大手転職エージェントはこちら▼
168_転職_履歴書_手書き

転職の履歴書を手書きで要求する企業は2つの意図がある!

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

最近では履歴書をPCで書くのが主流になっており、手書きで履歴書を書くことも少なくなっています。しかしながら、未だに手書きの履歴書や職務経歴書を要求する企業もあるんです。

 

「今どき履歴書を手書きで要求するなんて時代遅れな会社」

 

と思っていませんか?実は、一般的な所謂「大企業」も手書きの履歴書を要求してくるところが未だにあるんですよ。なんでだと思いますか?これには重要な意味が2つあるんです。

 

今回の記事は、転職の履歴書を手書きで要求する企業は2つの意図について解説していきたいと思います。

転職の履歴書を手書きで要求する企業!転職エージェントを利用しても要求してくる

面接の風景

転職の履歴書を手書きで要求する企業は、最近では珍しがられますよね?私は、転職エージェントを利用して転職活動をしていたので、基本PCで作成したWeb履歴書と職務経歴書の提出がほとんどでしたが、2社だけ、Web履歴書以外に「直筆」の履歴書を持参するように言われたことがあります。その会社は、

 

見事に落ちました(笑)

 

転職エージェントに落ちた理由を聞いても「求める人物像と異なると言われた」とのことでした。確かに面接が盛り上がらないので違和感がありましたけどね。

 

転職エージェントを利用すると「不採用」の理由が聞けるので、利用価値が本当に高いのでみなさんも是非かつようしてください。当然利用は完全無料です。

【20代おすすめ転職エージェント】

【完全無料】20代の初めての転職でも安心サポート!
 
ブラック企業完全排除して求人を紹介!
【特徴】
ハローワークなどでは味わえない専門性の高いサポートを受けることができます。面談時間が長く、一人ひとりの求職者の気持ちに立って、転職の相談を行ってくれます。面談を通じて皆さんに合った求人の紹介をしてもらえる上に、求人応募前には転職サポートをしっかり行い、内定獲得まで二人三脚で進められます!
▼詳細を見てみる▼
【サポート内容】
①あなたにあった求人紹介。
②履歴書、職務経歴書の応募前対策。
③面接が苦手な人は「模擬面接」実施。
④面接の日程調整。
⑤面接後のアフターフォロー
⑥企業との条件交渉(給料等)
⑦内定後の提出書類の書き方サポート
上記全て完全無料です!

転職の履歴書を手書きで要求する企業の意図1:人柄を見られている

面接

転職の履歴書を手書きで要求する企業は2つの意図があり、一つ目は、

 

履歴書を直筆で書かかせると人柄が分かる

 

と言われています。私の知っている大企業の人事の方も手書きで書いている人の方が通過率が高いと言ってました(職務経歴書はPCでOKとのこと)。この意味はとても重要なことなので次に説明します。

履歴書を雑に書く人は仕事も雑

「この企業に絶対入社したい!」と思う人は、履歴書を絶対に雑に書かないんです。1文字、1文字を大事に手書きで書くため、相手(企業側)に熱意が伝わりやすいんですね。一生懸命書いても汚いという人もいるかもしれません。しかし、自分の最大限の努力した字というのは見ればわかるんですよ。

 

履歴書を雑に書くと、性格も雑であり、仕事も手を抜いたり雑だったりという傾向があるためいい印象を与えることはできません。ビジネスにおいて商談の資料一つとっても相手に分かりやすいよう書こうと考えますよね?転職の履歴書だって相手に読みやすいように書く=丁寧に書くと考えれば、雑に書く人は「仕事も雑」というのはとても納得がいきます。

できる人はビジネスを心得ているので雑に書かない

仕事ができる人は往々にして「ビジネスの基本」をよく理解しています。相手が読むことを考えて、封筒、添え状、証明写真、履歴書を手で書くものを含めて相手(企業)が見るもの全てを本気で書いてきます。

 

モノを売る人なら分かるように、いかに商品をアピールできるかが全てです。説明資料が雑だったりすると購入者側は、買おうとなんて思いませんよね?

 

雑な説明は雑な商品の印象を与える

 

ことが原因です。履歴書を手書きで要求してくる企業は、あなたの人柄を見ることができる為要求してくるんです。

転職の履歴書を手書きで要求する企業は2つの意図がある!履歴書の書き方を見てる

心をつかむ

転職の履歴書を手書きで要求する企業の1つめは「人柄」、もう一つは、

 

書き方の工夫

 

を見ています。書き方、所謂文書構成で、あなたのビジネススキルを確認することができるんです。当然面接では、あなたのキャリアについて深く聞いてきます。しかし、手元にはしっかり手書きの履歴書がおいてあります。なぜでしょうか。答えは、

 

経験や知識だけでは仕事ができる人とはならない

 

からです。仕事ができる人は、「文書の構成力」を持っており、プレゼンを得意とする傾向にあるため、履歴書の書き方の構成も相手に伝わりやすい表現で作ってきます。つまり、

 

ビジネスは見た目も重要

 

とういうことよく知っているわけです。

履歴書の構成に悩んだら転職エージェントに相談するのも手

PCで作成

履歴書の手書きは「人柄」、構成力は「ビジネススキル」の2つを見るために「手書きの履歴書」を要求するわけです。手書きの上手さは、幼いころからの得手不得手があるので大きく改善できませんが、構成力は転職エージェントにアドバイスをもらえば上手に構成でますので、この機会に登録、面談を受けてみましょう。

【20代、30代おすすめ転職エージェント】

未経験~経験者まで多くの求人を取り揃えている!
求職者へのサポート力最強!!(企業と転職の両方で利用経験あり)
【特徴】
転職サイトおよび転職エージェントサービスの2つを展開する業界大手の人材紹介サービス企業。求人の質が高く、幅広い業種に対応しているのも特徴。キャリアアドバイザーとの面談を通して自分にあった求人を紹介してもらえるので、自分で求人を探す手間も省け、非公開求人も合わせて紹介してもらえる。
【注目の2つのシステム】
①サイトで自分で求人を探す。
転職サイト内にある求人に対して条件を絞り込み、求人を探すタイプのシステム。広い求職者が利用するので、ライバルが多くなるのが難点。また、転職サポートは無し。
②エージェントサービス
南野弘明おすすめはエージェントサービス。兎に角求人の質が高いです。幅広い業種にも対応しているので、かなり限定された職種でも出会えるチャンスがあります。

しかし、文書の構成力を頑張っても「手書きの丁寧さはあなたしかできない」ということを忘れてはいけません!あなたの熱意を企業側に伝えるためにも、時間をかけて丁寧に書くように心がけましょう!

 

おすすめ記事はこちら↓

20代が転職に絶対利用したいツールて何??
20代の転職

転職に必要不可欠なことは、「目的」「対策」です。

 

✔転職する目的はあるのに対策方法がわからない。
✔どんな企業が自分にマッチするのか分からない。
ブラック企業への転職だけは避けたい。
✔業界に詳しい人から転職アドバイスをもらいたい。

 

そんな悩みに答えてくれる最強の転職ツールが「転職エージェント」です。南野弘明自身の4度の転職でキャリアアップができたのは転職エージェントのおかげといっても過言ではありません。

 

ハローワークや転職サイトだけで転職活動をしている人は、転職エージェントを利用して企業選びから面接対策雇用条件交渉をはじめとする手厚いサポートを受けてみよう!ライバルに圧倒的な差をつけるスムーズな転職が可能です!!

Twitterでフォローしよう

転職を成功の為に読んでおきたい