転職活動のタイミングで年収アップ

学歴差別は職場でよくある話。しかし一番の差別は月収・年収にあるんです。大卒だろうが仕事ができない人は沢山いるし、中卒でも優秀な人は沢山います。そんな時は、高給を狙っての転職がおすすめ!学歴差別が一番ひどい年収とおすすめの転職方法について解説いたします!

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

中卒・高卒で就職し、またはフリーターとして生活している人は非常に多いはず。

 

・自分の給料が低い

・大卒が羨ましい

・どうやって給料を上げればいい?

 

そういった悩みをお持ちの皆さんは、ご自分の月収、年収、生涯年収を比較したことはありますか?

 

もしあなたが比較した経験がないのであれば、今回の記事を是非読んでいただき、Withコロナ時代をどのように過ごしていくべきかをしっかり考えてみるとよいかもしれません。

 

今回の記事のポイント

①初任給の違い
②月収の違い
③生涯年収の違い
④中卒・高卒の低年収からの脱却方法

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

学歴差別?初任給から大きな差がつく

年収を知って学歴差別を主張する中卒の男性

学歴社会は崩壊し、今は学歴よりもその人の能力で給料に差がつく時代になっています。しかし、一般的な日本企業では、学校を卒業した後の就職先ではまず『初任給』という最初のお給料をもらうことになるのですが、このお給料に関しては単純に学歴の差による給与が支給されます。

 

この時点で中卒、高卒は、高学歴の人たちと大きな学歴差別が行われるので、いきなり挫折を味わうことになります。

 

下の表を見て中卒、高卒と大卒以上の年収差を比較してみましょう。

 

学歴 初任給
中卒 15万円
高卒 16.5万円
専門・短大 18万円
大学 20万円
大学院 22万円

 

単純に、中卒との給料を比較すると学歴差だけで最大7万円の差がつけられて差がつくことを意味しています。

 

これだけを見ると『学歴が全て』『学歴差別』と思ってしまいます。実はその考え方は大きな間違いです。今回の記事でしっかり中卒・高卒でも高給を狙える転職方法を紹介していきますので、是非実行してみてくださいね!

 

中卒・高卒の高給を狙うポイント

同じ会社に居続けることは給料アップを鈍化させてしまいます!転職という選択をし、20代の内にキャリアアップをすることがポイントです☆

 

大学中退、中卒、高卒の就職なら、第二新卒エージェントneo

学歴差別を年収で分析してみた

年収を分析して学歴差別を知った中卒

学歴・年代別に月収、年収、生涯年収を分析していくと、いかに中卒、高卒の年収がやばい学歴差別を受けているかに気づくことができます。

 

次はさらに、年代別の年収、生涯年収を分析していきます。決定的なのが生涯年収で比較してみるとよくわかります。

▶学歴と年代別年収の関係

学歴 20代 30代 40代 50代 60代
中卒 270万円 330万円 370万円 400万円 300万円
高卒 280万円 370万円 450万円 490万円 350万円
専門・短大 290万円 400万円 500万円 510万円 400万円
大卒以上 310万円 490万円 680万円 710万円 600万円
大卒ー中卒 40万円 160万円 310万円 310万円 300万円

 

大卒の年収と大きな差が出はじめるのが、30代。

 

30代で差が出る理由としては、出世が大きく関わっています。学歴社会が崩壊しているとは言え、大卒以上の人の出世スピードは明らかに早いです。

 

次に生涯年収を見てみましょう。

学歴による生涯年収の差

前述した年代別の想定年収を基に次は、生涯年収の差を見ていきましょう。

 

学歴 生涯年収
中卒 1億2000万円
高卒 1億9400万円
専門・短大 2億1000万円
大卒以上 2億7900万円
大卒ー中卒 1億5900万円

 

ざっくり計算しただけでも、中卒と大卒の生涯年収の差は『1億5900万円の差』が生じる結果となっています。

 

学歴社会では無い今の世の中とは言え、実際に計算するとこの差は非常に大きい結果となっています。この差を生じさせてしまう理由は、中卒・高卒からの就職先が地域の小企業などが多く、中卒からのでも仕事ができてしまうような企業に就職してしまって居座ってしまうことが大きいです。

 

その為、学歴差別が当然あり、小企業の中でも大卒優位の状態です長く働いてしまい、学歴差別を受けていること大きな原因です。

 

次に、年収差・生涯年収差を埋める手段を解説します。

 

おすすめ!転職エージェント3選
当サイトから登録の多いエージェントはこちら(各サイトに遷移できます)
【若手】20代の転職

【ミドル】
20代、30代の転職

【管理職】
40代の転職

学歴差別を受けない!おすすめ転職方法とは?

年収を知って学歴差別を知ってしまった20代中卒の男性

中卒と大卒以上の生涯年収の差は最大で1億5900万円の大きな差を埋めることは果たしてできるのかという疑問を持つ人がいると思います。

 

結論をいうと可能です。

 

大事なことは、今の日本の世の中は学歴社会は崩壊しているいう事実を知ること。

 

元祖日系企業はまだまだ学歴社会が色濃く残っている中で、ベンチャー企業などは完全に学歴社会は崩壊しています。

 

もし今在籍している会社が日系企業の学歴社会が残っている会社の場合は、間違いなく大卒と中卒の差は埋められません。

 

それは企業の体質の為、あなた自身がいくら努力しても変わることが無いからです。

 

変わるとしたら大卒の人が学歴風土を撤廃する以外はないでしょう。しかし、それは他人だより。ご自身でできることを次に解説していきます。

学歴差別がない業界を狙い撃ち!

年収を知って学歴差別を埋める方法を考える中卒の若者

学歴社会が崩壊している企業に行くことが、中卒、高卒の学歴差別による年収差を埋める唯一の手段です。

 

しかしTHE日系企業にいる限り中卒、高卒と高学歴の人の差を埋まることは決してありません。次に、中卒、高卒と大卒の差を埋めることが比較的簡単な業界を次に解説していきます。

第三位:ドライバー業界

年収を知って学歴差別を埋めるためトラックドライバーに転職した中卒男性

ドライバー業界は、学歴に一切関係の無い業界です。もちろん学歴差別はありません。あなたの努力次第でいくらでも稼げますし、高学歴者と関わることも無く、生活することも可能です。

 

高学歴と関わるとどうしても自分と比較しがちですが、ドライバー業界は『稼いだ者勝ち』です。

 

高学歴の高いプライドが邪魔して、稼げない人の悲鳴を聞くこともあるかもしれません(笑)あなた自身が笑える方の人間になれるかも!?

 

コロナ不況の中でも好景気の運輸業界なので特におすすめなトラックドライバーはおすすめ!今トラックドライバーの経験があれば、高給の会社に転職してしまうことは最良の手段です。

 

おすすめ記事はこちら

第二位:土木・建築業界

年収を知って学歴差別を埋めるため体力勝負の会社に転職した中卒の男性

中卒・高卒でも大卒に負けない年収差を手に入れることができるおすすめ業界2位が建築・土木関連のいわゆる現場系です。

 

ガテン系と言われる職種は、体力勝負です。大卒よりも中卒者の方が明らかにガテン系に向いています。

 

体力が無いとやっていけない職種でもあるので、大卒者は非常に苦手な部類となるので、もし現場に大卒者がいたら中卒と大卒の立場が明らかに逆転しているという光景も多いでしょう。

 

中卒でも優秀な人材は現場監督に抜擢し、ぐんぐん役職があがることも多いので、年収が高い企業に転職してステップアップすることがおすすめです。

 

おすすめ記事はこちら

▶中卒・高卒おすすめ転職エージェント!

おすすめ第二新卒エージェントneo

サイト名 特徴
第二新卒AGENTneo 正社員での就職・転職を希望する18歳~28歳の方々の就職/転職をサポート! 経験・学歴不問でフリーター、中卒、高卒、大学中退、大学卒業後(既卒)、短期離職、第二新卒(就業後3年以内の離職)、中途、キャリアアップの転職など幅広い経歴の方を完全無料でサポートしてくれるエージェント。

評価項目 解説
求人数 10000件以上
担当者の質 1人あたり平均10時間の手厚いサポート。 企業担当による面談対策。幅広い求人の紹介。 内定後はもちろん、入社後もサポート。 ブラック企業を除外、優良企業のみのご紹介で安心して活動できる。
登録メリット 豊富な経験を持つのキャリアアドバイザーがみなさんの将来像や希望、適正を踏まえて求人を紹介してくれる。 履歴書の添削はもちろん、一緒に職務経歴書の作成も行ってくれる。 
対応エリア 関東、関西、九州

第一位:IT業界

年収を知って学歴差別を主張する中卒の若者がIT業界に転職

学歴一切関係なし!とにかく実力重視の世界がIT業界です。皆さんがもし今後長いWithコロナ時代を優雅に過ごしていきたいと思っているのであれば、絶対にIT業界への転職をするべきです。

 

特にベンチャー企業への転職であれば、未経験でもしっかりと学習ができていれば問題なくは入社することも可能です。

 

学習することも今は無料スクールが東京都内であれば開設され、スクール卒業と同時に『転職支援』を受けることも可能です。

 

IT業界は高学歴が行く世界なんて考えている人がいるのであれば今日から考えを改めましょう。中卒、高卒でもIT業界で活躍されている人はとても多いです。

 

是非この機会にIT業界への転職を考えてみてはいかがでしょうか。

 

おすすめ記事はこちら

▶中卒・高卒おすすめITスクール

無料ITスクールプログラマカレッジ



社名 特徴


ProgrammerCollege
未経験から正社員のITエンジニアとして働きたい方向けの無料カリキュラム。30歳までの方であれば、職歴、職種は関係なし。 要望にあわせて2~3ヵ月のプログラミング研修期間を経て、就職活動までサポート。 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、現在オンライン授業に切り替え中!

無料ITスクール2

画像引用元:ProgrammerCollege

多くのITスクールやオンライン講座は、 受講した後の就職支援フローが機能していない場合が多く、就活支援がほぼない状態。オンライン講座ではモチベーション低下や、質問出来ない等の理由により、 カリキュラムを完了せずに辞めてしまうケースが見受けられます。紹介企業では、オンライン授業でも1人ひとりに合わせた対応をしている為に、 このような問題を防いでいるのが特徴!

▼詳細はこちら▼

20代の内に転職することが学歴差別からの脱却の秘訣

年収を知って学歴差別を主張する中卒の若者が転職活動実施中

学歴差別による年収差の穴埋めは、20代の内に今の会社からの転職というステップアップを踏むことが滅茶苦茶大事です。

 

20代で得たスキルを26歳から28歳の間に高給が得られる企業に転職を成功させると、特に高給が狙えるのでおすすめです。

 

転職することは当たり前の時代。現に私自身も転職を成功させ、年収400万円アップを現させています。その時に利用した転職ツールが転職エージェント。

 

学歴が不安でも安心して利用でき、ブラック企業を一切紹介しないエージェントを利用することが秘訣です。過去記事でも紹介していますので是非参考にしてみてくださいね!

 

それではまた☆

 

注目既卒おすすめ就職エージェント

僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!