大手転職エージェントはこちら▼
転職活動がうまくいかない

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

私自身4回の転職をしていますが、転職に困った経験がまったくありません(自慢です)。しかし、だからと言って、転職に成功したかと言えばそうではありません。なぜなら、転職を繰り返してしまっているからです。転職成功者は転職を繰り返さないという観点でいうと失敗を繰り返している人間です。

 

一方で、転職したくてもできない「無い内定」の人たちも多くいらっしゃると思います。そういった方の多くは「4つの共通点」があります。その共通点に着目して今回は記事にしてみました。

 

転職活動初心者、転職活動を始めているがうまくいかない人におすすめの記事なので、是非参考にしてみてください。

すぐに選りすぐりをしてしまい行動に移せない

仕事を探す

よい会社に入社するというのは、転職の最大の目的なので必須条件です。しかし、転職サイトや転職エージェントなどを利用して、求人票を見ただけではその会社の雰囲気などを感じ取ることはできません。

 

会社の雰囲気を知るというのに必要な場所というのが「面接の場」です。面接の場に行くためには、採用試験に応募しなくては行けませんよね?しかし、失敗を恐れたり、求人票だけで企業を判断してばかりいる人の多くは行動に移せない人が多く、求人を見てるだけで満足してしまっています。

 

逆に転職活動をスムーズに終わらせることができる人の多くは、積極的に転職ツールを活用して良質な情報を手に入れたり、第五志望の企業でも積極的に応募して、面接で好感触を得られたりしています。逆に面接で第一志望より良い会社に巡り合えたりして、転職活動を成功させたりしています。

 

転職したいと言って行動に移さない人は、転職について考える時間も無駄なので、自社でもう少し頑張ってみるという選択肢に、頭を切り替えてみるのもいいですよ!

転職理由=退職理由になっている

転職理由

転職理由の意味をしっかり理解しないで面接に臨む多くの人が撃沈しています。その理由分かりますか?

 

転職理由というのは「次の会社にどのように活躍できるか・貢献できるか」に絞って考えていくことでたどり着いた初期段階原因が転職理由です。しかし、多くの転職希望者は、退職理由になっています。

退職理由というのは「なぜ辞めたのか」です。例えば、ブラック企業だからという理由で会社を辞めたのであればそれは退職理由です。

 

企業はあなたの退職理由なんてどうでもいいのです。知りたいのは転職理由です。この転職理由というのをワンフレーズで表したのが退職理由と志望動機の一貫性=転職理由ということです。しかし、殆どの方が退職理由を述べているので、企業側の質問の意図と合わず不採用となっています。

 

転職活動がうまくいかない人は「転職理由」をしっかりと説明できるようにしましょう

関連記事

自分のスキルをうまく説明できていない

最終面接

転職活動がうまくいかない人の多くは、自分のスキルを職務経歴書や面接の場で説明できていない人が多いです。

 

そういった傾向にある人は、自分の所持している資格などに頼り、資格取得の苦労話を話す傾向にあります。企業側が知りたいのは、あなたの持っているスキルが自社でどのように活かせるのか、そしてどのように貢献してもらえるのかの2点です。

 

応募書類や面接で上記2点に絞り込み、あなたの能力の高さを存分にアピールすることが求められます。スキルの証明を論理的に説明することで、面接官があなたが働いているイメージをしっかり沸かせることができ、あなたを採用したいと思うのですが、転職活動がうまくいかない人は、そのアピールができないために不採用になってしまっています。

 

対策せずに闇雲に転職活動を進めても決してうまくいかないですし、苦労して続けて採用されても入社後に後悔することもあります。一人で悩まずに転職エージェントや転職アプリを活用しながら、客観的な目線で自分の転職活動のやり方を見てくれるパートナーを見つけることもとても大事であることは覚えておきましょう。

 

転職エージェントについてわからない方は過去記事を参考にしてくださいね。

やりたいことを追い求めている

明るい未来の仕事

転職活動がうまくいかない人は、やりたいことを優先し、やれることを軽視する傾向にあります。

 

転職で求められることは「即戦力」です。あなたのやりたいことというのは企業側にとってどうでもいいことだということを忘れてはいけません。転職活動をスムーズに終わらせることができる人の多くは、やりたいこと=やれることを理解し、やれることを面接の場でアピールできています。

 

では、未経験という枠で転職活動をすると不採用になるのかというとそんなことはありません。その場合は、今までのあなたのキャリアを未経験の仕事にどのように活かせるかをアピールすればよいわけです。しかし、未経験枠で転職するということは、ある意味未知の世界に転職するわけですから、アピールの仕方も簡単ではありません。未経験の仕事でもあなたが活躍できる理由を論理的に説明できるようにしておきましょう。詳しいテクニックは過去記事を参考に。

転職活動がうまくいかない理由まとめ

緊張する

転職活動がうまくいかない原因や理由を探していくと、大きな4つな共通点があることがお分かりいただけたでしょうか?

 

どんなことでもそうそうですが、うまくいかないことには原因があります。その原因を理解し、対策を行わない限り成功をつかみ取ることはできません。その中でも大事なのが、客観的に自分を見つめるということ。自分は能力が高い、慎重派等、何かにつけて言い訳を作ることは、転職という変化を行う上で足枷以外何者でもありません。

自分自身を評価するのは企業側だということを頭に入れ、まずは行動に移していくことが転職成功の第一歩であることを覚えておきましょう。

 

一人で悩んで解決できない場合の良い手段が転職エージェントの利用です。無料で利用でき、求人紹介、転職対策、条件交渉、入社後のフォローまでしっかり行ってくれるので、とてもおすすめです。転職エージェントをご存じない方は、下記関連記事を参考にしてみるとよいでしょう。

では、よい転職を!

関連記事

転職を成功の為に読んでおきたい