▼強み/年収分析最強ツール▼
給与に不満!転職で解決するための注意点を解説

現職に対して「給料が安い」「昇給がない」と不満に思っている方は多いと思います。その問題を解決する手段の一つに転職がありますが、給与を上げたい転職にはいくつかの注意点を守らないと転職に失敗する可能性があるで要注意!給与に不満がある場合のとるべき行動と、転職活動の注意点について解説!

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

給与に不満を持つ4つの要因と対策

給与に不満があり転職を考える女性に相談される上司

給与に不満があり転職を考える人は、転職市場において非常に多いのが特徴です。働くモチベーションに大いに関係するため、モチベーションが維持できず転職を考えてしまうということは仕方がないといえます。

 

しかし、給与に不満を持ってしまうというのは必ずしも今の会社が原因であるとは限りません。なぜなら、給与というのは、業界や市況、職種を加味した給与体系がそれぞれの会社で決まっている場合が多いからです。

 

給与に不満を持つ要因はなにか、転職する際に給与に不満を持たないように屋すべき対策は何かについて次に解説いたします。

業界全体で給与が低い

給与に不満があり転職するか悩む女性

給与に不満を持つ場合、その企業が給与が低いのか、それとも業界全体で給与が低いのかで対策は大きく変わります。給与が元々低い業界で、かつその業界でも知名度のある企業に就職しないと、給与に不満があってもどうにも対策することはできません。業界別給与について見てみましょう。

 

1位:759万円…電気・ガスのインフラ
2位:631万円…金融業、保険業
3位:622万円…情報通信業
4位:520万円…製造業
5位:502万円…建設業
6位:498万円…教育・学習支援業
7位:446万円…不動産業、物品賃貸業
8位:445万円…運輸業、郵便業
9位:437万円…複合サービス事業
10位:397万円…医療・福祉
11位:383万円…卸売業、小売業
12位:363万円…サービス業
13位:312万円…農林水産・鉱業
14位:251万円…宿泊業、飲食サービス業
全体平均:441万円

 

ワーストに入る業界、つまり全国平均よりも低いような業界に従事されているか方は、その業界で頑張っても給与が高くなることは厳しいです。転職して給与を大幅に上げたいならその業界から別の業界に転職することが大事です。

 

例えば、飲食業から製造業へ転職することができれば、520万円ー251万円=269万円の給与アップが見込めるので、大幅な給与アップが見込めます。

転職による対策

給与に不満がる場合、業界を変えての転職活動は有効な手段です。特に職種変えずに業界を変える転職であれば、給与が一時的に下がっても将来的には大幅アップが見込めます。

 

例えば、不動産営業職からIT業界に転職することができれば、営業職のスキルを活かした転職ができるため、採用される確率が高いですし、給与アップもできる可能性があります。ただし、まったく知識が不足している状態では採用されないので、転職前に業界の知識などは多少身につけておく必要があります。

 

業界で売れている製品、トレンド、活かせるスキルなどを事前に調べて質問に対する受け答えをきちんと対策すれば、異業界の転職により、現状抱えている給与に不満を持っていることも解消することは難しくありません。

 

過去記事を参考に転職対策してみましょう!

 

関連記事

職種全体で給与が低い

給与に不満があり異業界に転職を考える女性

給与に不満がある場合、その職種に従事すること自体に原因がある場合があります。例えば、現職の営業職、技術職、事務職などで給与に差があることなので、その職種自体で給与が異なる場合、職種のスキルを活かして、給与が高い別の会社に転職することも重要です。職種別の給与について見てみましょう。

 

【ワースト順】
1位:308万円…マッサージ師・柔道整復師・鍼師・灸師
2位:328万円…通訳
3位:350万円…消防士
4位:365万円…管理栄養士・栄養士・フードコーディネーター
5位:375万円…ファシリティマネジャー
6位:376万円…医療事務・医療秘書
7位:379万円…マーチャンダイザー
8位:390万円…児童相談員
9位:398万円…品質管理・保証(建築・土木・プラント・設備)
10位:399万円…フォトグラファー

 

ワーストに入るような職種に従事されている方は、今の職業を活かして転職先を変えることが最も対策として有効です。しかし上記のような例の中でも、業界全体の給与は高いのに職種だけで見ると給与が低いといったパターンもあり得るので、転職しても給与に不満を持つ人がいるので注意しましよう。

転職による対策

職種自体で給与が低い場合は、職種経験を活かして別の業界に転職すると給与が上がりやすいです。例えば、文具の営業職から不動産の営業職に転職などをすると年収200万円アップなどザラです。

 

ちなみに、僕はこの方法を利用して、職種を活かした転職に成功し年収が400万円UPしています。そしてもう一つが、給与アップを大幅に行うために転職エージェントを利用して転職に成功しています。

 

給与に不満があったため、その給与UPを軸に転職活動をし、転職エージェントから紹介していただいた求人にバンバン応募したのがよかったと思っています。さらに、給与が低い企業はキャリアダウンになるので、応募しなかったので、結果的に年収の上がり率が一番大きかった現職に転職しています。

 

年収アップの求人が多かったエージェントを下記に集めてみたので、是非参考にしてみてくださいね!登録はどの転職エージェントも30秒くらいですし、もちろん完全無料で利用可能です。

年収UPが見込める転職エージェント
第二新卒AGENTneo 20代限定 関東・関西・福岡
マイナビエージェント 20〜30代 全国
doda 20〜40代 全国
リクルートエージェント 20〜50代 全国

平等に評価されていない会社にいる

給与に不満があり異職種に転職を考える男性

平等評価というのは、部署による評価差別がない例えば、営業一課とニ課では取り扱う商材が違うため、給与に差があるや、総務部の20代と技術部の20代では仕事の難易度が違うや、頑張らなくても同じ給与なので、頑張っても評価されないなどが平等に評価されていないということです。

 

しかしこのようなことは往々にしてどの会社にも存在します。特に、メーカー勤務であれば、技術職と製造職では給与が違うというのはザラなので、そういった不平等は仕方ありません。なぜなら、その職種ごとに専門性が違うためどうしても給与に差が出ます。

 

しかし給与に不満を持つ人のパターンです、人によって給与に差を出している場合は問題です。例えば、同じ仕事をし、同じ結果を出しているのにAさんは給与が高く、Bさんは給与が低い。このような場合は、平等の評価をしてもらえる会社に転職するというのも一つの手段になります。

転職による対策

平等な評価をしてくれる会社というのは、一般的にインセンティブ制度を導入してくれような会社です。特に、営業職・販売職・サービスエンジニア職であればインセンティブ制度を導入しているような会社に転職することがおすすめです。

 

また不平等による給与に不満がある場合は、目標評価制度をきちんと導入している会社への転職がおすすめです。目標評価制度がきちんと回っている会社は、結果にコミットできる人材をきちんと評価するため、人の好き嫌いでは判断されないようになります。

 

こういった情報も応募企業の内情をしている転職エージェントを経由すると知り得る情報なので、積極的に利用するとよいと思います。

 

入社前に給与体系を確認していない

給与に不満があり転職を考える女性がエージェントに相談中

現職に対し「給料が安い」「昇給がない」と不満をもらしてしまう方は非常に多いです。しかし、その給与に対して納得して応募しているというのであれば、自己責任というべきことも一理あるのではないでしょうか?

 

基本給や昇給の有無などは、基本的な求人票に記載されていますし、手当なども記載されているでしょう。あるいは、入社時に雇用契約について事前に知らされているはずです。それを了承した上で、現職に入社しているので、転職でその問題を解決するのであれば、きちんと転職活動では、対策が必要になります。

転職による対策

給与体系について入社前に「雇用条件通知書」などの形で説明を受けるはずです。逆にこの内容をきちんと説明してくれないような会社への入社は、避けるべきです。

 

給与体系をきちんと確認せず入社してしまうパターンは、特にハローワーク・転職サイト・個人応募のトラブルで非常に多く見受けられます。転職エージェント経由の場合は、この雇用条件のトラブルを防止するために、何らかの通知形式で教えてもらえます。

 

書面である場合、メールである場合これは色々ありますが、大事なのは証拠を残すことなので、不安であれば転職エージェントを経由して応募しましょう。特に、職歴が浅い20代の方は、このトラブルが多いので、20代おすすめのエージェントをうまく活用するとよいでしょう。

 

注目20代おすすめエージェント

給与に不満な転職で注意すべきこと

給与に不満があり転職を考える女性が上司に相談中

給与に不満がある場合の解決手段の一つに転職がありますが、その不満を解決させるためには、転職先で給与に見合ったパフォーマンスができることが大前提になります。また、一時的な給与アップはできたとしても長期的な給与アップに繋がらないということも予想されます。

 

次ぐに、転職する際に必ず認識しておくべき点について解説します。

転職で給与を上げるには実力と年齢が大事

給与に不満があり転職を考える女性が給与の少なさを主張中

転職活動は即戦力として働ける人材が最も給与交渉がしやすいので、スキル・経験・知識などは存分にアピールする必要があります。給与に不満があるのであれば、きちんと給与交渉を行わないと入社後に必ず同じ不満を持ってしまいます。どんなことがアピール要素になるのか、きちんとまとめておきましょう。

 

関連記事

 

さらに、転職するなら一歳でも若い時にすることです。年齢を重ねるごとで転職は求められるスキルも高くなり、求人も少なくなります。また、リストラによる転職、会社倒産による転職などは、仕事を探すことに精一杯になり、大幅給与ダウンはざらです。

 

不利な条件で転職すれば、基本給の最低賃金からスタートさせられたり、役付けもないので、前職の給与の半分まで落ちる場合もあります。そのためにもアピールすべきことはアピールする強み/弱みの分析が重要です。

 

注目無料!グッドポイント診断で強み分析

リクナビNEXT『グッドポイント診断』で皆さんの強みポイントが一目瞭然!30分できっちり・納得の診断結果が得られます☆

サイトロゴ サイト名
リクナビNEXT

 

リクナビNEXTでやってみる

昇給・昇格・賞与は常にあるわけではない

給与に不満があり転職を考える男性が給与交渉中

昇給の多くは、その会社の給与規定に沿って行われます。業績が上がらなければ昇給はありません。上がっても基本給の0.5%や3000円程度などザラです。昇給の過去の実績などは確認することが望ましいです。優良企業などは、求人票に昇給の過去の実績が記載されている場合もあるので、きちんと確認するようにしましょう。特に毎年必ず昇給があるのかも合わせて確認することがベターです。

 

昇格は、みなさんの実力によって行われたり、年齢によって決定することが多いです。企業によっては、役職手当が高く、昇格するたびに給与が大幅アップする会社があります。若い頃は給与に不満を持っている方も、昇格人事で大幅給与UPを成功させていることも多いです。もしご自身の会社がそうであれば、若いうちは転職せず、30代になってからの周りの昇格状況を加味しつつ転職を行うべきでしょう。

 

賞与は、業績によって支払われるものなので、業績が悪ければ支給されない年もあるでしょう。それよりも大事なことが、過去の実績です。賞与が基本給の○ヶ月分など支払われた実績を求人票に書かれているような企業に応募するようにすると、入社後の給与に不満を持つようなことが少なくなります。

 

いづれにしろ大事なことが、実績を確認することで、入社後への給与への不満を抱きにくくなるということを覚えておきましょう。

 

関連記事

転職市場の自分の価値を知る

給与に不満があり転職を考える女が市場価値分析中

転職先を選ぶ際に、給与を軸に決めるということは、自分自身の転職市場の価値を知ることが大事です。いくら自分の給与に不満があっても、転職市場の価値が低ければ転職して給与が上がるという保証はありません。

 

もし給与に不満がある場合は、下記に紹介する転職市場価値分析を実施してみましょう。その価値よりも今の給与が低いようであれば、転職して給与がアップする可能性がありますが、高いようであれば厳しい転職活動になることが予想されます。

 

無料診断ツールなので、是非試してみてくださいね!

👑適正年収分析のミイダス👑

画像引用元:ミイダス

サービス紹介
ミイダスは無料で利用できるアセスメントリクルーティングプラットフォーム。44万人が登録(毎月2万人登録)、法人15万社が利用する、転職支援のアセスメントリクルーティングプラットフォームです。

利用価値
・ミイダス コンピテンシー診断が無料。
・市場価値、職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなどのコンピテンシー(行動特性)を分析。

簡単登録
・登録は質問に答えるだけ
・職務経歴書、履歴書の作成、カウンセリング等一切不要。
・キャリアに応じて、質問事項を変えるので正確で効率的。

給与に不満を持たない好条件求人を紹介してもらう

給与に不満があり転職を考える女性二人

給与に不満があるのにいざ転職活動をすると、転職活動中に転職の軸が変わってしまう人が多いです。例えば、「やりたい仕事がみつかった」「教育制度がしっかりしている」「人間関係がよさそう」など、転職活動中に変わってしまい、転職後にまた給与に不満を持つというケースが多く、転職に失敗してしまっています。

 

そのようなことが起きないように、応募企業は一番最初から給与条件が希望を満たしている企業だけをピックアップしておくとこの問題が解決できます。そのためには、好条件の求人だけを紹介してもらえる転職エージェントを利用することが秘訣です。

 

ハロワーク、転職サイトよりも好条件の求人が多いので、給与に対する不満が解決できる求人を紹介してもらいそれらに応募することで、転職活動中に軸が変わっても変化に対応することが可能です。

 

下記よりご自身の状況(年代・職種・希望・業界)に合わせて転職エージェントを選択してみましょう。

 

給与に不満!転職対策:まとめ

給与に不満があり転職を考えていた女性が転職に成功

給与に不満があることは、転職の動機としては非常に多い事例です。しかし、業界・職種を分析した上できちんと対応しないと、転職してからも同じ問題を抱えってしまう可能性があります。

 

その問題を解消するためには、好条件の求人を探すとともに、自分の市場価値を知ることが大事なの、是非今回の記事を参考に対策をしてみましょう。

 

それではまた!

僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事