▼強み/年収分析最強ツール▼
能力が高すぎると不採用になる?採用基準をわかりやすく解説!

能力が高すぎるという理由で、不採用になるというのはご存じですか?企業には求める人物像というのがあり、応募者とのミスマッチを防ぐための情報が提供されています。その条件よりも能力が高すぎると不採用にされることがあるので要注意!不採用にならない為の対策方法を解説!

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

転職活動をスタートさせ応募書類が通過するといよいよ面接。しかし、面接が終わった後の結果は『不採用』。

 

この理由を企業に確認すると「能力が高すぎるため採用を見送りました」となるケースが結構あります。

 

能力が高いんだから企業にもメリットがあるのに何で?

 

と思ってしまうかもしれませんが、実は企業側にもしっかりとした理由があって不採用にしています。今回の記事でその理由とそうならない為の対策について解説いたします。

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

●こんな方におすすめの記事●

①能力が高すぎて不採用になったことに納得できない
②どういった求人に応募することが妥当なのかわからない
③上手に見極めて応募する方法を知りたい

 

能力が高すぎて不採用とはどういうこと?

能力が高すぎるため不採用と言われた男性

企業が求人を募集するのには様々な理由が想定されます。よくあるケースとしては以下のような背景があります。

 

企業が求人を出す背景

①未経験から育てて一人前になってもらいたい
②即戦力として活躍して欲しい
③マネジメント経験を活かしてもらいたい

 

こういったケースに分類することができます。転職=即戦力という鉄則から外れてしまうのが①のケースです。

 

転職というのは、0スタートではなく、10スタートもあれば20スタートもあります。そのスタートラインはあくまでも企業側に選ぶ権利がある為、求人票がマッチしていると思っても、求めるレベルが足りなかったり、逆に能力が高すぎると不採用になることがあります。

能力が高すぎると何がダメなの?

能力が高すぎるため不採用と言われた男性が悩む姿

一から育てて一人前になってもらいたいという思いは、会社の色に上手く染まってもらえることに期待しているからです。

 

折角教育をしようと思っているのに、教育中に「●●の方が効率がよくないですか?」や「前職では××のように仕事をして、結果がよかった」などの主張をされた場合、お互いいい気持ちになりませんよね?

 

だったら、未経験でもポテンシャルが高く、何でも吸収してくれる人材の方が、能力が高すぎる人材よりも採用メリットが大きいというのが企業の意図です。

 

また、能力が高すぎる部下を雇ってしまうと、役職者が扱いにくいというデメリットもあります。

 

指示しているのに「この解釈は●●です。だからこのやり方は不適当だと思います。」といったことを言われてしまうと役職者も扱いにくくてしょうがないですよね?

 

つまり、転職市場では必ずしも能力が高い人だけが採用されるということは無く、逆に能力が高すぎる人は不採用になることもあります

 

関連記事

能力が高すぎると需要と供給にマッチしない

能力が高すぎるため不採用と言われた男性がトレーニング中

前述したことをまとめると、企業の需要にマッチしないと不採用ということを意味しています。

 

つまり、企業のニーズを意識した企業選びを行うことが求められます

 

例えば、未経験、学歴不問の求人に経験10年、早稲田大学卒業の方が応募しても落とされることが殆どですし、逆にタクシーの運転手の募集求人に、メーカーで研究開発一筋に行ってきた人が応募すると落とされる事例がよくあります。

 

それは、企業側のニーズに求職者側が合っていないということがあるからです。

 

研究職でプライドが高い人を採用して、乗車客とトラブルなっても困りますよね?そういった意味でもサービス業界経験者の方が、企業のニーズに合っていると言えます。

 

能力が高すぎるとその企業のレベルと合っていない為、不採用になる確率が非常に高いということを理解して職務経歴書や面接対策をすることは非常に大事です。

 

次に、企業側のニーズをとらえた求人応募方法について解説します。

 

おすすめ!転職エージェント3選
当サイトから登録の多いエージェントはこちら(各サイトに遷移できます)
【若手】20代の転職

【ミドル】
20代、30代の転職

【管理職】
40代の転職

企業のニーズを確認する2つの方法とおすすめツール

能力が高すぎるため不採用にならない為の対策を考える男性達

企業のニーズの把握は、2つの方法があります。それが以下です。

 

企業のニーズの捉え方
①求人票から確認する
②自分に合った求人を探してもらう

 

企業のニーズをきちんととらえることにより、自分の能力が高すぎる企業に応募していないかまたは、能力が足りていない企業に応募していないかという判断基準になるので、上手く転職ツールを活用していくことが大事です。

 

では、どのようにニーズをとらえていくのか解説します。

▶求人票で確認する

求人票に書いてある「求める人物像」は、重要な企業側のニーズが書かれています。このニーズに対して自分自身できちんと確認し、能力が高すぎるよいった不採用を回避することもできますし、またその逆も捉えることが可能です。

①未経験歓迎

⇒高度なスキルを持っていない人でも採用します。

注)経験値が高い人は落とされます。

②学歴不問

⇒スキルがあればどんな人でも採用します。

注)スキルを持ち合わせていなければ学歴があっても落とされる。

③月給20万円以上

⇒給与レンジに合っていれば採用します。

注)前職の給与が高すぎる場合、給与に不満が出て辞める可能性があるので不採用にする可能性大

④経験5年以上、マネジメント経験有

⇒最低経験5年以上でマネジメント経験有の人が欲しい

注)この条件を満たしていなくても、スキルが高い人は採用される可能性有

 

上記のように、求める人物像から読み取っていくというのがセオリーです。

【重要】全国の求人はリクナビNEXTがおすすめ

こういった企業のニーズがしっかり書かれているのが転職サイト『リクナビNEXT』なので、転職活動を始める際は必ず登録して、求める人物像を的確に把握することをおすすめします。

 

ハローワークの求人でも転職サイトに掲載されている場合があるので、ハローワークの求人票では分からない情報も転職サイトに掲載されている可能性があるので、ダブルで利用することをおすすめします。

 

求人サイト1位『リクナビNEXT』

広告 特徴
全国の求人情報を勤務地や職種、皆さんのスキルや資格などから検索でき、転職方法や転職活動体験談等、転職成功のヒント満載の求人/転職のサイト。 

リクナビNEXT

画像引用元:リクナビNEXT

求人数 50,000件以上
サイトの質 洗練された求人サイトの為、ユーザー目線で作成されているため非常に便利!
対応地域 日本全国
特徴 業界・職種・年齢・住まいを問わずサイトの登録債済ませれば閲覧できるので、幅広い求人に出会えるチャンス多数。
対応年齢 全世代
公式サイト▶ リクナビNEXT【公式】

▶自分にあった求人を探してもらう

能力が高すぎるため不採用と言われない為の対策をした女性

転職サイトで企業のニーズに合った求人に応募していくのも大事ですが実際のところ、ニーズをしっかり理解するのは非常に難しいです。

 

なぜなら募集の背景までは分かりずらい事がありますし、マッチしているのかいないのか分からない記載がある場合もあります。

 

そういったミスマッチを防ぐ為には、転職エージェントに自分の希望を伝え、マッチ度の高い求人に応募するというのは有効な手段です。

 

転職エージェントの持つ求人票は、募集の背景からしっかり書かれている求人が多く、応募者とのミスマッチを防ぐために応募するにあたっての注意点なんかも説明してくれます。

 

私もこのミスマッチを無くすために転職エージェント経由で応募していましたが、求人紹介の段階からマッチ度が高い求人を紹介してもらえたので、スムーズな転職活動ができました。

 

特におすすめの20代、30代の転職エージェントを下記に紹介いたしますので是非利用してみください。20代においては未経験求人も豊富に扱っている転職エージェントなのでおすすめです!

それではまた!

 

エージェント特集 おすすめ理由
20代に特化したおすすめの求人を紹介してくれるエージェント。初めての転職でも徹底サポートしてくれるが特徴です。未経験可の求人も豊富。
20代、30代が利用したい大手転職エージェント。経験者・未経験者で給与アップを目的とした転職には特におすすめ!私自身も400万円の年収アップに成功!
40代のおすすめエージェント。ハイクラス求人、管理職の方向けのおすすめエージェントをご紹介します!
僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事