アパレルの面接で質問されることを考える様子

アパレルの面接は経験・未経験問わずやる気やファッションへのこだわりなどが高く評価される傾向にあります。未経験だからといって諦めるのではなく、異業種からの転職ならそれを強みにアピールできるのでおすすめ!アピール事項をわかりやすく解説!

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

20代に人気のアパレル店員。一度は新卒で事務員に就職したものの、やっぱり自分の好きなことを仕事にしたいと思ってアパレル店員に転職する人は結構います。

 

しかし、好きだけでは転職することはできず、アパレルの面接という壁を乗り越えなくてはなりません。

 

今回の記事は、アパレルの面接でどのようにアピールすべきかについて解説していきますので、是非転職活動の対策を行ってくださいね!

 

また、最後に20代の方限定の転職ツールもご紹介いたしておりますので、合わせ確認してくださいね!

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

①アパレルの面接では『業界の志望動機』が大事

アパレルの面接で質問される内容を応募ショップで考える様子

20代未経験でアパレル業界に転職する場合、当然「アパレルの面接」 があります。その面接で面接官を納得させるコツは、志望動機の中に「ファッションが好きだからアパレル業界を志望した。」としっかり伝えることが大事です。

 

だってみなさんの応募する企業(ショップ)の方々もみんな最初は「未経験のアパレル業界」ですよね?

 

アパレル業界なのでファッション・おしゃれが好きということは強い武器です

 

つまり熱意をもっていることを面接官にアピールするのはとても大事。

 

もう一つ大事なのは、ファッションやおしゃれがどうして好きになったのかの「きっかけ」が明確であれば、面接官に「経緯」が説明できるので「熱意」が伝わりやすいです。

 

関連記事

②アパレルの面接では年齢と合わせたアピールを!

アパレルの面接で質問される内容を公園で考える様子

アパレル業界に転職するのに一歩目が踏み出せないのは以下2つの要因ではありませんか?

 

1:学歴フィルター
2:年齢制限

 

この2つで躊躇する人って結構いるんです。アパレルの面接に来る人は若い人じゃないとだめだから自分には無理と諦めてしまう必要はなし!

 

アパレル業界の特徴は、年齢や学歴は気にせず応募できるという特徴をもっています。

 

皆さんが思ってるショップの店員さんは、みんながみんなファッションの専門学校や美大などを出ているわけでもなく、高卒の新入社員で入社した人もいれば、営業から転職した人も多いです。

 

また、ショップの店員といえば「若い人ばかり」というイメージがありますが、これも間違い。だって、30代や40代向けのショップで20代の人が働いているのてあまり見かけないですよね?

 

つまり、その年代に合った年齢層の方が働いている方が、販売、接客するのにも説得力のある提案ができるため、30代、40代でも未経験のアパレルショップの店員を多く募集してるんです。

 

アパレルの面接では、自分の年齢を気にせず自分の今の年齢の強みをアピールすべき。ただし、今の年齢に合ったショップ探しは必須なので、過去記事を参考に自分にあったショップをピンポイントで探してみて応募してくださいね!

 

関連記事

③営業・接客・コスメ業界からの転職者は強い!

アパレルの面接で質問される内容に悩む女性

未経験でアパレル業界に転職する中でも特に重宝されるの下記の業界経験者。

 

・営業経験者

→提案型の営業経験ならGOOD 

・接客経験者

→飲食業、ホテル業界だとGOOD 

・美容経験者

→コスメ業界、美容師だとGOOD

 

これらの経験があれば、アパレルの面接でかなり有利に働くとともに、好印象を与えることが可能なのでおすすめ。特に強い以下二つの異業種経験者が面接でアピールすべきことを次に解説します。

▶美容業界の転職はかなり強い

アパレルの面接で質問される内容がわかった女性

特に重宝されるのが、美容関係経験者。美容業界の経験者は おしゃれに対する感度も高く、さらにお客様の要望を聞きながらの接客になれているのが強い武器です。

 

おしゃれアンテナを持っている美容経験者は企業(ショップ)に新しいアイディアを持ち込める存在であり、未経験ながらも「即戦力」として期待されます。

 

アパレルの面接ではコスメ業界・美容業界の経験について積極的答え、過去の経験を基にアピールすることが重要です。

 

おすすめ!転職エージェント3選
当サイトから登録の多いエージェントはこちら(各サイトに遷移できます)
【若手】20代の転職

【ミドル】
20代、30代の転職

【管理職】
40代の転職

▶提案営業経験は重宝される

アパレルの面接で質問される内容をみんなで考える様子

未経験でアパレル業界に転職するにあたり、「営業経験者」はキャリア形成を考える上でも一番転職しやすいでしょう。最初はショップ店員から始まり、バイヤー(買い付け担当)になったり、本社勤務でマネジメント側になる人も結構います。

 

その為、営業経験者はアパレル業界でもキャリアアップしやすいという特徴ありますので、営業経験者にはアパレル業界を結構おすすめしています。

 

接客業よりも営業経験者の方が、提案についての強みを活かしやすく、未経験でも有利に転職できた例も多いです。是非自分の強みをアパレル店員としてどのように活かせるのかアパレルの面接できちんと説明できるように準備しましょう!

▶未経験からアパレルの面接の壁を越えた事例

アパレルの面接で質問する面接官

20代で未経験でアパレル業界に転職したいという相談者様の実際の経験談を見てみましょう。

 

飲食からアパレルに転職
アパレル業界未経験でしたが、ファッションへのこだわり、飲食での接客経験を武器に転職に成功しました!
25歳:女性

 

アパレルは未経験でも、転職では前職の経験を活かせるのは強い武器!そして、ファッションへの強い思い があれば完璧ですね。

 

営業職からアパレルへ
営業職からアパレル販売員へ転職しました。提案営業の経験を「即戦力」といっていただけたことが転職成功の肝だったと思います。
25歳:女性_営業職

 

提案営業の経験は強い武器です。例えば不動産営業など、お客様への提案力が非常に求められます。販売する金額は違えども、ものを売るという本質は変わりません。営業経験者はその「本質」を理解しているので、即戦力として期待されることがとてもおおいです。

④20代なら転職エージェントがおすすめ

アパレルの面接で質問される内容を買い物しながら考える様子

アパレル業界に未経験から転職する為には、面接という壁を乗り越えなくてはなりません。その面接は、熱意と経験を存分にアピールすることでハードルを一気に下げることが可能です。

 

しかし、人によっては応募書類の書き方が苦手、面接が苦手なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?基本的な職務経歴書の書き方、面接対策は過去記事でご紹介はしていますが、第三者に相談というのはなかなか難しいもの。

 

関連記事

 

20代であれば、アパレル店員のハードルは一気に下がる為、転職エージェントを活用してスピーディーな転職がおすすめ。もちろん登録から内定まで完全無料ですし、応募書類、面接対策のサポートも完全無料です。

 

最後に、下記におすすめエージェントをご紹介いたしますので、アパレル業界に転職を考えているかたは是非覗いてみてくださいね!それではまた!

▶20代おすすめ転職エージェント

おすすめ第二新卒エージェントneo

サイト名 特徴
第二新卒AGENTneo 正社員での就職・転職を希望する18歳~28歳の方々の就職/転職をサポート! 経験・学歴不問でフリーター、中卒、高卒、大学中退、大学卒業後(既卒)、短期離職、第二新卒(就業後3年以内の離職)、中途、キャリアアップの転職など幅広い経歴の方を完全無料でサポートしてくれるエージェント。

評価項目 解説
求人数 10000件以上
担当者の質 1人あたり平均10時間の手厚いサポート。 企業担当による面談対策。幅広い求人の紹介。 内定後はもちろん、入社後もサポート。 ブラック企業を除外、優良企業のみのご紹介で安心して活動できる。
登録メリット 豊富な経験を持つのキャリアアドバイザーがみなさんの将来像や希望、適正を踏まえて求人を紹介してくれる。 履歴書の添削はもちろん、一緒に職務経歴書の作成も行ってくれる。 
対応エリア 関東、関西、九州
僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!