▼強み/年収分析最強ツール▼
面接日程調整は早い方が有利!その理由とやり方を面接官が解説

面接日程調整は、書類選考が通過すると面接の度に連絡が入り意外と大変。しかし、この面接日程の調整は、企業に好印象を与えれられるかどうかの大事なシーン。実は、日程調整がスムーズに完了するだけで有利な転職活動できます。早い返答が大事な理由について解説。

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

こんな方におすすめの記事

①書類選考が通過した
②面接の日程がなかなか決まらない
③有利な転職活動を行いたい

【秘訣】模擬面接の練習が突破のカギ!

「転職の面接でよく落とされている」「なかなか内定がもらえない」そんな時は、完全無料で利用できる転職エージェントの模擬面接の利用がおすすめ

一般的な質問から、応募企業ごとにカスタマイズされた質問まで、様々なシーンに対応できる模擬面接で練習してみるといいですね。

転職エージェントに登録すれば、模擬面接以外にも様々なサービスが受けれるので、この機会に是非登録してみましょう!

おすすめエージェント 特徴
第二新卒AGENTneo 20代に人気の転職エージェント。手厚いフォローと親身の対応が特徴。
就職Shop 書類選考なしの企業を多く保有。面接対策もばっちり!20代特化のエージェント。
リクルートエージェント 若手からハイクラス求人を多く保有。業界最大手。
マイナビエージェント 新卒でおなじみのマイナビ。転職サポートに特化したエージェント。

面接日程の調整が早いと好印象

面接の希望日が早い方が有利と考える20代女性

中途採用を実施する企業は、よい人材を確保し、できる限り早い入社を期待しています。

企業によりますが、欠員による穴埋め、新プロジェクト立ち上げによる戦力補充、需要増加による人員不足などが採用理由になるため、早い対応が期待されます

面接の希望日は関係ないと思うかもしれませんが、実は面接の希望日程の調整が早いと好印象を持たれたり、有利に転職活動ができる理由がきちんとあります。

その理由について次に解説します。

①入社意欲をアピールできる

面接の希望日が早い方が有利と考え行動に移す女性

面接の希望日は企業が提示する場合もあれば、応募者から依頼する場合の二つのパターンがあります(多くは前者)。

そのようなときに面接日程の調整が早いと入社したいという意欲が伝わり、有利な転職活動に繋がります

例えば、企業側が提示した日程の次の日に、「〇月〇日にお願いします」と伝えれば、「入社したいと思ってくれているから早いのかな?」と面接官は必ず考えます。

その為、面接の希望日調整依頼が企業から入った場合、早い段階で調整を行い、応募企業に面接日程の連絡をすると好印象や有利な転職活動ができるのでおすすめです。

②調整力をアピールできる

面接の希望日が早い方が有利と思い急いで調整する男性

ビジネスにおいて、計画力という言葉があります。これは計画を立てて実行する能力を指しますが、この計画力と付随して重要な力が調整力です。

計画を立てる際に、各担当者、部門と調整をしておかないと計画が破綻する可能性があります。

そういった社内の調整力が高い人は、転職活動においても有給日程の調整、仕事の調整を行うことも早いため、面接日程を企業と調整するスピードも速いです。

つまり、ビジネスにおける大事なポータブルスキルである計画力や調整力をアピールすることができるので、好印象を持たれるため、結果的に有利になります。

おすすめ記事

面接日程の返答期限の許容範囲は?

面接の希望日が早い方が有利と考える男性

前述のように、面接日程の調整は、早ければ早い方が有利です。

しかし、企業内の立場上、複雑な調整が必要な方も多いと思います。

好印象を与えることができる目安としては、2日以内がいいです。

私が内定を出した中途採用の方は、例外なく2日以内に調整が完了しています。

また、調整が難しい場合でも1週間以内に調整が完了するようにしてください。これ以上遅いと下記のような悪いことを想像させてしまいます。

面接官の持つ悪いイメージ
①当社に入社する意欲が無い
②調整力が無い
③行動力が無い
④意思が弱い
⑤有給とるだけでも複雑な会社なら退職時も難航して入社できないこともあり得る

面接の前から印象が悪いと、面接当日もその印象を引きずる可能性があります。そのようなリスクを回避するためにも、面接の希望日は早い調整に越したことはなく、有利な転職活動を実現できます。

面接日程の調整の際に絶対にやってはいけないこと

面接の希望日が早い方が有利なのを知らなかった30代男性

よく面接日程を調整する際に面接の希望日を先延ばしにする人がいます。

その理由の多くが、「面接対策が不十分なので対策期間を設ける為」という方がいます。これは、機会の損失に繋がる為、絶対にNGです。

面接は希望日程の調整が完了した応募者順に実施するので、先に面接が完了するほど有利になります。

場合によっては「先の応募者でいい人がいたので、今回は面接前に不採用にする」など決まったり、応募者に連絡することも考えられます。

そのようなことが起きないように、面接の希望日の調整は早く行うのが有利に転職活動を進める鉄則です。

関連記事

面接日程の調整を上手く行う方法

面接の希望日が早い方が有利と考え、急いでメールする女性

面接の希望日の調整は、転職サイトや求人広告などからの応募なら、全て個人で行わなくてはならないですし、希望が合わない場合などの対応も、自分自身で連絡を取り合わなくてはなりません。

しかし転職エージェントという人材会社を仲介して応募すると、面倒な面接日程調整をエージェント経由で全て調整できるのでめちゃくちゃ楽になります。

これは企業側も同じで、各個人と調整する手間が省けることで採用コスト(時間・労力)を抑えることができます。

完全無料で利用できる転職エージェントを上手く活用することで、面接の希望日調整のみならず応募書類対策面接対策などさまざまなサポートが利用できるので、下記の転職エージェントなどを上手く活用し、有利にすすめてみましょう。それではまた!

おすすめ記事

転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事