第二新卒の就活を成功させたいのに秘訣が分からない女性

転職回数が多いと落ちる回数も多くなるのが特徴。転職回数が多いと書類選考の時点で通過できず、転職活動を苦戦してしまう人が非常に多いです。しかしその理由は本当に転職回数だけが問題なのでしょうか?今回は、そんな悩みについて対策方法を交えて解説します。

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です!

 

転職を一度してしまうと「転職癖が付く」とよく言われますよね?転職癖が付くと転職を繰り返してしまうので一般的には「不利」と言われています。

 

中には転職回数が10回という方もいらっしゃいます。

 

転職回数が多い人の特徴というか悩みの種は『採用試験でよく落ちる』ということだと思いますが、転職回数が多いとそれだけが問題なのでしょうか?

 

答えはNOです!

 

転職回数が多い人は、応募書類の対策や面接の対策を人一倍しっかりやる必要はあるものの、転職すること自体は可能なんです。なので、落ちることはあるものの、万全な対策を行えば不可能ではないというのが答えです。

 

今回の記事は、転職回数が多いと不利になる?何回まで許される?落ちる原因はなに?という疑問にお答えして行きたいと思います!

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!
『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!

 

転職回数の数え方はあっていますか?

転職回数が多い為落ちる原因をまとめ中

「転職回数が多い為よく落ちる」というのは不採用になる原因にはなります。しかし多く転職希望者の方の転職回数を拝見しましたが、数え方を間違えている方は非常に多いです。

 

転職とはそもそも、「正社員から正社員へ移籍した場合」を転職といいます

 

この場合を、転職回数1回とカウントします。

 

バイトから正社員、派遣から派遣などは転職とはみなされないことが多いので注意してください。つまり、正社員の記録を主張したいのであれば、わざわざバイト期間や派遣期間を書く必要はありません。

 

もし職務経歴書に書くならサラッと書けばOK。あくまでも正社員→バイト→派遣→正社員というパターンであれば、転職回数は1回としてカウントするようにしましょう。

 

転職回数が多いので落ちると思っている人の多くは、バイト期間や派遣期間も職歴としてカウントしてしまっているので注意しましょう。

転職回数については業界によって許容範囲がことなる

転職回数が多い為落ちる原因をみんなで検討中

転職回数が多いと落ちるというのは業界によって異なるということを覚えておきましょう。

 

まずは「転職回数」についてOKの範囲はどの程度までかというと、明確な答えはあまりありませんが、よく言われているのが『転職回数は3回までならOK』というパターンです。

 

例えば「金融業界」や「製造業」などは、技術の長期的蓄積が目的なので転職回数が多いとすぐ辞めてしまい、技術の漏洩に繋がったり、教育の観点からもよい印象を与えることはできません。

 

そういった業界は、転職回数が多いとよく落ちる傾向があるのでしっかりとした転職理由言えるように対策することが必須です。

 

逆に転職回数が多いことよりも、結果を求めるような業界だったり、肉体系の業界は不利になることはありません。例えば不動産業界、保険の契約など営業系が強い業界あとは、現場系の仕事は転職回数よりも結果を残してくれる人を好みます。

 

そういった業界を狙うのであれば、転職回数が多いため落ちることは無いので、実績をガンガンアピールしていきましょう。

 

関連記事

▶転職回数よりも実力を重視してくれるよいパターン

転職回数が多い為落ちる原因を友人に相談中

転職回数が多いとよく落ちるというのは、転職市場あるあるですが、企業によって転職回数が多い人を見る目というのは異なります。

 

転職回数が多い人が落ちるではなく、本当の実力を見てくれる企業も沢山あります。知り合いの人事の方に聞いてみたのその時内容を書きで説明します。

 

転職回数が多いと本当に落ちるか確認する私

南野弘明
転職回数が多いことが本当に落ちる理由になるんですか?

転職回数が多いと本当に落ちるかという疑問に答える人事

人事担当A氏
当社では、転職回数を問題視していません。むしろ、転職回数が多い人は色々な企業で経験を積んでいるので色々な角度で物事を考えられると判断しています。

転職回数が多いと本当に落ちるか確認する私

南野弘明
マイナスの評価、つまり「落ちる人」はどのような人だと思いますか?

転職回数が多いと本当に落ちるかという疑問に答える人事

人事担当A氏
退職理由を論理的に説明できない人であったり、人間関係のいざこざなどで辞めている人はマイナスの評価ですね。かなり転職市場では不利になるのではないでしょうか。

 

つまり、特殊な業界(技術、頭脳企業)などでは転職回数が多いのは好まれませんが、一般的な会社ではそこまで不利ではないようです。

 

むしろ、退職理由を論理的に答えられるかがカギです。

 

転職回数が多くなったことが前向きに考えだったりそのことを反省すると伴に、今までの経験を応募企業でどれだけ活かしていけるのかが重要です。

▶年代別で不利になる回数が異なる傾向もある

転職回数が多い為落ちる原因を先生に教えてもらっている

転職回数が多いと落ちるというのも年代別で傾向が異なります。次も人事担当者に質問してみましたので下記を見てください。

 

転職回数が多いと本当に落ちるか確認する私

南野弘明
転職回数は、年代別にみるとどれぐらいで多い、または不利になりそうですか?よく落ちるのにも傾向はありますか?

転職回数が多いと本当に落ちるか年代別に傾向を説明する人事

人事担当B氏
当社では、20代なら3回まで。30代ならトータル5回までが限界だと感じています。技術系の会社なので少し厳しめです。IT業界だと即戦力意識が高いのでスキルさえあれば何回でもOKのような会社は多いですよ。落ちる人は技術系には向いていないと思った方がいいかもしれません。

転職回数が多いと本当に落ちるか確認する私

南野弘明
転職回数が多くても採用したい人材とかはいますか?

 

人事担当B氏
当然いますね。特に30代であれば、将来の管理職となれるほどの管理スキル、テクニカルスキル、コミュニケーション能力など総合的に判断して採用するケースはあります。

 

30代なら5回くらいまでは許容範囲のようですね。6回目ぐらいからは大きく不利になりそうなので注意が必要です。特に、管理職としてステップアップを図る転職であれば、マネジメント能力とテクニカルスキルは必須と言えます。

 

おすすめ!転職エージェント3選
当サイトから登録の多いエージェントはこちら(各サイトに遷移できます)
【若手】20代の転職

【ミドル】
20代、30代の転職

【管理職】
40代の転職

▶短期で転職を繰り返すとやばい!

例えば試用期間に辞めて数回転職してしまう人もいますよね?そういった場合、人事にはどのように映るのか聞いてみました。これが一番よく落ちる人のパターンなので覚えておきましょう!

 

南野弘明
試用期間に転職を繰り返している人は不利になりますか?

人事担当C氏
試用期間に辞めてしまうのは、仕方がないことと考えています。理由は、やはりどうしても合わない場合もあると思っているからです。試用期間で辞めてしまった場合は、むしろ「本音の部分」を聞きたいですね。この部分で納得できる理由が無ければ即不採用フラグを上げてしまいます。

 

試用期間で転職してしまったり、転職回数が多い人は「嘘」をつかずに、本音を話した方が印象がいいようですね。

 

特に、ブラック企業だったから辞めたという場合には、本音で伝えてるとしても+αで将来の話もしたら尚効果的です。転職回数が多いので落ちる人は、転職理由をかなり作りこむようにしましょう。

 

この部分を説明できないと100%落とされます。

 

特に20代の方で転職を繰り返してしまっているのであれば、第三者として転職エージェントを利用して転職理由の作り込みを手伝ってもらうことをおすすめします!

▶応募書類対策は第二新卒エージェントneoがおすすめ!

若手1位『第二新卒エージェントneo』

10代・20代のえらぶ就職転職満足度No.1。面接対策満足度No.1、就職転職相談しやすさNo.1と非常の若手層から指示されています。
第二新卒はもちろん、フリーター/既卒/中退/高卒/中卒/早期離職など学歴不問で就業支援を行っているので納得の転職が可能です!
求人数 10,000件前後
面談の質 若手専門のエージェントなので不安解消の為に初回面談は2時間と他社の倍!
対応地域 東京、大阪、名古屋、福岡にオフィスあり
特徴 若手の転職支援実績No.1。初めての転職からキャリアに不安な方までサポートしてもらえます。書類添削、模擬面接なども充実。
対応年齢 10代、20代
公式サイト▶ 【公式】第二新卒エージェントneo
※外部サイトに遷移します

まとめ

転職回数が多いとよく落ちるという疑問については、転職回数よりもその繰り返した理由の方が100倍大事だと言えます。

 

私も現役面接官として採用活動に携わっておりますが、転職理由が納得できない理由であった場合は間違いなく不採用にしています。

 

一般的に考えても転職回数が多いというのは決して有利になることはあり得ません。むしろ「不利」。では、どのように転職活動をすればよいかというと、転職回数が多いことへの論理的対策をすることです。

 

自分の経験値やスキルをしっかりアピールすることで面接官への印象も大きく変わります。そして、最後の転職にしたいという意思はしっかり伝えましょう。

 

そういった「対策」を行ってくれるのが「転職エージェント」です。

 

✔ 求人の紹介

✔ 応募書類の対策

✔ 面接対策

✔ 面接日程の調整

✔ 内定後の条件面交渉

 

など、あらゆるサポートを完全無料でしてくれるので是非活用してみてください。特に転職回数が多い人は「対策が命」なので転職エージェントを利用することをオススメします。

 

下記にオススメ転職エージェントを紹介させていただきますので、この機会に登録、面談を受けてみてはいかがでしょうか?当然サービスは全て無料で利用できます。それではまた!

▶転職は『doda』が一押し!

1位おすすめ転職エージェントNo.1『doda』

私自身が企業側としても転職者としても利用価値が一番高かった転職エージェント。業界に精通したコンサルタントが転職者のわがままを叶えてくれます!転職希望の方は登録する価値あり!転職相談だけでもOK。
求人数 100,000件前後
面談の質 転職の動機からキャリアプランまで寄り添う面談
対応地域 全国
特徴 転職者満足度No.1。業界を牽引していくほどの大手人材紹介会社。サポート体制も充実。初めての転職でも安心
公式サイト▶ 話そう、探そう・転職はdoda
※外部サイトに遷移します
20代おすすめ転職エージェントはこれだ!

20代初めての転職

 

「求人検索、応募書類作成、面接対策、雇用条件の交渉...。初めて尽くしで何から手を付けていいのか分からない。」といった、20代におすすめの転職エージェントを紹介!

登録からサポートまで完全無料で安心して利用できるので、転職エージェントの利用価値は絶大です!

20代特化型から大手転職エージェントまでおすすめ理由を添えて紹介しますので、気になる転職エージェントがあればまずは登録してみましょう!

第一位:第二新卒エージェントneo
ブラック企業を除外、優良企業のみの求人紹介!
 
20代のサポートは業界随一!
20代に特化した転職エージェントである「第二新卒エージェントneo」。株式会社ネオキャリアが運営する関東、関西、九州地方の20代の転職に強みを持っています。求人数も10000社以上を保有し、経験豊富なアドバイザーが親身にサポートしてくれます☆
【特徴】
①書類対策、面接対策徹底サポート。
②サポート時間が他社より長い。
③ブラック企業排除で求人紹介。
④学歴、職歴に不安があってもサポート可能。
【NGユーザー】
18歳以下と29歳以上※詳細確認や登録は以下から確認可能です↓

同率第一位:DYM
最短1週間で入社可能!
 
全国的に幅広い求人紹介なので20代に人気
DYM就職は、第二新卒・既卒はもちろんフリーターやニートの方向けの正社員求人を多数紹介。経歴や学歴に不安があっても正社員に転職・就職ができて、最短1週間でのスピード入社も可能!一人ひとりに合わせた徹底サポートで内定決定率の高さを実現しています。
【特徴】
①優良な正社員の仕事を紹介。
②2000社の優良企業を紹介。
③正社員求人100%。
④ブラック企業は徹底排除
⑤イベント来場者の就職率は脅威の96%。
⑥書類選考なし。
⑦カンタン60秒マッチングサービス。
【NGユーザー】
18歳未満、30歳以上※詳細や登録は以下から確認可能です↓

第三位:マイナビエージェント
大手転職エージェントでも20代に特におすすめ!
大手でもサポート力で他社を圧倒!
株式会社マイナビの人材紹介サービス「マイナビエージェント」。大手転職エージェントにありがちな「サポート力の弱さ」に対して、きめ細かなサポートで20代の転職をサポートしてくれるのが大きな特徴。保有求人数も多いため、全国でサポートしてもらえます☆
【特徴】
①東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富
②20~30代に転職サポートに強い!
③人事&採用担当との太いパイプ!
④応募書類の準備から面接対策可能!
⑤親身な転職サポート!※詳細や登録は以下から確認可能です↓

Twitterでフォローしよう