大手転職エージェントはこちら▼
Pythonの基礎

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

未経験プログラマーとして転職したいという方で、どのプログラミング言語を勉強したらいいのか分からないという方も多いはず。

 

世界的に注目を集めている『Python』というプログラミング言語をご存知ですか?世界では、AI(人工知能)の研究が盛んで、それに欠かせないプログラミング言語が、

 

Python(パイソン)

 

です。未経験でプログラマーとして転職する際は、最低限Pythonについて知っておくことををおすすめします。これからのAI時代に欠かせない言語です!

 

今回はこのPythonを転職に役立つ知識として解説していきます。

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!
『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!

 

20代未経験で安心の転職支援はこちら↓

Python(パイソン)について

Pythonでプログラミング

Pythonというプログラミング言語は、世界中で注目を集めいているので、転職後に触れる機会も多いかもしれません。

 

このPythonというプログラム言語はいったいどういったものなのか、分かりやすく解説していきます。それでは、見ていきましょう。

世界的に注目を集めているPython

このPythonプログラマーに対する国内での求人数は大変な勢いで増加しています。

 

Pythonは、AIの中核となる「機械学習」「深層学習」(ディープ・ラーニング)の開発においては欠かせないプログラミング言語であり、AI分野の成長や今後の市場拡大を考えると、Pythonを扱えるプログラマーの需要はさらに伸びるとみていいでしょう。

「機械学習」と「AI(人口知能)」との関係

Pythonを知る前に、初めに「AI」と「機械学習」について整理しておきましょう。

機械学習とは?

未経験プログラマーとして転職を目指しているのであれば「機械学習」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが一度おさらいしておきます。

 

「機械学習」とは、コンピューターに大量のデータを学習させ、分析や予測などのタスクを遂行するためのアルゴリズム(結果等を出すための算出式や方法)やモデルを構築する技術のことです。

AI(人工知能)とは?

AI(人口知能)という考え方はコンピューターが実用化された1950年代からあり、その頃からコンピューターに知能を持たせようという科学者たちの試みがありました。

 

当時から科学者たちはコンピューターに人間が持つ知識や辞書、ルールなどを教え込んでいこうとしましたが、コンピューターが自ら学習するところまでは至りませんでした。

 

1980年代に入り、科学者たちは機械(コンピューター)に自ら学習する能力を持たせることに成功し、機械自身が判断をすることを可能にしたのです。これが、「機械学習」と呼ばれるものです。

AI(人口知能)と深層学習

その後、2000年代に入ると、AIの世界では「深層学習」(Deep Learning)という手法が注目されていきます。

 

「機械学習」では、ある程度人間が指示を与える必要がありましたが、「深層学習」という手法では、コンピューター自身が自ら、何を学習するかを決めることができるようになったのです。これが最近よく目にする「ディープ・ラーニング」です。

AI >「機械学習」>「深層学習」と考える。

もう一度整理してみましょう。

 

AI(人工知能)のなかには「機械学習」という手法が存在しており、「機械学習」の中に更に踏み込んだ「深層学習」という手法が存在しているということです。

 

AI(人工知能)と「機械学習」イコールではありませんが、別ものではなく、同じカテゴリーに属するものと考えてください。そして、「機械学習」の中には更に進化した「深層学習」があるということでしたね。

 

未経験プログラマーでもこのAI(人工知能)については、深く知る必要はないですが、最低限の感覚は理解しておかないと、面接や新たな職場でも会話についていけないということも十分あり得るので、上記で最低限のことはできたと思います。

 

次に本題の「Python」というプログラム言語が、どのようにAIに関わってくるのかという点について説明していきます。

Pythonがなぜ重要なのか

Pythonの重要性

「機械学習」については理解できたと思います。「機械学習」はAIに関する中核技術であり、その「機械学習」でよく使われているプログラミング言語が「Python」ですね?ですから、AIと「Python」は切っても切れない関係だと理解しましょう。

 

では、機械学習として使われているPythonというプログラミング言語は、身近なところでどのように役立っているのか見ていきましょう。

「機械学習」が使われているケース

「機械学習」と聞くと、私たちとは縁の薄い世界を想像しますが、実は身近なところで使われているのです。例えば、メールのスパムフィルター。

 

時々、見知らぬ相手から届いたメールがスパムフィルターに引っ掛かってしまい、メールの着信を見逃すというトラブルが起きることがあります。しかし、「このメールは安全だよ」と指示してやると、次からはきちんと受信してくれます。

 

こうして「機械学習」を繰り返し、フィルターの精度が上がっていきます。他にも、「顔認識」ソフトや車の「自動運転」も「機械学習」の手法が用いられており、私たちの周りには「機械学習」プログラムによって活躍する機械(コンピューター)が大変多く存在しているのです。

 

もし、このようなAIに関するソフトを開発するメーカーに未経験プログラマーとして転職したいのならPythonを勉強しておくことが一番の近道です。

おすすめ記事

なぜ「機械学習」を学ぶと良いのか?

AI(人口知能)の主な手法として「機械学習」があるというのは先ほど述べました。そして、いまやIT業界ばかりか、あらゆる分野でAIが注目され、各企業がその開発にしのぎを削っています。

 

一方、まだ新しい分野ということもあって、日本では「機械学習」系のエンジニアが圧倒的に不足しています

 

▶深刻化するITエンジニア不足についてはこちら

 

その「機械学習」の中で、世界的に最も使われているプログラミング言語がPythonなのですから、これを学ばない手はありません。

 

このPythonという言語は、未経験プログラマーとして転職を考えている方にとってはなじみが薄く、とっつきにくいイメージがあると思います。中には、初めて聞いたという方もいらっしゃるかと思いますが、初学者でも学びやすく作られているのがPythonの特徴です。

 

次に説明するPythonが機械学習に適している理由について解説していきます。

Pythonが「機械学習」で利用される理由

Pythonが「機械学習」で利用される理由は、大きく分けると下記の様な3つの理由があります。

信頼性が高い言語である。

有名なDropboxというオンラインストレージをご存知ですか?google Deiveのようなものを想像してください。あのDropboxは、このPythonを利用して作られたアプリケーションです。

 

シンプルかつ信頼性が高い言語の為、少人数のプロジェクトや製品でも効率よく仕事をすることが可能なので、エンジニアに非常に好まれています。

 

Dropbox開発秘話について詳しく知りたい方は、下記をご参考にしてください。

▶Dropboxとpythonの関係

構文がシンプルで初学者にもとっつきやすい

Pythonはコードはとにかくシンプルに開発された言語なので、多くのエンジニアに好まれています。このシンプルさを確立できたのは、必要最小限の構文しか無い為です。

 

世の中には色々な言語がありますが、その言語には沢山の構文があります。その構文を駆使してプログラミングを行いますが、このPythonに至っては、必要最小限の構文しか存在しない為、プログラマーにとって最低限の労力で構築することが可能です。

 

さらに特徴的なのが、プログラミングの世界では、他人が書いたコードを読み解くのに非常に時間を要するのですが、Pythonを使用すると他人が書いても自分が書いても同じコードになるといった超効率的な構築が可能になります。

 

その為、未経験プログラマーの方でも非常に学びやすく、Pythonを勉強しておくと転職先も有利ですし、将来的にも需要のあるエンジニアとなれるでしょう。

豊富なライブラリーやフレームワーク

フレームワークとは、アプリケーションを作る為に必要な作業キットみたいのものです。Pythonは、このフレームワークが世界中で開発されているので、1から10までPythonで構築する必要は無く、このフレームワークを利用して開発を進めることができます。

 

世界中で注目を集めているAIに使用される言語の為、多くのフレームワークがあるのもPythonの特徴と言えるでしょう。

AIエンジニアを目指すならPythonを学ぼう

Python勉強中

Pythonというプログラミング言語が、世界中で愛される理由はご理解いただけましたか?AIという世界で注目を集めている機能にPythonが広く使われており、未経験プログラマーでも学びやすいとなれば、学んでおかない手はありません。

 

独学でも十分学ぶことができる言語ですが、独学で時間をかけて学ぶよりも手っ取り早くPythonを学ぶには、『tech boostオンライン』がおすすめです。このPythonを学べるコースが、

 

イノベーティブコース(Web開発+ブロックチェーン/AI/IoT)

 

です。AIを学ぶ上で欠かせないPythonなので是非下記の紹介文をご参考に、まずは無料説明会
に参加してみてはいかがでしょうか。もちろん転職支援付きなので、Pythonの技術を活かした転職先を探してもらえるので、おすすめ!それではまた!

 

エンジニアにキャリアチェンジを考えている方にオススメ
 
転職サポート付きでスクール卒業後のキャリアも安心
【特徴】
ITエンジニアになりたいけど通学スクールは時間に余裕がないから大変そうだと思っていませんか?もしそうであれば、在宅でもIT技術が学べる「オンラインスクール」がおすすめ!現役エンジニアの講師がしっかり解説してくれるので、IT初心者でもプログラムがしっかり学べます!
【主な特徴は?】
①基礎だけではなく、実戦で活かせる技術習得。
②最先端技術が学べる(AI、IoT、ブロックチェーン等)
③いつでもどこでも受講可能。
④卒業後は就職先までしっかりサポート。

まずは無料説明会へ参加!

20代おすすめ転職エージェントはこれだ!

20代初めての転職

 

「求人検索、応募書類作成、面接対策、雇用条件の交渉...。初めて尽くしで何から手を付けていいのか分からない。」といった、20代におすすめの転職エージェントを紹介!

登録からサポートまで完全無料で安心して利用できるので、転職エージェントの利用価値は絶大です!

20代特化型から大手転職エージェントまでおすすめ理由を添えて紹介しますので、気になる転職エージェントがあればまずは登録してみましょう!

第一位:第二新卒エージェントneo
ブラック企業を除外、優良企業のみの求人紹介!
 
20代のサポートは業界随一!
20代に特化した転職エージェントである「第二新卒エージェントneo」。株式会社ネオキャリアが運営する関東、関西、九州地方の20代の転職に強みを持っています。求人数も10000社以上を保有し、経験豊富なアドバイザーが親身にサポートしてくれます☆
【特徴】
①書類対策、面接対策徹底サポート。
②サポート時間が他社より長い。
③ブラック企業排除で求人紹介。
④学歴、職歴に不安があってもサポート可能。
【NGユーザー】
18歳以下と29歳以上※詳細確認や登録は以下から確認可能です↓

同率第一位:DYM
最短1週間で入社可能!
 
全国的に幅広い求人紹介なので20代に人気
DYM就職は、第二新卒・既卒はもちろんフリーターやニートの方向けの正社員求人を多数紹介。経歴や学歴に不安があっても正社員に転職・就職ができて、最短1週間でのスピード入社も可能!一人ひとりに合わせた徹底サポートで内定決定率の高さを実現しています。
【特徴】
①優良な正社員の仕事を紹介。
②2000社の優良企業を紹介。
③正社員求人100%。
④ブラック企業は徹底排除
⑤イベント来場者の就職率は脅威の96%。
⑥書類選考なし。
⑦カンタン60秒マッチングサービス。
【NGユーザー】
18歳未満、30歳以上※詳細や登録は以下から確認可能です↓

第三位:マイナビエージェント
大手転職エージェントでも20代に特におすすめ!
大手でもサポート力で他社を圧倒!
株式会社マイナビの人材紹介サービス「マイナビエージェント」。大手転職エージェントにありがちな「サポート力の弱さ」に対して、きめ細かなサポートで20代の転職をサポートしてくれるのが大きな特徴。保有求人数も多いため、全国でサポートしてもらえます☆
【特徴】
①東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富
②20~30代に転職サポートに強い!
③人事&採用担当との太いパイプ!
④応募書類の準備から面接対策可能!
⑤親身な転職サポート!※詳細や登録は以下から確認可能です↓

Twitterでフォローしよう

転職を成功の為に読んでおきたい