BootStrapを勉強する未経験Webデザイナー

BootStrapという言葉はご存じですか?未経験Webデザイナーを目指すなら絶対に知っておきたいフレームワーク。HTMLとCSSを勉強したら次にやっておきたいのがBootStrapです。今回の記事は、未経験Webデザイナーを目指す方にも是非知っておいていただきたいフレームワークを解説。

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

未経験Webデザイナーを目指す人に必須なのがHTMLとCSSというのは前回の記事で分かりやすく解説しました。

関連記事

 

今回は、もう一つ覚えておいていただきたい『Bootstrap』について記事にしたいと思います。

 

はじめて聞く人も多いと思いますが、この言葉の意味はWebデザイナーを目指す方にとっては必須内容なので、超簡単にわかりやすく解説していきます。

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

おすすめITスクールはこちら↓

Bootstrapとは?

Bootstrapを実際に使ってみた未経験Webデザイナー

Bootstrapという言葉を初めて聞く未経験Webデザイナーの方もいるでしょう。

 

Bootstrapを一言で説明すると、HTML/CSS/JavaScriptから構成されるWEBフレームワークです。

 

WEBフレームワークとは、WEBアプリケーションを開発するに当たって必要な機能を一まとめにしたパッケージの様なものです。

 

Bootstrapには既にWebアプリケーション開発に必要な機能が実装されており、それぞれカスタマイズするようなイメージでWEBアプリケーションを容易に開発できるのが特徴です。

 

Bootstrapは、元々はTwitter社が開発したCSSフレームワークで、当初は「Twitter Bootstrap」と呼ばれていました。

 

Bootstrapには一般的によく使われるボタンやテーブル、グリッドなどのスタイルが予め用意されており、簡単に見栄えのよいサイトやWebアプリケーションを作ることができるようになっています。

Bootstrapの特徴

Bootstrapを実際に自宅で使ってみた未経験Webデザイナー

Webの世界では、WebデザイナーがWebのデザインを担当し、Webエンジニアがアプリケーションを開発するのが一般的ですが、Bootstrapを使うと、エンジニアだけでそこそこ見栄えの良いサイトが作れてしまいます。

 

BootstrapではレスポンシブWebデザイン機能もカバーされています。

 

レスポンシブWebデザインとは、デバイスの画面サイズに併せてCSSが自動的にデザインを変更してくれるため、以前のようにPC向けサイトとモバイル向けサイトを別々に作成する必要がないのです。

 

Bootstrapは規模を問わず、どんな規模のWEBサイトやWEBアプリでも使うことができるのが特徴です。

 

・デザインがわからない人
・HTMLやCSSがわからない人
・JavaScriptがわからない人

 

など、どんな人でも扱えるように設計されているのも特徴です。

 

こうした点が評価されている一方、プログラミングやCSSの知識がなくても、そこそこのWEBサイトやアプリケーションを作れてしまいます。そのため、Bootstrapを使うとプログラミングスキルが上がらないという悩ましさもあるのです。

 

未経験Webデザイナーを目指すのであれば、いきなりBootstrapではなく、基礎の基礎から学ぶことをお薦めします。

現役クリエイターによる直接指導!Webクリエイタースクール【デジタルハリウッドSTUDIO by LIG】

Ruby on RailsとBootstrap

Bootstrapを勉強する未経験Webデザイナー

Rubyはどんな分野でも使えるWebアプリケーション開発プログラムである反面、Rubyはスマホアプリの開発には向いていないのが弱みでした。

 

ところが、Rubyの弱点をBootstrapによって補うことができてしまうのです。

 

Bootstrapは、レスポンシブWebデザインに対応していると述べました。本来であればスマートフォン用に別に用意するべきスタイル定義を、Bootstrapが自動で生成するため、改めて定義する必要がないのです。

 

つまり、BootstrapはRuby on Railsアプリケーションの見た目をスタイリッシュにして、モバイル対応をしてくれるわけです。Rubyについて分からない人は、過去記事に分かりやすく解説しているので是非参考にしてください。

 

関連記事

未経験からWebデザイナーを目指す方法は?

Bootstrapを実際にスクールで勉強する未経験Webデザイナー

Bootstrapはフロントエンドと呼ばれる、ユーザー・インターフェース周りを整え、見栄えを良くしてくれるフレームワークです。

 

フロントエンドを疎かにしがちなプログラマーにとっては、苦手な分野であることもありますが、Bootstrapのような便利なツールを使えば、誰でもそれなりの見た目のものを簡単に作れるようになるのです。

 

今まで、Webデザイナーに頼りがちだったロントエンドをエンジニアだけで容易にカバー出来るようになるのですから、エンジニアを目指す方もBootstrapを習得しておくことをお勧めします。

 

未経験でWebデザイナーを目指す人であればBootstrapを学ぶことは必須ですが、Webデザイナーとしての仕事は、それだけでは完全に不足です。Webデザイナーはプログラマーよりは、かなりハードルは低いものの、独学で勉強して、転職を目指すには、時間や労力を考えるとおすすめできません。

 

しっかりとスクールに通い、経験値を積むことが面接対策にもつながるのでおすすめです。

 

未経験者でWebデザイナースクールに通って勉強しようと思っても色々なスクールがあり特徴が分からない方も多いと思うので、今回は私がおすすめする都内にあるスクールを紹介します。

 

キャリアチェンジを支援する・社会人のためのWebクリエイタースクール【デジタルハリウッドSTUDIO by LIG】』は、基礎から応用までしっかし学べ、卒業と同時に転職支援も行ってくれるので、未経験Webデザイナーを目指す方にとってはおすすめのスクールとなっています。

 

先ずは、下記より無料相談を受けてみて、自分に合いそうかどうか相談してみるとよいでしょう。それではまた!

おすすめ!Webデザインスクール

注目デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

社名 特徴


デジタルハリウッドSTUDIO by LIG
◎未経験からWebデザイナーに転職したい方
◎フリーランスとしてWebデザイン/動画スキルをアップさせたい方
【ポイント】
Web制作会社(株式会社LIG)が運営するスクール 。現役クリエイターによる直接指導 ・Mac・ディアルディスプレイ完備 ・コンサルタントによる厚い転職支援 ・デジタルハリウッド社と業務提携 ・LIG運営のコワーキングスペース使い放題!
僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!