1年間の転職ノウハウ

内定保留した後の返信期間いつまで?転職の疑問解決!

内定をゲットして転職活動に終止符を打つことなりそう。そこで疑問に思うのが、内定承諾の保留期間。複数社に応募している場合、第一志望の結果が出てから返事がしたい人も多いと思います。結論を出すのにどれくらい企業側が待ってくれるのかという内定保留と返信期間について解説します。

転職ノウハウ大辞典

こんな方におすすめの記事

①内定保留をしているけど迷っている
②第一志望の面接結果がまだ来ない
③返信期間を知りたい

👑20代におすすめ転職エージェント一覧


 
完全無料
求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1。
実績豊富な 転職エージェ ントが20代の転職を成功に導きます。


 
完全無料
全国の優良企業の求人が豊富。20~30代の転職サポートに強い!
人事&採用担当との太いパイプで、応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート。


 
完全無料
非公開求人を含む約10万件の求人から自分に合った求人を紹介。
企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート

内定保留における返信期間は基本「1週間」

転職の内定保留の期間を交渉する女性

転職活動をして内定の連絡が来た場合、第一志望であれば即決で承諾できますが、第二志望以下だと決断がなかなか出せないといったことも多いと思います。

基本的には、企業から内定をもらった場合(電話、メールなど)、内定承諾書や正式な雇用条件通知書などを送る旨を連絡されます。

その際に、多くの企業は「一週間以内に返送ください」などの内定保留の返信期間を設けて連絡することが殆どです。

実際に当社の場合は、内定通知書にサインして1週間以内に返送をお願いするよう電話とメールで内定者に連絡する仕組みとなっています。

パターンとしては、1週間以内が一番多く、3日以内に郵送や10日以内などが稀なパターンとなっています。

しかし応募者にとっては、以下のような悩みがあるのはもちとん採用担当者としては重々承知。

内定保留の悩み
①第一志望と言ってしまった
②他の候補者に内定を渡すことになる
③仕事内容には興味があるけど給与が納得できない
④面接ではお世話になったから断りにくい
⑤返信猶予が無くて気持ちがまとまらない
⑥他社の結果待ちが一週間以上ある

新卒の就職活動とは違い、転職の場合は良い人材を早く確保したいといった意思が企業にはあるので、内定保留も新卒よりも短いのが特徴です。

次に、なぜ企業が内定保留期間を1週間などの短い期間に設定してしまうのか、理由について解説いたします。

なぜ企業は内定保留期間を短く設定するのか

転職の内定保留の期間を交渉したい女性

転職者としては複数企業を応募している中で短く設定されてしまうと、他の企業の結果前に結論を出さなくてはいけないので非常に悩むところ。

しかし企業側としては、「入社してくれると面接の場で確認をしているはずだから断られるはずがない」と考えています。

その為、1週間程度設ければ、十分返信の時間はあると踏んでいます。

また、内定保留期間1週間というのは他の候補者を待たせているケースもありますし、プロジェクトの関係上早く入社していただきたいという意図もあります。

つまり、内定保留の期間は1週間というのは決して短くないというのが企業側の意図ということを覚えておきましょう。

おすすめ記事

内定保留の返信期間を延長してもらえるのか

面接後にお礼状・お礼メールを送る男性

1週間以内と期限を設けて連絡が来た場合、内定保留期間を延ばしてもらいたいと思う人は多いと思います。

 

結論はNOです。

 

1週間の期限を延ばすことはしません。もし延ばして内定を辞退された場合は、企業側は再度一から採用活動をやり直すということになるので、延長することは考えにくいです。

皆さんにとっては不利かもしれませんが、面接の場で入社意欲も説明していると思います。ただし、もし面接の場で以下のようなやり取りをしても内定を得た場合は別です。

転職の内定保留の期間を交渉してほしくない面接官

面接官
南野さんは他社を受けていますか?

転職の内定保留の期間を交渉する予定の転職者

南野弘明
はい。5社程同時に応募しています。

転職の内定保留の期間を交渉してほしくない面接官

面接官
弊社は第何志望ですか?

転職の内定保留の期間を交渉する予定の転職者

南野弘明
第三志望です。

しかし多くの方はこのようなことは言わず「第一志望です」と言っているはずです。

このように伝えたからこそ内定を出しているので、一週間の内定保留期間考える時間として決して短くないと言えます。

「企業は返信期間内によい回答を貰える」という自信があるので、その期間内に相手企業に結論を伝えることは、転職活動中のマナーといえます。

逆に第一志望などの連絡を待ちたいがために、延長の連絡をして結局入社しても入社時の印象は、「第二志望の内に来た人」という印象になりかねないです。

内定保留の返信期間を延長する時の連絡方法

内定保留の返信期間延長依頼を出す女性

内定保留の返信期間を延長するのは、かなり印象が悪いですし、マナーの配慮もないので決しておすすめできません。

下手をすると内定取り消しもありえます。

そういったリスクを負ってでも「志望度の高い企業の結果を待ちたい」という場合、電話連絡の後にメール連絡をして内定保留期間延長連絡を入れましょう

①志望度の高い企業の結果待ちで延長

お世話になっております。

内定のご連絡誠にありがとうございます。貴社の志望度が高い為、即承諾のご連絡すべき所ですが、他社の選考結果を確認し、納得のいく形で転職活動を終えたいと考えております。

返信期間が〇月〇日となっておりますが、私事で申し訳ございませんが〇月△日まで延長いただけないでしょうか。

恐れ入りますが、何卒ご検討の程よろしくお願いします。

この連絡内容は、最善のメール方法ではありますが承諾されるとは限りません。

むしろ印象はかなり悪いです。

「他社を待つ」というのは、志望度が低いと判断されやすいので最良の延長方法とは言えないということを念頭において連絡するようにしましょう。

②家族への相談

お世話になっております。

内定のご連絡いただき誠にありがとうございます。雇用条件通知書の内容を確認し、家族と相談し結論を出したいと考えております。

土日に相談する時間を設けたいと考えておりますので、〇月△日月曜にご連絡させていただく形でも問題ございませんでしょうか。

何卒ご検討の程よろしくお願いします。

他社の選考待ちという正直な意見ではなく嘘をつきやすいということでも利用できますが、延ばしても1週間程度というリスクがあるのが、家族への相談です。

また、「転職活動について家族へ相談していないのか」という不安点も相手に与えてしまうのであまり良い印象はありませんが、内定保留の返信延長としてそこまで悪くないのが「家族への相談」です。

おすすめ記事

③絶対に使ってはいけない内定保留延長交渉について

前述した①②が個人応募の場合の最良の交渉ですが、よくあるその他の交渉は絶対に利用しない方がいいです。

かなり印象が悪いですし、内定辞退を取り消しされることもあるので注意してください。

①業務内容に不一致
面接の場で必ず確認されているはずです。内定連絡の後に業務内容に不満があるなどは論外であり、内定を取り消しされる可能性が非常に高いと言えます。
②退職交渉が難航している
退職交渉をするのは基本「内定後」です。よく嘘をついている人で退職交渉が難航していてという方がいますが、順番がことなります。もしそうだとしても内定承諾を行い、「入社時期については交渉させてください」となるので返信期間の延長とはなります。これも内定を白紙にされる場合があるので注意してください。

いずれにしろ、内定保留の返信期間を延長するというのは相手企業に失礼であり、内定を白紙にされるリスクが伴います。

次に、内定保留の返信期間を延長させないコツについて解説します。

【コツ】内定をゲットする前に応募企業を精査しておく

転職の内定保留の期間を交渉するか考える女性

内定をゲットしてから入社の検討をするのは遅すぎます。

内定が出る可能性が高そうな企業は、前もって精査し、内定が出た後、本当に入社すべきかを先に考えておくことが大事です。

第三志望だけど調べてみるとすごくいい会社で、面接の感触も凄い良くて入社したいと思える会社と気づくことも多いですし、逆に内定をもらっても行きたくないと思うこともあるでしょう。

そのような決断を素早く出すためにも企業の情報を精査し、本当に行きたい会社なのかをきちんと見極めておくとよいでしょう。

自分の意思だけではもちろん決められない時もあるかもしれませんが、その場合は、家族などにも転職活動の進捗状況や、応募企業の魅力や待遇面について事前に相談しておくことも大事です。

内定保留の返信期間延長【裏技】

転職の内定保留の期間を交渉に成功した女性

個人応募だと内定保留期間の延長をお願いするのはほぼできません。

それは前述した通り、採用プロセスが大きく関係ている為、延長の依頼は受け付けないのが基本です。

しかし転職の場合、転職エージェントを経由すると応募企業及び皆さんが在籍している企業やその状況そして、転職活動の状況を加味して内定保留の延長を上手く交渉してくれるケースがあります。

おすすめ記事

例えば、第一志望の会社が内定保留期間ぎりぎりで最終面接がある場合など、あらゆる手段を使って交渉して一週間延長を依頼してくれるケースがあります。

実際に僕も同じような状況の中で、転職エージェントが交渉してくれて第一志望に入社しました。

第三志望の会社だったのですが、断るのも転職エージェントが行ってくれるので不快な思いも無く転職成功です。

下記は僕がイチオシする転職エージェントなので、完全無料で転職活動のすべてをサポートしてもらえます!下記のリンクから詳細が確認できるので、是非登録・キャリア面談を受けてみましょう。それではまた!

 

👑年代別おすすめ転職エージェント一覧


 
完全無料
求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1。
実績豊富な 転職エージェ ントが20代~40代の転職成功に導きます。


 
完全無料
全国の優良企業の求人が豊富。20~30代の転職サポートに強い!
人事&採用担当との太いパイプで、応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート。


 
完全無料
非公開求人を含む約10万件の求人から20~30代に合った求人を紹介。
企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート

転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事