大手転職エージェントはこちら▼
転職ノウハウ一押しの記事▼

地方から東京に転職は不利?地方じゃダメな理由が重要!

地方から東京に転職

地方から東京に転職

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

現在の転職市場は「超売り手市場」と言われているのは周知のとおり。しかし、よく分析してみると、地方求人と東京都内の求人数を比較すると雲泥の差だったりします。

売り手市場と言われる言葉に踊らされ、実際に地方で転職活動をしても「全然決まらない!」と嘆く相談者が非常に増えています。

その為、多くの人が考えるのが「地方から東京に転職!」となるのですが、これって結構不利になると思っていませんか?

今回の記事は、地方から東京に転職する為に必要なことを解説していきたいと思います。

地方から東京に転職は不利?実際にいただいた質問者様の例

地方から東京に転職したいという方の多くは「良質な求人は東京に集まりやすい」「給料を見ても地方よりかなりいい」といった理由ではないでしょうか。

実際にTwitterでいただいた、相談例を見てみましょう。

スキルを活かして東京で転職活動したい
大学では、国際教養(英語)を学び、現在は大手企業で事務職に従事しています。在学中には、短期留学などを経験し、英語力にはそこそこ自信があり、英検準1級、TOEICも750点程です。社会人生活も慣れてきた現在、夢であった貿易事務に転職したいなと思っています。
しかし、求人を探してみると、東京都内の求人が多く、地方から東京へ転職したいと思っているのですが、地方からの転職は不利になるのでしょうか。アドバイスお願いします。
26歳:メーカ工場勤務女性

地方のメーカーで工場勤務をしているものの、英語を活かせない為、夢をかなえる意味でも東京で職を探したいという事例です。

貿易事務関係は、東京に本社機能を設けている企業は多いので地方で求人を探すのはかなり厳しいですよね。こういった場合、地方から東京に転職することは不利になりやすいのか解説していきます。

地方から東京に転職は不利?地方から東京や大阪都市部に転職するときに気になること

地方から東京に転職する場合不利になるのでは?という考え方のポイントとして一番の理由は、

①面接の交通費を負担する会社は嫌がりそう
②内定後の引っ越しとか会社側が嫌がりそう

といったような「会社側の立場に立った思い」から地方から東京や大阪などの都市部に転職することが不利になると思いがちですが、答えは、

NO!

です。企業というのは「優秀な人材を確保したい」という最大の目的があるため、地方からの転職に費用がかかることなんてまったく不利になることはないんです。

たった数十万円の費用を躊躇する会社ならばむしろ転職後に苦労すると思います。また、そういった会社であれば、書類選考の時点で落とされますので踏ん切りもつきやすいですね。

企業によっては、最終面接のみ会社負担で交通費を支払うというところもありますので臨機王へんな対応をしましょう。

地方から東京や大阪の都市部へ転職する際は、求人サイトで求人を探すより「エージェント」を利用して転職活動すると「事前の交通費情報」や「転居費用」など過去の採用実績情報を持っている可能性があるのでとても便利ですよ。

さらに、地方から東京や大阪で転職活動をする際の日程調整などもエージェント側が全てコーディネートしてくれるので鬼に金棒です。エージェントは、求職者側は完全無料で利用できるので是非活用してみてください。

20代おすすめエージェントはこちらから登録↓
20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】


【特徴】
・20代の社会人経験が浅い人材に対しての支援豊富
・既卒、フリーター、ニートでも支援可能
・未経験案件もOK
・各種対策で徹底サポート

30代おすすめエージェントはこちらから登録↓
無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら


【特徴】
・25万人以上の支援実績
・経験豊富なアドバイザーがキャリアアップを支援
・30代でも未経験案件で支援可能
・IT業界にも強いコネクションあり

地方から東京に転職は不利?大事なのは都市部への転職すべき根拠

地方からの東京に転職するといった場合に大事なのは、都市部へ転職すべき根拠が問われます。

質問者さんの場合、大学で国際教養を学び、英語を活かせる職に就きたいということから貿易事務に転職する動機はあると思います。

しかし、英語を活かすだけなら貿易事務でなくてもいいわけですよね?貿易事務は東京近郊や大阪であれば、地方都市部よりは多いと思いますが、英語を活かすだけなら貿易事務である必要はないんです。大事なことは、

「なぜ東京近郊にある○○会社の貿易事務職でなくてはならないのか」

です。これが言えなければ、地方から東京へ面接に来ても落とされてしまうので交通費の無駄が発生します(往復2万円くらい?)。

地方から東京などの都市部に転職する際は「地元で探しても職がないから」では面接官を納得させることはできません。納得させるポイントは以下のようなことを面接で伝えることが重要です。

①応募企業への意欲
②東京、大阪でなくてはならない理由
③他社との差別化
④職種、業界への思い

この四つを中心に面接対策を行うと効果的です。面接に不安があるのであれば、エージェントと応募書類対策、面接対策を行うことも可能なので登録してみるといいでしょう。

20代おすすめエージェントはこちらから登録↓
20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

30代おすすめエージェントはこちらから登録↓
無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

地方から東京に転職は不利?転職エージェントを利用して有利に転職活動を

地方から東京に転職するためには、エージェントを利用して活動をするとかなり有利です。その理由は、エージェント側が企業側にあなたの良さを事前にプッシュしてくれたり、面接のコーディネートをしてくれるところに地方からの転職時のエージェント利用メリットがあります。

地方からの東京への活動時、企業との日程調整は結構大変です。しかし、エージェント経由であれば全ての日程調整を上手にコーディネート(一日2社の面接等)してくれます。

その為には、エージェントに下記の内容を伝えてください。

・東京で仕事をするという強い意志
・面接に迅速に対応可能
・上京することについて具体的な予定

エージェント側もビジネスです。企業側への信頼を損なってしまうことは避けたいので「意欲が高い人材」を優先的に好条件の企業へ紹介してくれます。

地方から転職する際の強い味方「エージェント」を上手に活用し、応募書類対策面接対策面接日程調整、そして「内定後の条件交渉」まですべてのサービスを利用して、地方から東京、大阪への転職を成功させましょう!

現在は、地方から東京に転職する際に「住まいと職を同時コーディネート」してくれる人材紹介会社も無料で利用できるので登録して話を聞いてみるといいと思いますよ!下記クリックすると詳細ページ行けますので確認してみましょう!

上京サポートなら!仕事と住まい同時提供のTokyoDive

【特徴】
地方から上京して東京生活を体験してみたい若者に、お仕事と住まいを同時にサポート!

・求職や住居探しのわずらわしさを負担してくれる!
・東京での新生活をスムーズに始められるようお手伝い!
・東京に憧れがあるがその一歩を踏み出せない方に万全のサポート!

をしてくれるので安心して新生活をスタートできますよ!

エージェントについてはこちら↓

転職を成功の為に読んでおきたい