自己分析結果を転職活動の為にまとめ中

自己分析結果を転職に役立たせることができず、くすぶっている方を多く見かけます。自己分析結果を上手く活用することで、求人探し、応募書類対策、面接対策などにめちゃくちゃ役立つのでおすすめです!今回の記事はそんな自己分析結果を転職活動に役立たせる方法を解説いたします!

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です

 

皆さん!自己分析できていますか?

 

自己分析無しに転職活動を始める人がかなり多くいらっしゃいます。しかし、私の意見としてはあまりおすすめできません。その大きな理由は、

 

①転職活動自体に影響する
②転職後にも影響する

 

という、転職活動全体を通して、悪い結果を導き出してしまうからなんです。

 

まだ自己分析ができていない人は、下記の過去記事から完全無料且つ最速でできる自己分析方法を例題付きでご紹介しておりますので、是非活用してみてくださいね。
関連記事

 

それでは、どのように『自己分析結果』を活用するのか、その使い方を解説していきます!

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!
『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!

 

●こんな方におすすめな記事●

①自己分析結果の使い方が分からない
②自己分析が上手くできない
③自己分析結果の見方がよくわからない

なぜ転職するのに自己分析結果が必要なの?

自己分析結果を転職活動の為にみんなでまとめ中

転職活動は、わざわざ自己分析なんてやらなくても十分できてしまいます。しかし、自己分析をやった人で、更にその自己分析の果を上手く活用できたかどうかで、転職活動と入社後に大きな差がつくと言われています。

 

特に、転職活動における内定獲得率に雲泥の差が出ます。

 

前回の『自己分析簡単攻略』の結果は、あくまでもポイントを押さえただけであり、次はその自己分析結果をさらに転職活動と、転職後に活かしていかなくてはいけません。

 

では、自己分析をしっかりやらないと転職にどういった影響を与えてしまうのか見てきましょう。

▶自己分析が不十分な人の特徴

この自己分析が不十分な人の特徴が以下です。

 

・転職後に希望と違うことに気づく
・転職を繰り返す
・転職後にまた不満の壁にぶち当たる

 

これは、転職活動により、自分の条件を満たす企業に転職できていないことが大きな要因です。

 

自己分析をしっかりやるということは、転職する目的を明確にするとともに、転職活動の対策をするということができる為、転職全体における重要なイベントの一つと言えるでしょう。

 

その為には自己分析結果を準備しましょう!

自己分析結果を掘り下げて対策!

自己分析結果を転職活動で役立てた男性

自己分析結果を上手く活用できていない人の特徴は、掘り下げて転職における対策を行っていないというのが特徴です。

 

この掘り下げ方にポイントがあるので次に解説していきます。

▶STEP1:スキル&経験の棚卸

自己分析結果は『自己分析簡単攻略』で出来上がっています。それを基に今度は、転職活動における対策シートを作成していく必要があります。

→職歴の棚卸

職歴は職務経歴書の書き方でも解説したように、応募書類の重要な書類であり、転職活動内で一貫して使用されます。

 

その為、以下の様に職歴を棚卸してみましょう。

【表1:自己分析結果を使って職歴の棚卸】

職歴 記入例
職種 自動車業界で、エンジンの開発に従事
経験 設計歴3年
業務と役割 エンジン回りの設計と後輩の指導
仕事を通じてのモチベ 全員一丸となり励ましあって業務を遂行するとき

→スキルの棚卸

次はスキルの棚卸を行います。職歴の棚卸結果が分かったので、そこから会社やメンバーに貢献できたと思うスキルを棚卸していきます。

 

【表2:自己分析結果を使ってスキル棚卸表】

スキル 記入例
今持っているスキル エンジンの開発
仕事に使うツール CAD ●●ソフト
どのようにスキルを取得したのか 入社後の研修とOJT、参考書:●●
得意分野 自動車工学(大学で専攻)

→経験の棚卸

次は、経験の棚卸をします。どういった経験値が自分の売りになるのかを明確にしていき、その結果を企業の求める人物像と結びつけることで、企業選びもスムーズに行うことができます。

 

【表3:自己分析結果を使って経験の棚卸】

経験 記入例
海外経験 中国工場での試作試験での立会(英語可)
プロジェクトの参加経験 トヨタ社OEMエンジン開発に参加
プロジェクトで学んだこと 顧客との折衝と聞く力
参加だ学んだこと チーム全体の計画力が最終的な結果を生み出す

 

この経験の部分は、もっと細かく増やしてもいいですし、企業選びをして求める人物像に書かれている内容を追加していくとより詳細な経験棚卸表が作りあがっていきます。

→実績の棚卸

最後に実績の棚卸をします。職歴、スキル、経験から、皆さんが最終的に得た実績を記入するのがポイントです。そうすることにより、面接の場でも強くアピールすることができるので具体的な実績を記入していことをおすすめします。

 

【表4:自己分析結果を使って実績の棚卸】

実績 記入例
どんな実績があるか 会議進行と事業部長への結果報告
社内賞などはあるか 設計品質改善賞
売り上げ貢献度 トヨタOEMプロジェクト:20億円

▶STEP2:人柄の棚卸と点数付け

次は、自己分析結果を使って皆さんの人柄を棚卸していきます。転職は即戦力である一方、人柄もしっかりと確認されます。自分はどのような人柄であるから、その企業の方向性にマッチしているかという点も重要な説明となるので、下記の表のように埋めてみましょう。

 

【表5-1:人柄表作成(対人関係)】

チェック項目 点数 点数の理由
親しみやすさ 8 先輩社員にかわいがられる
誠実さ 8 真面目に業務に取り組む
気配り 6 相手の気持ちに立つことよりも業務遂行に重点を置いてしまいがち。
協調性 7 目標に向かって協力するのが好き
指導力 4 後輩がいないないので経験不足
調整力 6 自分善がりになりがち
伝える力 9 会議の統括経験あり
聞く力 6 業務優先で考えてしまう
巻き込む力 10 全一体で進めていくことが得意

 

【表5-2:人柄表(自身の力)】

チェック項目 点数 点数の理由
忍耐力 10 徹夜でやることもあまり苦ではなかった
継続力 8 長期プロジェクトでもモチベを保つのが得意
論理的思考力 7 設計業務を通じて論理的思考力を磨いている
問題解決力 7 設計経験が浅いので問題解決個人で打破するのは不足
計画力 9 プロジェクト計画の遂行に自信あり
責任感 9 上司へしっかり現状を報告
積極性 8 問題があれば積極的にコミュニケーションをとる
改善力 9 失敗したことをすぐに改善に取り組める
文章力 7 企画書の内容にたまに不備がある

▶STEP3:自信があることをまとめる

最後は、自己分析結果を使って自分の得意なことをまとめて転職活動のベースとなる資料を作ります。これができると、転職活動で超重要な志望動機作成や面接対策に活用できるので作成してみましょう。

 

STEP1、2の内容を用いると以下のようなアピールポイントんまとめることが可能です。

 

自分の売り込み資料

自動車業界に約3年携わり、主にエンジン回りの開発に従事してきました。実績としては、トヨタ車のエンジンOEMプロジェクトに参加し、その中で技術的なスキルを身に着けるとともに、会議進行役などを任せていただきました。

海外業務も中国工場での試作エンジン試験に立ち会い、設計品質向上に取り組み、英語でのコミュニケーションにも自信を持つことができたのが良い経験が出てきたと思います。

私の強みとしてしては、計画力と推進力に自信があり、プロジェクト全体の進行に成功した経験があるので、御社でもその強みを活かして社業に貢献したいと思います。

 

このように、自己分析結果を用いて棚卸ができれば、あっという間に志望動機を作ることができます

 

自分の良い点数やよいところをピックアップすることで、非常に説得力のある志望動機を作ることができます。是非活用してみてくださいね!

 

また、自分の弱みになりそうな部分は、面接のあなたの弱みの質問に対して答えるのに有効活用できるので、放置せずに回答に対して前向きに改善していく旨を説明しましょう!

自己分析の結果を募集要項と照らし合わせる

自己分析結果を転職活動の対策としてパソコンでまとめ中

自己分析結果は、転職活動を開始する前に約8割は完成させておきましょう。そうすることにより、企業が求人を出すときに募集要項とのマッチ度を照らし合わせて確認することができます。

 

この募集要項に書かれている求める人物像とマッチ度がたかければ高いほど内定を獲得できる確率が跳ね上げります。そのためには、皆さんが作成した自己分析結果が、求める人物像と合っていなくてはなりません。

 

例えば、気配りが得意で相手のことを考えて業務を遂行する力が必要と書いてあった場合、今回の記載例からはあまり得意な結果が得られていませんでした。

 

すなわちそういった求人は、入社しても合わない可能性が高いわけですから応募しないという判断も可能な訳です。

 

つまり自己分析結果を利用すると転職後、転職活動中に、ありとあらゆる場面でその結果を活用していけるので、しっかりと棚卸しておくことをおすすめします!

 

しっかりとした自己分析結果を出し、その使い方を理解することで有意義な転職活動ができるので面倒かもしれませんが、頑張ってみてくださいね!

自己分析結果を見てもらうのも手

自己分析結果を転職活動の面接に役立てた男性

自己分析結果を活用したくても、実際の自分とはかけ離れていても困ります。仲の良い友人、家族に見てもらうのもよいので、相談してみると結構客観的な意見も聞けるのでおすすめです。

 

しかし、ハローワークなどの相談員に見せてもろくな結果が聞けなかったという苦い経験談を多く聞きますのであまりおすすめはできません。

関連記事

 

おすすめは、転職エージェントなどの人材紹介会社の利用です。

 

実際にホワイト企業に転職できた私の経験からも、転職エージェントをしっかり使い倒せば、転職活動の効率も上がりますし、色々な対策や求人紹介を利用したホワイト企業の紹介なども行ってくれるのでおすすめ。

下記におすすめエージェントを紹介しますので、興味があれば登録してみましょう!

20代おすすめエージェント

若手1位『第二新卒エージェントneo』

10代・20代のえらぶ就職転職満足度No.1。面接対策満足度No.1、就職転職相談しやすさNo.1と非常の若手層から指示されています。
第二新卒はもちろん、フリーター/既卒/中退/高卒/中卒/早期離職など学歴不問で就業支援を行っているので納得の転職が可能です!
求人数 10,000件前後
面談の質 若手専門のエージェントなので不安解消の為に初回面談は2時間と他社の倍!
対応地域 東京、大阪、名古屋、福岡にオフィスあり
特徴 若手の転職支援実績No.1。初めての転職からキャリアに不安な方までサポートしてもらえます。書類添削、模擬面接なども充実。
対応年齢 10代、20代
公式サイト▶ 【公式】第二新卒エージェントneo
※外部サイトに遷移します

30代おすすめエージェント

30代1位おすすめ転職エージェントNo.1『doda』

私自身が企業側としても転職者としても利用価値が一番高かった転職エージェント。業界に精通したコンサルタントが転職者のわがままを叶えてくれます!転職希望の方は登録する価値あり!転職相談だけでもOK。
求人数 100,000件前後
面談の質 転職の動機からキャリアプランまで寄り添う面談
対応地域 全国
特徴 転職者満足度No.1。業界を牽引していくほどの大手人材紹介会社。サポート体制も充実。初めての転職でも安心
公式サイト▶ 話そう、探そう・転職はdoda
※外部サイトに遷移します

Twitterでフォローしよう