大手転職エージェントはこちら▼
128_薬剤師_転職_面接_質問

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

薬剤師さんの皆さん!転職活動がんばっていますか?薬剤師さんの転職活動で無事応募書類が通過した場合に次に訪れるのが、

 

面接

 

ですね?今回は、薬剤師さんからいただいた「生の悩み」についてお答えしたいと思います。

 

薬剤師 28歳 男性
初めての転職を考えているのですが、面接で何を聞かれて、どのように答えていいのかが分からなく不安です。特に志望動機が上手くまとまらず困っています。

 

転職活動を行う以上、転職先の会社の採用試験を受ける必要があります。これは、どんな業界でも同じです。

 

しかし、薬剤師さんの転職の面接というのは、他の一般企業とほとんど面接の内容は変わらないんです。

 

ただし、薬剤師さんで絶対に注意したいのが、希望する転職先がメーカーの研究職の場合です。 その場合については、別のアプローチの方法があるので今回は割愛させていただきます。

 

面接で聞かれるテーマについてあらかじめ内容を考えておき、的確に答えることができれば、面接で落ちる確率を低くすることができます。

 

そこで今回は「薬剤師が面接を突破して内定をもらうための、考え方や実際の質問事項」について解説していきます。

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!
『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!

 

●こんな薬剤師さんにおすすめ●

・転職の面接をこれから受ける方
・転職の面接が上手く行かない方
・転職の情報収集を行っている方

 

薬剤師の転職面接対策はエージェント利用がおすすめ!

薬剤師の面接質問はパターン化している

退職理由

薬剤師の面接で聞かれる内容はパターン化されています。どんな大手でもどこでもほぼ同じ質問です。でそうした中でも特に面接で聞かれるものとして、次のような事項があります。

 

1:志望動機 

→調剤薬局、ドラッグストア、病院の中でなぜこの会社か

2:長所の自己PR・自己紹介をしてください

3:転職理由(退職理由)のきっかけは何か

4:薬剤師で心がけていること(薬剤師になろうと思った理由)

5:逆質問:最後に質問は無いか

 

面接官の意図を理解しながらこのような質問に受け答えしていくことがポイントです。

 

その中でも、志望動機と自己PRは、2つに分けて質問されるので、2つのパターンで準備しておくようにしましょう。

 

今回は特に重要な、志望動機と自己PRについて解説します。

志望動機は、なぜ応募先じゃなきゃダメなのかが重要

薬剤師の転職

薬剤師の面接において、調剤薬局やドラッグストア、病院、一般企業を含めてすべての面接で聞かれるのが志望動機です。

 

経営者や採用担当者であれば、なぜこの会社を志望したのか当然気になります。

 

他の調剤薬局やドラッグストア、病院ではなく、いくつか検索された求人の中で、「なぜこの企業、調剤薬局、ドラッグストアーに応募したのか」が重要です。

 

そのため、志望理由に答えられるように事前に内容を考えておくようにしましょう。

 

応募先である調剤薬局やドラッグストア、病院のホームページがあるのであれば、事前に調べておくといいですね。

 

また、求人票から「他にはない特徴」を見出して、志望理由にするのも効果的です。例えば、以下のように志望動機になります。

▶薬剤師の志望動機例

生活面を指導できる薬剤師を目指して転職を決意しました。

これまでの10年間で調剤薬局に勤務しておりましたが、原因不明の脱力感になることが多くサプリメントなどを試したり、生活習慣などを変化させることで少しずつ回復に向かうことができました。

薬剤師というのは「薬だけを説明・指導するだけではなく、栄養的な面でも指導することで患者さんに手助けできるのでは。」と考えるようなり、ドラッグストアー併設の調剤薬局なら可能であると考え、その中でも御社の最も特徴的な「健康イベント開催」という販売活動があることを知りました。

トータル指導を目指していた私にとって仕事内容に非常に魅力を感じたので今回応募させていただきました。

▽薬剤師の志望動機解説

このように、求人先(薬局、病院など)の企業の特色に沿った志望動機を述べるようにしましょう。

 

他ではなく、その会社でしか実現できないことを面接で伝えるといいです。あなたが実現したい働き方を志望動機に設定しましょう。

自己PRは長所を盛り込む

面接

薬剤師の面接の場では、自己紹介についても面接では頻繁に聞かれます。

 

これまでの経験から考えてあなたの長所は何か、また薬剤師としてどのように貢献できるかをアピールしなければいけません。

 

このとき、自己PRの型として最も一般的であり、面接官に対する受けが良いのは「逆転ストーリー」です。

 

マンガのストーリーやテレビのドキュメンタリーなど、全てこの型で構成されています。面接でも同じであり、この型にはめ込んだ自己PRは人の心を最も心を動かすことができます。

 

最初に設定するのは大きな壁です。

 

ある困難があり、その困難をあなたがどのように解決して将来に繋げていったかというストーリーを作り上げましょう。

 

「初めはマイナスからのスタートだったが、自分がこのように改善することによって今ではプラスになった」という感じの自己紹介・自己PRになります。

 

例えば、以下のように長所の自己PRをします。

▶長所の自己PR例

業務改善によって、職場環境を良くしたり医療の質を高めたりすることができます。

これまで、病院薬剤師として慢性期病院や急性期病院を含め2つの病院を経験してきました。特に急性期病院では患者さんの容態が日を追うごとに変わり、医師・看護師との連携が重要になります。

このときは2年目から積極的に病棟業務に携わるようになりました。ただ、医師・看護師まで含めた他職種となると常に顔を合わしているわけではないので、意思疎通にズレを生じていました。

そこで、インターネットを利用した病院内のシステム活用を思いつきました。

具体的には、患者さん一人ごとにグループメール(グループチャット)を作り、そこで「特に知らせておくべき重要なこと」を書いて共有するようにしました。最初は私だけが一方的に情報共有していたのですが、3ヶ月後くらいから医師・看護師もそこで重要事項を共有するようになり、仕事上のミスも少なくなって非常に円滑に業務が回るようになりました。

新しいことの提案は反対されることが多いものの、私の場合は「まずは行動して様子を見る」ことから始めるケースがたくさんあります。そこから業務を改善し、より質の高い医療を提供できるようにすることが強みだと自負しています。

▽薬剤師の自己PR

話の内容は「患者さんで共有しておくべき情報を他職種の人とも知らせられるように頑張った」という内容なので特別にすごいことではありませんが、このようなストーリー形式で展開すると非常に素晴らしい人物であるかのように聞こえます。

 

良いことばかりを話すのは単なる自慢話です。そこで、こうした型(逆転ストーリー) を知って当てはめるだけでも、「面接でどのように自己PRをすれば良いか」が違ってきます。

まとめ

転職に成功した女性

薬剤師の転職は、面接対策がパターン化しているので意外に簡単です。

 

特に、志望動機、自己PRは今回の志望動機例を基に、自分で少しずつアレンジすることで最強の志望動機、自己PRが作成されていきます。

 

アレンジなしのコピペでは、面接官に思いも伝わりにくく、最悪コピペがバレることも。

 

そうならない為にも、自分の立場や気持ちを込めた志望動機を作っていきましょう!

 

また、志望動機をはじめとする応募書類対策、面接対策、条件交渉などは薬剤師専門の転職エージェントを利用することがおすすめです。かゆいところに手が届く転職エージェントは、転職の強い味方になるので登録してみてはいかがですか?

 

それではまた!

▶薬剤師専門転職エージェント

薬剤師さんの希望に応じたフルオーダー提案がおすすめ!
 
充実のキャンペーンもお得♪
【特徴】
株式会社AXISは、「お仕事ラボ」を運営する薬剤師の為の人材紹介・派遣会社です。大手調剤薬局チェーンの100%子会社として、プライバシーマークを取得している薬剤師に特化した人材紹介会社なので、完全無料且つ安心して利用できます。初めての転職活動でも是非利用がおすすめ!
【注目!】
充実のキャンペーンでお得♪

・転職サポート新規会員登録で1万円GET!
・面接で交通費支給3万円GET!
※初回のみ薬局との面接が完了後
・お仕事決定で最大10万円GET!
・お友達紹介で最大7万円GET!

キャンペーンの内容確認、実際に転職を考えている方は下記から登録詳細確認ができるので、利用してみましょう!

本気で転職したい場合は、転職ツールを使い倒せ!!
保育士の本気の転職

転職に必要不可欠なことは、「目的」「対策」です。

 

✔転職する目的はあるのに対策方法がわからない。
✔どんな企業が自分にマッチするのか分からない。
ブラック企業への転職だけは避けたい。
✔業界に詳しい人から転職アドバイスをもらいたい。

 

そんな悩みに答えてくれる最強の転職ツールが「転職エージェント」です。南野弘明自身の4度の転職でキャリアアップができたのは転職エージェントのおかげといっても過言ではありません。

 

ハローワークや転職サイトだけで転職活動をしている人は、転職エージェントを利用して企業選びから面接対策雇用条件交渉をはじめとする手厚いサポートを受けてみよう!ライバルに圧倒的な差をつけるスムーズな転職が可能です!!

Twitterでフォローしよう

転職を成功の為に読んでおきたい