大手転職エージェントはこちら▼
205_コロナ_共働き_正社員

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

コロナ禍(ころなか)で収入が大幅に減少する世帯が全体の8割以上と言われるため、貯蓄が無い世帯はかなりの死活問題と言えるでしょう。

 

その為、世帯収入を増やそうとパートや派遣、正社員を目指して働こうと考える共働き世帯が大幅に増加することは間違いありません。

 

しかし、そこには越えなければならない壁が沢山あります。

 

今回の記事は、コロナ禍で増える共働き世帯で主婦が正社員を目指すときの乗り越えなければいけない壁について記事にしたいと思います。

 

事務職を目指す人はこちら↓

コロナ禍の共働き増加問題!子供をどうするかが課題

共働きの課題は子供

コロナ禍で共働きが増えると、主婦から正社員等を目指すことになりますが、まず解決しなくてはならないのが、子供をどうするのか

 

小学校3年生程度なら学童保育に頼らなくてもよいですが、2年生以下の場合は学童保育に頼る必要がありますし、今まで保育園に入れていなかった子供を保育園に入れる必要があります。

 

つまり、コロナ禍による共働きをするかしないかの一つの境目は、お子さんの学年が3年生以上からというのが一つの目安となるでしょう。3年生以上であれば、善悪の判断がつく年齢なので、鍵の開け閉め、火の使用禁止等ルールを徹底すれば、子供を預けなくてはならないという問題については解決可能です。

コロナ禍の共働き増加問題!長年のブランクをどう穴埋めするか

パートタイムの仕事

コロナ禍で共働きを決意して、子供の問題も解決。社会復帰を決意しても世の情勢を考えるとそう簡単に職が決まるとは限りません。

 

リストラや非正規雇用切りが進んでいるので、正社員をいきなり目指してもブランクが邪魔して共働きがスタートできないといことは容易に想像できます。

 

ここで考えるべきことは、ステップアップして正社員を目指す手法です。

 

ブランク(離職期間)が長ければ長いほど自分のスキルの証明が難しくなり、即戦力として企業側は期待できないので不採用になりやすくなります。そのためには、パート→派遣社員→正社員といったステップを踏みながら共働きの収入を増やしていくことがポイントです。

 

次に、このステップアップに対してどのように職を選んでいけばいいのかについて解説していきます。

共働きスタートはパートから

コロナ禍による共働きスタートはまずパート採用を目指しましょう

 

このパート選びのポイントは、今までの経験を重視することです。例えば過去に銀行員としての経験があるのであれば、銀行のパート採用に応募するなど、自分の経験を選ぶことです。百貨店の販売経験があるならば、スーパーのレジなども可能ですね。

 

コロナ禍だからすべての業界が採用を止めているということはなく、スーパーマーケットドラッグストアーなどの販売業は臨時ボーナスを出す程の好調です。自分の経験に直結する職種を選んで共働きをスタートしましょう。

 

工場求人検索はこちら↓


パート経験を積んだ後は、派遣社員へ

パート経験があり、年収を増やしたいなら派遣社員として働くことをおすすめします。

 

コロナ禍で既に派遣切りも進んでいますが、IT業界、事務系職員などは、採用しているところも結構あります。この時も、パートの経験を活かした内容について、派遣会社としっかり話し合うことをおすすめします。

 

派遣社員として働くことも、派遣先の求めるのはやはり即戦力。コロナ禍でより一層即戦力が求められるので、過去の経験、パートでの経験などはしっかり確認されます。説明できることが重要ですので対策を十分行いましょう。

 

派遣社員については過去記事を参考に!



コロナ禍の最終目標は正社員

派遣社員で経験を積めたらいよいよ正社員です。

 

しかし、正社員というのは簡単になれるものではありません。コロナ禍が進む以前は好景気でしたので、多少の経験があれば正社員にもなれたでしょう。しかし、現在は違います。本当に会社に必要な人物を厳選して採用されます。

 

つまり、即戦力として活躍できない人物以外を採用することはありません。

 

応募書類、面接等しっかり対策をしなくては、本当に実力があっても不採用になります。そのために必要なのが正社員を目指す転職対策です。この対策というのは、当サイトでも紹介させていただいているので是非参考にしてください。

コロナ禍の共働き増加問題!キャリア形成は年齢と目標年収を加味して!

派遣から正社員を目指す

コロナ禍で増える共働き世帯。主婦から正社員を目指すべきステップを踏むとしても、そこには年齢と目標年収を加味する必要があります。

 

正社員を目指せる年齢というのは30代までが一般的です。正社員のブランクがありすぎる40代は、正社員になれる可能性が極めて低いです。40代は、転職市場でマネジメント層なので管理職しての採用です。しかし、管理職以外となると20代、30代を採用した方が長期キャリア形成も企業側やりやすいわけですから、正社員採用は絶望的です。

 

そこで考えるべきは、共働きをして世帯年収をいくらにしたいかです。

 

一般的な家族4人世帯で必要な年収は600万円から700万円程度です。これは老後の多少の貯蓄を含めていますが、世間一般の3000万円必要とは異なります(これにも私は疑問ですが)。下記を目安に考えていくとよいでしょう。

 

夫の年収例 パート年収 派遣社員年収 正社員年収
350万円 120万円

派遣社員を目指す

200万円

正社員を目指す

280万円

目標達成!

400万円 120万円

派遣社員を目指す

200万円

派遣社員で頑張り次第で目標達成!

500万円 120万円

派遣社員を目指す

200万円

派遣社員で目標達成!

600万円 120万円

目標達成!

 

上記表でもお分かりいただけますように、あくまでも夫の年収がポイントです。夫の年収が600万円を超えるようであれば、パートタイムで十分ですし、350万円なら主婦から正社員を目指さないと目標が達成できないことを意味しています。

 

まずは、家族会議を開き、今後のことをよく打ち合わせしていくことをおすすめします!

コロナ禍の共働き増加問題!専業主婦を卒業まとめ

共働き

コロナ禍で増加する共働き。専業主婦から正社員を目指す方法はいかがでしたでしょうか?

 

まず頭に入れるべきことは、子供のこと。社会復帰は子供が小学校3年生を超えてからがおすすめ。

 

また、専業主婦が抱えるブランク「離職期間」への課題。この穴埋めは、正社員をいきなり目指すのではなくパートからスタートしていくことがステップとして重要です。

 

そして最後に考えるのが、どこまでステップアップが必要かでした。これは、夫の年収とあなたの年齢で決まってしまいます。正社員を目指すのにあなたの年齢がすでに40代ならば絶望的。そのためには、夫の年齢とあなたがどこまで努力できるかを考慮した上で世帯年収を決定しましょう。

 

それではまた!

本気で転職したい場合は、転職ツールを使い倒せ!!
保育士の本気の転職

転職に必要不可欠なことは、「目的」「対策」です。

 

✔転職する目的はあるのに対策方法がわからない。
✔どんな企業が自分にマッチするのか分からない。
ブラック企業への転職だけは避けたい。
✔業界に詳しい人から転職アドバイスをもらいたい。

 

そんな悩みに答えてくれる最強の転職ツールが「転職エージェント」です。南野弘明自身の4度の転職でキャリアアップができたのは転職エージェントのおかげといっても過言ではありません。

 

ハローワークや転職サイトだけで転職活動をしている人は、転職エージェントを利用して企業選びから面接対策雇用条件交渉をはじめとする手厚いサポートを受けてみよう!ライバルに圧倒的な差をつけるスムーズな転職が可能です!!

Twitterでフォローしよう

転職を成功の為に読んでおきたい