秘書の仕事内容を理解して転職に成功した女性

秘書の仕事は女性の憧れの仕事の一つ。できる女性が大企業をはじめとする幹部や、中小企業の社長などを補佐する仕事の代表的な仕事と言えます。そんな秘書の仕事についての仕事内容や必要なスキル・給与などについて徹底解説していきます!

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

事務職の経験を積んだ後に秘書へ転職する人って結構多いんですよね。秘書のお仕事って事務職の能力+管理能力が求められるので、事務職の経験が活かしやすいんです。

 

今回の記事はそんな事務職のお仕事からキャリアアップできる「秘書」の仕事内容と、秘書に求められるスキル・給与についてご紹介いたします。また、秘書の求人の上手な探し方も合わせてご紹介!

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

秘書に転職する前に知っておくべき具体的な仕事内容

秘書の仕事内容を調べる転職希望者

秘書に転職するためには、具体的な仕事内容を理解して「自分に合っているのか」ということをしっかり分析する必要があります。

 

憧れだけの転職にならない為にも、秘書という仕事内容をきちんと理解して転職活動をすることは、転職成功の秘訣と言えます。

 

秘書は大きく分けて5つの仕事をこなす必要があるのでそれを次に説明します。

役員のスケジュールを調整するのが秘書の大役

秘書の仕事内容を理解し転職スケジュールを立てるノート

秘書の仕事内容の1つ目は、役員のスケジュール調整です。

 

役員クラスになると分刻みで仕事をこなして行かなくてはならない為、自分自身でのスケジュール調整が非常に厳しくなってきます。そこで活躍するのが「秘書」です。

 

秘書の仕事は多忙の役員の補佐。

 

役員の仕事の優先順位の確認、役員の多忙を補佐しながらスムーズな仕事の流れを作り上げる仕事力が求められます。

 

当然、役員が出勤前に当日のスケジュールを確認したりと非常に重要な役割を担います。

社内外の対応も秘書の仕事

秘書の仕事内容の中に社内外の対応があります。

 

役員は多忙の為、外出していたり、打ち合わせに出席したりと全てのことに対応している時間はありません。

 

社内からの連絡内容に対しての対応、社外からの連絡事項の対応など秘書という仕事は、社内外の対応業務を担うことを覚えておきましょう。

役員専用の事務的作業

秘書の仕事内容を教えてもらう転職希望者

秘書の仕事内容は、役員の為だけの「事務職」に近い仕事を行います。

 

例えば、会議の資料作成、情報の収集とデータ入力、その資料の保管と管理、社内通達事項の資料作成などの色々な資料作成に追われます。

 

その為、事務職からのキャリアアップの一つに「秘書」という仕事が挙げられるのは事務職の経験を活かすことができる為です。

経費精算

秘書の仕事の一つに「経費精算」の仕事があります。

 

役員は出張も多くまた接待なども行うこともあります。会社の経費で当然行われますので、その精算作業を行わなくてはなりません。

 

そういった細々した作業も秘書の仕事内容だということを覚えておきましょう。

 

秘書という仕事はもちろんハローワークではなかなか見つかりません。その理由は、秘書という仕事が事務職の中でも特別な位置づけにあることからも分かると思います。

 

当サイトでおすすめしている転職エージェントなら、求人数が豊富でサポートもきちんとしているエージェントを紹介していますので、転職の際には是非活用してみることをおすすめします。

 

おすすめ!転職エージェント3選
当サイトから登録の多いエージェントはこちら(各サイトに遷移できます)
【若手】20代の転職

【ミドル】
20代、30代の転職

【管理職】
40代の転職

秘書に求められるスキルは何?

秘書の仕事内容を調べてメモする転職ノート

秘書の仕事内容は理解できたと思うので次は、秘書に求められるスキルを理解しましょう。

 

仕事内容から見てみると一つは「一般事務職の仕事のスキル」です。

 

一般事務職は、雑用仕事をこなすスキルが求められる一方、資料の作成能力も求められます。そういった、一般事務職のスキルを活かしてさらにステップアップさせることができるのが「秘書の仕事内容」ということです。

一般事務職の仕事はこちら▶

 

また、外資系の秘書になると「英語」のスキルも必要になります。

 

海外顧客からの連絡や社内にも外国人スタッフがいるので、英語のスキルが必要になります。また、大手企業の秘書であれば面接で必ず英語力を聞かれるので、予めTOEICを受けておくといいでしょう。目安は500点以上です。

 

最後に、求められるスキルとしてビジネスマナーです。

 

役員クラスになると外部からの連絡はそれなりの人たちです。そういった人たちの対応を行うためには、言葉づかい、清楚感などビジネスで必要とされるマナーを熟知していなくてはなりません。そいった内容をしっかり理解していることもスキルの一つだと思ってください。

 

コミュ力に少し自信がないなら、コミュ力について勉強し、合わせて資格も取ってしまうこともおすすめです。

コミュ力の資格についてはこちら▶

秘書の給与はどれくらい?

秘書の仕事内容をこなして高給を得るために転職した女性

秘書の仕事は非常に高度なスキルが求められると思われがちですが、意外と一般事務職のスキルがあれば対応できるレベルです。外資系企業の秘書となると英語力が求められるので、自分に合ってそうな求人を探し応募すること大事です。

 

日系企業の秘書課の仕事内容は、一般事務職より高度であることは間違いないので、年収も少し高めの350万円~450万円程度が相場と言えます。

 

もし転職サイトなどで秘書の仕事内容に興味を持ち応募するのであれば、上記の年収レンジを参考に応募の検討を進めるとよいでしょう。

転職サイト大手なら『リクナビNEXT』

求人サイト1位『リクナビNEXT』

広告 特徴
全国の求人情報を勤務地や職種、皆さんのスキルや資格などから検索でき、転職方法や転職活動体験談等、転職成功のヒント満載の求人/転職のサイト。 

リクナビNEXT

画像引用元:リクナビNEXT

求人数 50,000件以上
サイトの質 洗練された求人サイトの為、ユーザー目線で作成されているため非常に便利!
対応地域 日本全国
特徴 業界・職種・年齢・住まいを問わずサイトの登録債済ませれば閲覧できるので、幅広い求人に出会えるチャンス多数。
対応年齢 全世代
公式サイト▶ リクナビNEXT【公式】

秘書の求人を上手に探すなら?

秘書の仕事内容を解説する転職エージェント

秘書の仕事は少し特殊な仕事です。その為、転職活動をするにしてもなかなか求人自体が出回ることはありません。

 

く皆さんが利用されるハローワークや求人誌で出ることはまずありませんので、そこで活用すべきなのは、転職エージェントです。

 

転職エージェントは、非公開求人を多く所有している為、良質な求人だったり、レア求人といった限定された求人を持っています。

 

転職エージェントの登録自体は僅か1分程度で登録可能で、そのあとに行われる「面談」にてキャリアカウンセリングを行い、非公開求人を紹介してもらえる流れとなります。

 

応募書類や面接に自信が無ければ「対策」も行ってもらえるので、不安な人は活用しましょう。特に私がオススメするのが下記転職エージェント。

 

20代は「経験よりもポテンシャル」30代は「経験値」で勝負するため、そういった求人を多く所有しているエージェントを選ぶのが秘書の求人を探すコツ。

 

是非この機会に登録してキャリアカウンセリングを受けてみましょう!それではまた。

転職なら『doda』

一押し!doda

サイト名 特徴
doda 登録するとdodaの専門スタッフがみなさんの希望や適性に合った求人の紹介や、転職活動のサポートを無料で行ってくれます。 専門スタッフが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート。また、必要に応じてキャリアカウンセリングを実施してくれます。

doda

画像引用元:doda

評価項目 解説
求人数 100,000件以上
エージェントの質 面接で本来の自分を最大限にアピールするためのノウハウを専門スタッフが直接アドバイスしてくれる。
登録メリット 履歴書、職務経歴書だけでは伝わらない、人柄や志向、考え方など、転職希望者の方の優れた特性を推薦状や推薦時のメールにまとめ、履歴書、職務経歴書に添えて企業に応募してくれる。
対応エリア 全国
本気で転職したい?転職ツールを使い倒し術

転職に必要不可欠なことは、「目的」「対策」です。

✔転職する目的はあるのに対策方法がわからない。
✔どんな企業が自分にマッチするのか分からない。
ブラック企業への転職だけは避けたい。
✔業界に詳しい人から転職アドバイスをもらいたい。

そんな悩みに答えてくれる最強の転職ツールが「転職エージェント」です。僕自身の転職経験、面接官、人事としてのキャリアを活かして全力でおすすめするエージェントをランキングでご紹介!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!