大手転職エージェントはこちら▼
転職ノウハウ一押しの記事▼
障害者の転職!面接の重要質問5選!最強の面接対策方法伝授!

キーワード:障害者 障害者枠 面接 質問 就職 転職

 

こんにちは!転職/就職アドバイザーの南野弘明です。

 

今日は、障害者の方を対象とした転職における重要な質問5選について解説していきます!

 

障害者の方は、健常者の転職より圧倒的に有利と言われる中でも最低限の面接対策は行わないとやはり不採用という事態は起きてしまいます。

有利な理由はこちら↓

 

有利な状況を最大限活かすためにも障害者の方への面接で聞かれる重要質問に対しての対策は絶対に必要だということを忘れないでください!

 

今回の記事は、重要質問5選に対する面接対策にスポットを当てて解説していきます!合わせておすすめの転職方法も紹介しますので合わせて読んでくださいね!


障害者の方の面接対策!重要質問1:自己紹介

障害者の方の面接の1番最初に質問される「自己紹介をしてください」に対しては、重要質問であり完全に面接対策を行っておく必要があります!この質問は、めちゃくちゃ大事な質問です。その理由は、

 

自己紹介の印象でその日の面接の良し悪しすべてが決まってしまう

 

為です。人は初対面の人を外見で判断することが最初に行われ、次に最初の「会話の印象」でその人の8割を判断すると言われています。そのためにも、自己紹介の文面に対して何でも練習を重ね、すらすら言えるぐらい面接対策をしてください。伝えるポイントは大きく分けて3つです。

 

①名前、学歴&職歴
②企業の求める人物像とのマッチ度
③②の根拠

 

この3つを織り交ぜて自己紹介をするのがポイントです。特に②が大事!求める人物像は大抵「求人票」に書かれています。その書かれている内容と自分がマッチしていることをアピールしましょう。求める人物像とのマッチ度は、企業側も絶対知りたいのでしっかりアピールしましょう。

障害者の方の面接対策!重要質問2:現在の体の状況について

障害者の方の面接で質問される「体の状況」に対しては、重要質問であり面接対策は必須です。

 

障害者の方に絶対に聞かれることは間違いありません。現在の体の状況は働いていただくために会社側は知るべきことでもあるわけです。この内容についてよく「プライバシー」という言葉が議論の対象になりやすいですが、入社後に明らかに面接での回答と異なる場合、

 

解雇になる可能性もある

 

と思っていてください。特に業務に支障を来すような内容を隠していた場合は、会社側は解雇できます。会社側が聞いていくるパターンとして大きく分けて3つのことです。

 

①通院と服薬の状況

②体の状況(具体的に)

③仕事上でできないこと

 

上記3つは必ず質問される重要質問ので、面接対策はしっかり行ってください。

 

会社側も障害者の方を受け入れる訳ですから「どの程度の配慮が必要か」を認識することが目的です。包み隠さず話すことで好印象を与えることもできると考え、面接対策を行いましょう。

障害者の方の面接対策!重要質問3:仕事感について

障害者の方の面接で質問される「仕事感」に対しては、重要質問であり面接対策は必須です。

 

仕事感というのは、ようするに「何が自分にとって働く上で重要なことか」ということです。

 

この重要質問に対する面接対策をするのに必要な情報は3つです。下記を見てください。

 

①求人票
②企業のHP情報
③人材紹介会社の生の情報

 

まず①についてです。求人票に書かれている「求める人物像」というのが重要です。求める人物像とマッチする人を企業は採用したいわけですから、それを理解した上で「仕事感」を答えます。例えば「コミュニケーション」というワードがあれば「コミュニケーションを重視しています」と答える必要がります。

 

次に②です。①をベースに企業のHPからキーワードに繋がるような内容を調べていきます。例えば製造業なら「部署の垣根を越えて協力することを心がけている」のような言葉があれば「コミュニケーションを取りながら仕事を進める」といったつなげ方をします。

 

最後に③。これは、ハローワークの障害者雇用では知りえない情報を入手できる人材紹介会社を利用することで企業の生の声を知ることができます。

 

人材紹介会社は登録することで障害者雇用のサポートを無料で行ってくれる民間サービスです。サポートの例を簡単に説明すると以下の4つです。

 

①転職相談と応募企業の紹介
②応募書類対策
③面接対策
④雇用条件交渉

 

障害者雇用専門の人材紹介会社の持つ求人は「大手優良企業」をはじめ、中小、ベンチャーなどの良質な求人が多いのが特徴です。特に私がオススメするのは以下の人材紹介会社です。

 

障害者の就職・転職なら【dodaチャレンジ】



dodaブランドの中の障がい者向けに特化した転職支援サービスで、大手・優良、外資系、ニッチトップ企業まで幅広い求人ラインナップを持っているのが特徴です。

障がいの種類(身体・精神・知的)も幅広くサポートしてくれて、専任のキャリアアドバイザーによるカウンセリング(面談)を行ってくれます。一人ひとりの状況に合わせた転職活動をサポートしてくれるのでとても安心して転職活動ができますよ!

登録はこちらから↓
dodaチャレンジ

障害者の方の面接対策!重要質問4:経験した仕事内容

障害者の方の面接で質問される「経験した仕事内容」に対しては、重要質問であり面接対策は必須です。職務経歴書に職歴を記載しているのであれば間違いなく質問されます。企業側も、

 

あなたの経験に期待している

 

ということです。未経験の人よりも「経験者」である方が即戦力に期待できますし、教育コストを抑えることができます。

経験者であれば、経験した仕事内容についてはアピールポイントなので、面接対策として以下のようにまとめておきましょう。

 

①どんな職種か(例えば事務職)
②どんなことが得意か(例えばPCスキル)
③どのように活躍したか

 

といった具合にまとめておくと面接時に説得力のある回答ができるので非常に好印象を与えることができます。

障害者の方の面接対策!重要質問5:退職理由

障害者の方の面接で質問される「退職理由」に対しては、重要質問であり面接対策は必須です。

 

転職するということは当然前職を退職するわけですからその理由はありますよね?その退職理由を答える必要があります。しかし、この回答には十分注意してください!回答一つで、

 

不採用になる可能性もある

 

ということです。例えば退職理由が「障害の状況が酷くなった」などをストレートに言ってしまうと「本当に転職できるほどよくなったの?」といった疑問を持たれてしまいます。余計な不安を持たせないようにポジティブな回答を準備しましょう。

 

この質問の回答は非常にナイーブな部分なので、人材紹介会社の専門カウンセラーと話をしながら一人一人にベストな回答の仕方を相談することをおすすめします。登録することで簡単に相談できるのでこの機会に登録しておきましょう!

登録はこちらから↓
dodaチャレンジ

障害者の方の面接対策!重要質問まとめ

障害者の方の転職における重要質問に対する面接対策はいかがでしたか?

 

障害者の方といっても健常者の方と質問内容は大きく異なることはありません。特に注意していただきたいのは、

 

障害者の方特有の質問

 

です。例えば、既往歴、現在の体の状態、企業側が配慮すべきことなどは重要質問の為面接対策は必須です。

関連記事はこちら↓

 

転職は自分一人で悩むよりプロを見方に転職活動をすることが障害者の転職に有利に働くことが非常に多いです。是非一度相談してみましょう!それではまた!



転職を成功の為に読んでおきたい