▼強み/年収分析最強ツール▼
不景気の時こそ転職した方がいい?答えをわかりやすく解説

不景気の時の傾向は、リストラ、会社倒産、給与カットなど従業員にとっては悲惨な日々を過ごすことになり、転職したいという人が増える傾向にあります。生活もあるので転職に踏み切るべきかを考え悩んでいる方向けに、不景気の時の転職の考え方について解説します。

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

転職活動を始めるとき、今抱えている問題を将来を含めてどうするかを考えて行動されている方が殆どだと思います。

 

しかし、いざ転職活動を始めようとしたとき「今いる会社も不景気だけど、世間も景気が悪いと転職しても意味がないからやめておこう」と考える人が多いと思います。

 

でも、よく考えてみましょう。

 

好景気がやってくるのは次はいつになりますか?

 

これは予想するのが難しいですよね?

 

今回の記事は、不景気の時の転職というのはどういうものなのかについて、わかりやすく解説していきます。

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

●こんな方におすすめの記事

①コロナ不況だけど転職したい
②できる限り良い条件で転職したい
③転職したいけど行動に移せない

 

不景気の時の転職活動は不利!その理由とは?

不景気の時の転職になり給与面で不利な風景

一般的に転職市場は好景気の時は売り手市場不景気の時は買い手市場と言われ、今のコロナ不況では『買い手市場』となり、転職は不利と言われています。

 

この買い手市場は不景気の時、企業側が採用活動を行わなくなることから新卒、中途採用の両方の採用活動を中止することから発生します。

 

その為、今の会社が不景気の時を迎えてから転職活動を始めるというのは、それなりの覚悟と苦労が必要だということを覚えておきましょう。

 

では、なぜ不景気の時が転職に不利な状況になるのか具体的に見ていきましょう。

▶競争倍率が上がる

不景気の時は、企業側が採用活動を行わなくなるので、求人が出てこなくなります。その為、好景気の時に求人を出しても応募者が集まらなくなるのに、不景気の時はとんでもない応募者が集まるといったことがあります。これが競争率増加です。

 

現に私が務めていた前職でリーマンショック時に求人を出したら、採用枠1名に対して100人以上の応募者が集まるといったことが起きています。

 

つまり、競争倍率が上がればライバルも増えることから、転職希望者にとって不景気の時は転職が不利な状況になるということです。

▶給与面でのキャリアアップに期待できない

好景気の転職であれば、多くの求人が出ているので今の職場よりもよい給与への転職チャンスがありますが、不景気の時は求人が少ないため、高給の求人に出会えるチャンスが減ってしまいます

 

その為、給与を単純に上げたいということを転職理由にしている人にとっては、よい条件に巡り合えるチャンスは減ってしまうので、転職に不利な状況になってしまいます。

 

関連記事

不景気の時の転職理由は『高度化』する

不景気の時の転職になり不利な転職をして後悔する女性

好景気であればどんな転職理由でも意外と簡単に転職できてしまいます。例えば、

 

①給与が低い⇒高給を求めて転職
②人間関係が悪い⇒一旦リセットできる環境に転職
③会社が暇⇒スキルが身に着く企業に転職

 

しかし、こういった理由で転職先を探そうとしても不景気の時だと求人が少ないため、簡単には転職できません。

 

その為、転職理由は高度化する傾向にあります。例えば、

 

①●●の設計スキルを活かしたい
②実力主義の会社に転職したい
③英語スキルを活かして外資系に転職したい

 

つまり、好景気よりも自分のスキル、経験が転職先に貢献できるほどの実力を兼ねそろえていないと、多くのライバルに勝つことはできないといった不利な状況になります。

 

もし、高度な技術スキルや経験を持っているのであれば、転職活動をしても比較的転職先は見つかりやすいと思いますが、当然好景気とは難易度がことなるので、そこについては肝に銘じておく必要があります。

 

転職考えているのであれば、まずはしっかり自己分析し、現在の市場価値を知ることが大事です。

▶市場価値分析ツールを使用する

市場価値を知ることができるアプリ『MIIDAS(ミイダス)』を利用すれば、皆さんの現在の市場価値を多くのデータから分析してもらえます。

 

①年齢
②スキル
③経験
④業界
⑤職種
⑥資格

 

などを細かく入力することで、転職市場でのあなたの価値意を見出してくれるというアプリ。今の給与と転職市場での給与を比較して、転職するかしないかの検討してみるとよいでしょう。

 

ミイダスの簡単市場価値分析はこちら↓


注目無料!グッドポイント診断で強み分析

リクナビNEXT『グッドポイント診断』で皆さんの強みポイントが一目瞭然!30分できっちり・納得の診断結果が得られます☆

サイトロゴ サイト名
リクナビNEXT

 

リクナビNEXTでやってみる

不景気の時でも転職を考えないとやばい人

不景気の時の転職になり不利な転職をして後悔する男性

不景気の時だから転職をとどまるという考えは、決して間違えていません。なぜなら、転職することは、それなりに労力を使う行動ですし、前述した理由からも転職は不利な状況となります。

 

しかし、転職が不利な状況でも転職を急がないとまずい人もいらっしゃるので、次に解説します。

▶リストラ、会社倒産という危機的状況

不景気の時に異常なほど増えるのがリストラ者、会社倒産という状況。多くの人が、

 

・リストラに合ってから考えればいい
・会社が倒産してからでいい
・失業保険を貰ってゆっくりしてから考える

 

と考えいます。

 

しかし、これは大間違いです。

 

・リストラ者⇒能力がなく捨てられた
・会社倒産⇒不運な人
・失業保険を貰ってすぐ転職しない人⇒意欲無

 

こういった解釈を転職市場ではされてしまいます。

 

現に、私が面接官だったころ、リーマンショック不景気真っただ中だったため、多くのリストラ者が面接に来ましたが、リストラ者は採用されたことがありません

 

能力が高いのであれば、まずリストラに合わないというのが脳にインプットされているので、採用のハードルが非常に高く設定されてしまいます。

 

そういったことからもリストラ、会社倒産の匂いを嗅ぎつけた段階で転職活動を進めておくことを強くおすすめします。

 

関連記事

▶精神的に追い込まれている人

不景気の時の転職になり不利な転職をして後悔したくない男性

不景気の時は雇止めが発生するので、少ない人数で業務をこなす必要があります。その為、残業時間が長くなり、精神的に追い込まれうつ病を発症する可能性が出てきます

 

また人間関係に強く悩んだり、パワハラ、モラハラといったブラック企業気質の企業から逃れたいとい気持ちがあるのに転職しないというのは、同様に精神疾患を誘発することになるのでいち早く転職しないと将来働けなくなる可能性があります。

 

自分の精神状況であったり、ブラック企業気質の会社にいることに悩んでいる人は、不景気云々よりも転職活動に全力で取り組むことを強くおすすめします。

 

関連記事

▶ブラック企業を避けて転職する秘訣は?

精神的に追い込まれてしまうと転職することに気をとられ、またブラック企業に転職してしまうという事例が非常に多いです。自分を見失った状態で求人検索をしてもブラック企業についての考えを失念してしまい、不利な条件でも転職してしまう人も多いですね。

 

そうならない為には、ブラック企業排除に力を入れている転職エージェントを利用して転職活動をするというのは、非常に有効な手段です。

 

20代限定ですが、ブラック企業を排除して求人を紹介してもらいたい人におすすめな転職エージェントを下記にご紹介しますので、興味があれば詳細を確認してみるとよいかと思います。

 

おすすめ第二新卒エージェントneo

サイト名 特徴
第二新卒AGENTneo 正社員での就職・転職を希望する18歳~28歳の方々の就職/転職をサポート! 経験・学歴不問でフリーター、中卒、高卒、大学中退、大学卒業後(既卒)、短期離職、第二新卒(就業後3年以内の離職)、中途、キャリアアップの転職など幅広い経歴の方を完全無料でサポートしてくれるエージェント。

評価項目 解説
求人数 10000件以上
担当者の質 1人あたり平均10時間の手厚いサポート。 企業担当による面談対策。幅広い求人の紹介。 内定後はもちろん、入社後もサポート。 ブラック企業を除外、優良企業のみのご紹介で安心して活動できる。
登録メリット 豊富な経験を持つのキャリアアドバイザーがみなさんの将来像や希望、適正を踏まえて求人を紹介してくれる。 履歴書の添削はもちろん、一緒に職務経歴書の作成も行ってくれる。 
対応エリア 関東、関西、九州

不景気の時の転職:まとめ

不景気の時の転職になり不利な転職でも成功を勝ち取れた女性

好景気と不景気の時の転職は大きく異なり、買い手市場になることから転職希望者にとっては一般的には不利な状況です。

 

しかしリストラ、会社倒産が分かっているのに転職活動をしない、精神的に病んでいる、20代といった方は、いち早く転職活動をしないと取り返しのつかない状態になることも。

 

先ずは、ご自分の今の状況や立場を考慮して、転職すべきかを考えるとよいでしょう。

 

また、第三者的なアドバイスを求める場合は、転職エージェントなどを積極的に利用していくこともおすすめです。

 

それでは、また!

 

不景気の時の転職を不利から有利に転換する方法

僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事