▼強み/年収分析最強ツール▼
シングルマザーの転職は不利ではない!成功の秘訣を解説!

シングルマザーの転職は、企業目線で考えると不利と思ってしまう方が非常に多いです。しかし、実はそおとも限りません。子育て支援が整っている企業を見つけ転職することで、両立がきちんと図れます。シングルマザーの転職成功の秘訣について、わかりやすく解説します。

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

こんな方におすすめの記事

①シングルマザーで転職したい
②子供が小さくて不利になりそうで転職できない
③不利にならないようにする対策を知りたい
④おすすめの転職時期を知りたい

【秘訣】転職エージェントに有り

転職は新卒と違い、無料で転職サポートを受けるのは当たり前の時代。初めての転職から数回目の転職でも、いつでも頼れる転職エージェント。

転職サポートのプロが求人紹介から各種対策雇用条件交渉まで一括サポートしてくれるので、不安な転職も二人三脚で乗り越えられます!

女性の転職に強いエージェントは、女性の転職成功実績が豊富。女性の気持ちに立った転職サポートが受けれるので、是非この機会に登録してみましょう。

パソナキャリア https://www.pasonacareer.jp/
マイナビエージェント https://mynavi-agent.jp/
リクルートエージェント https://www.r-agent.com/

シングルマザーの転職が不利とは限らない!

シングルマザーの転職が不利だと思わない女性

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

シングルマザーの方から転職についてのご相談を受ける機会も多く、転職活動をどのように進めるべきか、どのように企業を探せばいいかというご質問が特に多い傾向があります。

シングルマザーは社会的に不利という固定観念があり、それに捉われて転職活動がすすまない、今の会社を辞めたいのにどうしようもない、などの悩みを抱えていると思います。

①仕事に本気で取り組んでくれることに期待されている

確かに、共働きとは違う厳しい環境ではありますが、シングルマザーが原因で転職が不利ということはありません。

実は、企業によってはシングルマザーの方が長くはたらいてくれる且つ、本気で働いてくれると考え、評価してくれる企業もあるんです。

シングルマザーとして子供を養っていく必要があるので、転職に不利や転職することすら難しいと悩んでいる女性の方は多いです。

②企業がほしいのは「活躍できる人物」

しかし企業として重要なことは、結婚していようが独身であろうがシングルマザーであろうが優秀な人材・即戦力として活躍してくれる人材を採用したいので、シングルマザーが直接不利になるなんてことはありません。

むしろ子育てをしながら働いてくれることから、男性よりも仕事への本気度は高いと判断てくれる企業だってあるはずです。

シングルマザーだからという後ろめたい気持ちで転職活動をするのではなく、不利と思う気持ちがあるのであれば、自信満々に「やってやろう!」という気持ちで取り組む方が企業にも好印象を与えることができます。

この記事を最後まで読んでいただくと以下の内容が分かります!

シングルマザーの転職に大事なこと
①不利ではない理由
②転職活動の準備
③子育て支援企業の探し方
④面接で確認すべきこと
⑤役立つ転職ツール

この記事を読んで、是非転職活動を成功させてくださいね!

シングルマザーの転職事前準備

シングルマザーとして転職活動を始めるとき、以下のような悩みを抱えなかなか転職活動に踏み切れなかったり、今後のことが心配で転職活動に躊躇される方も多いのが現状です。

 

 

たしかにパートやアルバイトと違い、転職というのは基本「正社員になる」ということですから、非正規雇用の方よりも責任は大きくなります。

結論から言うと、責任が重い仕事程給与が高いといのがビジネス社会で当然のことなので、仕方がありません。その為に大事なことは自分の置かれている状況や、将来を見据えた転職活動がとても大事になります。

つまりお金がほしい、シングルマザーとして「お金がほしい」「働きやすい環境に転職したい」と考えるのであれば事前準備が必要になります。

シングルマザーとして転職活動をするときの重要なポイントについて3つ解説します。

①シングルマザーだからこそ子供の状況に合わせた企業選び

シングルマザーの転職が不利と考える転職活動が上手くいかない女性

子供が小さいうちは、保育園に預ける必要があります。もちろんご両親と一緒に暮らしていればその負担はなくなりますが、保育園に預ける場合は注意が必要です。

保育園に預けると子供が発熱して急に呼び出されてしまう場合が非常に多いです。そういったことからも、子育て支援に力をいれている企業を転職先に選ばないと、入社後に会社とトラブルになることもあります。

女性の子育てに十分配慮してくれる企業を見つけ応募することが転職活動では重要ですが、ハローワークに掲載されているような企業は、地域密着ではありますが子育て支援に力を入れているかは微妙です。

転職サイトのリクナビNEXTなどで、子育て支援強化企業などは簡単に検索できるので、そのような企業に積極的に応募すると入社後も安心です。

掲載の一例をみてみましょう。

【掲載例:大同生命保険株式会社】
①我が子が突然熱を出したり、学校でトラブルがあったとき…。
急な連絡でもお休みや半休がとれるので、じっくり看病したり、話を聞くことができました。子ども第一にというスタッフが多いため、みんなでサポートしてくれるんです。また、お客様も「子どもがいるから仕方ないよ」と理解してくれる方ばかりで、本当にありがたいです。

②以前から待遇や働きやすい環境を整えてきました。この取り組みが厚生労働大臣から、子育て支援に積極的な企業であるとの認定を受け「くるみんマーク」を取得。その後、さらに支援制度の導入や利用が進み、高い水準の取り組みを行っている企業として「プラチナくるみん」の認定を受けました。

参考サイト:リクナビNEXT
参考URL:https://next.rikunabi.com/

このように、子育て支援に力を入れている企業はわかりやすく掲載されているので、フリーワードに「子育て」などのワードをいれるだけで、シングルマザーの転職の不安も解消されていきます。

子育てママ求人はいっぱい!
シングルマザーの転職が不利にならない大手転職サイト①
リクナビNEXTで「子育てママ活躍中」で絞り込み検索すると全国で3000件以上もの求人が検索されます(2022年2月現在)今後も増えると予想されるシングルマザーの転職は決して不利ではないので、リクナビNEXTなどの全国対応版の転職サイトを利用して、好条件求人に応募してみましょう。

②生活費としてどれくらい必要か計算しておく

シングルマザーの転職が給与で不利と考える女性

シングルマザーの方が転職する際の失敗原因は、大体がお金です。

生活費を計算して正社員への転職先を探しておけば背伸びする必要はなかったのに、給与が高い企業に目がくらみ転職先は、女性が働く環境が整っていなかったなんてことも。

そのため、転職後に過酷な環境で働くことになってしまったというご相談も多いです。

基本となる生活水準は、子供2人の場合は手取りで20万円必要です。この20万円から子供一人に付き±5万円するのが一般的な水準です。僕に直接ご相談くださった方の情報を基に考えた生活費データが以下のようになります。

子供2人のシングルマザーの1か月の生活費データ

内容 目安の金額
家賃 7.0万円
光熱費 2.0万円
食費 3.5万円
通信費 1.5万円
教育費 2.0万円
医療費 1.0万円
雑費 1.0万円
交際費 2.0万円
生活費合計 20.0万円
一か月貯金目安 3.0万円
必要手取り金額 23.0万円

ざっくり子供二人で計算すると手取りで最低20万円必要で、毎月貯金を3万円と考えれば、手取りで23万円が必要になります。これを目安に給与額を計算して転職先を探す必要があるので注意しましょう。

貯金のコツ
貯金のコツは、児童手当を全てすべて貯金に回すことです。子供一人にあたりMAX1.5万円支給されますので、そのお金を全て貯金に回すことが大事なので、月額給与20万円を目安に生活水準を考えることが大事です。

【注目1】希望給与の考え方

給与の計算ですが、多くのシングルマザーの方が不安になると思うのでもう少し細かく説明します。基本的なことですが、額面:給与から税金などが引かれる前、手取り:引かれた後となるので、注意してください。計算事例を以下に説明します。

月の手取り計算方法

①月給の手取り計算

額面27万円×0.75=20.25万円

②賞与額込み

年間賞与2か月=額面54万円

54万円×0.75=40.5万円

③年収総額
27万円×16か月=432万円(年収)

つまり、額面で27万円もらえて、賞与2か月もらえる企業の場合、年収ベースで考えたときは432万円。賞与が無い年収の場合は、432万円-54万円=378万円です。面接で希望年収を必ず聞かれるので、きちんと根拠を説明できるようにしておきましょう。

【注目2】高給かつ女性支援企を紹介してもらう

シングルマザーの転職が不利/不安/難しいと悩んでいる方は、女性の転職支援を行っている転職エージェントに登録して企業を紹介してもらうと、高給且つ働きやすい環境の企業に転職することが可能です。注目すべき企業が以下の企業です。

女性の高給が狙える転職エージェントなので、シングルマザーの方でもなんでも相談可能。女性に特化した転職エージェントだからこそ、子育て支援企業をピンポイントで紹介してもらえます。

もちろん条件の良い企業が多いので、転職への不安や不利だと思ったことが払拭可能です!

【ママキャリ】主婦の新しい働き方を支援!
ママキャリ

ママをターゲットにした転職支援サービス。 子育と両立しながら、 今までのスキルを活かしてまた働きたい。 時短やリモートで働きたいなど、 そんなママの社会復帰や、ご自身のスキルアップにつながる理想の職場を紹介するサービスです。 自分らしく仕事も育児もしていこうという女性達を応援している無料サービスなのでおすすめ!

項目 説明
求人数/料金 非公開求人多数/完全無料
面談の質 登録後は、キャリア面談を実施してくれます!悩み相談から将来のキャリアまで何でも相談可能。ライフスタイルに合わせて「時短」や「在宅」でお仕事ができる職場を完全無料で紹介してくれます。
支援エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪
おすすめ 「ブランクがあるから不安」「子育てと両立できるか不安」など、 なかなかお仕事探しに踏み出せない方も、まずはキャリアアドバイザーに気軽に相談してみましょう。
公式サイト 仕事と育児を両立する賢いキャリア選択!【ママキャリ】

③子供が中学生以上ならさらに高みを臨む!

シングルマザーの転職が不利だと思い落ち込む女性

子供が大きくなると生活水準は上がってしまいます。転職先を見つけても給与が上がらなかったり、賞与減額などで更に厳しい生活になりかねません。

シングルマザーとして子供を育てるという決意があり、一度転職に成功すれば、次も成功できるはず。そういった面でも将来のキャリアを考えた転職活動が有効です。

前述した転職エージェントであれば、将来のキャリアも相談可能ですし、子育て支援に力を入れている企業を完全無料で転職サポートしてくれます。この機会の是非相談してみましょう。

また、転職エージェントがわからないといった方は、過去記事に詳細をページがあるので是非覗いてみてくださいね。かなり詳しく解説しています。

おすすめ記事

シングルマザーの転職タイミングはいつがいい?

シングルマザーの転職が不利と考える女性が転職のタイミングを考える様子

シングルマザーの転職は不利だと思ってズルズルと転職活動を先延ばしにするのは間違いです。

転職とは様々なタイミングが有り、その時期を逃すとご自身の転職市場における価値を下げてしまうので注意する必要があります。

特に正社員の場合の、年齢に合わせたスキルや経験が必要になることも多く、転職のタイミングが重要になります。

次に、シングルマザーの転職が不利にならないように、転職の時期やタイミングについて見ていきましょう。

①年齢的なタイミングはシングルマザーだから大事!

転職は年齢を重ねていくと不利になることが多いです。その原因は、年齢と同時に高いスキルが要求されるからです。

20代の内なら許されるスキル・経験不足も30代、40代と責任が大きくなるので転職が厳しくなり年齢が不利の要素になります。

その為、「年齢が若ければ若いほど転職が有利になる」ということを覚えておきましょう。

②子供が保育園通いで転職の場合

お子さんがまだ小さい保育園の場合は、今の職場の働きやすさでのみ転職を考えることが大事です。

現職が比較的時間に融通がきく会社で、急な保育園からの呼び出しに対しても対応できる環境であれば、まずはお給料よりも子育て環境を優先してください。

今の環境がひどいのであれば、全国対応の転職サイトで求人を絞り込み、自宅から40分以内で保育園に行ける環境や、女性の子育て応援企業絞り込み検索して好条件企業に応募してみることがおすすめです。

育児支援・託児所有り求人がおすすめ
シングルマザーの転職が不利にならない大手転職サイト
大手転職サイトのリクナビNEXTであれば、好条件求人を簡単に検索できます。その中でもおすすめなのが「育児支援・託児所あり求人」。かなりシングルマザーからの人気が高い求人ですが、子育てしながら働くシングルマザーの転職でも不利になることはありません。是非積極的に応募してみましょう。

③学童に通わなくなったら全力でキャリアアップ!

子供が小さい頃にはできなかった「仕事に対する夢」を叶えられるようになるのが、学童保育に通わないですむ5年正くらいから。

この頃からの転職で大事なのは、「お金」です。高校・大学にはお金がかかります。そのためにも残業代込で仕事の給与・年収を考えながら転職活動をすることが大事です。

ある程度成長した子供も家庭環境が理解でき、お母さんのお手伝いなど母子家庭ならでわの考えができてきます。家族として力を合わせていく時期だからこそお子さんと協力していきましょう!

④季節的タイミング

また、季節的な転職タイミングですが、9月-10月、2-3月のタイミングがベストです。この時期はもっとも求人が多く出るので、好条件の求人も出やすいです。

シングルマザーが面接で絶対確認すべきこと

シングルマザーの転職が不利と考える女性を面接する面接官二人

シングルマザーの転職で不安なことは、必ず面接の場で確認しておく必要があります。

入社したいから質問を避ける/悪い印象を持たれたくないというのでは、転職してから必ず後悔します。

そのためにもシングルマザーが忘れてはいけない面接の逆質問について解説します。

逆質問1:子育てママの割合を聞く

子育てママが多いと転職後非常に心強いです。女性の働き方をきちんと支援している企業であれば、必ず子育て支援世代(共働き)の割合を把握していますその為以下のような質問をしてみましょう。

質問例1
①3歳の子供がいますが、私と同じ子育て世代の方はどれくらいいらっしゃいますか?
②シングルマザーとして活躍されている方はいらっしゃいますか?

関連記事

逆質問2:子供の発熱などで急な休みが必要な場合の配慮

シングルマザーの転職が不利と考える女性が子供と遊ぶ様子

女性の働き方を支援している企業であれば、保育園で発熱⇒急な早退に対して理解しています

このようなことが発生した場合の配慮がされている企業であれば、質問と同時に具体的な対策が説明されます。

以下のようなベストな回答です。

保育園で発熱時などの対応策例
①チーム内で連携できるよう配慮している。
②リモートワークを導入している。
③管理職に女性の働き方教育をしている。
このような答えがぱっと説明できる企業は満点です。入社後も間違いなくトラブルなく安心してシングルマザーとして働けます。しかし、こういった企業はハローワークではほとんどありません。
女性に特化した転職エージェントを積極的に使うことで優良企業に出会えます。前述した女性に特化した転職エージェントの求人などを紹介してもらうとよいでしょう。
▼詳細はこちら▼

逆質問3:時間単位の有休制度はあるか

シングルマザーで転職する際に、有給が足りなくて欠勤扱いになることが不安の種。そんな時に便利な制度が、時間単位で有休がとれる制度

例えば午後3時に保育園から呼び出しがあった場合、3時間から5時の二時間を有給休暇から引くことができる制度です。

女性の子育て支援を行っている企業は、時間単位の有給制度を導入している企業が多いです。求人票に書かれている場合もあれば、制度はあるのに書いていない場合もあります。必ず面接で確認しましょう。

※お金に余裕がない場合は「時短勤務」について利用はおすすめできません。

シングルマザーの転職は不利じゃない!まとめ

シングルマザーの転職が不利と考える女性がバカンスを楽しむ

シングルマザーの転職における不安の多くは、シングルマザーであることが転職にとって不利であるという考えがるからだと思います。

しかし前述したよう、企業は優秀な人材を確保したいというのが基本なので、シングルマザー云々はまったく関係ありません。

寧ろ女性の方が本気で両立を考えているから評価されることもあります。

ただし、子育て支援に力をいれていない企業に転職すると非常に後悔します。

女性の子育てに配慮していない企業は、女性の共働き、シングルマザーへの嫌がらせなど実際の職場であります。だからこそ女性の働き方を支援している企業に転職することが大事。

転職活動に迷っていたらまずは履歴書・職務経歴書を書いてみましょう!大手転職サイトでも簡単ダウンロードができるのでまずは転職の一歩目を踏み出しましょう!それではまた!

リクナビNEXT
日本最大の転職サイト!求人検索から自己診断まで可能!

日本最大の転職サイトリクナビNEXTは、求人検索だけではなく、登録により様々なサービスを無料で利用できるようになります。その一つが「グッドポイント診断」!

約30分の本格診断により、自分では客観的に把握しづらい強みを理解でき、診断結果は自己分析にも活用できるので利用価値あり!

あなたの強み(グッドポイント)をさっそく見つけてみましょう!

リクナビNEXTでやってみる

転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事