大手転職エージェントはこちら▼
転職ノウハウ一押しの記事▼
転職における経歴詐称はバレるのか?転職における悩み解決します!

こんにちは!南野弘明です。

 

今回は転職における相談内容で非常に多い、

 

経歴詐称

 

について説明していきたいと思います。しっかり読んでみてください!危険ですよ・・・

経歴詐称の相談を多く受けている理由

経歴詐称の相談を多く受けている理由について説明いたします。

 

2018年の転職市場は、好景気に伴い、特に20代、30代、40代を全ての年代で求人が増えた傾向にあり、即戦力が欲しいといニーズが高まったと言えます。転職市場は、2019年も活発な動きがるでしょう。

 

そんな中、少しでも自分を良く見せたい思いから、以下のようなことが頭を過るのではないでしょうか。

 

経歴詐称は、ばれるのか?

 

です。yahoo知恵袋でもこの質問はかなり目立っています。この質問をするということは、「内定を少しでも欲しい」という気持ちと、

 

バレたときが怖い

 

という心理的な葛藤があることの表れだと考えています。

 

これまでも転職相談を承ってきましたが、

 

今年は例年以上に転職における経歴詐称の質問が多い傾向にあります

 

今回は、経歴詐称について少しお話したいと思います。

経歴詐称がばれた事例

よくある事例として、

 

前々職より前の経歴の在籍期間を変更

 

してあることです。この在籍期間の詐称は、

 

・経験社数を極端に減らす。
・長年同じ会社に勤続したことにする。

 

といったことが行われています。経歴詐称が発覚すると多くの方が「自覚していなかった」といいます。しかし、誰かに相談したりすると安易に、

 

「書かなくてもばれません」

 

とアドバイスをする人がいるわけです。

経歴詐称の自覚があるかないかは関係なく代償は大きい

経歴詐称を行う上で、

 

・本人が自覚をもって行っているケース
・誰かのアドバイスで行うケース

 

があり、職務経歴書・履歴書を改訂してしまうようです。

職務経歴書・履歴書の詐称はバレる危険性大!

「書かなくてもばれません」と言われて書類選考に通るなら、嘘をついてしまう気持ちはわかります。

 

・やりたいことができるためなら
・現在の問題を転職で解決できるなら

 

痛いほど気持ちは分かります!

書類選考を通過して面接に行きたいという気持ちで嘘をつく、ちょっとならばれないという気持ちがあるのだと思います。しかし、

 

★ばれたときの代償はとてつもなく大きい

 

のに絶対にバレないという保証はありますか?

<経歴詐称をしなくても丁寧に指導してくれる転職エージェント>


経歴詐称がばれるパターン

経歴詐称が発覚するケースは様々です。

エージェント、ハローワーク相談員が気づく

職務経歴書を確認・質問していくと経歴の内容とかみ合わないことで発覚します。

 

質問していくとスキル感が違う、合わない話が出てきて経歴詐称をしていないかと問い詰めてバレるパターンが多いです。

 

入社後に職務経歴書に偽りがあり、解雇になるので、会社側との信頼関係を維持するためにもしっかはらチェックされます。

リファレンスチェックでバレる

外資系に多いのですが選考が進んだらリファレンスチェック(バックグラウンドチェック)をされる場合が多いです。

リファレンスチェックとは?
概ね2次面接終了後に人事から面接の場で確認されます。
・あなたの過去の経緯を知りたいので、あなたのよく知る人物を紹介してください。
・人数は3名程度でお願いします。直接電話をして確認させていただきます。

といったように、経歴詐称が無いか面接の内容は事実かを確認するために行われます。近年では日本企業でも行なわれるようになってきました。

社会保険、雇用保険でバレる

また、知恵袋でもよくある回答として、入社時の

 

・社会保険の履歴
・雇用保険の履歴

 

によって判明する場合もあるので、チェックする企業であれば間違えなくバレます。しっかり頭に入れておいてください。

 

<経歴詐称をしなくても丁寧に指導してくれる転職エージェント>


経歴詐称がばれたらどうなるの?

経歴詐称がばれたらどうなるか。結論をいうと、

 

1:犯罪にはなりません
2:内定は取り消し
3:入社後なら解雇になる可能性が高い

 

特に3番は、解雇リスクが高くなると共に、雇用主との信頼関係が大きく損なわれてしまいます。

 

注意していただきたいのは、

 

解雇された後の転職活動で質問される転職理由が「解雇」になることです。

 

これは転職する度につきまとうので、退職理由を聞かれるたび「解雇」と伝えなくてはなりません。とても印象が悪く、まず面接で落とされるのは確実なので、今後まともな会社なら雇用しないでしょう。

 

例え軽微な経歴詐称でも、入社後に発覚すると「解雇」のリスクが伴うので絶対にやめましょう。あなたの人生全てを失うこともあり得る行為です。

経歴詐称はバレたら大変!まとめ

説明させていただいと通り経歴詐称はリスクが高く絶対に行てはいけません!

 

転職活動中の皆様!あなたの職務経歴書に経歴詐称は本当にありませんか?今すぐ書き直すことを強く願うばかりです。

経歴詐称をしなくても転職は可能!

では、経歴詐称しなくても書類選考は通ることは可能なのか?

 

職歴が綺麗ではない人、例えば、転職を4回以上繰り返している、短期で転職をしている人は難しいかもしれません。

 

しかし、こういったときに転職のプロを活用すべきです。下記転職エージェントは私がイチオシする転職のプロ集団です。

 

サイト登録後、しっかりとした面談でキャリアについて一緒に考えてもらえます。転職が多いときの対策方法も伝授してもらえます。是非登録、面談であなたのキャリアについて相談しましょう!

 

転職エージェント特集はこちら!

 

転職エージェントを100%使いこなすノウハウを知りたい方はこちら!

転職を成功の為に読んでおきたい