外資系企業に転職して高給を得た男性

外資系企業に転職したいという方は結構いますが、未経験からだとハードルが高いと思って諦めてしまっている方も多いはず。実はハードルよりも外資系に馴染めるかどうかという視点の方が大事なんです。今回の記事は、外資系の特徴についてわかりやすく解説します。

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

高収入といえば「外資系への転職」ですね?皆さんとって外資系企業に勤めている人はセレブなイメージてありませんか?そのイメージは大まかに以下のような感じかと思います。

 

外資系に勤める社員のイメージ
①ブランド物の服
②高級タワーマンション
③外車
④仕事ができる

 

こんなイメージですよね?そりゃそうです。外資系は「超高給が狙える」わけですから。

 

今回の記事は年収アップだけでなく外資系未経験者が押さえておくべき5つの特徴と、実際に転職活動をする際に利用したい転職サービスをご紹介します。

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!
【公式Twitter】
【最強転職ツール】

外資系企業に転職する為には『特徴』を理解しましょう!

外資系企業の転職を未経験で成功させた男性

外資系企業に転職するためには、その特徴を理解する必要があります。特徴を知らずにただ漠然と「高給が欲しい」では、転職することすらできません。

 

外資系についてイメージを持っている人は多いと思いますが、企業の実情については詳しくご存じの方は少数です。特に未経験で転職しようと思っている人は、要注意!

 

それでは、未経験の方でもわかるように外資系の特徴について解説していきます。

▶特徴1:日系企業より高給が狙える

外資系企業の年収が高い理由は色々ありますが、大きな要因は2つあります。

 

・個人の業績も含めて直結した評価
・世界中に拠点があるため収益が高い

 

といったところです。年収が高さを求めるなら、当然キャリアアップの一つと考えるべきでしょう。特に、外資系未経験で現在日系企業なら大幅年収アップが見込めます。

 

年功序列ではないので、成果を上げた人が評価されます。つまり未経験の方でも高く評価してもらえるチャンスがあるというのが特徴です。

▶特徴2:プライベートは重視

外資系企業は、プライベートがきっちり分かれているのが特徴です。日本企業では、休みの日も結構集まったりしてわいわいやる傾向があります。

 

しかし、外資系企業のほとんどが仕事とプライベートを分けています。

 

わいわい型の日本企業からの転職を検討している方は、すこし寂しい感じになるかもしれませんね。結構日系企業から未経験で外資系に転職される方はギャップを感じる人が多いのが特徴です。

▶特徴3:終身雇用ではない

外資系企業は、終身雇用ではありません

 

そのため、多くの人が転職を繰り返しキャリアアップを図るため、そもそも終身雇用の考え方がないんです。

 

年功序列といったものが無い反面、裁量の範囲が大きく、結果を出せば個人の裁量でどうとでもなる企業がほとんどです。実力=成果=評価なのは外資系企業の特徴といえます。

 

日系企業の安定感と外資系のギャップに戸惑う外資系企業未経験者は非常に多いのも特徴と言えます。

▶特徴4:自ら行動できる人はやりがい抜群

先ほども触れましたが、外資系企業は転職することでキャリアアップすることの考えが根付いているので、教育をする、つまり、人材を育てる考え方はないのが特徴です。

 

そのため、スキルアップは個人がすべてなので、上司と密な関係を作り上げる必要があります。

 

積極性が常に求められるので、よく言われる会議で発言できない人は次の会議に呼ばないという風土です

 

積極的に行動できなければ「不要」だと考えています。日本企業よりも成果主義が根強いので、行動でアピールができる人でないと外資系企業で認められるのは難しいかもしれません。

 

外資系未経験だからこそ、ガツガツした感じでいくのがおすすめです!

▶特徴5:次の企業へのステップアップを考える必要がある

外資系企業は、転職してスキルアップするのが前提となっているため、その企業でどのようにステップアップしていくかの考え方よりも、“その企業を土台にさらに上を目指していく考え”が重要視されます。

 

つまり、終身雇用という概念を捨てて、入社時から次のステップを考えておく必要があります。

 

転職先の企業でどれくらいの期間を勤め、どのようなスキルを身に着けて、どれくらいの報酬を得て、次のステップを踏んでいくかということがカギです。

 

いわゆる「キャリア形成」を自ら考え方で行動できない人は、外資系に転職してもほぼ成功はないでしょう。

外資系企業へのおすすめ転職エージェント

外資系企業の転職を未経験で成功させるためネットでやり方検索

実際に外資系企業への転職を検討する場合は、どのような転職サイト・転職エージェントを利用するのが良いでしょうか。

 

外資系にも強みを持つ転職関連サービスをご紹介します。

 

ちなみに、外資系に転職したい方はハローワークで探しても殆どないのでご注意を。

▶doda

1位おすすめ転職エージェントNo.1『doda』

私自身が企業側としても転職者としても利用価値が一番高かった転職エージェント。業界に精通したコンサルタントが転職者のわがままを叶えてくれます!転職希望の方は登録する価値あり!転職相談だけでもOK。
求人数 100,000件前後
面談の質 転職の動機からキャリアプランまで寄り添う面談
対応地域 全国
特徴 転職者満足度No.1。業界を牽引していくほどの大手人材紹介会社。サポート体制も充実。初めての転職でも安心
公式サイト▶ 話そう、探そう・転職はdoda
※外部サイトに遷移します

外資系企業の特徴まとめ

外資系企業の転職を未経験で成功させる為にエージェント検索中

外資系企業に転職したい未経験者の方向けの記事でしたがいかがでしたか?

 

高給を望める外資系企業は、終身雇用ではなく、あくまでも実力主義。実力社会で最大のパフォーマンスを出せる人にとっては最高の仕事環境と言えるのではないでしょうか。

 

外資系で働けば、グローバルに活躍する場も多く、次の会社へのキャリアアップにもつながるので、実力社会で働きたい方は是非チャレンジしてください。

 

メリットとデメリットを理解し、すばらしい転職活動にしてくださいね!

関連記事

本気で転職したい場合は、転職ツールを使い倒せ!!
保育士の本気の転職

転職に必要不可欠なことは、「目的」「対策」です。

 

✔転職する目的はあるのに対策方法がわからない。
✔どんな企業が自分にマッチするのか分からない。
ブラック企業への転職だけは避けたい。
✔業界に詳しい人から転職アドバイスをもらいたい。

 

そんな悩みに答えてくれる最強の転職ツールが「転職エージェント」です。南野弘明自身の4度の転職でキャリアアップができたのは転職エージェントのおかげといっても過言ではありません。

 

ハローワークや転職サイトだけで転職活動をしている人は、転職エージェントを利用して企業選びから面接対策雇用条件交渉をはじめとする手厚いサポートを受けてみよう!ライバルに圧倒的な差をつけるスムーズな転職が可能です!!

Twitterでフォローしよう