と思ってもらえるチャンスを広げるはずです。

まとめ 飲食業界への転職で重要なのは

飲食業界は私たちにとってとても身近な仕事です。また、お客さんにおいしいものを提供して喜んでいただけるという、目に見える形で仕事の成果が見られる素晴らしい仕事です。

ただし、飲食業界はやりがいと紙一重の厳しさや、漫然と指示通りに働いているだけでは長期的な目標を得にくいといった面も持ち合わせています。

飲食業界の仕事になぜ惹かれたのか、どのようなやりがいを求めているのか、という動機付けと、先々長くモチベーションを維持していくための長期的な目標をしっかりと持ち、転職へと踏み切ることがとても大切な業界と言えるでしょう。

飲食業界おすすめ転職方法

飲食業特化型転職エージェント2社紹介!

【飲食店特化の転職支援フーズラボ・エージェントbyCuolega】


◆セールスポイント◆
・外食産業、飲食業界特化の転職支援サービスとして年間約1,000名以上の実績があり。
・一都三県の非公開求人、優良企業の求人を揃えている。
・、業界に精通したキャリアアドバイザーが希望にマッチした求人を紹介してくれる。

◆ターゲットユーザー◆
・外食産業、飲食店で働いている人
・働こうとしている人
・調理スタッフ、料理人
・勤務地希望:一都三県のエリア内

◆おススメ◆
飲食業界で働こうとしている人のほとんどが、インターネットを使って求人を検索しますが、求人が多くてよく分からない、誰に相談したら良いか分からない、転職自体がそもそも初めて転職活動をどううまく進めていったら良いか分からない、といった方にキャリアアドバイザーが親身に相談にのり、求人を紹介いたします。
またご紹介だけではなく、選考に通りやすい履歴書や職務経歴書の書き方や添削、また各企業に合わせて面接の対策や内定が出た後の給料交渉、入社までの調整も間に入って行うので、忙しい方でも手間なくスムーズに転職活動を進められます。

年収500万円も!ハイレベル飲食系求人専門の【H Agent】




★セールスポイント★
年収500万円も!ハイレベル飲食系求人専門の人材紹介会社。都心をメインに一都三県のベンチャー飲食店舗から1部上場企業まで幅広く優良求人を提案。

★ターゲットユーザー★
・外食産業/飲食店で働いている人
・調理スタッフ店長候補料理人料理長候補
・対象希望勤務地:東京
・対象年齢:23歳~39歳

★おススメ★
求職者との面談後、履歴書の添削、即日書類審査、給与交渉、内定後の懇親会などの対応に力をいれており求職者にはスピーディーかつ不安のない転職活動の支援をしている。また入社お祝い金(最大30万)/内定お祝い金(最大3万円)の両制度で求職者の転職をバックアップ!

転職を成功の為に読んでおきたい