介護職の転職で志望動機が上手くできた女性

介護職という職業は、これからの日本には必要不可欠。中でも男性が足りない職場が多いため、男性の需要は特に増加中!コロナで失業してしまったら是非選んでいただきたい職業『介護職』について解説します☆

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

今日は介護業界への転職市場の動向について、説明していきたいと思います。

 

皆さんは介護業界についてどのような印象ですか?本音はブラックな印象ではないですか?実は、、、

 

介護業界は将来性抜群の業界

 

なんです!

 

今後のさらに拡大する高齢化社会に備え、国からの支援も豊富。需要が拡大している一方で、供給のバランスが悪く、人手不足が深刻化する業界。

 

コロナ不況をものともしない介護職は、めっちゃおすすめ!特に、コロナ倒産で就職先が決まらない男性は、絶対介護職がおすすめ!

 

その理由をわかりやすく解説していきます!

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

●こんな方におすすめな記事●

①手に職が着く職種を探している
②会社が倒産して働く場所が無い
③介護職として更にステップアップしたい

 

注目20代の転職希望者必見!

介護職の需要は、はんぱなく拡大している

介護職員と外に行く男性

衰退していく業界が多い中、際立って需要が拡大し続けているのがこの介護業界です。特に男性の需要は際立って増加しています。

 

日本の高齢化社会がすすんでいるのは、ご存知かと思います。

 

しかも2010年をピークに、日本の人口は減少していますが、75歳以上の高齢者数は急速に増加しているという現実があります。

 

日本の人口が2010年の3分の2近くに減少する2060年になっても、75歳以上の高齢者の数は2336万人と圧倒的に増え続けるという異常事態が来ます。つまり、、、

 

高齢者が増えれば、介護職の需要も増加する。

 

というのは容易に想像できると思います。そのため、介護職の転職市場の動向は、近年でも際立って需要が拡大しているのも納得がいきます。その為、女性だけでは足りず、男性を急募しているのもうなずけますよね。

介護職の中でも訪問介護、デイサービス業界は狙い目!

男性介護職員には訪問介護がおすすめ

特に近年の介護職の中で需要拡大が著しいのが、訪問介護やデイサービスなどです。

 

成長率は驚異の230%越えです!!

 

入居する施設サービス(特別養護老人ホームなど)も65%増と、近年の伸びが著しくなってきています。

 

介護サービスの需要は更に増え続ける中、需要が更に拡大しているサービスに着目して転職するというのは、給与面とスキルアップに期待できるのでおすすめです!

 

特に男性ならでわの力仕事も多いので、コロナで失業してしまった男性は、デイサービスなどに応募するのも有です。

 

注目おすすめ転職3選ツール

転職ツール 特徴
リクナビNEXT 全国の求人情報を勤務地や職種、あなたのスキルや資格などから検索が可能。転職成功のヒント満載の求人/転職のサイトです。
ミイダス コンピテンシー診断が使える!職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、あなたのコンピテンシー(行動特性)を分析できる(完全無料)。
転職会議 国内最大級100万件以上の転職口コミ情報が掲載されています。会員数は500万人以上。日本中の企業の口コミが集まっています。

※クリックすると公式サイトに遷移できます。

需要が拡大しているからこそ未経験でも狙い目!

介護職として転職成功を果たした男性

高齢者が増える一方、介護職は圧倒的に足りていません。今の増加率でいくと230万人が限界と言われています。

 

そういった業界だからこそ、未経験でも狙い目。特に男性職員は完全に人手不足。

 

需要と供給のバランスが取れない状態が発生しているといことは、つまり、経験者であれば条件の良い企業に採用される可能性は非常に高いです。

 

さらに、未経験者でも入職後にしっかり教育をして、活躍してもらえるステージを準備している企業が非常に多いのが介護業界の特徴です。そうでなければ、万年人手不足を解消できないんです。

 

僕が転職サポートをさせていただいたご相談者様に、介護業界をおすすめさせていただいた後に感想を聞かせていただきましたが、以下のような回答をいただいております。

南野弘明
本日はお疲れさまでした。面接の結果はいかがでしたか?

ご相談者様
介護職の経験はないのに内定の予定だとおっしゃられていました!

南野弘明
おめでとうございます!年齢的にも問題ありませんでしたか?

ご相談者様
はい、大丈夫でした!40代前半くらいまでなら体力的にも問題なしとのことでした!

 

こういったように、未経験でも教育体制がしっかりしている企業では、体力面を重視して採用したり、あとは人柄に問題が無ければ採用という形になることが非常に多いのも、介護業界の特徴と言えます。

 

だからこそ、コロナで失業した男性の受け皿として介護職はおすすめの業界となっています。

 

関連記事

介護業界の将来的なキャリアは?

介護職のキャリアアップ

介護職は資格を取得することで、大幅なキャリアアップが見込める業界です。すなわち、介護職の転職市場価値を上げることができます。だからこそコロナ禍で失業してしまった男性に特におすすめ!

 

介護職の場合、働く年数などによって受験資格が与えられ、公的資格や国家資格がキャリアを証明してくれます

 

その為、ランクの高い資格を取得すれば資格手当がつき、どんどん給与が上がっていくシステムなわけです。

 

当然ですが、キャリアアップしていけば管理職になったりと、将来にも希望が持てる業界です。コロナで需要がないと思った男性は、将来を見据えて介護業界で手に職をつけましょう!

▶介護職員初任者研修

具体的なステップアップとして、無資格で介護施設で働いた場合、働きながら以下の資格を取得することが一番最初の目標です。

 

 介護職員初任者研修

 

修了試験に合格すると、まず利用者の身体介護を行うことができるようになります。介護職の卵から、ワンラックアップすることを目指しましょう!

 

※まずここで給与アップが見込めます!!つまり介護職の転職市場の価値も上がる!

▶介護福祉士

その後、実務の経験を3年以上積んだら、以下の資格取得をしてステップアップです!

 

介護福祉士試験

 

介護福祉士というのは“国家資格”です。

 

合格するとプロの介護職として働くことができ、当然ながら給与の大幅アップも見込めます。

 

なぜなら、資格手当などで給料やパートの時給の面でも、優遇されることも多いです。転職市場の動向としても、介護福祉士の需要は高いです。

▶ケアマネージャー

次のステップアップとして、介護福祉士を取得した後、さらに次の目指す資格が、

 

ケアマネージャー

 

このケアマネの資格を持っていると、今後職に困ることはほぼありません。それくらい需要がある資格なので、介護職を極めたい方は、ケアマネ(ケアマネージャー)を目指しましょう!

▶ソーシャルワーカー・生活相談員

また、社会福祉士などの資格を取得して、ソーシャルワーカー・生活相談員などの専門職に就き、活躍している人も多いです。

 

実は介護の仕事というのは奥が深く、介護や医療の専門知識を持ち、医師などと連携をし、法的なバックグラウンドも理解している介護職は、とても専門性の高い仕事です。

 

つまり、年齢・性別や、学歴・経歴に関係なく、自分の努力次第でどんどん上を目指せる介護職は、とても将来性にあふれた職業だといえるでしょう

 

医師とのコミュニケーションを図れるソーシャルワーカーであれば、転職市場の動向からしてもかなりの年収が見込めます。

 

関連記事

介護職は特に女性からの人気が高い

女性に介護される男性

特に、介護職は女性の転職で人気が際立っており、業界全体でも「女性が働きやすい環境」 を支援している企業はとても多いです。

 

しかし未経験で業界に飛び込むのにはやはり不安が付きものなので、職業訓練校で学んだあとに転職活動をする人も多いようです。

 

実際に、私の過去記事でも介護業界は3位にランクしているので詳しく知りたい方は是非下記の過去記事をチェックしてみてくださいね!

 

 

一方で、男性には人気がい低い介護職ですが男性の需要は拡大しているので、男性が狙うと転職しやすい業界なので積極的に狙っていきましょう★

 

介護職の将来性は抜群!でも不安なことも・・・

需要拡大の中介護職に転職して趣味を楽しむ男性

介護業界に転職したいけど、将来性があるのかちょっと不安という方は非常に多いです。その多くの不安は、やはり介護業界自体の環境にあるというのが本音です。

 

介護業界の実態を平たく言うと以下の四つが問題視されています。

 

介護職の印象
・人手不足
・体力が必要
・汚い
・給料が低い

 

その為、一般的に言われている介護業界はブラック業界に分類されていますが、そういった黒いイメージを払しょくするために、業界全体でもイメージアップを図ることに注力しています。

 

人手不足の解消が急ピッチでされる中、今は大変かもしれませんがキャリアを積んでいくことで、手に職をつけることができる業界であるのが介護業界です。

 

コロナ時代がこれからも続く中でも介護業界は、右肩上がりの成長分野です。もし、転職考えている方がいれば、介護業界を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

特に介護士男性は非常に需要が高いです!

 

それではまた!

 

介護士必見リッチマン介護!

社名 特徴
【リッチマン介護】月収40万円以上 介護士求人はこちら! ・高給与求人専門だけに高給与の求人数はトップクラス
・無料で使える寮などの福利厚生が良い求人が多い
・引越し費用、不動産仲介手数料が無料(エリアによる)の求人が多い
・面接にかかる交通費を支給

リッチマン介護

画像引用元:リッチマン介護

評価項目 特徴
求人数 非公開
アドバイザーの質 業界に特化したアドバイザーが、介護業界のノウハウやネットワークを活かして、 転職活動をサポートしてくれるので安心。
対応エリア 全国
利用者の声
・他の転職サイトと比べて介護現場の内情や人間関係に詳しかったり、高給与の求人が非常に多かった。
・給与交渉をしていただき、月収が10万円近く上がり驚きました。
・面接毎に同席、履歴書の志望動機を考えて頂いたりと相談しやすく安心感がありました。
 面接にかかる交通費を負担してくれたのも嬉しい。
・新しい職場と交渉して頂き、引越し代・不動産仲介手数料を負担して頂きました。
・オープンニング求人やリーダーや施設長などの役職求人も多くあり、同じ役職で転職できて給与も上がりました。
本気で転職したい?転職ツールを使い倒し術

転職に必要不可欠なことは、「目的」「対策」です。

✔転職する目的はあるのに対策方法がわからない。
✔どんな企業が自分にマッチするのか分からない。
ブラック企業への転職だけは避けたい。
✔業界に詳しい人から転職アドバイスをもらいたい。

そんな悩みに答えてくれる最強の転職ツールが「転職エージェント」です。僕自身の転職経験、面接官、人事としてのキャリアを活かして全力でおすすめするエージェントをランキングでご紹介!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!