ブラック企業の求人におけるキャッチコピーが分からなくて悩む男性

転職先が全然決まらないというのは、コロナ不況であれば当然のこと。在職中であればまだしも、失業中であれば早期に決めないと更に転職活動が難航してしまうので要注意!転職先が決まらない時にやるべきこと3つをご紹介しますので、是非実行してみてください!劇的に改善します!

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

転職活動をしていると、時間が経つにつれて不安になる「転職先が決まらない」ことへの恐怖に押しつぶされそうになるときがありますよね?

 

みなさんにももちろん生活がありますし、家族もいると余計不安になっていきます。

 

転職に求められることは「即戦力」ですから当然、自分の得意とする業界や職種に絞って応募すると思いますが、果たして転職先が決まらない中で、自分の得意とすることだけを求め続けることは正しい考え方なのでしょうか?

 

今回の記事は「転職先が決まらない時の対処法」について解説していきたいと思います。

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

原因1:転職先の求めることと自己評価が不一致

転職先が決まらないのに自信満々の男性

転職先がなかなか決まらない人の多くは、自分を高く評価しすぎている傾向にあります。

 

自分の経験値や知識を高く評価しすぎるあまり、応募企業目線で考えずに自己主張してしまい、低評価されたりすることが多いです。

 

自己主張することは決して悪いことではありません。

 

しかし、採用側にも「求める人物像」がありますので、マッチしていなければ採用されることはまずありません。

 

例えば、若手社員でこれから育てたいという企業であれば、スペシャリストよりも自社色に染められる無知で謙虚な若手の方が圧倒的にスペシャリストよりも有利です。

 

逆にスペシャリストとして将来の管理職候補として採用したいのであれば、自分の能力を最大限に主張し、いかに自分が企業に貢献できるかをアピールしなければ絶対に採用されることはありません。

 

つまり、転職先が見つからないことの原因の一つとして、自己評価が高いがあまり、企業側の求める人物像を加味しない自己アピールで不採用が頻発してしまうということです。

 

企業の求める人物像を把握し、企業目線で自分の評価を下げたり上げたりしながら面接でアピールすることが転職のするためのコツの一つと言えるでしょう。

関連記事

原因2:即戦力を意識しすぎている

転職先が決まらないので対策を考える男性

転職先が決まらない人の多くは、自分の得意分野だけを攻め、転職の幅を自ら狭くしている人が多い傾向にあります。

 

当然転職に求められることは即戦力ですから、自分の経験した職種、業界を攻めるのは王道です。

 

しかし攻めた結果、それでも転職先が見つからない人はあなた自身の能力はその業界、職種ではあまり評価されていないという現実を受け入れて転職活動をしなくてはならないということを意味しています。

 

そういったときに考えることは、転職先の幅を広げて考えることです。例えば、食品業界での製造経験があるであれば、転職先を食品にこだわらず「医薬品」に広げてみるのもいいでしょう。

 

この時の考え方は「関連性」を考えます。

 

食品を扱う業界では「衛生面」を強く気にします。これは、医療業界も同じです。つまり、衛生管理された環境での製造経験があり、そのときのマネジメント経験、品質改善活動などのスキルなどは、医療業界での製造にも役立ちます。

 

転職先が見つからないときは、転職先の幅を広げ、業界や職種の関連性を調べて自分のスキルを考慮しながら企業を探すと一気に採用される人はとても多いです。

関連記事

原因3:転職の対策が不十分

転職先が決まらないので対策して内定が欲しい男性

転職先が決まらない人は、根本的な転職対策の見直しが必要です。

 

例えば、書類選考の通過率が悪いのであれば、職務経歴書の書き方が問題です。自分ではしっかり書けているつもりでも、採用側が読むとつまらな人間に見えてしまっていることが多々あります。

 

そういった場合には、何を主張したいのかを明確にして、自分をアピールすることが重要です。

 

営業であれば、売り上げ、コミュニケーション能力をアピールしたいがために「●●万円の受注に成功」とただ書く人が多いです。

 

それよりも「顧客の問題解決を常に意識し、自社の製品と問題解決の関連性をわかりやすく説明することで、●●万円の売り上げ目標を3年連続で達成した」と主張する方が、あなたのスキルが非常にわかりやすく、説得力があります。

関連記事

 

面接の通過率が悪い人も同じです。何を主張しどのようなビジネスプランを持っているから転職先に貢献できるのかをしっかり説明できていないことが大きな要因です。

 

そのためには、応募企業のニーズとあなたのキャリアが一致していることを把握した上で転職活動に挑む必要があります。

 

このニーズの捉え方は、応募企業HPを確認するとともに、転職エージェントなどの転職ツールなどを上手く活用しながら入手することで対策可能です。

転職先の情報収集は『doda』の利用がおすすめ!

転職先がなかなか決まらない中で闇雲に転職活動をしても時間だけが過ぎてしまいます。効率よく転職先の情報を入手し、マッチした応募書類を提出することで書類選考の通過率が劇的に改善します。

 

また、面接対策においても転職先の求める人物像を把握し、質問された時にマッチした回答ができれば内定の確率も格段に上がることは間違いありません。

 

そういった情報は転職先のHP・求人票以外にも転職エージェントが持つ情報を貰うことで、転職先にマッチした対策を行うことが可能です。

 

特におすすめなのが、企業側としても転職時にも利用した『doda』が一番おすすめ!20代、30代なら非常に利用価値が高いエージェントなので登録・キャリア面談を受けてみることをおすすめします!

一押し!doda

サイト名 特徴
doda 登録するとdodaの専門スタッフがみなさんの希望や適性に合った求人の紹介や、転職活動のサポートを無料で行ってくれます。 専門スタッフが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート。また、必要に応じてキャリアカウンセリングを実施してくれます。

doda

画像引用元:doda

評価項目 解説
求人数 100,000件以上
エージェントの質 面接で本来の自分を最大限にアピールするためのノウハウを専門スタッフが直接アドバイスしてくれる。
登録メリット 履歴書、職務経歴書だけでは伝わらない、人柄や志向、考え方など、転職希望者の方の優れた特性を推薦状や推薦時のメールにまとめ、履歴書、職務経歴書に添えて企業に応募してくれる。
対応エリア 全国

転職先が決まらない時の対処法:まとめ

転職先が決まらないので対策して内定を貰えた女性

転職先がなかなか決まらないというのは、精神的にも非常に厳しいですよね?今回解説させていただいた3つの原因に対してきちんと対策を行い転職活動をすることで、劇的に改善することが殆どです。

 

自分の得意なことだけで転職先を絞るのではなく、視野を広げて転職活動をすることはこのコロナ不況では非常に大事です。

 

また転職エージェントの持つ転職先の生の情報は、転職活動をする上で重要な情報の一つ。数々の情報を提供してくれるので、その情報を基に対策を行うと、マッチ度の高い回答ができ転職先にアピールできるのでおすすめ!

 

最後に当サイトから登録が多いおすすめの転職エージェントをご紹介しますので、是非転職活動に役立ててください!それではまた!

 

おすすめ!転職エージェント3選
当サイトから登録の多いエージェントはこちら(各サイトに遷移できます)
【若手】20代の転職

【ミドル】
20代、30代の転職

【管理職】
40代の転職
本気で転職したい?転職ツールを使い倒し術

転職に必要不可欠なことは、「目的」「対策」です。

✔転職する目的はあるのに対策方法がわからない。
✔どんな企業が自分にマッチするのか分からない。
ブラック企業への転職だけは避けたい。
✔業界に詳しい人から転職アドバイスをもらいたい。

そんな悩みに答えてくれる最強の転職ツールが「転職エージェント」です。僕自身の転職経験、面接官、人事としてのキャリアを活かして全力でおすすめするエージェントをランキングでご紹介!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!