▼強み/年収分析最強ツール▼
秘書の仕事を徹底解剖!仕事内容・給与・やりがいなどを解説

秘書の仕事は女性の憧れの仕事の一つ。できる女性が大企業をはじめとする幹部や、中小企業の社長などを補佐する仕事の代表的な仕事と言えます。そんな秘書の仕事についての仕事内容や必要なスキル・給与・やりがいなどについて徹底解説していきます!

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

こんな方におすすめの記事

①秘書について知りたい
②やりがいや仕事内容が知りたい
③上手い転職方法を知りたい

【秘訣】転職エージェントに有り

転職は新卒と違い、無料で転職サポートを受けるのは当たり前の時代。初めての転職から数回目の転職でも、いつでも頼れる転職エージェント。

転職サポートのプロが求人紹介から各種対策雇用条件交渉まで一括サポートしてくれるので、不安な転職も二人三脚で乗り越えられます!

女性の転職に強いエージェントは、女性の転職成功実績が豊富。女性の気持ちに立った転職サポートが受けれるので、是非この機会に登録してみましょう。

パソナキャリア https://www.pasonacareer.jp/
マイナビエージェント https://mynavi-agent.jp/
リクルートエージェント https://www.r-agent.com/

秘書の仕事は女性に人気!

秘書の仕事内容とやりがいを調べる女性

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

事務職の経験を積んだ後に秘書へ転職する人って結構多いんですよね。秘書のお仕事って事務職の能力+管理能力が求められるので、事務職の経験が活かしやすいんです。

そのため、事務職から秘書へ転職したり、新卒から秘書の仕事就く方も多いのが特徴です。

今回の記事はそんな事務職のお仕事からキャリアアップできる「秘書」の仕事内容と、秘書に求められるスキル・給与そして「やりがい」についてご紹介いたします。

また、秘書の求人の上手な探し方も合わせてご紹介!

秘書に転職する前に知っておくべき具体的な仕事内容

秘書の仕事内容とやりがいを知っている女性

秘書に転職するためには、具体的な仕事内容を理解して「自分に合っているのか」ということをしっかり分析する必要があります。

憧れだけの転職にならない為にも、秘書という仕事内容をきちんと理解して転職活動をすることは、転職成功の秘訣と言えます。

秘書は大きく分けて5つの仕事をこなす必要があるのでそれを次に説明します。

これらを知ることでどんなことに「やりがい」を得られるかも理解できるようになりますよ!

①役員のスケジュールを調整するのが秘書の大役

秘書の仕事内容とやりがいを調べる様子

秘書の仕事内容の1つ目は、役員のスケジュール調整です。

役員クラスになると分刻みで仕事をこなして行かなくてはならない為、自分自身でのスケジュール調整が非常に厳しくなってきます。

そこで活躍するのが「秘書」です。秘書の仕事は多忙の役員の補佐。

役員の仕事の優先順位の確認、役員の多忙を補佐しながらスムーズな仕事の流れを作り上げる仕事力が求められます。

当然、役員が出勤前に当日のスケジュールを確認したりと非常に重要な役割を担います。

そのため、補佐という役割にやりがいを感じる方は、秘書の仕事に非常に向いています。単純な仕事内容ではなく「人の役に立ちたい」という事務職からの転職者が多いのもその理由の一つです。

おすすめ記事

②社内外の対応も秘書の仕事内容

秘書の仕事内容とやりがいを聞く女性

秘書の仕事内容の中に社内外の対応があります。

役員は多忙の為、外出していたり、打ち合わせに出席したりと全てのことに対応している時間はありません。

社内からの連絡内容に対しての対応、社外からの連絡事項の対応など秘書という仕事は、社内外の対応業務を担うことを覚えておきましょう。

スケジュール調整と少し似ていますが、細かい対応やコミュニケーションをとることが得意な方に向いていいる仕事内容と言えます。

おすすめ記事

③役員専用の事務的作業

秘書の仕事内容とやりがいを説明する男性

秘書の仕事内容は、役員の為だけの「事務職」に近い仕事を行います。

例えば、会議の資料作成、情報の収集とデータ入力、その資料の保管と管理、社内通達事項の資料作成などの色々な資料作成に追われます。

その為、事務職からのキャリアアップの一つに「秘書」という仕事が挙げられるのは事務職の経験を活かすことができる為です。

事務の仕事にやりがいが持て、さらなるステップアップを臨む方におすすめの職種です。

おすすめ記事

④役員の経費精算も秘書の仕事内容

秘書の仕事内容とやりがいを分析する様子

秘書の仕事の一つに「経費精算」の仕事があります。

役員は出張も多くまた接待なども行うこともあります。会社の経費で当然行われますので、その精算作業を行わなくてはなりません。

そういった細々した作業も秘書の仕事内容だということを覚えておきましょう。

秘書という仕事はもちろんハローワークではなかなか見つかりません。

その理由は、秘書という仕事が事務職の中でも特別な位置づけにあることからも分かると思います。

当サイトでおすすめしている転職エージェントなら、求人数が豊富でサポートもきちんとしているエージェントを紹介していますので、転職の際には是非活用してみることをおすすめします。

おすすめ記事

秘書に求められるスキルは何?

秘書の仕事内容とやりがいを書き留める様子

秘書の仕事内容は理解できたと思うので次は、秘書に求められるスキルを理解しましょう。

決して高いスキルを求められることはありませんが、なくてはならないスキルがいくつかあります。

それらのスキルを身に着けておくことで採用される可能性は高まりますし、やりがいを持って仕事に取り組むことが可能です。

①一般事務職のスキルは大事!

仕事内容から見てみると一つは「一般事務職の仕事のスキル」です。

一般事務職は、雑用仕事をこなすスキルが求められる一方、資料の作成能力も求められます。そういった、一般事務職のスキルを活かしてさらにステップアップさせることができるのが「秘書の仕事内容」ということです。

おすすめ記事

②英語のスキルは外資系なら必須!

また、外資系の秘書になると「英語」のスキルも必要になります。

海外顧客からの連絡や社内にも外国人スタッフがいるので、英語のスキルが必要になります。また、大手企業の秘書であれば面接で必ず英語力を聞かれるので、予めTOEICを受けておくといいでしょう。目安は500点以上です。

おすすめ記事

③ビジネスマナーは超大事

最後に、求められるスキルとしてビジネスマナーです。

役員クラスになると外部からの連絡はそれなりの人たちです。そういった人たちの対応を行うためには、言葉づかい、清楚感などビジネス必要とされるマナーを熟知していなくてはなりません。

そいった内容をしっかり理解していることもスキルの一つだと思ってください。

コミュ力に少し自信がないなら、コミュ力について勉強し、合わせて資格も取ってしまうこともおすすめです。

おすすめ記事

秘書の給与はどれくらい?

秘書の仕事内容とやりがいで給与アップ

秘書の仕事は非常に高度なスキルが求められると思われがちですが、意外と一般事務職のスキルがあれば対応できるレベルです。

外資系企業の秘書となると英語力が求められるので、自分に合ってそうな求人を探し応募すること大事です。

日系企業の秘書課の仕事内容は、一般事務職より高度であることは間違いないので、年収も少し高めの350万円~450万円程度が相場と言えます。

もし転職サイトなどで秘書の仕事内容に興味を持ち応募するのであれば、上記の年収レンジを参考に応募の検討を進めるとよいでしょう。

給与はやりがいにも直結するので、すごい大事なファクター!妥協しない転職をしましょう!

女性の転職に強い!パソナキャリア
キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート
【女性の転職ポイント】
創業時から女性の就労支援をおこなっている。長期的に活躍していきたい方、専門スキルを伸ばしたい方、管理職に挑戦したい方など、目指したい働き方を実現できるキャリアパスを一緒に探してくれます。女性の転職支援実績も多数あるため、実際に転職した方からの情報も含め、求人票だけではわからない有益な情報を提供してくれます。
調査 結果
求人数 30,000件以上
対応地域 関東・東海・関西
対象年齢 24-49歳程度
特徴 女性の転職に強い!
アドバイス 僕の奥さんは、パソナを利用して大手外資系証券会社に転職成功(笑)

秘書の求人を上手に探すなら?

秘書の仕事内容とやりがいを説明する女性エージェント

秘書の仕事は少し特殊な仕事です。その為、転職活動をするにしてもなかなか求人自体が出回ることはありません。

よく皆さんが利用されるハローワークや求人誌で出ることはまずありませんので、そこで活用すべきなのは、転職エージェントです。

転職エージェントは、非公開求人を多く所有している為、良質な求人だったり、レア求人といった限定された求人を持っています。

①転職エージェントの求人は良質!

転職エージェントの登録自体は僅か1分程度で登録可能で、そのあとに行われる「面談」にてキャリアカウンセリングを行い、非公開求人を紹介してもらえる流れとなります。

応募書類や面接に自信が無ければ「対策」も行ってもらえるので、不安な人は活用しましょう。特に私がオススメするのが次に紹介する転職エージェント。

やりがいを持った求人紹介に定評があります!

②20代・30代は秘書の仕事がおすすめ!

20代は「経験よりもポテンシャル」30代は「経験値」で勝負するため、そういった求人を多く所有しているエージェントを選ぶのが秘書の求人を探すコツ。

やりがいを持てる求人を初回してもらえます!

是非この機会に登録してキャリアカウンセリングを受けてみましょう!それではまた。

【年代別】おすすめ転職エージェント

完全無料の転職エージェントの活用は、現代の転職では必須ツールの一つ。マッチ度の高い求人紹介から各種転職対策、雇用条件交渉(年収交渉)まで幅広いサービスが受けれます。

企業との太いパイプで年代ごとにマッチした求人を多く保有しているからこそ、選考通過率・内定率が劇的に上がります!

この機会におすすめの下記の転職エージェントに登録し、無料サポートを受けてみましょう!

20代 就職Shop
30代 doda
40代 リクルートエージェント
50代 東京で転職!ミドルコーナー
転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事