自動車整備士に転職しよう!

こんにちは!南野弘明です。

今日は日本の大産業である「車産業」を支える技術者

自動車整備士

の需要と転職動向について説明していきたいと思います。

自動車整備士の方たちは、私たちの生活において車がある限り、切っても切れない関係にある為、とても大事な職業です。

現在自動車整備士で転職したいの方たちも、これから自動車整備士目指し転職したい方たちにも為になる記事となれば幸いです。

【自動車整備士の転職一押し!】
整備士・メカニックの求人なら、【レソリューション】
未経験からの転職ならWORKPORT

自動車整備士と日本の車産業の動向

自動車整備士の需要は好調の中、日本の車産業は現在成熟期に来ています。

海外展開が活発で経済発展が著しい中国や東南アジア、南米においても日本車が多く走っており海外においては好調を維持しています。

しかし、最近の若者は「自動車に興味がない・持たない」人も多く、今後は少子化で人口も減っていくことに比例して、将来的には自動車の保有台数が減ることも予想されています。現在の日本国内販売台数は微増といったところでしょう。

自動車整備士に求められるスキルも高度化傾向

電気自動車やハイブリッドカーをはじめ技術の進化がめざましく、コンピュータ関連
など最新技術を身につけた自動車が多く、そういった時代の流れに対応した自動車整備士へのニーズは高くなっている傾向にあるので、自動車整備士自体の需要は好調です。

現在は、自動車整備士の人材不足が取りざたされ、総合的に考えれば、技術力の高い自動車整備士は仕事に困ることはないといえます。

自動車整備士の先進技術に対応する知識や技術が不可欠に

自動車は特に先進技術が多く取り入れられる傾向にあります。例えば、

・歩行者の安全や追突事故を避ける、衝突回避ブレーキアシスト装置
・車線維持支援などによる自動運転技術
・電子制御システム
・電気自動車
・水素自動車

などにより、新たな自動車時代の幕開けが来ています。

自動車整備の世界にもコンピュータの知識や技術が欠かせなくなり、より複雑で高度な技術が求められる時代になっています。



自動車整備士1級が次世代自動車の整備のために必須

これまで、二級自動車整備士の資格を持っていれば、ほとんどの業務が行えるため、一級を目指す人は多くはありませんでした。ところが、今後主流となることが予想されている、

・ハイブリッド車
・電気自動車
・水素自動車

など次世代自動車の整備を行うには、現在、一級自動車整備士の資格が必要となっているため、これを目指す人が増えてきています。整備士になりたい方はまず二級自動車整備士を目指し、二級所持者は一級自動車整備士を目指すことで大きなキャリアアップを行うことができるでしょう。

自動車整備士の人材不足が深刻化

ベビーブーム世代の方たちにとって自動車整備士は非常に人気の職業でしたが、現在の少子化社会では車離れが深刻であり、自動車を所持しない若者も多いです。背景としては「維持費が高い」といった理由が大きいようです。そういった理由からも車に興味がなく、自動車整備士に憧れない若者が多いということに繋がっています。

将来の人口減少も自動車整備士にとってマイナス要因でしょうが、現在は一家に一台から、二台、三台…と、地方では「一人に一台」も車がある時代になり、整備や点検のニーズは確実に増えています。また、将来においても自動車の保有台数が極端に減ることはないだろうと予測されています。

自動車整備士の転職率は?

整備士の数はかなり不足していて、人手不足は深刻な状況にあるといいます。そのため需要は多く、自動車整備士の資格試験に合格すれば就職率はほぼ100%とされ、将来においても就職に困ることはないといわれています。

定年退職後の方々はお金にも余裕がある為、高級車やスポーツカーなど「車を足として利用する」のではなく、「車に乗ることを楽しむ」人が増えてくるので、そういった車は技術的要素も多く含まれ、それに対応できる自動車整備士はさらに需要が拡大することは間違いありません。



環境への配慮がより必要に

最近のガソリン自動車には排気ガスのクリーン化技術などが搭載され、CO2の排出量は環境基準に適応したものになっています。また、ディーゼル・エンジンの排気ガスを無害化するクリーンジーゼル車も登場しています。しかし、トラックなどの古くなった車両や整備不良の自動車などによる環境汚染はなくなったわけではありません。自動車整備士として、古くなった部品の交換や廃棄、オイル交換や有毒ガスの処理をし、排ガスを減らすメンテナンスが大切だといいます。

自動車整備士自身が経営陣に仲間入りするケースも

近年、自動車整備士の活躍の場が広がっているといいます。従来どおり、技術のスペシャリストを目指せるだけでなく、自動車販売などの関連分野において、会社経営に携わる重要なポジションに就く人が増えているのです。フロント業務や営業などを経たサービス・エンジニア出身で、習得した知識と技術を経営に生かすことが、自動車ディーラーなどにも求められているのです。この傾向は今後も続くといわれています。

自動車整備士派遣は高給与も目指せる!

「クルマ好き」「自動車業界に関わりたい」「機械いじりが趣味」という方であれば自動車整備士は天職と言えるでしょう。
実務未経験でも時給3000円からのスタートもあり得るので、派遣会社に登録しスタートから生活に困らないというメリットも大きいです。資格保有者なら年収570万円も目指せる給与水準も魅力です。自動車整備士は「正社員を目指す」ことが必ずしも必要ではなく、多様な働き方をしつつ、スキルを磨きながら、キャリアを築ける環境を提供している派遣会社に登録してステップアップをしていくこともキャリア形成にとても大事なことだと考えられます。

自動車整備士におすすめな転職方法は?

自動車整備士派遣に特化したリーディングカンパニーである【レソリューション】は整備士のニーズが高まる現在、全国350以上の企業と取引を行っており、業績拡大中のため、業界実績はNo.1なので特におすすめです。

特に派遣会社にありがちな「対応が悪い」といったこととは真逆でキメ細やかなフォローと丁寧な対応、面倒見のよさが強みの企業なので安心して働けるという意味では強い味方だと思います。詳細はことら!自動車整備士募集!未経験でも年収570万円可!

登録できる方も20代~50代と幅広い年齢層に対応しており、

・自動車整備士の資格保有者
・自動車修理や塗装などの業務経験のある方
・実務経験がない
・ブランクあり

でも大歓迎です!それではまた!

自動車整備士おすすめエージェント特集!

未経験からの転職ならWORKPORT



エージェントの特徴

株式会社リクルートキャリアが主催するリクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』にて第15回~第18回の4回連続『転職決定人数部門 第1位』を受賞!

・総合人材紹介会社。
・2014年に総合型へ。
・【転職の超プロ集団】が転職活動を徹底的にサポートいたします。
・常時15,000件の求人を保有!非公開求人も豊富!
・各業界の転職のプロによる専門性の高いサポート
・オリジナルツール「eコンシェル」が便利!
・転職支援サービスは完全無料!
・60秒でご登録完了!
・書類の添削、面接対策、年収交渉、円満退職まで、【転職の超プロ集団】が完全サポート。

整備士・メカニックの求人なら、【レソリューション】



会社の特徴
・自動車整備士派遣に特化したリーディングカンパニー。
・整備士のニーズが高まる現在、全国350以上の企業様と取引を行っており、業績拡大中です。
・業界実績はNo.1!(取引社数における実績:帝国データバンク集計より)
・キメ細やかなフォローと丁寧な対応。面倒見のよさが強みです。
◆ターゲットユーザー◆
20代~50代までの自動車業界で働きたい方
・自動車整備士の資格保有者
・自動車修理や塗装などの業務経験のある方
※研修があるため、
「実務経験がない」「ブランクがある」などの方も大歓迎です!
◆おススメ◆
「クルマ好き」「自動車業界に関わりたい」「機械いじりが趣味」という方であればピッタリ。
実務未経験でも、時給3000円からのスタートも!年収570万円も目指せる給与水準も魅力です。
多様な働き方をしつつ、スキルを磨きながら、キャリアを築ける環境を提供するのが強みです。
転職を成功の為に読んでおきたい