1年間の転職ノウハウ

精神障害者保健福祉手帳を使えば転職が有利に!その理由を解説

精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は、現代を騒がしているコロナ禍の転職市場でも有利な転職が可能である事実をご存じですか?健常者の方では厳しい転職市場でも、有利に転職できるためオープンにして転職活動をしましょう!その転職の秘訣をご紹介いたします!

転職ノウハウ大辞典

こんな方におすすめの記事

①精神障害者福祉手帳を持っている
②転職を有利に進めたい
③上手な転職方法を知りたい

👑おすす障害者専門エージェント一覧

完全無料
マイナビグループの障害者に特化した人材紹介サービス。
首都圏、関西の地域を中心に求人紹介を行っていいる。
障害者の方が自分らしく働くために、長期的なキャリアイメージに着目して 求人紹介をしてくれる点がマイナビパートナーズの強み。

完全無料
経験豊かなキャリアアドバイザーによるアドバイスと きめ細やかな支援体制で企業と求職者のベストマッチングを進める 身体障がい、内部障がい者のための「転職エージェント」です。

完全無料
dodaチャレンジは、dodaブランドの中の障がい者向けに特化した転職支援サービスです。 大手・優良、外資系、ニッチトップ企業まで幅広い求人ラインナップをご用意しています。 障がいの種類(身体・精神・知的)も幅広くサポート。る。

障害者の方は転職に有利です!

精神障害者保険福祉手帳を使って転職を成功させたい男性

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

精神疾患を患うと一度は経験する「求職」ですが、求職後に復帰して再発する確率はなんと、70%弱が再発と言われています。

その原因は、精神疾患を患った人材の受け入れ体制が不足しているという現実があるからです。

その為精神疾患者の多くは、退職して転職を余儀なくされますが、職探しを優先する為にほとんどの人が、精神疾患をクローズしての活動を行っています。

その結果、入社後に精神疾患が再発し、再度退職という結果に・・・そのために是非知っていいただきたいのが「うつ病を患いながら転職を成功させるために必要なこと」です。やるべきことはたった3つ!

精神疾患による転職活動の秘訣
①うつ病をオープンにして転職活動をする
②精神障害者保健福祉手帳を入手する
③障がい者専門エージェントを利用する

「最後までお読みいただいた方限定」で重要事項について説明させていただきますね!

絶対精神疾患をを再発させない方法がありますので是非最後まで読んでいただけると嬉しいです。

それでは、精神疾患でも就職/転職活動を有利にすすめる方法を伝授いたします!

精神障害者保健福祉手帳を入手して有利な転職を!

精神障害者保健福祉手帳を入手して転職を有利に進めたい女性

精神疾患があっても転職を成功する方法の重要事項としてまず守っていただきたいのが、精神疾患をクローズして応募しないこと!

精神疾患の病歴があるのに転職活動をしてしまうと「再発」という恐怖を背負ったまま転職活動をすることになり、おすすめできません。

精神疾患は治ったと思ってからが真の恐怖であることを忘れてはいけませんよ!

色々なサイトで「クローズ」応募を推奨されている方もいらっしゃいますが、私は過去の経験からも再発者を多く見ているので絶対お勧めできません!

私がアドバイスさせていただいた方で就職/転職活動が成功したという人のほとんどが「精神疾患をオープン」にして就職/転職活動を行った人たちです。

その為にも是非入手していただきたいのが『精神障害者保健福祉手帳』です。この手帳があれば、超大手にも転職できるチャンスが広がりますし、有利な活動が可能です。

次にこの有利になる理由を見ていきましょう。

\障害者専門の転職エージェント/

精神障害者保健福祉手帳を申請して「障がい者枠」で転職

精神障害者保健福祉手帳を入手して転職を有利に進める方法を検索中

精神疾患があっても転職成功することは十分可能です。

その為には転職活動を有利に進めることが大事です。

有利にすすめる秘策が、精神障害者保健福祉手帳を申請してオープンの就職/転職活動するということ。

精神障害者保健福祉手帳を入手することができれば、障がい者枠での就職/転職活動がかなり有利になります。

また、精神障害者保健福祉手帳さえ入手できれば「一般雇用」に切り替えることも可能ですので圧倒的に有利に活動ができます(むしろ一般雇用よりも簡単に活動が可能です)。

逆に言うと、精神障害者保健福祉手帳が無いと「障がい者枠」での就職/転職活動ができない(かなり不利になる)のでご注意ください。

障がい者枠ではない精神疾患オープンは超高確率で不採用になります。

おすすめ記事

ハローワークは利用価値なし!ブラック企業の温床です!

精神障害者保健福祉手帳を入手して転職を有利に進めたい男性

精神障害者保健福祉手帳を利用すれ転職することは正直簡単です。

そのためには、就職/転職のツールをしっかり理解した上で利用することが重要です。

私がオススメするのは「障害者特化型エージェント」です。

「え??ハローワークでは?」と思う人がいるかもしれませんが、ハローワークだと、就職はできるが入社後が危険というのが私の結論です。

その理由は、ハローワークの障害者雇用の求人は「助成金目当て」が多いというふざけた問題を抱えています。

障がい者を雇用すると助成金をもらえるのですが、その助成金を狙って障がい者を雇用しようとしている「悪徳企業」が多いです。

そんな企業は「障がい者の受け入れ体制」が全く整っていないのでうつ病が再発するのは目に見えています。だからこそハローワークではなく障がい者専門の転職エージェントを積極的に活用すべきなんです。

ではなぜ精神障害者保健福祉手帳を入手した上でエージェントを利用すると転職が有利になるかについて次に解説します。

障がい者専用転職エージェントがおすすめの理由は?

精神障害者保健福祉手帳を入手して転職を有利に進める為にエージェントに登録

精神疾患でも就職/転職を成功させるためには「障害者専門エージェント」の利用が成功の鍵といっても過言ではありません。

障害者専門エージェントの利用により、最も期待できるのは「障害者の受け入れ体制の整っている企業を紹介してもらえる」といメリットがあります。

特に精神疾患を患っている場合は、再発の恐れがありますが、エージェントの持つ求人はしっかりとした受け入れ体制が整っている企業を紹介してくれるという特徴を持っています。

dodaチャレンジは、dodaブランドの中の障がい者向け転職支援サービスを提供しているエージェントです。大手企業・優良、外資系、ニッチトップ企業まで幅広い求人ラインナップが揃っています。

障がいの種類(身体・精神・知的)も幅広くサポートしてくれのでうつ病だけといったこともありません。転職成功への第一歩は、専任のキャリアアドバイザーによるカウンセリング(面談)にあります。

一人ひとりの状況に合わせた転職活動をサポートをしてくれますので、就職/転職初心者でも安心!特に、大手企業案件は絶対おすすめ!

精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は登録の際に必ず伝えましょう!

👑dodaチャレンジ

dodaブランドの中の障がい者向けに特化した転職支援サービス。
大手・優良、外資系、ニッチトップ企業まで幅広い求人ラインナップを用意。 障がいの種類(身体・精神・知的)も幅広くサポートしてくれる。

完全無料

精神障害者保健福祉手帳を持って大手企業に転職を!

精神障害者保健福祉手帳を入手して転職を有利に進めたい家族

精神疾患を患っての就職/転職の場合「就職/転職成功」と言えるのは、入社してからの職場環境にあります。

多くのうつ病の方たちは、求職後に復帰してもほぼ「再発」を経験し、退職または転職を余儀なくされます。

そこで、うつ病を隠して転職活動をするため入社後に再発してしまうのです。

受け入れ体制が整っているのは大手企業!

精神障害者保険福祉手帳を使って転職を成功させた男性

そうなると病状が悪化し2度と通常の社会に戻れないリスクもあります。そうならない為にもエージェントを利用して、障がい者の理解がある大手企業を狙うのが病気と社会生活の両立のためには必要不可欠です。

大手企業を狙っていかないと間違いなく「受入体制ができていない」という企業に入社することになり、再発を経験してしまいます。

大手企業であれば、そういった体制が十分配慮されている上に、従業員の方たちもしっかり教育されているため安心です。

dodaチャレンジなら大手企業の転職も夢じゃない!

精神障害者保険福祉手帳を使って転職_dodaチャレンジ

私が支援させていただいた相談者の方全ては「大手企業への転職」です。それだけ大手企業への入社が必要不可欠ということです。

うつ病などの精神疾患でも精神障害者保健福祉手帳の交付を受けると、障害者雇用枠として認められるようになります。

うつ病をオープンにすることで社会復帰も可能になるので、恥ずかしいと思わず「自分の長い人生の為」にも利用して就職/転職をするといいでしょう。

上記こそが「うつ病の方が就職/転職で成功する」という極意です。是非エージェントに相談して新しい一歩を踏み出してみましょう。それではまた!

\障害者専門の転職エージェント/

転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事