外資系に転職する為に採用されやすい人の特徴を英語で考える

外資系に転職したいけど、日系企業からの転職はちょっと不安という方は非常に多いです。英語力は必須事項ですが、その他必要な4つのことがあるので、それらをきちんと理解した上で外資系に転職すると成功を勝ち取りやすいのが特徴!大事な4つの要素を解説します。

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

コロナ不況の中でも人気が高い外資系企業。今後の世界情勢を考えてもグローバルに活躍できる人材は不況下の中でもどんどん採用されているのが特徴です。

 

そんな外資系に転職して成功する人はどんな人なのでしょうか?日系企業より厳しい環境と言われている外資系ですから、とても能力が高い人しか採用されないのでしょうか?

 

今回は、外資系に転職する際に採用されやすい4つの特徴について主にスキルを中心に解説していきます。

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

外資系企業で成功できる人てどんな人?

外資系に転職を希望する人に英語力について質問する面接官

外資系に転職して成功する人の特徴は、皆さん気になるところですよね?外資系企業で活躍できる人の傾向がどのようなところにあるのかについて考えていきたいと思います。

 

一例として、外資系で活躍できる人は以下の4つの要素を持っていることが多いと考えています。

 

コロナ不況でも大盤振る舞いの外資系の転職において採用されやすき方について解説いたします。

▶特徴1:外資系企業と日系企業の差を埋められる人

外資系に転職して英語力をはじめて試されている風景

外資系企業は独特な文化を持っています。過去記事でも紹介している通り、人材を育てるといったことに積極的じゃなかったり、ある意味ドライな部分をもっています。

 

つまり、外資系企業と日系企業の文化の差を埋めることについて上手く考えることができる人は、外資系に転職する際に採用されやすい特徴の一つと言えます。

 

当然、日系企業で培ったスキルや考えは外資系企業で使えないわけではありませんが、それ以上に差が出やすいのが外資系企業です。

 

外資系に転職する際に心しておいてほしいのは、自ら考え行動し結果を残すこと。この部分は日系企業と大きく異なります。日系企業は縦社会が強く行動力よりも忠実性を求めますが、外資系はその部分が異なります。

 

日系企業の駒として活躍した人がいきなり外資系に転職すると挫折することも多いです。更に英語力も求められるので、新しい環境で結果を残すことに苦労する人を多く見てきています。

▶特徴2:強固なメンタルは外資系に転職する為に必須

外資系に転職を希望する人に英語力についてどう質問するか考える面接官

個人の実力と業績がもろに直結する外資系企業。将来が安定でない分「不安」となることも多いと思います。もし自分に問題点があり上手くいかない状況になっても耐えられるほどの強硬なメンタル はとても大事になってきます。

 

うまくいかない時は必ずやってきます。

 

そのときに強硬なメンタルがあれば前向きにとらえてさらに飛躍できるといった資質も、外資系に転職して成功できるひとの特徴です。

 

また、仮に解雇という最悪な事態が発生しても「生きてく力」を身に着けておけば、そこまで心配する必要はありません。つまり、前向きにとらえて進んでいける強硬なメンタルは転職者に求められるでしょう。

 

特に英語力があまりないのに転職してしまうと、自らの仕事のストレス以上に英語で挫折して大きなストレスを感じるひとが多いので、英語力は問題ないレベルであることが必須です。

 

関連記事

▶特徴3:人づきあいが得意

外資系に転職して初めての会議で英語力をアピールする風景

上司が人事権を握っている限り、上司との関係をうまく築き上げていくことはとても重要になります。特にコミュニケーション能力の高さは、人づきあいの中でとても大事なスキルの一つです。

 

外資系企業は、日系企業よりも上司と部下の関係がはっきりしているので、上手な関係を築き上げることが得意な人は、ある意味天国かもしれませんね。

 

上層部になればなるほど外国人の方が多いので、英語力に特に自信があれば積極的に上司の方とコミュニケーションをとるようにしましょう。

 

外資系転職ツールはこちら▶

▶特徴4:高い語学力は外資系の転職では必須事項!

外資系に転職するためにどうやって英語力を身に着けるべきか考える男性

外資系に転職する為には当然高い語学力が必要です。転職先の上司は、外国の方であったり、社内共通語が英語に設定されている企業は非常に多いです。

 

その為、転職先では高い語学力(特に英語)は、必須事項と言えます。

 

TOEICの点数を見ると800点以上の人が多いので、500点程度では社内会議などに参加しても耐えられないといった現実があるので要注意です。

 

もし転職して英語に困らないレベルなら600点以上が必要です。また、転職活動で資格の勉強をしているのであれば、TOEICの点数上げに集中しましょう。外資系は特に特殊な資格(例えば公認会計士)であれば評価されますが、それ以外の資格は評価されません。

 

それであれば英語に集中して勉強しておくことを強くおすすめします。

 

外資系に転職する為のツールとは?

英語力を活かして外資系に転職できるサイトがないか検索中

外資に転職するためには、専門的な知識と加えて語学力(英語)が大事です。そしてもう一つは、正しく外資系企業を探して転職活動をしていくことがとても大事な要素になるのことを覚えておきましょう。

 

今回は、高給を得られるハイクラス求人に特化した転職エージェントご紹介いたします!

▶エンワールドジャパン

グローバル・外資系・ハイクラスに特化した転職支援サービスを展開している『エンワールドジャパン』

 

ハイクラスの転職に強みを持ち、海外案件・外資系企業に強みを持ちます。さらなる高みを目指す方向けに、業界トップクラスのエージェントなので、外資系企業を希望される転職希望者に最適なハイクラス求人を提案してもらえます!

 

注目ポイント!

・グローバル・外資系企業に強い
・ポストコンサル転職に強い
・海外案件多数
・転職エージェント最大手の1社の転職コンサルティングサービス
・薦めたい転職エージェントNo.1

 

それではまた!

僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!