1年間の転職ノウハウ

求人の応募は早い方がいい?現役面接官がわかりやすく解説!

求人の応募は早い方がいいので掲載直後を狙って応募している人いませんか?実は、必ずしも早い方が有利になるとは限りません。求人の応募をする際のテクニックやタイミングについての上手いやり方をわかりやすく解説します!

転職ノウハウ大辞典

●こんな方におすすめの記事●

①掲載されたばかりの求人があり応募に迷っている
②掲載から時間が経っているので企業の印象が心配
③今から転職活動を始める予定なので戦略を立てたい

👑年代別おすすめ転職エージェント一覧


 
完全無料
求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1。
実績豊富な 転職エージェ ントが20代~40代の転職成功に導きます。


 
完全無料
全国の優良企業の求人が豊富。20~30代の転職サポートに強い!
人事&採用担当との太いパイプで、応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート。


 
完全無料
非公開求人を含む約10万件の求人から20~30代に合った求人を紹介。
企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート

求人応募は早いほうが本当にいいの?

求人応募は早い方がいいので急いで書類作成中

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

転職活動をしていると、転職サイトやハローワークを利用することが多いと思いますが、掲載されたらすぐに応募したら選考に有利なんじゃないかと思うことありませんか?

ビジネスにおいては、スピードが重視されることが多いので、その勢いで早い応募程、企業側に好印象が与えられると思う方も多いはず。

しかし、掲載のタイミングや自分の色々な都合により、なかなか早いタイミングで応募できないことも多いですよね?

そんな疑問に現役面接官の視点でズバリ、早い方がいいのか不利なのかの答えを解説させていただきます。

求人掲載直後の応募は若干メリットがある

求人応募は早いほうがいい為、リクナビNEXTで検索参考サイト:リクナビNEXT
参考URL:https://next.rikunabi.com/

求人の掲載されてすぐに応募すると有利かというと若干メリットがあるというのが答えです。これを企業目線で回答します。

求人を掲載するのとその求人を見たというタイミングは人それぞれ違います。

毎日転職活動をして転職サイトをチェックできる人もいれば、毎日多忙で転職活動に全力を注げないけど転職したい人もいます。

毎日チェックしている人が、たまたま一番最初に応募できたかもしれませが、その人が自社の求める人物像と必ずしも一致していることとはまったく別の問題です。

掲載終了間近の求人でも、それをたまたま見て応募した人が自社とのマッチ度が高い人など良くあることです。

その為、掲載されたばかりの求人に応募すると有利になるということは全くないので安心してください。逆に期待していた人は、ごめんなさい。

ただし、掲載された直後というのは早く採用したいと思う企業であれば若干有利に働く場合がありますが、そういった企業だけではないので、しっかり吟味して応募することが大事です。

また、次に紹介する掲載終了間近の求人は注意が必要です。

おすすめ記事

掲載終了間近の求人は期待薄

求人応募は早いほうがいいのに応募し忘れた
参考サイト:リクナビNEXT
参考URL:https://next.rikunabi.com/

掲載すぐの求人が選考に有利かというと若干有利というのはおわかりいただけたと思うのですが、逆に求人応募の終了間近の求人はどうでしょうか。

掲載終了間近の求人は、選考が進んでいるライバルがいる場合、面接自体が保険的な役割で行われているので注意が必要です。

「すでに、選考が最終面接まで進んでいる人がいるけど、保険を兼ねて面接しておこう」と思って面接をされる場合があるので、好感触なのに落とされるパターンがあります

これは選考による有利、不利ではなく、タイミング逃したことによるものなので選考においては関係ありません。

その為、応募するのであれば掲載されたすぐの求人の方がライバルとスタートラインが同じなので、そういった求人の方が採用さる可能性はあるということになります。

掲載終了間近の求人は落とされても仕方がないというのを肝に銘じておきましょう。

求人応募は早い方がいいので、ライバルと同じ土俵で戦いたいなら早めに応募することを心がけましょう!

おすすめ記事

求人応募は早い方がいいかよりどんどん応募するのが鉄則

求人の応募は早い方がいいと思い早めに行動した男性

掲載されてすぐの求人に応募することで、熱意がアピールできるといった面では全く関係ありませんが、ライバルと同じ土俵で戦えるチャンスを獲得できるのが、掲載されてすぐの求人です。

だからと言ってライバルの状況も分からない中で、掲載終了間近の求人は応募しないというのはナンセンスです。

自分の気に入った求人であればどんどん応募して、チャンスを拾っていくというのが重要ですので気にせず応募しましょう。

もちろん応募は早い方がいいですが、だからと言って必ずしも有利になることはありません。だからこそ気に入った求人があれば積極的に応募し、タイミングが合えば早いほうがいいというのが答えです。

おすすめ記事

転職サイトでの応募はリクナビNEXTがおすすめ

求人応募は早い方がいいためリクナビNEXTで確認

転職の強い味方はやはり『リクナビNEXT』です。日本全国の企業を網羅していますし、転職サイト最大手なので多くの企業が利用しています。

一方で転職サイトあるあるですが、ライバルが多いのが難点。

人気企業であれば当然ライバルも多いので、積極的に応募していかないとライバルに差を付けられるばかり。しかり、セオリー通り進めればチャンスを拾うことも可能なので、登録してみることをおすすめします!

その際には、掲載スタート日、終了日をよく見て、応募は早い方がよいという観点で求人を見ていくとよいでしょう。

👑リクナビNEXT

全国の求人情報を勤務地や職種、皆さんのスキルや資格などから検索でき、転職ノウハウや転職活動体験談等、転職成功のヒント満載の求人/転職のサイト。
完全無料

転職サポートが必要な方はエージェントがおすすめ

求人応募は早い方がいいためエージェントとサイトを比較画像引用元:https://mynavi-agent.jp/

掲載によるライバルを気にせず、非公開求人の紹介を求めるなら転職エージェントの利用をおすすめします。

登録後のキャリカウンセリングを通じて、自分に合った求人を紹介してくれるだけではなく、応募書類対策、面接対策、面接サポート、雇用条件交渉まで至れり尽くせりのサポートを無料で受けれるのでおすすめ!

20代、30代の年代別におすすめ転職エージェントがことなるので、興味が有ったら登録してみるのも良いでしょう。ちなみに私は、ライバルと差をつけるためにエージェントが持つ非公開求人を狙い撃ちして応募していました

企業からの情報などもえられやすいので、紹介された求人の応募は早い方がよいので、是非どんどん応募してみましょう!

それではまた!

👑リクルートエージェント

日本最大の転職エージェント。求人紹介実績No.1なので安心。
大手転職エージェントだから全国対応。Web面談可能なので、安心してサポートが受けれる!
完全無料

転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事