大手転職エージェントはこちら▼
162_転職活動_バイト_失業保険

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

転職活動のやり方でスマートなのが「在職中の転職活動」ですが、実際問題として退職後に転職活動をやらざる得ない場合もありますよね?

 

そんなときに考えるべきことは、転職活動をしながらアルバイトをすることです。収入がある程度あると精神的にも安定するのでとてもおすすめです。

 

今回はさらにバイトをするのと失業保険をもらうのではどれくらい違いが出るのかについても詳しく説明させていただきます。

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!
『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!

バイト給料と失業保険を比較してみた

転職における失業保険

そもそも転職活動をしながらバイトをすること自体意味があるのでしょうか?

 

「折角失業保険がもらえるのにバイトをするともったいないのでは?」

 

そう思う人も少なくないでしょう。失業保険は、無職者(離職者)にとって大事な収入源ですし、失業保険の受給条件さえ満たせばもらえる権利があるので、利用しない手はありません。

 

そこでとても大事なのが、自分が失業保険がいくらもらえるかを知らなくてはなりません。

 

受給額によってバイトをすべきかどうかの判断材料になるので、バイトと失業保険について比較結果を見ていきましょう。

▶失業保険の受給資格があるか必ず確認する

大前提としてあなたが正社員のとき、雇用保険に加入していますよね?そうすれば、失業保険を受給できますが、そうでなければもらえないので注意しましょう。

 

さらに、雇用保険には「加入期間」があり、それを満足しないと受給できないので、全員が簡単に失業保険を受給できるわけではないことも合わせて注意が必要です。

▶失業保険受給額を計算してみる

この計算は絶対忘れてはいけません!これを計算しないでバイトをすると損する可能性があるので要注意です!

 

例えば、前職の月収が30万円だったとしましょう。その場合の失業保険受給目安は、

 

30万円×0.7=21万円程度

 

が自己都合の場合3か月間もらえる計算になります。

 

この額は、アルバイトをフルで働かないと稼げない金額です。次に前職の月収が20万円だとします。その場合の失業保険受給目安は、

 

20万円×0.7=14万円程度

 

となります。この額もバイトをかなり頑張らないともらえない金額なので無理にアルバイトをする必要はありません。

 

では、どのような人が転職活動中にアルバイトをしなくてはならないのか。下記を見てください。失業保険からバイトへの切り替え目安です。

 

16万円×0.7=11万円程度

 

が目安になってきます。これだと家賃を払っていくだけでも大変なのでアルバイトをした方がいいでしょう。

自己都合の場合は、バイトをした方がいい

バイト検索中

自己都合の場合は、3か月後からの失業保険受給となるので退職後即バイトをするのがいいでしょう。

 

転職活動を3か月以内に決めてしまえば何の問題も無し。経験も積めるのでおすすめです。

 

逆に会社都合の場合は、バイトをすると損をするのでやめた方がいいでしょう。

関連記事

転職活動中にバイトをしてしまうと職歴に傷がつく?

働く気がない若者

転職活動中のバイトで不安なのが「転職活動中のバイトのせいで職務経歴書にバイト期間をかかなくてはならない」  思う人もいるかもしれません。

 

しかし!職務経歴で重視されるのは「正社員の期間」なのでわざわざ職務経歴書にバイトのことは書く必要はありません。

 

面接で聞かれた場合は、生活費のことなどを説明すればいいだけなので全く心配いりません。

 

しかしながら問題は、6か月以上転職活動が長引いて、バイトが長い場合です。

 

これは、バイト期間をしっかり書いておかなければ「空白の期間」が履歴書にできるので書くべきです。そうならない為にも 転職活動をスピーディーに行い、本気で転職活動を行うことをおすすめします。

関連記事

▶バイト選びのコツ!転職活動重視を忘れるな!

転職活動をしながらアルバイトをする場合、メリットを考えながら職選びをするのが大前提です。そのための選び方のコツが以下。

 

バイト選びのコツ

①体力的にきついバイトは選ばない
②短期バイトをしながら稼ぐ
③転職活動の危機感が薄れないバイトにする

 

この3つが大きなポイントです。バイトが楽しくなって正社員への転職を疎かにすると本末転倒です。

 

あくまでも生活と精神的な安定を求めるための転職活動中のバイトなのでそれを忘れてはいけません。アルバイトで生計を立てるのは将来的にもデメリットしかありません。それを絶対にわすれないでください。

 

転職活動中のバイト選びを間違えると抜け出せなくなることも多いので注意が必要です。

転職を考えているなら失業保険を考えないで早期転職を

自己都合の場合3か月後からの失業保険支払い、会社都合の場合初月からの支払いの為、それを当てにしてのんびり転職活動をしている人を沢山見てきましたが、論外です。

 

転職というのは、景気状況や業界固有の状況などにより、個人ではコントロールできないことが多いです。その為、スピーディーな活動をしなければ、転職活動が長引くにつれて『個人の市場価値が落ちる』ということ忘れないようにしてください!

 

自分の行きたい会社を確実に選択し、短期決戦で転職先を決めるというのが転職の鉄則です。

 

これを確実にこなすことができる転職ツールが『転職エージェント』ですが、色々ある中で選びきれないというご相談も受けております。

 

私が企業側としても、個人での利用実績でも一押ししているのが『doda』です。下記におすすめの理由を紹介しているので是非参考にしてみてくださいね!それではまた!

▶dodaとは?

【20代、30代おすすめ転職エージェント】

未経験~経験者まで多くの求人を取り揃えている!
求職者へのサポート力最強!!(企業と転職の両方で利用経験あり)
【特徴】
転職サイトおよび転職エージェントサービスの2つを展開する業界大手の人材紹介サービス企業。求人の質が高く、幅広い業種に対応しているのも特徴。キャリアアドバイザーとの面談を通して自分にあった求人を紹介してもらえるので、自分で求人を探す手間も省け、非公開求人も合わせて紹介してもらえる。
【注目の2つのシステム】
①サイトで自分で求人を探す。
転職サイト内にある求人に対して条件を絞り込み、求人を探すタイプのシステム。広い求職者が利用するので、ライバルが多くなるのが難点。また、転職サポートは無し。
②エージェントサービス
南野弘明おすすめはエージェントサービス。兎に角求人の質が高いです。幅広い業種にも対応しているので、かなり限定された職種でも出会えるチャンスがあります。
本気で転職したい場合は、転職ツールを使い倒せ!!
保育士の本気の転職

転職に必要不可欠なことは、「目的」「対策」です。

 

✔転職する目的はあるのに対策方法がわからない。
✔どんな企業が自分にマッチするのか分からない。
ブラック企業への転職だけは避けたい。
✔業界に詳しい人から転職アドバイスをもらいたい。

 

そんな悩みに答えてくれる最強の転職ツールが「転職エージェント」です。南野弘明自身の4度の転職でキャリアアップができたのは転職エージェントのおかげといっても過言ではありません。

 

ハローワークや転職サイトだけで転職活動をしている人は、転職エージェントを利用して企業選びから面接対策雇用条件交渉をはじめとする手厚いサポートを受けてみよう!ライバルに圧倒的な差をつけるスムーズな転職が可能です!!

Twitterでフォローしよう

転職を成功の為に読んでおきたい