Rubyの基礎知識を習得し転職に役立てたい未経験プログラマー

Rubyは未経験プログラマーに知っておいていただきたい言語のひとつ。Java、PHPは勉強している人は多いのですが、転職に役立てていただきたいもう一つの言語がRubyです。この言語を勉強していると転職を有利に進められるのでおすすめ!勉強方法・転職方法をわかりやすく解説。

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

未経験からプログラマーとして転職を考えた時、最低限1つのプログラミング言語について勉強しておかなければ、採用になることはまずありません

 

そこで未経験プログラマーが一番最初に勉強しておこうと考えるのがJavaやPHPでしょう。当然この2つは求人が多いので、まず初めに勉強しておくという意味では間違いありません。

 

しかし未経験プログラマーでも知っていおいてもらいたいもう一つの言語が『Ruby』です。Rubyは、日本のプログラマーの方にも広く使用されている言語なので、是非この機会に理解を深めていただければ幸いです。

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

20代未経験職の求人が豊富なエージェントはこちら↓

Rubyが人気な理由

Rubyの基礎知識を習得し転職に役立てたい未経験プログラマーが夜まで勉強

プログラマー募集ランキングでRubyは、JavaとPHPに次ぐ第3位の高い人気を誇っています。若い世代を中心にRubyの習得率が上がってきており、Rubyを習得した人材を積極的に採用する企業が増えています。

 

Rubyは日本で生まれた言語で日本語の解説書やフォーラムが豊富にあることで、日本人には圧倒的な支持がありますが、実は世界的にも人気があります。

 

それだけ使いやすく、完成されたプログラム言語なので未経験プログラマーの方もJava+Rubyといった勉強は非常に効果的です。

 

おすすめ記事

Rubyはオブジェクト指向スクリプト言語

Rubyの基礎知識を習得し転職に役立てたい未経験プログラマー女性

プログラミングをご存知の方やITエンジニアの方は、感覚的には理解されていると思いますが、Rubyは今主流となっている「オブジェクト指向スクリプト言語」です。

 

「オブジェクト指向スクリプト言語」は、オブジェクトすなわち「モノ」を組み立てるイメージのプログラミングで、「手続き型プログラミング」や「関数型プログラミング」と対比されます。

 

「オブジェクト指向プログラミング言語」には他に、JavaやPHP、C++などがあります。

 

このオブジェクト指向プログラミング言語の便利な点は、部品を組み立てるようにソフトウエアを作ることが出来る点です。部品を組み立てた後、一部の部品を取り換えたり、組合せを変えたり大変自由度が高いのが特徴です。

 

またRubyは大規模システム開発にも向いています。それぞれの部品を各プログラマーが担当し、その部品を組み立てればシステムが完成するというイメージです。システムの修正も、その部品を交換するだけで済むというわけです。

 

その為、多くのプログラマーにも愛され、未経験プログラマーの方でもプロジェクトに参加し一部の構築を行っても十分実績を残すことができるプログラミング言語なので勉強しておく価値が非常に高いのが特徴です。

Rubyはどんな分野に向いている?

Rubyの基礎知識を習得し転職に役立てたい未経験プログラマーの自宅

Rubyはブログ、SNS、ECサイトなどWebアプリケーションの開発において、幅広い分野で使用されています。Rubyを用いて作られたサイトの例としては、Twitter、クックパッド、Hulu、グノシー、食べログなどがあります。

 

プログラミング言語が身近にどんな所に使われているかというのは、感覚的な大事なことで、面接試験などにもたまに質問されたりするので、覚えておくとよいでしょう。

 

一方、Rubyが向いていない分野としては、スマホアプリと機械学習があります。機械学習(AI関連)については、下記関連記事で分かりやすく解説していますので、是非参考にしてください。

 

関連記事

Rubyの強みと弱み

Rubyの基礎知識を習得し転職に役立てたい未経験プログラマーが自宅で勉強中

Rubyが未経験プログラマーからエキスパートまで幅広く愛される理由は前述でお分かりいただけたと思いますが、次はRubyの強みと弱みについてみていきましょう。

 

Rubyは、根本的に非常に弱点が少ないというのが特徴の言語です。そして、日本で作られた言語ということもあり、日本の文化にあった優秀な言語で言えるでしょう。

 

下記の『Rubyの強み』を見てください。

 

Rubyの強み
①文法が簡単で初心者でも習得しやすい
②苦手な分野が少なく、あらゆる分野に対応できる汎用性の高さ
③Ruby on Rails(機能が豊富なフレームワーク)で効率的に開発
④コンパイル(機械語への変換)が不要のインタプリタ方式
⑤日本で開発された言語のため、日本で必要な情報や知識を得やすい

 

上記のように、Rubyは非常に多くの強みを持っているため、日本で作られた言語でありながらも世界中で使用される言語へと成長できたのも納得の答えです。

 

一方で、弱みというのもあるのかと思うかもしれませんが、ほとんど思い浮かべることができません。それくらい優秀な言語だといいきれるのですが、あえて言うと以下のような弱みがあります。

 

Rubyの弱み
①一行ごとに機械語に翻訳しながら実行するため、処理速度がやや遅い
②記述の自由度が高い分、コーディングのクセが出てしまい第三者に分かりにくい

 

強いて言うならという点で上記を記述しましたが、弱点と言われるレベルかというとそうでもありません。やはり注目すべき点は「強み」の方で、未経験プログラマーの方でも独学勉強が可能なレベルの使いやすさがあるで、おすすめです。

RubyとPHPの違いはあるの?

Rubyの基礎知識を習得し転職に役立てたい未経験プログラマーがスクールで勉強中

どちらもWebアプリケーション開発に適した言語ですが、どんな違いがあるのでしょうか?注目されているRubyだけにPHPとの差別化要素は押さえておきたい点だと思います。

 

RubyはPHPよりも個人的には習得しやすい言語だと思っています。

 

Rubyは日本で作られた言語として有名ですが開発者は、まつもとゆきひろ氏です。彼はストレスフリーの書いていて楽しいプログラミングを目指して作っただけに、非常に日本人好みに開発されています。

 

Rubyには「Ruby on Rails」というフレームワーク(雛形)が用意されていますが、PHPにはSymphonyやCake PHP、Laravelといった多くのフレームワークがあります。

 

両言語共に、どちらが使いやすいのかという点では変わりはありません。しかし、PHPよりも初学者でも学びやすいという意味では、Rubyの方がおすすめです。時間に余裕があるのであればJava+Rubyといった2つの言語を学ぶことをおすすめします。

Rubyを勉強はオンラインスクールの活用がおすすめ

Rubyの基礎知識を習得し転職に役立てたい未経験プログラマーたちがITスクールで勉強中

Rubyをいざ勉強しようと思って本やインターネットを使って勉強をしたものの、時間は結構かかってしまうし、実践力が着いたのかもなかなかわかりずらいものです。

 

で、いざスクールに通うことを決意しても、コロナの影響で都内には通えない

 

そこで活用したいのが有料オンラインスクールです。しかも、卒業と同時に転職支援付きも嬉しいですね。

 

その理由というのが、企業のITエンジニア不足を解消する代わりに(ITスクールで教育し、転職を支援)、もし無事に卒業生が入社した際には、報酬をもらうというビジネスモデルによりITスクールは成り立っています。

 

最近では、通学式ITスクールでしたが、最近はコロナの関係でオンラインスクールも行っているので、転職支援を受けながらしっかり腰を据えて学べるのが嬉しいですね!

 

下記に特徴をまとめましたので、是非参考にしてください!それではまた!

👑有料オンラインスクールで転職もおまかせ!👑

1位テックキャンプ エンジニア転職
オンラインITスクール

画像引用元:未経験のITエンジニア転職なら【TECH::EXPERT】

社名 特徴


未経験のITエンジニア転職なら【TECH::EXPERT】
・企業で求められる即戦力技術が身につく
・教室学習とパーソナルサポートでやり切れる環境を提供
・転職成功まで長期のキャリア支援
・返金保証の内容に年齢制限なし
・実際にアプリを開発しながら学べる

【実績】未経験から99%の受講生が転職に成功。
*転職先企業例 ・株式会社ニューズピックス ・チームラボ株式会社 ・GMOクラウド株式会社 ・株式会社リブセンス ・日本交通株式会社 ・株式会社ランサーズ

▼詳細はこちら▼

🔻僕のおすすめ転職戦略公開🔻

●転職はむずかしい?

●ブラック企業だけはやだ!

● 今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。

単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローしよう