大手転職エージェントはこちら▼
転職を急ぐ男性

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

転職の鉄則は『在職中』に次の転職先を決めることと言われていますが、仕事が忙しくてなかなか進まず、数カ月経ってしまうというのは、転職活動あるあるだと思います。

 

また転職活動は、退職後に行ってしまうと『ブランク(離職期間)』が長くなるリスクがあり、自分の市場価値を下げてしまうということにもつながるので要注意です。

 

今回の記事は、転職活動を効率的に行い、短期決戦で転職先を決める転職ノウハウについて解説していきます。

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!
『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!

 

●こんな方におすすめの記事●

①転職活動がなかなか進まない
②退職後の転職活動で焦りがある
③効率のよい転職活動の方法を知りたい

転職活動は準備で8割が決まる

転職活動準備中

転職活動を短期決戦で終了させるコツは、転職活動の為の準備が重要です。

 

この準備を怠ると、応募書類が通過しなかったり、面接で不採用が続き、転職活動が長期化してしまう原因になります。

 

そうならない為に、転職活動を始める前段階で準備をすることが短期決戦で転職先を決める大事なコツとなります。

 

次に転職をしようかなと思ったらやることをSTEP毎に説明していくので、今のご自分の状況がどこなのかを含めてみて行ってくださいね。

▶STEP1:自己分析

転職活動を始める上で、自己分析は非常に重要です。

 

・今抱えている問題は何か
・自分の性格
・持っているスキル(資格ではない)
・どのような企業に転職したいか
・転職先でのキャリア像
・転職での譲れないポイント

 

こういった点を分析することによって、転職先選びにおいても迷いが少なくなり、転職活動が短期で終了する可能性が高くなるコツなので、是非実践しましょう。

関連記事

▶STEP2:応募書類作成

応募書類の作成は、履歴書職務経歴書の2つを指します。

 

STEP1の結果で、行きたい業界、職種は確定しているので、履歴書と職務経歴書の2つのドラフト版を作成しておくことがコツです。

 

応募書類の使いまわしは厳禁ですが、応募企業ごとにブラッシュアップしていくことは重要なので、ドラフト版を作成しておくとかなり効率よく転職活動ができるのでおすすめです。

関連記事

▶STEP3:引継ぎ準備

仕事引継ぎ中

よくWeb上でSTEP3は『求人検索』を持ってくるサイトが多いのですが、私はあえて『引継ぎ準備』としています。

 

この理由は、在職中、退職後に転職活動をやるとしても、在職期間に退職を前提に業務引継ぎ資料を準備しておくことで、転職活動に全精力を注ぎこむ、いわゆる短期決戦に向けて必要なSTEPだと考えているからです。

 

引継ぎに時間が取られ、退職前に転職準備ができず、退職後から本格スタートさせ転職活動が長引きブランクを発生させ市場価値を下げる方非常に多いのが現状です。

 

その為、引継ぎに関しては求人を検索する前に準備(6~7割程度)は終了させておくことが重要です。

▶STEP4:求人検索

STEP1の結果から求人を検索していくことなりますが、おすすめ検索は2つです。

 

その活用方法を次に解説します。

▽転職サイト

転職サイトは、日本全国の求人を検索、応募できるので利用価値は高いです。

 

しかし一方で、広告収入によって成り立っている為、その企業の本質(ブラック企業?)を見抜くのが非常に難しいという難点があります。

 

特に、ブラック企業に転職する可能性が高いというリスクがあるので、上手くキャッチコピーで見抜いて行くことがコツになります。

関連記事

 

 

転職サイトで最も大手は『リクナビNEXT』なので、簡単登録を済ませ、積極的に受けたい企業をピックアップし、職務経歴書を書き直して送付していきましょう。

▽転職エージェントに登録

転職エージェントは、非公開求人などの良質な求人を所有しているのが特徴です。

 

登録後のキャリアカウンセリングで、希望にあった求人を紹介してもらえます

 

このキャリアカウンセリング時に、履歴書、職務経歴書及び自己分析結果から行きたい業界、職種が説明できると、かなり有益なカウンセリングになるので、おすすめです。

30代おすすめ転職エージェント↓

30代におすすめする転職エージェントはこれだ!
業界大手で全国の求人に対応可能!
【特徴】
業界大手の転職エージェント。サポート力と求人の質の高さ、そして非公開求人の豊富さ全てにおいて満足できるとおすすめ転職エージェントです。
約1時間の面談後の自分に合った求人を紹介してくれ、さらにその中から自分の希望求人に近い企業を伝えておくと面談後にも多くの非公開求人を随時紹介してくれます!
【2つから自分の好みで転職活動が可能】
■求人情報サービス
①常時豊富な求人情報を掲載している転職サイト。
②日本最大級の求人数を掲載。
③あなたにマッチした求人の検索と応募が可能。
④職種、年齢、経験を問わず利用可能。
南野弘明のおすすめは下記エージェントサービス!
■(注目!)エージェントサービス
①専門スタッフが、あなたの希望や適性に合った求人を紹介。
②ハローワークと違い、質の高い転職サポートを受けられる。
③非公開求人を含む求人から、あなたに合った求人を紹介。
④専門スタッフが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ。
⑤面接日程の調整など内定までをトータルサポート。
⑥必要に応じてキャリアカウンセリングを実施。上記を完全無料で利用可能です!

▽補足:テクニック

どうしても早く転職先を決めたいときは、選考結果がスピーディーに入手できる企業に応募することをおすすめします。

 

20代の方であれば、スピーディー選考を売りとしている転職エージェントに登録し、事情を説明すると紹介してくれるのでおすすめです。

 

スピーディー選考が売りの転職エージェントは下記となりますので、是非一度詳細を確認してみることをおすすめします。

詳細確認はこちら↓


▶STEP4:面接対策

求人に応募していくと同時に、面接対策に対して準備していきます。特に下記の内容については、どの企業でも確認される項目なので、必ず準備してください。

 

・志望動機
・自己PR
・転職理由
・スキル
・経験と実績
・逆質問

 

上記6項目は必ず質問され、自社とのマッチング度を確認されます。

 

また各項目に対して、ポイントとなる点は深堀した質問がされやすいので、細かく答えられるように準備してください。

 

例えば志望動機の中に『●●のスキルが御社で活かせると思った』とい内容を説明する場合は、●●のスキルの具体的内容を確認されます。

 

その内容については、明確に答え、応募企業の求める人物像をマッチしていることがとても重要です。このマッチ度が高いほど採用される可能性が高いので、念入りに確認してください。

面接対策関連記事

▽企業研究

企業研究中

応募企業に書類を送付したと同時に、企業研究も合わせて行います。その理由は前述の面接対策に必要だからです。

 

確認ポイントは、大まかに3点を分析しましょう。

 

・求める人物像
・企業の事業範囲
・ライバル企業の動向

 

この3点を深く企業研究できているかは、内定獲得に大きく左右される項目です。

 

逆にできていないと『弊社に入社したいのに弊社の事知らないのですね?』となり不採用に繋がります。

 

詳しい企業研究のやり方は過去記事に掲載しているので是非参考にしてみてくださいね!

関連記事

▽模擬面接

面接で失敗する人の多くは、面接の場慣れ不足であったり、説明する能力が不足していることが殆どです。

 

そういった意味で模擬面接は大事な役割を担っています。

 

転職エージェントを利用すれば、模擬面接を実施してくれるので、上手に活用し、分からないことや不安なことは模擬面接を通じて質問し、対策を一緒に考えてもらうことをおすすめします。

 

特に、20代の若手の方であれば、不安が多いと思うので、下記のような親身な転職サポートを売りにする転職エージェントを活用することをおすすめします。

【20代おすすめ転職エージェント】

【完全無料】20代の初めての転職でも安心サポート!
 
ブラック企業完全排除して求人を紹介!
【特徴】
10代、20代の初めての転職は不安が付きもの!ハローワークなどでは味わえない専門性の高いサポートを受けることができます。面談時間が長く、一人ひとりの求職者の気持ちに立って、転職の相談を行ってくれます。面談を通じて、あなたに合った求人の紹介をしてもらえる上に、求人応募前には転職サポートをしっかり行い、内定獲得まで二人三脚で進められます!
【サポート内容】
①あなたにあった求人紹介。
②履歴書、職務経歴書の応募前対策。
③面接が苦手な人は「模擬面接」実施。
④面接の日程調整。
⑤面接後のアフターフォロー
⑥企業との条件交渉(給料等)
⑦内定後の提出書類の書き方サポート
上記全て完全無料です!

▶STEP5:内定

内定を獲得出来たら志望度に応じてスピーディな対応を行うことが重要です。

 

内定獲得後は、同意書へのサインを概ね1週間を限度に要求されるので、志望度に合わせた調整を行う必要があります。

 

内定通知へサインできない場合、最大1週間の延長または断りの連絡を入れるようにしましょう。

 

転職エージェントを経由する場合は、エージェント側が全て調整してくれるので、エージェントの活用が短期決戦の転職活動にとても重要になることを覚えておいてください。

関連記事

▽補足

内定を獲得出来てから家族や関係者に連絡を入れると、もめることがあります。

 

転職活動をする際は、転職活動及び転職後に影響を及ぼす人には事前に確認をとっておくことがおすすめです。

 

家族の反発を起こさないコツは、過去記事を参考にしてください。

関連時期

▶STEP6:退職願い

内定連絡を入れたら、退職願いの提出から引継ぎ日程の調整を経て退職届の提出となります。

 

退職願い提出までの間に在籍企業とトラブルが発生する場合もありますので要注意です。

 

退職願いからについては過去記事に記載しているので参考にしてくださいね。

関連記事

最後に

転職に成功した20代

転職活動を短期決戦で決めるコツはいかがでしたでしょうか。

 

その為に大事なことは『転職の為の準備』です。

 

・自己分析
・応募書類作成
・引継ぎ準備

 

については、思った以上に時間がかかります。そのために、転職を考えている段階からしっかり準備することをおすすめします。

 

また、注意点として、転職に焦って転職の本質を忘れてしまわないようにしてくださいね!

 

転職は、内定をもらうことに意味があるわけではなく、転職後に皆さんが長期的に活躍していくことに意味があります。

 

転職したのに今の会社より悪い会社に転職してしまったという事例はとても多いです。

 

そうならない為にも一人で悩まず、転職エージェント等に相談していくことが秘訣です。

 

業界・年齢・職種で転職エージェントを上手く使い分けて転職活動を短期決戦で攻めるのがコツなので、下記の過去記事もお役に立てると思います!それではまた!

転職エージェントに関する過去記事

20代おすすめ転職エージェントはこれだ!

20代初めての転職

 

「求人検索、応募書類作成、面接対策、雇用条件の交渉...。初めて尽くしで何から手を付けていいのか分からない。」といった、20代におすすめの転職エージェントを紹介!

登録からサポートまで完全無料で安心して利用できるので、転職エージェントの利用価値は絶大です!

20代特化型から大手転職エージェントまでおすすめ理由を添えて紹介しますので、気になる転職エージェントがあればまずは登録してみましょう!

第一位:第二新卒エージェントneo
ブラック企業を除外、優良企業のみの求人紹介!
 
20代のサポートは業界随一!
20代に特化した転職エージェントである「第二新卒エージェントneo」。株式会社ネオキャリアが運営する関東、関西、九州地方の20代の転職に強みを持っています。求人数も10000社以上を保有し、経験豊富なアドバイザーが親身にサポートしてくれます☆
【特徴】
①書類対策、面接対策徹底サポート。
②サポート時間が他社より長い。
③ブラック企業排除で求人紹介。
④学歴、職歴に不安があってもサポート可能。
【NGユーザー】
18歳以下と29歳以上※詳細確認や登録は以下から確認可能です↓

同率第一位:DYM
最短1週間で入社可能!
 
全国的に幅広い求人紹介なので20代に人気
DYM就職は、第二新卒・既卒はもちろんフリーターやニートの方向けの正社員求人を多数紹介。経歴や学歴に不安があっても正社員に転職・就職ができて、最短1週間でのスピード入社も可能!一人ひとりに合わせた徹底サポートで内定決定率の高さを実現しています。
【特徴】
①優良な正社員の仕事を紹介。
②2000社の優良企業を紹介。
③正社員求人100%。
④ブラック企業は徹底排除
⑤イベント来場者の就職率は脅威の96%。
⑥書類選考なし。
⑦カンタン60秒マッチングサービス。
【NGユーザー】
18歳未満、30歳以上※詳細や登録は以下から確認可能です↓

第三位:マイナビエージェント
大手転職エージェントでも20代に特におすすめ!
大手でもサポート力で他社を圧倒!
株式会社マイナビの人材紹介サービス「マイナビエージェント」。大手転職エージェントにありがちな「サポート力の弱さ」に対して、きめ細かなサポートで20代の転職をサポートしてくれるのが大きな特徴。保有求人数も多いため、全国でサポートしてもらえます☆
【特徴】
①東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富
②20~30代に転職サポートに強い!
③人事&採用担当との太いパイプ!
④応募書類の準備から面接対策可能!
⑤親身な転職サポート!※詳細や登録は以下から確認可能です↓

Twitterでフォローしよう

転職を成功の為に読んでおきたい