失業手当よりバイトの方がいいと判断し働く女性

失業手当を貰おうかバイトをしようかという悩みは、退職後の転職活動の大きな課題ではないでしょうか?実はこれ、コロナ禍の転職活動だからこそ総合的に考えて活動する必要があるんです!今回の記事は、失業手当とバイトするのはどっちがよいのかという視点で解説いたします。

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

転職活動のやり方でスマートなのが「在職中の転職活動」ですが、実際問題として退職後に転職活動をやらざる得ない場合もありますよね?

 

そんなときに考えるべきことは、転職活動をしながらアルバイトをすることです。収入がある程度あると精神的にも安定するのでとてもおすすめです。

 

今回はさらにバイトをするのと失業手当をもらうのではどれくらい違いが出るのかについても詳しく説明させていただきます。

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

失業手当の仕組みは要注意!

大前提として、失業手当は雇用保険に加入していないと貰うことができません。さらに色々な条件によってもらえる期間や貰う額が変わってきます。

 

特に注意したいのが、離職する理由です。所謂自己都合(自分で辞めることを決意して辞める)、会社都合(リストラ、会社倒産などの会社の問題で辞める)でもらえる期間、額が変わってしまいます。

 

今回記事は特に自己都合で給付までに時間がかかる方を対象に、失業手当とバイト代を比較してどちらがお得か見ていきましょう。

バイト給料と失業手当を比較してみた

バイト代が失業保険代を上回り喜ぶ若者

そもそも転職活動をしながらバイトをすること自体意味があるのでしょうか?

 

「折角失業保険がもらえるのにバイトをするともったいないのでは?」

 

そう思う人も少なくないでしょう。失業手当は、無職者(離職者)にとって大事な収入源ですし、失業保険の受給条件さえ満たせばもらえる権利があるので、利用しない手はありません。

 

そこでとても大事なのが、自分が失業手当がいくらもらえるかを知らなくてはなりません。

 

受給額によってバイトをすべきかどうかの判断材料になるので、バイトと失業手当について比較結果を見ていきましょう。

▶失業手当の受給資格があるか必ず確認する

大前提としてあなたが正社員のとき、雇用保険に加入していますよね?そうすれば、失業手当を受給できますが、そうでなければもらえないので注意しましょう。

 

さらに、雇用保険には「加入期間」があり、それを満足しないと受給できないので、全員が簡単に失業保険を受給できるわけではないことも合わせて注意が必要です。

▶失業手当受給額を計算してみる

この計算は絶対忘れてはいけません!これを計算しないでバイトをすると損する可能性があるので要注意です!

 

バイトを頑張りたいと思って退職後のプランを立て頑張ったことすら無駄かもしれません。次に月収別の失業手当のおおよその受給額を見てみましょう。

例1:月収30万円以上の収入があった場合

 

例えば、前職の月収が30万円だったとしましょう。その場合の失業手当受給目安は、

 

30万円×0.7=21万円程度

 

が自己都合の場合、3か月後の3か月間もらえる計算になります。この額は、アルバイトをフルで働かないと稼げない金額です。

例1:月収20万円程度の収入があった場合

次に前職の月収が20万円だとします。その場合の失業手当受給目安は、

 

20万円×0.7=14万円程度

 

となります。この額もバイトをかなり頑張らないともらえない金額なので無理にアルバイトをする必要はありません。

例3:月収16万円以下の収入の場合

では、どのような人が転職活動中にアルバイトをしなくてはならないのか。下記を見てください。失業手当からバイトへの切り替え目安です。

 

16万円×0.7=11万円程度

 

が目安になってきます。これだと家賃を払っていくだけでも大変なのでアルバイトをした方がいいでしょう。

おすすめバイトはこちらの記事をどうぞ▼

自己都合の場合は、失業手当よりバイトをした方がいい

失業手当をもらうかバイトをするか悩む女性

自己都合の場合は、3か月後からの失業手当受給となるので退職後即バイトをするのがいいでしょう。転職活動を3か月以内に決めてしまえば何の問題も無し。経験も積めるのでおすすめです。

 

逆に会社都合の場合は、バイトをする損をするのでやめた方がいいでしょう。

 

「正社員として頑張って来たのにバイトをするなんて」と思うよりもバイトをすることで学ぶことは非常に多いです。その経験を転職活動のエピソードに使うと好評を得られることが多いのでおすすめです。

 

関連記事

転職活動中にバイトをしてしまうと職歴に傷がつく?

離職して失業保険をもらうまで暇をしているのでバイトしようか悩む男性

転職活動中のバイトで不安なのが「転職活動中のバイトのせいで職務経歴書にバイト期間をかかなくてはならない」  思う人もいるかもしれません。その為、失業手当をもらうことを選択してしまう人も多いです。

 

しかし!職務経歴で重視されるのは「正社員の期間」なのでわざわざ職務経歴書にバイトのことは書く必要はありません。面接で聞かれた場合は、生活費のことなどを説明すればいいだけなので全く心配いりません。

 

しかしながら問題は、6か月以上転職活動が長引いて、バイトが長い場合です。

 

これは、バイト期間をしっかり書いておかなければ「空白の期間」が履歴書にできるので書くべきです。そうならない為にも 転職活動をスピーディーに行い、本気で転職活動を行うことをおすすめします。

 

関連記事

▶バイト選びのコツ!転職活動重視を忘れてはいけない

転職活動をしながらアルバイトをする場合、メリットを考えながら職選びをするのが大前提です。そのための選び方のコツが以下。

 

バイト選びのコツ

①体力的にきついバイトは選ばない
②短期バイトをしながら稼ぐ
③転職活動の危機感が薄れないバイトにする

 

この3つが大きなポイントです。バイトが楽しくなって正社員への転職を疎かにすると本末転倒です。

 

あくまでも生活と精神的な安定を求めるための転職活動中のバイトなのでそれを忘れてはいけません。アルバイトで生計を立てるのは将来的にもデメリットしかありません。それを絶対にわすれないでください。

 

転職活動中のバイト選びを間違えると抜け出せなくなることも多いので注意が必要です。

転職を考えているなら失業手当を考えないで早期転職を

自己都合の場合3か月後からの失業手当を受給、会社都合の場合初月からの支払いの為、それを当てにしてのんびり転職活動をしている人を沢山見てきましたが、論外です。

 

転職というのは、景気状況や業界固有の状況などにより、個人ではコントロールできないことが多いです。その為、スピーディーな活動をしなければ、転職活動が長引くにつれて『個人の市場価値が落ちる』ということ忘れないようにしてください!

 

自分の行きたい会社を確実に選択し、短期決戦で転職先を決めるというのが転職の鉄則です。

 

これを確実にこなすことができる転職ツールが『転職エージェント』ですが、色々ある中で選びきれないというご相談も受けております。

 

私が企業側としても、個人での利用実績でも一押ししているのが『doda』です。下記におすすめの理由を紹介しているので是非参考にしてみてくださいね!それではまた!

▶dodaとは?

おすすめdoda

サイト名 特徴
doda 登録するとdodaの専門スタッフがみなさんの希望や適性に合った求人の紹介や、転職活動のサポートを無料で行ってくれます。 専門スタッフが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート。また、必要に応じてキャリアカウンセリングを実施してくれます。

doda

画像引用元:doda

評価項目 解説
求人数 100,000件以上
エージェントの質 面接で本来の自分を最大限にアピールするためのノウハウを専門スタッフが直接アドバイスしてくれる。
登録メリット 履歴書、職務経歴書だけでは伝わらない、人柄や志向、考え方など、転職希望者の方の優れた特性を推薦状や推薦時のメールにまとめ、履歴書、職務経歴書に添えて企業に応募してくれる。
対応エリア 全国

 

転職エージェントランキングはこちら ◀

本気で転職したい?転職ツールを使い倒し術

転職に必要不可欠なことは、「目的」「対策」です。

✔転職する目的はあるのに対策方法がわからない。
✔どんな企業が自分にマッチするのか分からない。
ブラック企業への転職だけは避けたい。
✔業界に詳しい人から転職アドバイスをもらいたい。

そんな悩みに答えてくれる最強の転職ツールが「転職エージェント」です。僕自身の転職経験、面接官、人事としてのキャリアを活かして全力でおすすめするエージェントをランキングでご紹介!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!