▼強み/年収分析最強ツール▼
転職活動のタイミングはいつがいい?時期について解説!

転職活動のタイミングはいつがよいのか悩んでいませんか?時期を逃すと、あなたの市場価値が無くなってしまいます。求人数、勤続年数、年齢、経済面の4つのポイントからベストなタイミングを見つける転職ノウハウを徹底解説!

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

コロナ前に転職を考えていた方にとって、今の時期は非常に苦痛ではないでしょうか?転職したいのにコロナウイルスという見えない敵がいる限り、転職活動をすることは躊躇しがち。

 

次のボーナス時期を見据えた転職活動をしないと更に酷い状態が予想されます。

 

今回の記事はコロナ禍の転職はいつごろから行うべきかの転職活動のタイミングについて解説いたします。

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

●こんな方におすすめな記事●

①コロナ禍で転職活動に踏み切れない
②コロナ禍で永遠に転職できないと思い不安
③転職活動のタイミングでベスト時期を知りたい

 

注目20代の転職希望者必見!

①転職活動のタイミングは求人が増える時期を狙う

コロナ禍の転職活動のタイミングを図り面接中

コロナ禍で転職を成功させるためには、求人が最も多く出る時期を狙うことが最重要ポイントです。

 

その時期というのは、年間を通じてみると、以下の二つの時期です。

 

求人が増える時期

①3月~4月
②9月~10月

 

この時期を狙って転職活動をすることが転職活動のタイミングと言われています。これはコロナの転職でいつごろがよいか悩んでいる人にとっても同じです。

 

では、なぜ求人がこの時期に増えるのかというと、以下のような理由が挙げられます。

 

特定の時期に求人が増える理由
①配置換えが多い
②新しいプロジェクトの節目になることが多い
③定年や離職者も増える

 

新規プロジェクトが発足しやすいのは、上期下期で考えたとき、節目となる時期となる為、その時期を狙い打って転職すると、好条件の求人に出会えるチャンスが増えるため転職活動のタイミングとなります。

 

この状況はコロナ禍でも変化は無いため、参考にしてください。

▶ライバルが増えることが難点

しかし、この時期は落とし穴があります。それは、求人数が増える=ライバルの数も増える!ということです。

 

募集企業が増えるのはありがたいのですが、ライバルも増えることにより結局希望の企業に入るのが難しい状態が発生します。

 

つまり、この時期は好条件求人が出る一方で、ライバルが大量に発生することから、すんなり転職できない可能性がある時期

 

と言えます。

 

僕の考えは、転職を急いでいる人にはあまりおすすめできない時期。

 

ただし、コロナ禍の転職の場合は、そもそも求人が少ないので、最も求人が多い時期を狙わないとタイミングを逃してしまいます。

 

注目おすすめ転職3選ツール

転職ツール 特徴
リクナビNEXT 全国の求人情報を勤務地や職種、あなたのスキルや資格などから検索が可能。転職成功のヒント満載の求人/転職のサイトです。
ミイダス コンピテンシー診断が使える!職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、あなたのコンピテンシー(行動特性)を分析できる(完全無料)。
転職会議 国内最大級100万件以上の転職口コミ情報が掲載されています。会員数は500万人以上。日本中の企業の口コミが集まっています。

※クリックすると公式サイトに遷移できます。

②ボーナス月を狙うと転職しやすい!

転職活動のタイミングで年収アップ

私が最もおすすめしている転職のタイミングがこの『ボーナス月』を狙った転職活動です。ズバリいうと、

 

7月、12月のボーナスをもらった後が狙い目です。

 

この時期はボーナスをもらったことにより多くの人が安堵してしまい、会社に残ることを選択してしまいがちです。

 

次のボーナスまでのモチベーションは持って3か月

 

3か月を過ぎる3~4月、9~10月はライバルが多くなるのは当然ですね。

 

2018年は好景気であったため、ボーナスをもらった後、安堵して転職に二の足を踏んだ人も多かったと思いますが、2020年以降はコロナの影響により、ボーナスがもらえないことが分かったら、多くの人が転職を意識しています。

 

その時にいち早く転職に踏み切れるかが非常に大事な転職活動のタイミングなので、コロナ禍では重要と覚えておいてください!

 

関連記事

③転職のタイミングは勤続年数を考慮

コロナ禍の転職活動のタイミングを図る女性二人

転職の時期を勤続年数から考えると自ずと出てくるのが、転職すること自体が不利になる方がです。特に、勤続年数が長すぎると転職に不利になることは間違いありません。

 

勤続年数が長くなるにつれて、初めての転職となると企業側も採用を躊躇します。その理由は、勤続年数が長くなってからの転職は、次の会社の風土になじめない可能性が高いためです。

 

特に35歳を超えてからの自己都合による転職ならば、転職回数が1~2回程度ある方が転職先から見ても安心感があるというのが特徴です。

 

その為勤続年数で考えるのであれば、34歳までに初めての転職は経験しておくことが2回目の転職ではステップアップしやすと言えるでしょう。

 

コロナ禍での転職をいつごろからやるべきか悩んでいるのであれば、34歳までが一つの転職活動のタイミングとして意識するとよいでしょう。

④将来のキャリアで考える

コロナ禍の転職活動のタイミングを図り面接前にリラックスする男性

転職の時期は「あなたの年齢」を考慮して判断しなくてはなりません。コロナ禍の転職活動のタイミングで悩んでいるなら年齢とキャリアで考えるべきです。

 

20代であれば、「未経験」にもチェレンジできるため、職の幅が広がります。しかしながら30代、40代になると「スペシャリスト」 を求められるため、未経験への道は遠ざかってしまう可能性が高いです。

 

ここで重要なのは、転職には節目があり、そのタイミングが自分の価値を上げやすいと言われているので、次に紹介いたします。

 

【転職年齢の節目】

年齢 状況 スキル
25歳 第二新卒ギリ ポテンシャル
29歳 キャリアチェンジのギリ 自分の仕事はこなせる
34歳 一般職ギリ 会社に提案ができる
38歳 係長ギリ 部下を指導できる
44歳 課長ギリ 統括できる

35歳になってしまうと管理職候補となり、マネージメント経験がないと転職はかなり厳しいですですので、年代別の節目に当たる人は早めの行動をお勧めします。

 

関連記事

⑤経済面を考慮する

コロナ禍の転職活動のタイミングを図り給与面を検討する女性

コロナ禍の転職をいつごろからという点は、経済面の長いスパンでも考えるべきです。

 

・将来設計(結婚、家族が増える等)
・ボーナス等いまの会社では期待できない
・退職金支給年数越え(一般的には2年以上勤務すると支給されます)
・自己都合による失業手当(勤続年数による)

 

といった経済的視点からも転職時期を検討しないと「損」してしまいます。もらえるものは必ずもらっておきましょう(笑)

転職活動のタイミング:まとめ

コロナ禍の転職活動のタイミングを図り成功した女性

実際に転職を考えるのは、現在の職場での課題を転職により解決すること が目的ですが、転職すべき時期も考慮して転職することが成功への近道になることもあるということを理解していただけたと思います。

 

コロナ禍の転職活動だからこそいつごろからやるべきかをきちんと計画的に行わないと、いつまでも転職ができなかったり、転職活動のタイミングを逃すことに繋がります。

 

ちょうどこれからボーナス時期も近づいてくる為、今から転職に向けた準備を当ブログを参考に進めていただければ幸いです。

 

特に、20代の方々は早めの準備をおすすめします

 

20代と30代では、転職難易度が全く違います。その為、このコロナ禍でも20代あるからこそ転職ができたという人が多くいらっしゃいます。

 

転職活動はタイミングが命!時期を逃さないように計画的に行いましょう。それではまた!

 

注目年代別おすすめ転職エージェント

20代 第二新卒AGENTneo
30代 doda
40代 【パソナキャリア】
僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事