秘書の仕事内容をこなして高給を得るために転職した女性

年収を上げる方法を理解して、転職活動に役立てたいと思っている方は多いと思います。転職理由は人それぞれ違っても、最終的に年収を上げたうえで転職できれば一石二鳥ですよね?今回の記事は、転職活動で役立つ年収を上げる上手い転職ツールの使い方と交渉術について解説します。

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

今回は、ご要望が多かった「年収を上げる方法」を皆さんに紹介したいと思います。

 

一般的に考えて、転職して年収を上げたいと思うのは当然ですよね?しかし、多くの人が、

 

転職しても給与は同じ(または下がる)だけど、やりたいことができるようになったし問題(人間関係など)が解決できたのでよかった!

 

なんていう人がとても多いんです。

 

いやいや、ちょっと待ってください!

 

転職するということは、次の会社で活躍できる実力があるということじゃないですか!なのに年収は同じで責任ばかり与えられたらどうですか?転職して後悔しませんか?

 

今回は、転職時に年収を上げる方法をみなさんにご説明させていただきますので、是非実行してください!

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!
『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!

 

年収を上げる方法①:外資系出身者をお手本にする

年収を上げる方法を理解して転職に成功した男性

転職して年収を上げる方法で参考になるのは、外資系出身者の年収交渉力です。

 

外資系出身者なんて「自分を過大評価しすぎでは?」と思うくらい吹っかけてきます。現時点で700万円の年収を転職して900万円に大幅に上がった人がいるのですが、その人に聞いたら「やりすぎた感はある(笑)」といってました(笑)。

 

ただ、彼らのすごいのが、自分という商品を売り込むときのアピールがすごいんです。絶対に自分の価値を下げないように見合った年収をもらうだけのスキルやキャリアを余すことなくアピールしてきます。

 

それができるのは「自己分析」がしっかりできているからこそ。では、外資系出身者から学ぶ「年収を上げる方法」とはどんなことを行っているか見ていきましょう。

▶スキルとキャリアは出し惜しみしない

転職して年収を上げる方法は、スキルとキャリアを出し惜しみせず、存分にアピールするということ。しかし年収交渉が上手くいかない人の職務経歴書を拝見するとある共通点があります。それは、

 

自分を売り込む転職活動という場なのに、メチャクチャ控えめに書いている

 

という点です。年収を上げたいということはあなたが「優秀な人材」であることをアピールすべきなのに、中身のない志望動機だったり、難しいスキルが要求されるはずの職業なのに、簡単に書いてしまったりと散々な職務経歴書でした。

 

今日からかならず実行すべきことは、自分がやった経験や手にしたスキルは出し惜しみしないで書くということを実行してください。

 

職務経歴書は職歴を書くだけではなく、応募企業にどれだけ貢献できるスキルや経験があるのかを書くことが目的です。もし、自分で上手く表現できないならエージェントに相談すればその回答は簡単にでるので相談しましょう。

▶年収を上げる方法は『コミュ力』を最大限活かす

転職というのは「即戦力」といわれていますが、企業側も万全体制で入社して、明日からいきなり一線で活躍できるとなんてまったく思っていません。では、何を期待しているかというと、

 

一日でも早く社内の状況を理解して、自社色に染まりながら一線で活躍してほしい

 

ということです。そのために超重要なスキルが、

 

コミュニケーション能力

 

なんです。コミュニケーション能力が高いとなぜいいかというと、転職すると社内の信頼関係などを一から再構築しなくてはならないのですが、コミュニケーション能力が高いと色々な人や部署から情報を入手し、自分で分析して前に進むことができるんです。

 

逆にコミュニケーション能力が低い人は、積極性に欠ける傾向があり、情報を与えてあげないと動けない人材がほとんどです。

 

そういう人材では年収を上げるなんて夢のまた夢。

 

情報は与えてもらうものではなく自分で取りに行くんです。それができる人というのは、部門横断的に連携を図れる優秀な人材なため、将来的には管理職として活躍されることが期待されて入社します。つまり、

 

高額年収に見合った実力の持ち主

 

なんです。だから職歴や技術的スキルを存分にアピールしながらコミュニケーション能力の高さで条件交渉していくことができるんです。

▶年収交渉は強気に行くのがコツ

転職して年収を上げる方法は、面接のときに希望年収を聞かれたら強気の回答で行くことがポイントです。

 

新卒は、どんなにレベルが高い大学でも初任給などは一律です。

 

しかし、転職者は違います。高給をもらえるだけのスキルさえあればそれを存分にアピーした上で「●●●万円を希望します」という権利があるのです。

 

エージェントを利用して転職活動をするという事は、企業側が求める優秀な人材であるのだから希望年収を高くして当然ですよね?なのに多くの人が、

 

「●●●万円希望したら採用されないかも・・・」

 

と思ってしまうのです。だから、

 

・転職しても給与が上がらない
・または下がる

 

というカラクリなんです。

 

【超重要】年収を上げる方法
あなたは、応募企業で即戦力として活躍するのだから、転職して年収を大幅にあげることができる人材なんです!だからこそスキルやキャリアをきちんとアピールして年収は強気の交渉で行くのがポイント☆

年収を上げる方法②:ハローワークや求人誌はNG

年収を上げる方法をハローワークの転職求人で試すための長蛇の列

年収を上げる方法を使う為に、ハローワークの求人に積極的に応募しても無駄です。

 

ハローワークしか利用できない場所・地域にお住まいの方は、今回の記事はあまり利用価値はないと思います。ハローワークの求人はあくまでも無職者の転職ツール。その為、給与が高い優良な求人は存在しません。

 

安い年収で雇用し、入社してくれれば別にいいというような企業しか求人を出しません。

 

年収を上げる方法はハローワークの求人に応募しないというのも有効な手段です。ハローワークがいかにやばいかというのは過去記事を参考にしてみてくださいね!

 

関連記事

 

おすすめ!転職エージェント3選
当サイトから登録の多いエージェントはこちら(各サイトに遷移できます)
【若手】20代の転職

【ミドル】
20代、30代の転職

【管理職】
40代の転職

年収を上げる方法③:転職エージェントに交渉してもらう

年収を上げる方法を学び転職エージェントにお願いして転職成功

転職して年収を上げる方法の超有効な手段として、転職エージェントを利用することです。

 

エージェントは、条件のいい求人を多く抱えています。そもそもエージェントを利用する企業の時点で、優秀な人材をエージェントに報酬を払ってでも採用したいという意図があるんです。

 

エージェントに登録して企業を紹介してもらえた時点で、あなたには「好条件の企業に紹介していい」というお墨付きをもらったようなものです。

 

まずは、エージェントに登録して面談を受けることでキャリアの相談をしてみましょう。給与を上げたい人なら絶対有利に活動を進められますよ!

▶年収を上げる方法は「doda」が一番良かった

1位おすすめ転職エージェントNo.1『doda』

私自身が企業側としても転職者としても利用価値が一番高かった転職エージェント。業界に精通したコンサルタントが転職者のわがままを叶えてくれます!転職希望の方は登録する価値あり!転職相談だけでもOK。
求人数 100,000件前後
面談の質 転職の動機からキャリアプランまで寄り添う面談
対応地域 全国
特徴 転職者満足度No.1。業界を牽引していくほどの大手人材紹介会社。サポート体制も充実。初めての転職でも安心
公式サイト▶ 話そう、探そう・転職はdoda
※外部サイトに遷移します

 

↓その他エージェント集はこちら↓

転職して年収を上げる方法!まとめ

転職して年収を上げる方法を転職エージェントから教えてもらった男性

転職して年収を上げる方法はいかがでしたか?年収を上げる方法をまとめると以下の内容となります。

 

①エージェントに登録する
②好条件求人を紹介してもらう
③希望年収は強気にいう
④自分を過小評価しない
⑤職歴、スキルは出し惜しみしない
⑥コミュニケーション能力のPRは必須

 

です。年収を上げたいのに交渉に不安があるなら、エージェント側に交渉してもらうのも手です。エージェントは、希望年収に到達できていないので考え中である旨を伝えればあなたに代わってしっかり交渉してくれますよ!

 

それではまた!

本気で転職したい場合は、転職ツールを使い倒せ!!
保育士の本気の転職

転職に必要不可欠なことは、「目的」「対策」です。

 

✔転職する目的はあるのに対策方法がわからない。
✔どんな企業が自分にマッチするのか分からない。
ブラック企業への転職だけは避けたい。
✔業界に詳しい人から転職アドバイスをもらいたい。

 

そんな悩みに答えてくれる最強の転職ツールが「転職エージェント」です。南野弘明自身の4度の転職でキャリアアップができたのは転職エージェントのおかげといっても過言ではありません。

 

ハローワークや転職サイトだけで転職活動をしている人は、転職エージェントを利用して企業選びから面接対策雇用条件交渉をはじめとする手厚いサポートを受けてみよう!ライバルに圧倒的な差をつけるスムーズな転職が可能です!!

Twitterでフォローしよう