HTMLとCSSを未経験Webデザイナーが勉強中

HTMLとCSSを知らずに未経験からWebデザイナーを目指すことは、正直厳しい。でも調べてもよくわからないし、どうやって勉強していいのか分からないという声をよく聞きます。今回の記事は、そんな未経験Webデザイナーを目指す方に、初歩の初歩について解説いたします!

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

コロナ不況でも人気の高いITエンジニア。ITエンジニアになる為には、最低限一つの言語を理解ておかないと、ITエンジニアとしての転職は不可能です。

 

いざ勉強しようと思ったとき『HTML』とい言葉を目にしませんでしか?

 

聞いたことはあるけど、実際はよく分からない、また、プログラム言語として覚えておいた方がよいのか等、未経験ITエンジニアを目指すときに疑問になると思います。

 

結論を言うと、覚えておくとよいです。特に、Webデザイナーを目指すなら必要なので、絶対入社する前には理解しておかなくてはなりません。

 

今回の記事は、HTMLを理解すると同時にCSSを理解し、未経験ITエンジニアとして最低限理解しておくことよいことをまとめましたので、是非参考にしてください!

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 


HTMLてなんだ?

HTMLとCSSを未経験Webデザイナーが自宅で勉強中

未経験Webデザイナーを目指す人は、HTMLという言葉はなんとなく聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

 

皆さんがよく目にするHTMLは『HyperText Markup Language』の略称で、Webページを表現するために使われているマークアップ言語の一種です。マークアップ言語には他に『XML』という言語もあります。

 

マークアップとは、Webサイト内の文書に意味づけをしていく作業のことを指します。HTMLでマークアップする際は、タグと呼ばれる記号< >を使い、コンピューターにテキストなどの構造を指示します。

 

Webブラウザは、HTMLやCSSで修飾された文章を判読し、

 

①文字の配置や大きさ
②レイアウト
③色や画像
④リンクの設定

 

などを自動的に行います。こうして、Webサイトが表示されるようになっています。未経験Webデザイナーを目指す方であれば最低限知っておきたいのかHTMLです。

HTMLはプログラムではない

HTMLとCSSを未経験Webデザイナーが転職して活かし中

未経験ITエンジニアになるために、最低限一つのプログラム言語を覚えるにあたり、HTMLを覚えようと思っている人いませんか?これは大間違いです!

 

HTMLはマークアップのための言語ですが、決してプログラムではありません。

 

イメージとしては、Wordに似たものと考えてください。

 

ですから、HTMLを扱える技術者はプログラマーとは呼ばず、コーダーと称します。プログラマーとは違うので、HTMLを覚えなくていいと思うのも間違えで、HTMLはITエンジニアであれば、完全に使いこなす必要はありませんが、最低限覚えておかなかないと仕事上でも支障をきたす場合があるので、注意しましょう。

 

逆に未経験Webデザイナーを目指す方は必ず必要なので、絶対に習得してください。

CSSてなんだ?

HTMLとCSSを未経験Webデザイナーがリモートで勉強中

未経験WebデザイナーとしてHTMLに少し慣れてくると、必ずCSSという言葉に出会います。CSSは『Cascading Style Sheet』の略で、文章にデザインを施したいときに使います。

 

HTMLが文章の構造を作る役割があるのに対し、CSSは「その文章をどのように表示するかを指定する言語」で、基本的にはHTMLとセットで使われます。覚え方としては、

 

①HTMLはWebページの文書構造を担当
②CSSはデザインを担当する

 

と覚えておいてください。CSSも未経験Webデザイナーを目指す方にとっては、必ず必要なのでしっかり覚えましょう。

 

関連記事

HTMLとCSSを学ぶ理由

HTMLとCSSを未経験Webデザイナーがスクールで勉強中

ブラウザ上でものを表示できる言語はHTMLとCSS以外のものはありません。ローカルでJavaScriptが動作する際にはHTMLやCSSの構造を変化させているだけです。

 

PHPはサーバー側でアプリケーションが動いていますが、実行結果がブラウザに送られ、HTMLやCSSよって表示されています。

 

要するに、どんなWeb系のプログラミング言語を使用しても、最終的にはWebの表示はHTMLとCSSが行っているのです。PHPを学ぼうが、Javaを学ぼうが、Webと関わる限りはHTMLやCSSは必ず必要になります。

 

そう考えると、HTMLやCSSはWebデザイナーのみならず、Webエンジニアやプログラマーも学んでおいて損はありません。

 

効率よくWebデザイナーを目指す人におすすめスクールはこちら↓


SEO対策とHTML

HTMLとCSSを未経験Webデザイナーがアクセス数を確認中

SEO対策という言葉を聞いたことはありますか?

 

SEO(Search Engine Optimization)対策とは、Web検索の結果で自分のサイトを上位に表示させ、認知度を高めるための対策のことです。検索エンジンの最適化とも呼ばれます。

 

実はこのSEO対策でHTMLは重要な役割を担っています。

 

HTMLには「文章の構造を作る役割」があると述べました。その構造を作る時にタグを用います。例えば、Webのタイトルはtitleタグを付けます。タイトルを”SEO対策の基本”としたい時は、

 

<title>SEO対策の基本</title>

 

と記述します。検索エンジンはWebサイトからこのtitleタグを見つけて検索順位を決めていきます。この”SEO対策の基本”という検索ワードで検索すると、このサイトがヒットするというわけです。

 

他、metaタグ、hタグ、canonical、リストタグなど8つのタグがあり、このタグによって検索エンジンがWebサイトの様々な情報を収集していきます。

 

折角構築したWebサイトに訪問者がさっぱり訪れないとしたら、Webサイトを構築した意味がなくなります。Webサイトの認知度を上げるためにはSEO対策が重要であり、このSEO対策の要となるのが、HTMLだということをご理解を頂けたかと思います。

 

この様にHTMLとCSSはWebの表示や検索に重要な役割を担っているのですから、Web系のプログラマーを目指す方にはぜひ、HTMLとCSSを学ぶことをお勧めしたいと思います。

Webデザイナーとなる為に効率的な勉強方法は?

HTMLとCSSを未経験Webデザイナーがスクールで仲間と勉強中

Webデザイナーになりたい、でも未経験だからハードルが高そうと思っている方も多いはず。

 

正直いうと、プログラマーになるよりはかなりハードルは低いです。興味があれば、独学でも十分可能です。

 

しかし、独学で勉強すると時間と労力をかなり消費し、効率が悪いためおすすめできません。Webデザイナーを未経験から目指す方の多くは、未経験Webデザイナーのスクールに通う方が非常に多いです。

 

当然お金はかかりますが、効率よく学習し且つ、卒業と同時に転職支援も行ってくれることはスクールに通うメリットとしては十分だと思います。

 

下記の『Web制作会社LIGが運営するWebデザインスクール【デジタルハリウッドSTUDIO by LIG】』は、非常におすすめなWebデザイナースクールで、都内の通学形式でのスクールとなります。
基礎から応用まで学べ、入社時には即戦力と期待されるレベルのWebデザイナーになれるでしょう。

 

それではまた!

▶おすすめ!未経験Webデザイナースクール

注目デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

社名 特徴


デジタルハリウッドSTUDIO by LIG
◎未経験からWebデザイナーに転職したい方
◎フリーランスとしてWebデザイン/動画スキルをアップさせたい方
【ポイント】
Web制作会社(株式会社LIG)が運営するスクール 。現役クリエイターによる直接指導 ・Mac・ディアルディスプレイ完備 ・コンサルタントによる厚い転職支援 ・デジタルハリウッド社と業務提携 ・LIG運営のコワーキングスペース使い放題!
僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!