女性特有の面接質問が転職においてあるか相談する女性

営業事務職は、事務職の仕事としてはかなりメジャーな職種です。別名としては営業アシスタントともいいます。営業マンを支える大事な仕事なので、どの企業でも応募していることが多いです。今回の記事は、営業事務職についての仕事内容、必要なスキル、給料について解説します。

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

メーカーをはじめ、商社や不動産会社、IT企業でも営業職というのはどんな企業であります。その理由は、モノやサービスを売る為には営業部門が必要不可欠だから。そのアシストをするのが営業事務職です。

 

その営業事務職は、一般事務職よりも人気が高いのが特徴です。一般事務職よりも「営業」に特化した補佐業務になるので、仕事がしやすく、社会人経験があれば何らかの形で営業事務職の方と接点があった経験もあり、未経験からでもチェレンジしやすいといった理由があるからです。

 

今回の記事は、営業事務職にスポットを当て、具体的な仕事内容や必要なスキル、給料・年収について解説いたします。

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

営業事務職の仕事て何?必要なスキルは?

営業事務職の仕事内容について営業マンから教えてもらう

営業事務職の仕事内容は、前述したように営業マンの補佐することがメインの仕事になります。営業マンが取って来た案件について処理したり、プレゼン資料を作成することも仕事の一つ。

 

また、顧客からの問い合わせについて答えられる範囲で回答したり、クレームについても対応する場面もあるでしょう。

 

次に、営業事務職の具体的な仕事内容とその時に必要なスキルについて解説しますので、転職を希望する方は是非参考にしてみてくださいね!

仕事内容①:書類関係の作成・処理

営業事務職に転職したらまず最初に求められるスキルは、書類作成能力と処理能力。営業事務職仕事内容としてはかなり比重が大きいでしょう。

 

営業マンが外回りで仕事をすることを内勤でサポートするわけですからその間に「書類作成」が求められるということ。例えば以下のような資料です。

 

・取引先への提案書
・販促用パンフレット
・見積書、納品書、請求書
・契約書

 

といった内容です。また、顧客へのプレゼンデータを作成するためには、社内データのまとめ、マーケティング情報といったように、営業部が販促用に使用するためのデータの収集をお行うことになります。

 

つまり、マーケティング職から営業事務職への転職は結構おすすめです!

▶書類作成や処理に必要なスキルは?

営業事務職の仕事は前述したように書類作成から書類の処理といったように作成と処理の両面のスキルが必要になります。

 

営業事務職が扱う書類がないと顧客と契約して商品・サービスを購入してもらえないので大事な仕事です。しかしこれを営業マンにやってもらうと本来の顧客対応に時間が取れず売り上げ拡大が狙えません。

 

営業事務が書類の手続きを担うことでより良いサービスを営業マンが提供できるので大事な仕事と言えます。その為に必要なスキルは何といってもPCスキル。エクセル、ワード、パワーポイントは絶対に必要な能力です。これを転職活動では必ず確認される能力なので、きちんと自分のスキルを説明て切るようにしてください。

 

もしアピールに困るようであれば『MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)』の資格取得をおすすめします。きちんと勉強すれば決して難しい資格ではないので、下記の試験対策書で苦手分野があれば勉強して資格を取得しておきましょう。

 

【エクセル】

MOS Excel 365&2019対策テキスト&問題集(よくわかるマスター)[富士通エフ・オー・エム(FOM出版)]

価格:2,310円
(2021/4/11 15:07時点)
感想(19件)

【ワード】

MOS Word 365&2019対策テキスト&問題集(よくわかるマスター)[富士通エフ・オー・エム(FOM出版)]

価格:2,310円
(2021/4/11 15:07時点)
感想(4件)

【パワーポイント】

MOS PowerPoint 365&2019対策テキスト&問題集(よくわかるマスター)[富士通エフ・オー・エム]

価格:2,530円
(2021/4/11 15:08時点)
感想(4件)

 

関連記事

事務職おすすめ資格6選▶

仕事内容②:顧客対応

営業事務職の仕事内容について理解し、営業マンを補佐する女性

営業事務職の仕事内容として次に大事なのが「顧客対応」があります。仕事内容としては体2番目ぐらいに比重が大きいと思います。

 

営業マンは外出(外回り)しているので、顧客から電話がかかってきても対応することができませんので内勤の営業事務が対応することになります。

 

対応の仕方は、電話、メールが一般的です。顧客からの商品についての問い合わせがあるので当然商品のことも知らなくてはいけないし、最低限のプレゼンテーションが行えないといけません。これは、入社後に教えてもらえるので大丈夫です。

 

逆に大変なのが「クレーム」です。要するに顧客は「お怒りモード」だったりしますので、真摯な対応が求められます。難しいクレームであれば、営業担当から折り返し連絡と伝えておけば大丈夫です。

▶顧客対応に必要なスキルは?

営業事務職の仕事内容について営業マンを補佐する若い女性

営業事務の仕事内容には前述した「顧客対応」も含まれます。つまり、取引先の対応をするという事は、失礼が無いように対応する必要があります。言葉づかいも丁寧に、書類も「見易さを」を意識して作成できるきめ細かさが求められます。

 

また、来客時にも会議室までの案内などがありますので、身だしなみにも配慮する必要があります。

 

特にコミュ力については顧客対応も含め非常に重要なスキルになるので、コミュ力のアピールは必要不可欠です。しかしこのコミュ力をアピールするのは言葉だけで説明するのは難しいですよね?そのために『伝え方コミュニケーション検定』を取得して履歴書に書いてしまうのがおすすめ。自宅に居ながらスマホの動画視聴で、履歴書に書けるコミュニケーションの資格がとれるのでおすすめ!

 

関連記事

コミュニケーション検定とは?▶

仕事内容③:社内問い合わせや在庫処理

営業事務職の仕事は、対顧客だけではなく社内からの問い合わせや在庫処理といった仕事もこなす必要があります。営業マンが外に出ているときに技術部門からの問い合わせや生産管理部門からの在庫状況についての連絡など、社内からの問い合わせの対応も仕事の一つです。

 

これに関しては、社内のシステムが色々あるので何とも言えませんが、社内の生産管理システムは営業と生産管理・倉庫部門と共有されていることが殆どなので、社内システムを理解して処理するだけなので入社後学べばOK。

▶在庫処理等に必要なスキルは?

営業事務職は、PCスキルがないとかなり苦戦します。だからこそPCが苦手という人にはかなりきついかもしれません。20代であれば抵抗が無いPCスキル。しかし50代から始めるとなると厳しいのでおすすめできません。

 

20代であれば、20代に特化した転職エージェントを利用すれば、バックオフィス系の仕事内容を豊富に取り扱っている企業を紹介してもらえるので、積極的に活用してみましょう。30代になると大手の転職エージェントを利用すると、高給求人を紹介してもらえるのでおすすめ!

 

おすすめ!転職エージェント3選
当サイトから登録の多いエージェントはこちら(各サイトに遷移できます)
【若手】20代の転職

【ミドル】
20代、30代の転職

【管理職】
40代の転職

営業事務職の年収はどれくらい?

営業事務職の仕事内容をこなして高給を得た女性

営業事務職の仕事は、営業マンを補佐する仕事が一番大事。その中でもPCスキルやコミュ力が求められるので給料が高めのイメージがありませんか?しかし実態としては、330万円程度の年収が相場です。

 

事務職全体として年収は低めですが、中でも営業事務職の仕事内容は大変な割には低いのが特徴です。

 

営業事務職は、ハローワーク、転職サイト、転職エージェントまで幅広く求人が出ています。仕事内容もその企業によって異なる場合はありますが、前述した仕事内容で事足ります。異業種からもキャリアチェンジしやすい営業事務職なのでライバルは多いです。

 

いきなり転職エージェントはハードルが高いかなと思えばまずは転職サイトで情報を収集しつつ、上記の年収をベースに求人を探して行くとよいでしょう。

営業事務職の仕事探しはリクナビNEXTがおすすめ!

求人サイト1位『リクナビNEXT』

広告 特徴
全国の求人情報を勤務地や職種、皆さんのスキルや資格などから検索でき、転職方法や転職活動体験談等、転職成功のヒント満載の求人/転職のサイト。 

リクナビNEXT

画像引用元:リクナビNEXT

求人数 50,000件以上
サイトの質 洗練された求人サイトの為、ユーザー目線で作成されているため非常に便利!
対応地域 日本全国
特徴 業界・職種・年齢・住まいを問わずサイトの登録債済ませれば閲覧できるので、幅広い求人に出会えるチャンス多数。
対応年齢 全世代
公式サイト▶ リクナビNEXT【公式】

まとめ

営業事務職の仕事内容を熟知したキャリアウーマン

今回の記事で営業事務の仕事内容についてご理解いただけたと思います。営業事務は、一般事務と同じくらいの人気事務職ですが、社会人経験があれば少なからず営業事務の方と接点があったと思います。その時の仕事内容を思い出し自分にできるかしっかり見極めておきましょう。

 

求人探しはハローワークだと年収が低ベースになり、年収相場よりも低くなるので、まずは転職サイトで情報収集。その後転職エージェントにも登録しておくといったやり方がおすすめ。事務職おすすめの転職エージェントは下記から特集ページに行けますので参考に覗いてみてくださいね!

 

それではよい転職を!

 

僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!