貿易事務職の仕事内容を勉強するために港に来た転職者

貿易事務職は事務職の中でも断トツに給与が高い職種の為、人気があります。特に英語力というスキルが必要になるので、高いスキルを持った人が採用されるという特徴があります。今回はこの貿易事務職の具体的な仕事内容、求められるスキル・給与について解説します。

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

英語が得意!事務職が好き!という方から絶大な人気を誇る「貿易事務職」

 

海外からの商品を輸入したり、逆に輸出したりする業務を担う少し特別な事務的役割なのが貿易事務職です。つまり、貿易事務は、事務職の中でも特に専門性が高いお仕事です。

 

そんな貿易事務の仕事について、具体的な仕事内容と貿易事務職に転職する為に求められるスキル・給与についてスポットを当てて今回はご紹介させていただきます。

 

また、貿易事務職の求人は専門性が高いお仕事なので、求人の探し方についても合わせてご紹介させていただきます。

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!
『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!

 

貿易事務職はどんな仕事をするの?

貿易事務の仕事内容バリバリこなす転職者

貿易事務に転職するためには仕事内容を理解しておくことが肝心です。簡単にいうと仕事内容は「英文での書類作成」となります。

 

貿易事務という名前の通り、英語を活かした事務の仕事となるので、英語力を活かしたい事務職の方や、英語が得意な方h貿易事務は非常におすすめの仕事なのでチャレンジしてみるとよいと思います!

 

次に、具体的な貿易事務の仕事内容について解説していきます。

輸出に必要な書類作成

貿易事務に必要な仕事内容の1つ目は、輸出に必要な書類作成です。

 

その書類内容は入社後に教えてもらえますが、ざっくり以下のような仕事内容を覚えておきましょう。

【輸出に必要な仕事内容】

仕事内容 備考
仕入書 仕入れに必要な書類
梱包明細書 数量、重量、個数、船名、荷印などが記載された書類
船積み指示書 貿易条件などが記載された指示書。
委任状 輸出を通関業者に依頼する場合に必要です。
輸出申告書 自社で輸出申告をする場合に必要です。

などが大きなところで必要な書類です。

 

もちろん入社後に書き方は教えてもらえるので何も心配する必要はありません。寧ろ何もわかっていなくても面接では深く質問されることもありません。ただし、事務職の経験はあった方が面接官の受けがいいので、経験があれば積極的にアピールしましょう。

 

関連記事

輸入に必要な書類作成

貿易事務に必要な仕事内容の2つ目は、輸入に必要な書類の確認です。

 

先ほどの「輸出に必要な書類」ついて説明させていただきましたが、輸入の際は逆にその書類が送られてくるので確認する作業となります。これらの書類に間違いがないかを確認します。

 

当然記載事項は全て「英語」。英語のスキルを持った上で仕事内容をしっかり理解しないといけないことから、専門性が要求されるお仕事なのが貿易事務職です。

 

貿易事務職の仕事は仕事内容からも分かるように、専門性が求められる仕事なので、ハローワークなどではあまり求人が出ていません。転職エージェントなどが持っている求人であることが多いので、下記のようなエージェントを活用してみましょう。

 

おすすめ!転職エージェント3選
当サイトから登録の多いエージェントはこちら(各サイトに遷移できます)
【若手】20代の転職

【ミドル】
20代、30代の転職

【管理職】
40代の転職

貿易事務へ転職!どんなスキルが求められるの?

貿易事務の仕事内容の中でも英語を活かして転職した女性

貿易事務に転職するための大事なスキルは「英語力」です。スキルという中では最も大事なスキルだと考えていいでしょう。

 

貿易という名の通り、専門性の高い仕事です。

 

書類は当然「英文」で作成しますし、海外とのやり取りが発生するため、メールも英文で作成します。また、英語を書くだけではなく、電話対応もあるので「英会話」のスキルも当然必要になります。

 

TOEICの点数をスキルとして表すなら600点以上は欲しいところです。貿易事務として転職するなら事務的スキルよりもまずは「英語スキル」を完璧に仕上げておくといいでしょう。

 

更に務職の経験があれば、経理や財務・営業アシスタントなどの経験は好印象を与えることができるので積極的にアピールしていくことがおすすめです☆

 

関連記事

貿易事務職の給料は高い?低い?

貿易事務職の仕事内容をこなして高給を得るために転職した女性

貿易事務職の仕事は、他の事務職の仕事よりもかなり高給を得られるのでおすすめです。しかし一方で、高度な英語のスキルを求めたれる仕事内容なので、英語ができないのに採用されることはありません。

 

貿易事務職の年収は、事務職でも群を抜いて高い400万円~600万円が相場です。

 

もし転職サイトなどで上記の年収が安いのであれば、転職しない方がよいでしょう。転職先を転職サイトなどで利用する場合は、上記の年収レンジに当てはまるかという観点で調べるとよいでしょう。

貿易事務ならリクナビNEXTがおすすめ!

求人サイト1位『リクナビNEXT』

全国の求人情報を勤務地や職種、皆さんのスキルや資格などから検索でき、転職方法や転職活動体験談等、転職成功のヒント満載の求人/転職のサイト。 職務経歴や転職希望条件などを匿名で登録しておくと、皆さんに興味を持った求人企業から直接オファーが届くスカウトサービスもあります!
求人数 50,000件以上
サイトの質 洗練された求人サイトの為、ユーザー目線で作成されているため非常に便利!
対応地域 日本全国
特徴 業界・職種・年齢・住まいを問わずサイトの登録債済ませれば閲覧できるので、幅広い求人に出会えるチャンス多数。
対応年齢 全世代
公式サイト▶ リクナビNEXT【公式】

※外部サイトに遷移します

貿易事務職として転職先を上手に探す秘訣は?

貿易事務の仕事内容を転職者に説明するエージェント

貿易事務に転職するためには、仕事内容を理解することと、それに付随して求められるスキルである英語力は必須です。できれば更に経理・財務・営業アシスタント的な仕事の経験があれば、さらに転職は成功しやすいでしょう。

 

それ故に、貿易事務職は事務職の中でもずば抜けて高給が得られるお仕事です。

 

通常ハローワークなどで仕事を探すことが多いと思いますが、ハローワークや求人誌ではまず間違いなく「貿易事務の優良求人はでない」と思ってください。

 

もちろん前述した転職サイトできっちり探しぬけば、貿易事務職の仕事は探すことも可能です。しかし私が本気で貿易事務職の転職を考えている方におすすめしたいのが、転職エージェントです。

 

転職エージェントが持つ求人は「非公開求人が全体の8割」程度となっている為、ライバルと差をつけることが可能です。

 

更に、応募書類対策面接対策内定後の雇用条件交渉(給与交渉)などを行ってくれるので、絶対おすすめ!利用料金は完全無料なので、求職者側はサポートを徹底的に受けることができます。

 

今回はおすすめの転職エージェント に関してご紹介させていただきますので、是非この機会に登録してみましょう!それではまた!

転職なら『doda』

1位おすすめ転職エージェントNo.1『doda』

私自身が企業側としても転職者としても利用価値が一番高かった転職エージェント。業界に精通したコンサルタントが転職者のわがままを叶えてくれます!転職希望の方は登録する価値あり!転職相談だけでもOK。
求人数 100,000件前後
面談の質 転職の動機からキャリアプランまで寄り添う面談
対応地域 全国
特徴 転職者満足度No.1。業界を牽引していくほどの大手人材紹介会社。サポート体制も充実。初めての転職でも安心
公式サイト▶ 話そう、探そう・転職はdoda
※外部サイトに遷移します
本気で転職したい場合は、転職ツールを使い倒せ!!
保育士の本気の転職

転職に必要不可欠なことは、「目的」「対策」です。

 

✔転職する目的はあるのに対策方法がわからない。
✔どんな企業が自分にマッチするのか分からない。
ブラック企業への転職だけは避けたい。
✔業界に詳しい人から転職アドバイスをもらいたい。

 

そんな悩みに答えてくれる最強の転職ツールが「転職エージェント」です。南野弘明自身の4度の転職でキャリアアップができたのは転職エージェントのおかげといっても過言ではありません。

 

ハローワークや転職サイトだけで転職活動をしている人は、転職エージェントを利用して企業選びから面接対策雇用条件交渉をはじめとする手厚いサポートを受けてみよう!ライバルに圧倒的な差をつけるスムーズな転職が可能です!!

Twitterでフォローしよう