大手転職エージェントはこちら▼
転職ノウハウ一押しの記事▼
第二新卒の面接対策!

第二新卒の面接対策!

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

今転職市場で需要拡大中の「第二新卒」!第二新卒とは、新卒入社後1~3年以内の転職希望者層を指します。過去記事でも記載していますが、企業側が第二新卒を採用する大きなメリットは、

・社会人経験がある為、教育コストがかからない。
・企業での経験により、一皮むけた人材を確保できる
⇒ポテンシャルが高い
・新卒枠で採用できなかった人材の補填

などの人材確保の観点から、企業側にとってもメリットが大きいのが特徴。

しかしながら、第二新卒枠で転職を考えている若年層にとっても悩みが多く、一歩目が踏み出せない人が多いのが現状です。その原因を見てみましょう。

・キャリア不足で転職できないんじゃないか。
・第二新卒の面接って何を聞くんだ?
・面接が怖い・・・
・第二新卒の転職のやり方てあるの?
・スーツはリクルートスーツしかない。

大丈夫です!

 

第二新卒の面接は、決まった質問が多いんので対策しやすいんです!

 

今回の記事は第二新卒の面接頻出質問やマナーそして、おすすめの第二新卒の転職方法について解説していきます。

広告:第二新卒の転職に強い味方はこちら↓
※クリックすると詳細ページに移行できます。

第二新卒の転職は面接の質問対策が重要!第二新卒の面接時の服装チェック

第二新卒の転職は面接の質問対策が重要ですが、その前の段階として、「何を着て面接にいくとよいの??」て結構悩みますよね?その答えは、

 

第二新卒は、まだリクルートスーツでOK!!

 

第二新卒は新卒のようなフレッシュな存在。フレッシュマンと言えば「リクルートスーツ」ですから、リクルートスーツでも問題なしです。

第二新卒の面接対策はこちら↓
※クリックすると詳細ページに移行できます。
【公式】第二新卒エージェントneo

第二新卒の転職は面接の質問対策が重要!転職理由と志望動機の違いに気を付けよう!

第二新卒の転職は、面接の質問対策が重要で特に新卒の面接と異なる点は、

転職理由と志望動機

です。転職理由と志望動機をしっかり理解していない第二新卒の転職希望者がとても多い!

まずはその違いをしっかり理解してくださいね。

志望動機て何?新卒の就活での志望動機と何が違うの?

志望動機はとても大事ですよ!100%質問されます。つまり志望動機を一言で言うと、

「なぜその会社に入りたいのか」

つまり、どこに魅かれて応募したのかについて答えなくてはなります。例えば下の例文を見てみましょう。

 第二新卒志望動機例(NG例) 

「御社の持つコンプレッサーが世界シェア1位というところに魅力を感じました」

というようなものが志望動機ですが、この答えで通じるのは「新卒の就活にのみ」です。転職者は絶対こんな志望理由じゃだめですよ!理由は後述します。

転職理由て何?転職活動で100%聞かれる質問です。

転職理由は、転職の面接で100%聞かれる質問です。

そして、この質問が合否に大きく左右される質問なので、最も対策が必要な質問です。転職理由例を見てみましょう。

 第二新卒の転職理由の例(NG例) 

「私が現在所属している部品メーカーでは顧客目線ではなく、社内の意向重視の傾向が強く、意見も通りにくい環境です。風通しや社風の良い会社に転職したいと思いが強く、転職活動をスタートさせました。」

つまり、転職理由は、「なぜんで折角新卒で入ったのに辞めなきゃいけないの?」というのが面接官は知りたいんです。この転職理由でマイナスイメージを持たれたらアウトですので、面接官を納得させるだけの理由を伝えることが重要です。

上記の答え方だと必ず「不採用」になりますので要注意!理由は後述しますね。

第二新卒の面接対策はこちら↓
※クリックすると詳細ページに移行できます。
【公式】第二新卒エージェントneo

第二新卒の転職は面接の質問対策が重要!第二新卒の面接でよく聞かれる質問集!

第二新卒の転職は面接の質問対策が重要です。記事冒頭でも説明していますが、

第二新卒の面接で聞かれることはほぼ決まています。その対策さえしてしまえば需要拡大中の今なら転職することは難しくありません

合否に関わる重要な質問などは5段階評価で表しておりますので、是非参考にしてください。

質問1:なぜ新卒でその会社を選んだのか?

重要度:★★★★★

特にこの質問が多いのが第二新卒の金融系の転職者です。

金融から異業種に転職、特にメーカーに転職するときは絶対に聞かれますんでしっかり対策してくださいね。

金融系は「金貸し」で、メーカーは「金を借りる」方なので、結構エグイ質問を面接官がする場合もあるのでご注意を。

 ベスト回答例 

「新卒時は金融工学を専攻していた兼ね合いもあり、金融関係の職業に就きたいという思いが強く銀行を志望いたしました。しかしながら、金融の仕事はお金を貸すことによる「手数料」で利益を得てこともあり、実態のある商品でお金を稼ぐ職業の方が自分に向いていると考たのが第二新卒として転職を考えたきっかけです。

メーカーで誇りに思える製品を世に送り貢献したい、仕事をしているという実感を持って仕事をしたいという思いから、メーカーへの転職を決めました。」

 回答のポイント 

とにかくメーカー人事は金融関係者を嫌います。まるで火と油。

「なんで真逆のメーカーにくるんだ?」

という疑念を抱いているのでしっかりとこの質問に答えられるようにしておいてください。

質問2:いまの会社では「ダメ」と思ったのどういったことですか?

重要度:★★★★★

「今の会社と合わない、だからやめよう」

と思ったという答えは第二新卒にとってかなり合否に左右される質問だと思っていいでしょう。ここで考えることは1つ。

「なぜいまの会社を辞めなくてならないのか、その理由を明確にする」

ここがポイントです。そしてこの答え方を第二新卒の方たちは殆どが間違えています。その為、面接官は以下のような疑問を抱いてしまうんです。

「今いる会社で解決できる問題でしょ?」
「内の会社に入っても解決できないよ?」

という風に返されてしまいます。こうなると面接通過は不可能に近いです。そこで明確にやめないと達成できないことを主張しなくてはならないんです。

 ベスト回答例 

「現在は美容師として美容院に勤務していますが、どうしてもアパレルでの仕事をしてみたいと考えるようになりました。美容師はどうしてもスピード感でノルマをこなす方が重要となってしまい、なかなか自分の色を出したカットができていません。アパレルであれば自信のある商品お客様に提供でき、自分らしい色を出しながら販売してノルマという形で勝負できると考えております。」

 回答のポイント 

このように「今の会社ではどうしても解決できない問題があるから転職で解決したい」というように伝えることがみそなんです。第二新卒頻出質問なのでしっかり対策を!

第二新卒の面接対策はこちら↓
※クリックすると詳細ページに移行できます。
【公式】第二新卒エージェントneo

質問3:当社で実現したいことは何ですか?

重要度:★★★★

第二新卒で部署が確定していないような場合によく質問される内容です。どの部署で働きたいかという希望とその理由を論理的に説明できるかがポイントです。

製造業でいうなら設計なのか、生産技術なのか、製造なのかというような多部署の場合、特に大企業では入社前に部署が確定していない場合もあります。

第二新卒での転職で大企業を受ける場合は、「専門部署採用」の可能性は極めて低いので、このような質問をしてくるわけです。

絶対注意していのが「どこの部署でも大丈夫です」的な答え方をすると一番過酷な部署に行かされる場合もあるのでご注意を

 ベスト回答例 

「特に希望が強いのは設計職です。設計という仕事は昔から興味があり、是非将来の為にも就きたい職種ではあります。前職は生産技術でしたが、設計経験もありますので製品を一から作り上げてみたいという気持ちがとてもありますので第一志望とさせていただきます。」

 回答のポイント 

中小企業は第二新卒を採用でも専門職採用はありえますが、大企業の場合には正社員は入社まで決まっていない場合もよくあります。大企業に第二新卒として転職する場合は、自分の意思を必ず持つようにすることが大事です。

転職することが目的ではなくあくまでも「転職先で成功する」ことが目的なので大事なことですよ。

▼質問4:自己紹介をしてください

重要度:★★★★★

第二新卒の自己紹介についてはほぼ100%面接冒頭でお願いされます。ここで理解してほしいのは、

自己紹介=自己PR

であることです。新卒みたいに趣味などの話をしちゃだめですよ!第二新卒は社会人です。第二新卒は新卒とは違い、しっかりとした「社会人経験」持っています。自己紹介と言われたらあなたの経験とスキルをアピールしてください。

面接官から「自己紹介をお願いします」と言われたら、すらすらと自己紹介(自己PR)してください。超重要事項なのでまずはNG例を見てみましょう。

 回答例(NG例) 

「食品加工業界経験1年の第二新卒の●●です。現在は製造職ですが、製造職は仕事がハードなこともあり、製造職から精神的に楽な事務職へ転職したいと考えました。」

 NG理由 

転職において「楽そうだから」「今務めている会社が辛いから」「つまらないから」などネガティブな回答は全てNGです。

ネガティブな転職理由をストレートに答えるのではなく、ポジティブに変換するのがポイントです。ポジティブに変換した具体例をみてみましょう。

 回答例(OK例) 

「私はこれまで食品加工業の製造部のメンバーとして会社に利益をもたらすことを目標に二年間従事してきました。製造職は利益を直結しますが、企業の縁の下の力持ちとしてコスト削減やグローバル調達に力を入れている御社購買部門に大変興味を持ち応募させていただきました。」

 回答のポイント 

たった数行ですが否定的な理由ではなく、ポジティブ変換されてますよね?あとは、上記の例文を基に、自分のPRできるポイントを付け足して行けばOKです。

自己紹介は、あなたの経験とスキルをアピールする場面であることを覚えておきましょう。

第二新卒の転職は面接の質問対策が重要!面接の場はあなた外見もチェックされている

第二新卒の転職は面接の質問対策が重要ですが、答え方も重要です。答え方のポイントは、

とにかく自信に満ちあふれた表情と発言

が重要です。面接官は、あなたの表情や反応など全てを見ています

いい答えを出しているのに、自信の無さそうな表情やしゃべり方をしてしまうと、「頼りない」「将来が不安」という印象を持たれてしまいます。とてももったいないので兎に角はきはきと自分に自信がみなぎる表情や身振り手振りでしっかりアピールしてください。

第二新卒の面接対策はこちら↓
クリックすると詳細ページに移行できます。
【公式】第二新卒エージェントneo

第二新卒の転職は面接の質問対策が重要!面接に対する回答は「結論」から。

第二新卒の転職は面接の質問対策が重要ですが、その回答の仕方にポイントがあります。その答えは、

常に結論を先に言う

ことです。最近の中年層でもよくいるんですが結論が分からず長々と話す輩。特に面接のようなプレゼンの場ではNGです。

私が面接官だった時の経験ですが、落とされる人の多くは「結論から述べてロジカルに回答できない」人が殆どでした

次に具体例を見てみましょう。第二新卒として生産技術職へ転職したい設計職だとします。

 OK回答例 

「私はコスト低減ができる生産技術職になりたいと考えております。生産技術職はハードな仕事の中で「いかに効率的に生産するか」また「いかにコスト削減できるか」が生産技術職の使命だと考えています。設計職としての経験を活かしながら、効率的な工程設計ができる生産技術職を目指したいきたいと考えております。」

このようにコスト低減の考えが根付いており、設計職の経験を活かしながら社業に貢献していくストーリーはとても好まれます。回答の冒頭にも「結論」がしっかり来ていますよね。こいった回答は面接官に自分の意思が伝わりやすいので絶対に実行してください。

転職エージェントを活用して、第二新卒の面接対策をしよう!

何かと不安がある第二新卒。だからこそ利用したいのが、

転職エージェント!

転職エージェントに登録するメリットは大きく分けて3つ。

・応募書類対策
・面接対策
・雇用条件の交渉

ハローワークや転職サイトでは自分が主体。つまり、自分で面接対策をしなくてはならないのですが、確実な情報を入手することは困難です。

面接時に来る質問の最新版を入手することができれば面接は気が楽になりますよね?

第二新卒の方にオススメの転職エージェントは、下記を参考に登録して面談を受けてみることをお薦めします。

下記転職エージェントは「第二新卒」を得意とする転職エージェントです。

まずは登録してみてキャリアカウンセリング(面談)を受けてみましょう。苦しい時にもしっかしサポートしてもらえるので安心ですよ!

第二新卒のオススメエージェントはこちら!
※クリックすると詳細ページに移行できます。

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

エージェントの特徴
・キャリアコンサルタントの親身な面談
・書類添削や面接対策までしっかりサポート
・厳選された求人の紹介(ブラック企業排除)
・入社前、入社後のアフターフォローも充実!
・学歴、職歴が不安でも安心サポート
【NGユーザー】
・高校生を含む18歳以下もしくは29歳以上
・来社面談できない方
 詳しくはこちらをクリック↓ 
転職を成功の為に読んでおきたい