▼強み/年収分析最強ツール▼
生産管理職の転職!転職活動を有利にすすめる秘訣まとめ

生産管理職で大事な仕事は、管理能力と社内調整力!また生産性の改善をはじめとする多くの能力が求められます。応募書類・面接対策を応募企業の求める人物像に合わせて対策を練れば、有利にすすめることができます。生産管理職の転職アピールポイントをまとめて現役面接官が解説!

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

生産管理職の転職は業務をわかりやすく伝えることが大事

生産管理職の転職を有利に進める女性

生産管理の仕事は、管理能力と調整力が非常に重要です。特に業務内容の幅が広すぎるとアピールポイントが薄くなるので、応募企業の求人票をきちんと確認し、アピールできることをピックアップしてまとめることが大事です。

 

どんな経験をしているのか、知識があるのかそして、製造経験などがあれば技術的なスキルなども生産管理職としてのプラスアルファで評価されやすい項目です。きちんとまとめておくと面接官にも伝わりやすく、好印象を与えることができます。

 

また、生産管理職であれば何らかの生産管理システムの使った経験があると思うので、そのツール名は必ず記載してください。

 

同じシステムを使用している(似たツールもOK)応募企業なら、採用される確率が跳ね上がります。その為、生産管理システムの詳細は職務経歴書内できちんと記載しておきましょう

生産管理職の職務経歴のまとめ方

生産管理職の転職を有利に進めるために職務経歴書検索中

生産管理職の職務経歴は、ご自身の業務概要をきちんと記載することが大事です。どんな仕事に従事し、どんな成果を残せたかをアピールしていくことが職務経歴書では大事です。

 

特に、生産計画を作成するにあたり、直近の生産計画だけではなく、3か月、半年の見通し、年間・中長期計画などの計画を立てた実績はしっかり書きましょう。計画策定が長い程、内部・外部の調整力をアピールできます。

 

また、営業からの情報をインプットし計画をアウトプットした経験は好印象を持たれます。

 

生産管理職の職務経歴例
工場規模:500人(内400人パート・アルバイト)
生産数:1000万個生産①経験製品:〇〇モーター
②従事期間:〇年〇月~X年X月
③担当業務:月次計画、年間計画策定・現場調整
④ポジション:生産管理部 係長
⑤使用ツール:〇〇社テックシステム
⑥実績:生産計画の策定及び現場との調整により出荷遅れ10%改善

 

上記内容を時系列にまとめて職務経歴書に書くと、見やすく、端的で分かりやすくなるため、書類選考の通過率があがります。

 

その他アピール材料としては、改善活動と調整力です。特に生産性向上を製造部と取り組んで改善させた経験は、高評価を得られやすいです。また計画立案のスキルなどは、必ずアピールしましょう。

 

また工場の規模感と生産数などは記載しておきましょう。応募企業側が、その工場をイメージしやすく、生産数で生産計画などの立案能力もわかるようになるので、転職活動を有利にすすめることが可能です。

30代以上の生産管理職がアピールすべきこと

生産管理職の転職を有利に進める40代男性

20代までは、生産管理職の経験があればポテンシャルありと判断されやすいです。またその他職種例えば、製造職・購買職から生産管理職の転職であれば、経験が活かせるのできちんとアピールしましょう。業務での改善経験は、大小問わず高評価になるので職務経歴書・転職の面接で説明すると、転職活動が有利になるのでおすすめです。

 

30代以上は、生産管理の経験が重要視されるので、生産計画と調整力をアピールしましょう。特に、調整力に関しては、成功例と失敗例の二つを必ず準備してください。生産管理の仕事は、他部署との係わりが多く、依頼事項によっては他部署から批判を浴びるといったこともあります(できない等)。

 

そういったときでも社内と調整し、納得をさせた経験というのは、非常に好感を持たれます。生産計画は過密計画になることも多く、調整不足で顧客に迷惑をかけた経験もあるかもしれません。そういった経験は負の要素に
見えますが、大事なことはそこから学んだことです。失敗を次に活かすことができた経験はきちんと業務に取り組める人材であると捉えられやすいです。

 

またマネジメントスキル・コミュニケーション能力は、生産管理職において必須スキルです。前述したように他部門との係わりが強いので、自身の強みとしてアピールすると転職活動を非常に有利に進めることができます。

生産管理職が持っておいて損はしない資格

生産管理職の転職を有利に進めるために資格勉強中

生産管理職は、PCスキルとコミュニケーションスキルの二つの資格を持っていると有利です。PCの資格を持っている場合、全て書きましょう。

 

特に、エクセル・Word・パワーポイントは問題無い事を証明できるような資格、統計に関する資格などは評価が高くなので、資格を所持している場合は必ず記入しましょう。もし持っていない場合は、取得しておくことがおすすめです。

 

おすすめ本を下記に記載しているので是非参考にしてください。

ユーキャンのマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS 2016)通信講座スペシャリストExcelコース

価格:16,000円
(2021/9/19 00:03時点)
感想(0件)

 

また、生産管理職は、コミュニケーション能力を非常に重要視しますので、それらに関する資格を持っている場合は、積極的に記入しておくと好材料になります。コミュニケーションに関する資格は、下記を参考に取得することがおすすめです。その日のうちに履歴書に書ける資格がとれるので是非参考にしてみてくださいね。

おすすめコミュ力証明資格



その他おすすめ資格

生産管理オペレーション(作業・工程・設備管理)[本/雑誌] 2級(ビジネス・キャリア検定試験過去問題集) /雇用問題研究会

価格:2,640円
(2021/9/19 00:04時点)
感想(0件)

生産管理職の自己PRポイント

生産管理職の転職を有利に進めるために面接対策中

生産管理職は、数字力というのが大事です。その為、ご自身の成果を数値化して自己PRすることがおすすめです。例えば、生産性を〇〇%改善した、業務効率を〇〇%改善したという内容は、面接官が非常に興味を持つポイントです。

 

キャリアの棚卸をする際に数値化してまとめておくと、転職活動を有利に進めることが可能です。

 

また生産管理職は、部門横断での取組結果も重要視されます。ご自身の成功体験・失敗体験をチームや部門横断での取り組みとしてエピソード付きでまとめておくと効果的です。その時の自分の携わっていたポジションや業務を具体的に説明することで採用担当者への好印象を与える事が可能です。

 

生産管理という仕事は、生産現場との調整がかなり多いと伴に、営業部とのやり取りも頻発します。その為、人間関係の構築が上手い人やコミュニケーション能力が高い人は転職活動に有利です。特に粘り強い交渉というワードを入れたり、交渉力といった点を強みとして書くと効果的です。

転職注意点

生産管理職の転職を有利に進める方法考え中

生産管理職は、製造業の中でも人気の高い職種です。その為生産管理のポジションになかなか空きが出ないのが特徴です。また、取扱い製品群が近い求人に応募しないと採用確率が下がります。

 

例えば、単純な部品の組立で量産するような工場と大型の設備を作る工場では、生産管理の仕組みも異なりますし、専門的な知識も異なります。

 

できる限り今までの工場の体制に近い求人に応募するようにしましょう。

 

また、異職種からの転職の場合、生産管理への転職は非常に厳しいです。今までの経験で生産管理職の仕事の一部を担っていたようなポジションの方であれば転職することは可能ですが、ハードルは高いです。その時は、前述した資格をとり、生産管理職の資質があることをアピールするようにしましょう。

おすすめの転職エージェント

生産管理職おすすめ転職エージェント

生産管理職として転職するためには、少しでも好条件の転職を成功させたいところ。生産管理職の好条件の求人は、転職サイトよりも転職エージェントの方がダントツで多いのが特徴です。

 

ハローワークなどは、生産管理職についての求人はありますが、エージェントが取り扱う求人よりも年収は低めに設定されている求人が多いです。もしキャリアアップの転職を希望される際は、転職エージェントを積極的に利用しましょう。

 

転職エージェントのもつ非公開求人を積極的に活用すれば、大幅な年収アップも見込めます。特に、外資系企業の生産管理職は、高給を得られる求人が多いのでおすすめ。

 

求める人物像の把握やマッチ度の高い求人紹介が期待できるので、製造業おすすめの転職エージェントを是非参考にしてくださいね!それではまた!

 

注目製造業おすすめエージェント

doda
マイナビエージェント
リクルートエージェント
僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事